女性は営業で活躍できるの?営業職を目指す女性に気を付けてほしいこと

女性は営業で活躍できるの?営業職を目指す女性に気を付けてほしいこと

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

pixta_69765855_M

女性でキャリアアップを目指して働き続けたい人にとって、結婚や出産の際に仕事をどうするかは大きな課題です。

ずっと働きたい気持ちはあっても、出産後に仕事復帰できる環境になければ難しくなってきます。

家事育児と仕事の両立をしていくことも重要ですし、独身女性の場合はそもそも出会いがあるかどうかも気になるところでしょう。

一人暮らしの女性などは、どのくらい稼ぐことができるのかも生活していくうえで避けられない問題です。

さまざまなライフイベントの中で営業職に就いて働きたい女性は、ライフワークバランスの取れた会社選びをすることが欠かせません。

営業を希望する場合に、どういった点に留意して就活をするべきでしょうか。

営業職で活躍したい女性が、仕事探しで気を付けなければいけない点について解説します。

 

【女性の営業職】営業職で女性は活躍できるのか?

営業というと、ただでさえハードな仕事内容のイメージがあるものです。

子供がいて家庭がある女性に、そもそもそんな営業職が務まるのでしょうか。

家庭と営業職の両立ができるのか不安を抱いている女性は多いはずです。

実際のところどうなのか、営業職で働く女性の実情について見ていきましょう。

意外と女性の営業スタッフも多いことがわかります。

営業職を目指す女性は参考にしてみてください。

 

女性ももちろん営業パーソンになれる!

実は営業職では、男性同様に女性社員が活躍している会社がたくさんあります

中には男性社員よりも女性のほうが、成績が良いところもあるのです。

以下に説明しますが、女性だからこその営業に活かせる強みも多いです。

そうしたスキルをうまく活用すれば、優秀な営業スタッフになることも可能と言えます。

実際に伝説の営業ウーマンとして語り継がれている女性もいます。

和田裕美さんは事務職から営業職へと移り、20代で年商4,000万円という額を稼いでいました。

ごく普通の女性でありながらも、ハングリー精神があればこうした収入を得ることも夢ではありません

和田裕美さんは営業ウーマンとして活躍して代表的な例と言えます。

そうした人も実在することを知れば、私でもできるのではと希望を持てるのではないでしょうか。

年商4,000万円まではいかなくとも、そこそこ普通に男並みに稼げている営業ウーマンはたくさん見られます。

 

営業職には出会いもある

新卒であれば、彼氏もおらず将来結婚願望を抱いている女性も多いことでしょう。

仕事もしたいけれども、ずっと独身でいるつもりはなくて良きパートナーと出会えればと考えるのは一般的と言えます。

できることなら仕事の理解もある人と結婚して、営業を続けることができれば何よりです。

しかしながら、営業職にどっぷり足を踏み入れて毎日仕事に追われるようになると、果たして出会いなんてあるのだろうかと不安に感じる人もいるかもしれません。

実のところ、営業職は出会いも多い職種です。

職場に男性も多いですし、外での出会いにも恵まれています。

何をキッカケに出会いのチャンスがあるかわかりませんが、女性ばかりの職場や社内にずっといる事務職よりも異性と知り合う機会があるのは確かです。

また休日がきちんと取れる会社なら、十分にパートナーを探す時間もあります。

 

活躍するには能力も大切

妊娠出産後も会社復帰して歓迎してもらえる職場は、営業職でもたくさんあります。

しかしながら復職を歓迎されるかどうかは、その人の能力や実力も大いに関係あることは否めません。

会社としては、妊娠出産で長期休暇を取られることはやはり痛手です。

そして休んでいる間にも、ほかの社員はどんどんスキルアップして成長していることも事実です。

さらに、子供を産んで戻ってきた場合に、どうしても子供の体調や学校行事などで会社に迷惑をかけてしまうことが出てきます。

そうしたマイナス面があったとしても、やはり会社に戻ってきてくれて嬉しいと思われるような人材になることがやはり大切です。

みんなに認められる人材であれば、復帰してからも働きやすいことでしょう。

シビアな話にはなりますが、営業は実力主義の世界であることに違いはありません

出産後も成長意欲があるかどうかが重要視される職場です。

 

【女性の営業職】営業で活かせる女性ならではの強み

営業ウーマンが活躍できる理由として、営業には女性だからこそ活かせる強みがいろいろとあることが挙げられます。

営業はただ物を売り込む仕事ではありません。

お客様の抱える悩みや課題を見つけて、それに寄り添い解決方法を提案する仕事です。

解決策として、自社の商品サービスをアピールするのです。

それゆえに、女性の気遣いや共感力などが役に立ちます。

営業職についての基本を知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

 

相手に共感できる

男性よりも女性のほうが他人への共感力が高く、相手に寄り添うのも得意です。

そうした思いやりの場はプライベートでも多いですし、女性ならではの感情移入もお客様とのコミュニケーションでは重要になってきます。

まずはお客様の悩みを聞いてあげるヒアリング力も必要ですし、共感してもらえてこそお客様も心を許すことができると言えます。

相手のニーズも発見しやすいですし、特に女性のお客様に対しては同じ目線で気持ちもわかり合えて、信頼関係が築きやすいです。

それゆえに男性よりもスムーズに商談を進めることができる部分があるのです。

 

相手に安心感を与えられる

新規開拓の営業職の場合は特に、初対面の相手と商談することになります。

相手の警戒心を緩めることをアイスブレイクと言いますが、これは男性よりも女性のほうが向いているケースが多いです。

やはりお客様は、「営業マンが来た」というだけで警戒してしまうところがあります。

それが女性であれば、相手に安心感を与えながら話すことができます

警戒されることが少ないので、初対面の時点で女性のほうが得でもあるのです。

売る商品が子供をターゲットにしたものである場合も、子供は女性スタッフであればなつきやすいです。

またママも営業ウーマンなら安心していろいろ話せるのではないでしょうか。

 

気遣いや気配りができる

一方的にうまいトークで商品説明をする営業マンは、一見仕事ができるように見えますが実はなかなか契約には至りません。

営業はお客様に好かれることも大切であり、うまいトークよりも細かい優しい気遣いのほうが大切になってきます。

女性は配慮できる人も多く、そうした姿勢や言動がお客様に好まれやすいのです。

細やかな気配りにより、お客様のニーズが満たせる場合も見られます

もちろんどこかのタイミングでクロージング体制に入らなければいけませんが、そこに至るまでに気遣いのできる女性はお客様との人間関係を構築できるはずです。

 

【女性の営業職】企業を選ぶ時に見るべき5つのポイント

仕事と家庭を両立したい気持ちが強い女性は、会社選びの際にまず以下の5つの項目を確認することが大切です。

  1. 女性のキャリアパス
  2. 残業時間
  3. 産休育休の状況
  4. 転勤の有無
  5. 社内の男女比

 

この5項目が条件に合っていなければ、入社後のライフワークバランスが取れません。

残業時間が多かったり転勤があったりすると、結婚後に家族に迷惑をかけることにもなりかねません。

反対されて辞めることになるのも辛いものです。

ずっと営業職を続けたいならばなおのこと、最初にきちんと求人票を見ておきたいものです。

これらをチェックするべき理由について、詳しく解説します。

 

女性のキャリアパス

興味を持っている会社で、実際に女性社員がどういった働き方をしているのかをきちんと調べることは不可欠です

仕事内容をはじめ、キャリアアップ制度や活躍の仕方などを見ていきます。

たとえば女性のチーム営業という形態を取っている企業も増えています。

女性チームで皆が活躍している現状があるならば、職場の雰囲気も馴染みやすいですし男性並みにしっかりと稼ぐことができるでしょう。

自身が目指したい営業ウーマンの目標やビジョンも定かにして、それに近い働き方をしている女性スタッフがいるかどうかも確かめたいものです。

目指したいキャリアを歩んでいる女性がいる会社なら、自分も同じようにキャリアアップできる可能性が高くなります。

 

残業時間

営業は、訪問時間をお客様の都合に合わせなければなりません

お客様が夕方以降や祝日にアポを設定した場合は、残業や休日出勤しなければいけないことも出てきます

会社のシステムにもよりますが、残業が多い職場も少なくないでしょう。

しかし、家庭を持って子供もできると、あまり遅くまでは働きにくいものです。

はじめに残業や休日出勤の現状について把握しておかなければ、入社して結婚出産してから大変です。

自身も両立がしにくくなりますし、残業を断ることで会社のほかの人に迷惑をかけることもあります。

はじめのチェックが肝心と言えるでしょう。

 

産休育休の状況

産休制度は、会社によって日数や規定がいろいろと異なります。

具体的な制度内容をきちんと調べて、他社とも比較してみると良いでしょう。

そして、実際にその会社で産休育休を取った人がどの程度いるのかも把握しておきたいものです。

制度には表記されていても、産休利用者がほとんどいない会社となると実際にそうなったときになかなか休みにくいです。

さらに職場の人間も、どのように対応すれば良いかわからなくてぎくしゃくしてしまうこともあります。

 

転勤の有無

当然のことながら、女性も転勤対象となる会社もあります

転勤があると恋人と遠距離恋愛になる可能性がありますし、結婚後も近場の異動であっても慌ただしく家庭との両立が難しくなることが多いです。

また転勤しなければ昇給や昇格できない会社も見られます

キャリアアップの条件が転勤というのは、女性にとっては躊躇してしまうシーンも増えてしまうでしょう。

転勤はなくとも常に出張のある会社もあるので、その点も見ておくべきです。

 

社内の男女比

ほとんどが男性社員の会社では、どうしても女性に関する福利厚生や制度がそこまで充実していません

会社を選ぶ時には、女性社員の数も調べることが大切です。

たくさんの女性が活躍しているなら、それなりにママの人もいるはずです。

やはり現時点で既婚者や子供のいる女性がいなければ、なかなか将来を見据えてその会社に決めるのには勇気がいります。

社内の男女比チェックをすることも、企業選びの際には忘れないようにしましょう。

 

【女性の営業職】企業についてよく知るために

企業選びで失敗しないためには、企業研究をしっかりすることが欠かせません。

とはいえどのような方法で企業について調べれば良いのかわからない人も見られます。

企業を知る方法として、主な方法は次のようなものがあります。

✔︎企業のホームページ

✔︎口コミ

✔︎OBOG訪問

✔︎就活エージェント

一般的に、これらについて詳しく調べることでその企業の詳細が見えてきます。

自分に合う良い会社を探すために、面倒臭がらずにできる限りの情報を集めて確認したいものです。

 

企業のホームページ

企業のホームページやFacebook、パンフレットなどは必ず隅々まで目を通すようにしましょう

ホームページで知ることができる情報は多いです。

まず女性社員を求めているかどうかも、ホームページを見るとだいたいわかります。

社員の写真に女性が写っているかどうか、女性社員のインタビュー記事が掲載されていないかなどを見ていきます。

産休を取って会社復帰した先輩の体験談が公開されているかもしれません。

現役の女性社員の話は非常に参考になるので、ぜひともチェックしたいものです。

女性社員の働き方や福利厚生面の取り組みがアピールされているならば、その会社は女性を積極的に受け入れようとしている風潮が窺えます。

 

口コミ

口コミ情報のメリットは、メリットもデメリットも書かれてあることです。

会社のリアルな現状を知ることができるので、冷静にマイナス面も受け止めることが大切です。

またさまざまな立場の人の口コミがあるので、自分が目指すキャリアや年齢、環境の似ている人の口コミを参考にすると良いでしょう

すべて鵜呑みにするのではなく、あくまで参考資料です。

ほかの方法でもその会社について調べてみて、それらを照らし合わせて考え検討するやり方が賢明です。

 

OBOG訪問

OBOG訪問とは、その会社の現役先輩と直接会っていろいろな話を聞く方法になります。

学生の場合、大学の就職課でOBOG訪問について相談できることもあるのです。

何より良い点は、1対1で話すことができるので企業セミナーでは聞けないような質問もゆっくりできます

信頼関係が築けたら、その後も何かと就活のサポートをしてもらえる力強い存在となるでしょう。

先輩からはリアルな情報を得ることができて、就活に役立つことが満載です。

先輩に失礼のないように立ち振る舞うことが大切です。

OBOG訪問についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

 

就活エージェント

就活は初めてのわりにやるべきことも多く、不安や戸惑いを感じている就活生も多いはずです。

そんな就活生を応援サポートしてくれるのが、就活エージェントです。

営業職に就きたい場合、その就活生にマッチした企業を紹介してくれます

時にはまだあまり公開されていない求人情報を教えてくれることもありますし、登録しておいて損はありません。

面接の練習や企業調べにも大いに活用できます

女性には女性スタッフが配属されることも多く、親切にいろいろ教えてくれるのでわからないことを聞くと良いでしょう。

 

【女性の営業職】業界によって働き方はさまざま

一言に営業職といえども、業界によっても会社によっても業務内容や働き方は多種多様です。

業界研究をして、女性が働きやすい営業職についても勉強することが大切です

何を扱うのか、どのような方法で営業していくのか、チーム制なのか単独営業なのか、非常に営業の幅は広いです。

個人営業か法人営業かによっても、大きく変わってくるわけです。

営業職についてしっかり把握するとともに、自身のなりたいキャリア像に合う会社を見つけていきましょう

目指す業界があるならば、その業界の営業職の特徴についても知っておくと安心です。

詳しくは「営業職の業界ごとの違い」の記事を読んでみてください。

 

まとめ

営業職は前にも述べたように、女性のほうが男性より成績の良い会社もありますし、女性で大成功を収めた人もいるのが実際のところです。

実力主義の職場であり、男性女性関係なく成果や実績を挙げることができる人が能力があると評価されるのです。

それはある意味厳しい世界ですが、逆にいえば女性でも十分に活躍できることを意味しています。

結婚や出産も女性にとって大イベントであり、それらと営業職をバランス良く両立できる会社を選ぶことこそが働く女性の幸せと言えそうです。

情報収集や分析など念入りな企業研究をして、長きにわたって働ける会社に出会いたいものです。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます