【営業職適性】営業に向いている人・向いていない人の4つの特徴

【営業職適性】営業に向いている人・向いていない人の4つの特徴

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

人と接する仕事の代表的なものの一つに、営業職が挙げられます。

そもそも営業とは、どのような仕事なのでしょうか。

単独で動く営業もありますし企業によってはチーム営業スタイルを取るところも見られますが、一般的に言われる営業職について基本的な業務内容をまず知っておきましょう。

そして営業職に果たして自分が向いているのかどうかを知る必要があります。

ここでは具体的に、営業の向き不向きについて紹介していきます。

【営業職適性】営業ってどんな仕事?

pixta_78831650_M

営業職の適性について考える前に、まずは営業とはどういった仕事なのかを説明します。

営業はその会社が扱う商品やサービスをアピールして、客の悩みを解決したり要望に応えたりして売上契約へとつなげる仕事です。

営業マンが契約を取ることで、その商品が売れて利益が発生します。

それゆえに会社にとっても、できる営業マンの存在は大きいです。

以前は飛び込み営業という形で、一軒一軒家を叩いて行く地道な営業スタイルが多かったです。

現在では電話やインターネット、メールなどを駆使して契約を取るスタイルも増えてきました。

営業では、コミュニケーション能力が欠かせません。

それ以外にも気配り力や課題解決力、根気や切り替えの速さなどさまざまな能力が必要となってきます。

商品の魅力をうまく伝えるためには、商品知識や説明力も大切です。

それらを巧みに使いながらいかに契約へと結びつけることができるかが営業のおもしろさでしょう。

営業職についてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

また、メールにて契約へとつなげるインサイドセールスについてはこちらで詳しくご説明します

相手の課題に対する解決策を提案する仕事

営業は、物を売り込むだけの仕事ではありません

ただ商品の良さを熱く説明しても、契約へは結びつきにくいです。

大切なのは、目の前の人がどういったことに問題を感じて何を解決したいと思っているのかを読むことです。

つまり相手の気持ちにまずは寄り添わなければいけません

そして次に、相手の抱く課題を解決するためにどうすれば良いのかを提案してあげるのです。

そこではじめて、自社の商品のメリットをアピールしていくことになります。

「この商品をこのように使えば、あなたの悩みは解決しますよ」と持っていくことで、契約へと無事につながるわけです。

まずは相手の立場になって考えて、そして課題解決案を提案して商品魅力を説明する、これが営業の仕事です。

販売職との違い

営業職も最終的には物を売ることになりますが、販売職とはまた異なります。

販売職と営業職の違いについて、詳しく見ていきましょう。

服でも日用品でも、その商品を求めて来店する購買意欲を持った人たちに対応するのが販売スタッフです。

わかりやすくいえば、お店に来たお客さんを相手にする仕事になります。

必要な商品を求めて来た客をサポートしながら、商品を勧めていく形です。

一方で、営業はお店を訪れた客を相手にするというよりも自分で顧客を探す必要があります。

はじめは購買意欲を持っていない人に対して、いかに商品に興味を持ってもらえるかが営業マンの腕の見せ所です。

そして顧客のニーズを読み取って理解することが大切になってきます。

ただやみくもに商品説明をしても、売れることは少ないでしょう。

営業マンは、まずは自分と売り込み相手との人間関係を構築することから始めなければなりません

これがおもしろさでもあり難しさでもあります。

販売職について詳しく説明している記事もぜひご参照ください。

【営業職適性】営業に向いている人・向いていない人

営業適正は、向き不向きの特徴が大きく4つ挙げられます。

人当たりの良さや努力できるかどうか、気配り力や相手の気持ちを考える思いやりが営業には必要です。

時間や身だしなみがルーズである人やメンタルが弱い人は、少ししんどいかもしれません。

しかしながら、営業は働いていくうちに慣れもありますしメンタルも鍛えられていきます。

自分自身が良い方向に変わり成長できる仕事でもあるのです。

適性にすべて当てはまらないとしても、落ち込む必要はないでしょう。

前向きな気持ちで、切磋琢磨していきたいものです。

営業に向いている人の4つの特徴

具体的に、営業職適性の4つの特徴について見ていきます。

その性格が営業にどのように関係するのかを理解しましょう。

自分に当てはまる特徴はありましたか?

すべて持ち合わせていなくとも当てはまる強みがあるなら、それを活かして活躍したいものです。

人当たりがいい

営業は、初対面の人とだんだんと信頼関係を築いていき契約へと至ることが多いです。

そのため、相手に警戒心を抱かさない雰囲気を持っていることが大切です。

穏やかな口調や笑顔、親切な立ち振る舞いなど、人当たりの良さが欠かせません。

そして人が好きで人に興味ある性格であることも重要です。

相手が何に困っていてどうしたいのかを一緒に考えていくので、人に関心が薄いようではなかなか難しいでしょう。

コツコツと努力できる

営業はノルマがあるという話を聞く人も多いのではないでしょうか。

厳しいノルマはなくとも、目標売上金額を持ちそれに向かって頑張るといった姿勢が求められます。

そして顧客は、即決ですぐに購入を決めることは珍しいです。

どうしようか悩む時間をかけて決める人が多くなっています。

つまり、契約まで時間がかかるというわけです。

営業マンは、地道にコツコツと努力する人が向いています。

目標に向かって歩む努力、契約に向けて焦らずきちんとできることを進めていく努力が必要です。

マイペースでも良いので、継続して努力し続ける力が求められます。

相手の気持ちを理解できる

目の前の人が、一体どのようなことに悩んでいるのかに気付くことができなければ、なかなか相手との距離は縮まりません。

商品について説明する機会を持つことすらできずに、話が終わってしまうこともあります。

営業で大切なのは、相手のニーズに敏感であることです。

そして相手の課題をなんとかして解決してあげたいという気持ちが相手に伝われば、無事に契約へと結びつく可能性も高くなります。

相手の気持ちを理解する思いやりや想像力のある人は、営業に向いています。

細かな気配りができる

顧客に信頼してもらい「この人の言うことなら信じられる、この人から買いたい」と思ってもらえるかどうかは、その人の人間性が物を言います。

自分勝手で横柄な態度の人から、商品を購入しようとはなかなか思わないでしょう。

時間を決めること一つにしても、自分の都合ではなく相手の都合をまず聞けるかどうかが重要です。

細かい気配りができるかどうかも、営業の適性に大きく関係してきます。

営業に向いていない人の4つの特徴

やる気はあっても、残念ながら営業に向いていない人もいることは否めません。

あまりにもストレス耐性がなかったり遅刻癖があったりするようでは、営業マンとしてやっていくのは難しいです。

営業に不向きな性格についても知っておきましょう。

メンタルが弱い

やる気があって一生懸命説明しても、冷たく断られてしまうケースはたくさんあります。

その度にへこんでいては、次へと進めません。

営業マンは、うまくいかないときも気持ちを切り替えて前向きに次へとトライするメンタルの強さが必要です。

なかなか契約が取れないときは、どこに問題があるのか冷静に自分と向き合う姿勢も大切です。

メンタルが弱い人は、営業はきついと感じてしまうかもしれません。

うまくいかないときのほうが燃えるくらいに精神面がタフであれば良いでしょう。

プライドが高い

プライドが高い人は、どうしても相手の気持ちに寄り添うよりも自己中心的になってしまいがちです。

また上から目線の口調になるので、相手も心を開いてくれません。

なかなか人間関係が築きにくいと言えるでしょう。

顧客にニーズに応えることが仕事なので、謙虚さを持って振る舞うことが大切です。

余計なプライドを捨てることは、相手の警戒心をやわらげる効果にもつながります。

清潔感がない

当然のことながら、営業がうまくいくかどうかはその人の第一印象も非常に重要になってきます。

初対面で「良さそうな人」だと感じてもらえたなら、その後相手とは会話もしやすく契約に向けて話がスムーズに進むでしょう。

良い第一印象は相手に安心感も与えます。

好印象を与えることができるかは、身だしなみが重大です。

髪がボサボサだったり靴が汚れていたりと清潔感がない人は、営業マンには適していないと言えそうです。

そもそも清潔感のある身だしなみは、社会人としての基本でもあります。

時間にルーズ

個人営業でも法人営業でも、アポイントの時間を守ることは最低限のマナーです。

待ち合わせ時刻に遅刻してくる営業マンは、それだけで相手の印象は悪くなります。

せっかく相手が商品サービスを気に入って契約する気になっていても、時間にルーズな営業マンでは「ほかの人に変えて」と会社にクレームが入る可能性もあるでしょう。

時間を守れない人は、営業マンに向いていない以前に社会人としても困ります。

【営業職適性】まとめ

このように、営業職の向き不向きについて関係する特徴がわかりました。

気配り力やメンタルの強さなど、人それぞれ当てはまることがいくつかあるのではないでしょうか。

営業をしてみたいと思うのであれば、まずは自分の強みを把握して適性を調べてみましょう。

そのためには自己分析をすることが欠かせません。

就活生の中には、意外と自分自身についてあまりよくわからないという人も多いものです。

自己分析をして営業に適した長所が自分にあるとわかったなら、それを活かして営業を頑張る志望動機にもつながるのではないでしょうか。

自己分析の仕方についてもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます