【自分の実力を見せつけろ】営業の長期インターンで圧倒的成長を手に入れよう!

【自分の実力を見せつけろ】営業の長期インターンで圧倒的成長を手に入れよう!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

【営業職のインターンシップとは?】はじめに

pixta_37985915_M

営業職のインターンシップはどのような経験ができるのでしょうか。

営業職はあらゆる業界や業種で活躍している職種であり、就活生にとっても人気職種の一つです。

もっとも、営業職は成績次第で評価や収入に差が出るなど厳しい側面がある仕事としても知られています。

長期インターンに参加することで営業職のメリット、デメリットの理解が深まるうえ、実力次第では通常のバイトでは考えられない高額を稼ぐことも可能です。

自分の実力を試したい人必見の営業の長期インターンについてチェックしていきましょう。

【営業職のインターンシップとは?】そもそも営業職ってどんな仕事?

就活生にも人気の営業職ですが、どんな職種か理解していますか?

営業職は企業の顔となり、自社の商品やサービスを売り込んで利益を獲得する役割を担っています。

どんなに良い製品やサービスを生み出しても、売れなければ利益がもたらされず、企業経営は成り立ちません。

営業職は企業にとってなくてはならない、利益の源泉をもたらす職種です。

営業職の業務内容

営業職の業務内容の基本は、自社の商品やサービスなどの購入を促し、契約を貰うことです。

法人顧客向けのBtoB営業、個人消費者向けのBtoC営業がありますが、いずれにおいても、顧客の潜在的な課題を見抜き、その解決策を提示して、自社の商品やサービスが役立つことを伝え、購入や利用という意思決定に導きます。

自社の商品やサービスについて誰よりも理解し、ファンであることが大切なのはもとより、それを伝える能力や顧客の意思決定をサポートするコミュニケーション力も求められます。

【営業職のインターンシップとは?】営業職のメリット・デメリット

営業職のインターンシップに参加するにあたり、知っておきたい営業職のメリット・デメリットを紹介していきます。

営業職のメリット

営業職の代表的なメリットは、大きく2つあります。

営業職のメリット
・数字で評価されるため、実力次第で早い段階から昇格できる
・意欲次第では成長スピードも早い

つまり、年齢や経験、学歴なども問わず、実力次第でキャリアアップが期待できる仕事です。

営業職のメリットについて、より具体的に確認していきましょう。

実力次第で早い段階から昇格できる

営業職は契約件数や売上高などの数字で評価されます。

そのため、契約件数などをどんどん伸ばせれば、実力次第で早い段階から昇格し、高収入も得られるのがメリットです。

年齢や経験、学歴も問わず、文系、理系も問いません。

商品やサービスを理解し、自らもほれ込み、顧客の潜在ニーズを引き出すことや自社の製品やサービスを用いることで解決できる顧客の課題や悩みを明確化して解決策を提案できることがポイントです。

意欲次第では成長スピードも早い

営業職のセンスがある方は、入社早々でも大きな成果を上げる人もいます。

一方で地道に見込み客づくりや提案を重ねて、数か月、半年かかって、次第に成果が出てくる方も少なくありません。

中には成果が上がらず、すぐにあきらめて、入社して間もない段階で離職してしまう人もいます。

営業職で成果を上げるには、数値目標を立て、達成するためにはどうすべきか戦略を立てて意欲的に取り組むことが大切です。

意欲次第では成長スピードも早く、早期キャリアアップが期待できます。

営業職のデメリット

では、営業職のデメリットはどんな点が挙げられるでしょうか。

代表的なデメリットは、次の3つです。

営業職のデメリット
・成果が出ない時期が続くと成果に対するプレッシャーが大きい
・成果が出ないと収入が大きく減ることもある
・顧客に断られることも多いため、精神的にキツくなることもある

成果が上がらなければ、稼げないので死活問題にもなります。

成果に対するプレッシャーが大きい

成果が出ない時期が続くと、成果に対するプレッシャーが大きく精神的に辛くなり、メンタルヘルスに支障が出る方も少なくありません。

プレッシャーに耐えきれず、自分には営業職が向いていないと意欲を失い、早期離職に至る方もいます。

成果給が重視される企業でも、新人のうちは保証給が用意されるなど、最初から大きな成果を求めるわけではありません。

ですが、営業職は実力次第なので、同期入社でも大きく差が開くことがあります。

同期やチームのほかのメンバーがどんどん成果を出していると、焦ってしまう方が多いのが現実です。

成果が出ないと収入が大きく減ることもある

入社後3ヶ月から半年くらいは保証給などが用意される企業もありますが、一定期間を過ぎると成果が出せないと、収入が大きく減るケースも多いです。

実家暮らしなら、成果が出せるようになるまで、どうにか踏ん張れても、一人暮らしの場合、家賃や光熱費の支払いも厳しくなるなど死活問題にもつながりかねません。

生活が成り立たないと離職してしまう方もいます。

成果が出せないのは本人の実力の問題と切り捨てる企業もあれば、成果が上がるようサポートしてくれる企業もあるため、企業選びも大切です。

顧客に断られることも多いため、精神的にキツくなることもある

どんなに良い製品やサービスであっても、顧客側ではその時点では必要がないものである場合や予算に合わない場合もあります。

さらに、比較検討をする方が多いため、同業他社に契約を奪われてしまうことも少なくありません。

顧客に断られるケースも多いため、精神的にキツくなることがあるのもデメリットの一つです。

精神的にタフで前向きな方なら、すぐに割り切ることや次で頑張ろうと心を切り替えることができます。

ですが、マイナス思考の方や落ち込みやすい方は、仕事へのモチベーションが低下することやメンタルヘルスを病むこともあるので注意が必要です。

【営業職のインターンシップとは?】営業のインターンとは

では、営業職のインターンシップはどのような特徴があり、どのような仕事にチャレンジできるのかをご紹介していきます。

営業職のインターンは長期インターンが多い!

営業職のインターンは短期の募集はほとんどなく、長期インターンが一般的です。

長期インターンシップとは3ヶ月以上の就業体験を指します。

営業職は成果が出るまで時間がかかるものが多いため、学生さんのチャレンジであっても、営業職としての勘やコツを掴んで成果が出せるよう、長期インターンシップの求人がほとんどです。

長期インターンシップの場合、大学の授業やサークル、アルバイトなどとの調整も必要になります。

営業職のインターンでは、成果次第で給料も上がるので、アルバイトをせずにインターンに専念する方も少なくありません。

成果が出せ、能力や実績が認められれば、その企業への内定にも有利に働きますので頑張りがいもあります。

営業職のインターンは何ができるの?

成果を出せるように長期インターンが多いといっても、入社後と同等レベルの成果が求められるとは限りません。

レベル別にできる業務が分かれていることが多く、最終的に実力がつけば、一人で営業ができるまでにステップアップしていくスタイルのインターンもあります。

営業のインターンがチャレンジできる、主な業務は以下のような内容です。

・見込み客のリストアップや新規開拓
・電話などによるアポ取り
・提案書のひな型作成や資料作りなど先輩や上司となる営業職のサポート
・営業職に同行して仕事の様子を見て学ぶ

自分が主体で営業の仕事ができる場合でも、最初から1人ではなく、先輩や上司による同行サポートを受け、顧客の前に1人で出しても問題ないと評価されて初めて一人立ちが可能になります。

同時にインターンに参加しても、実力主義なのは変わらず、任される業務や1人立ちできるタイミングにも差がつきます。

インターンは自分の適性や実力レベルを見極める機会ですので、あきらめずにやり通すのがおすすめです。

【営業職のインターンシップとは?】おわりに

営業職に興味があるなら、長期インターンに参加して自分の実力を試してみましょう。

営業の長期インターンはお金を貰いながら、自分の実力を試す良い機会です。

適性があるかや実力レベルを知ることができ、就職する前に経験を積むことで、営業のコツやノウハウを身につけて、就職後に役立てることができます。

インターンに参加せず入社して、成果がなかなか出ずにすぐに離職するより、学生時代に力をつけておくことで、将来のキャリア形成につながりやすくなります。

興味を持った方は、実際に掲示されている長期インターンの求人を探してみましょう。

探し方がわからないなら、ご自身に合ったインターンを紹介してくれるエージェントを活用するのもおすすめです。

 

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます