営業職のキャリアアップに転職は必要?営業職から目指せるキャリアを一挙解説

営業職のキャリアアップに転職は必要?営業職から目指せるキャリアを一挙解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

働いているうちに、今のままで良いのかと自問自答することはないでしょうか。

将来を見据えてキャリアアップをし、今後のことをじっくりと考え行動したい方もいるでしょう。

今働いている会社でそのまま頑張るべきか、思い切って転職すべきか悩んでいる方は多いものです。

今後の自分ために営業職から目指せるキャリアと、キャリアアップにおすすめの企業の特徴などを紹介していきます。

自分に合ったキャリアアップを計画し、行動していきましょう。

【営業のキャリアアップ】そもそもキャリアアップとは?

キャリアアップというのは、自分の市場価値を高めることです。

そして転職先でも今と同じかそれ以上の給料が貰えるような人材になることでもあります。

ただそのためには何もしないで、キャリアアップは図れません。

会社に欲しいと思ってもらえるような専門知識や技術を身につける、ポジションが上がっても対応できる自分にならなくてはなりません。

経歴を高めて、この人に仕事を任せたい、この人なら安心と市場に感じてもらえるような人材になることも大切です。

キャリアをアップしたい場合、スキルアップも一緒に考えておきましょう。

【営業のキャリアアップ】営業職から目指せるキャリア

現時点で営業職をしている場合、どのようなキャリアを目指すと良いのでしょうか。

目指せるキャリアは大きく分けて3通りあり、マネージャーかスペシャリストや、ゼネラリストになります。

マネージャーになり営業の管理職に就いても良いですし、スペシャリストになって専門性の高い職種に就く、ゼネラリストを目指し独立するのもおすすめです。

自分はいったいどうなっていきたいのかを考え、キャリアプランを考える時の指標にしてみましょう。

マネージャーになる

今の営業職を活かし、今度は会社の管理職を担うマネージャーを目指しても良いでしょう。

役職をどんどんと上げていき、課長や部長、その後の経営幹部などを目指すキャリアになります。

マネージャーになると自分のことばかりではなく、全体を見る力が必要になります。

大切なことの最終ジャッジをしなければならない、苦手と感じる人も含めていろいろな社員とコミュニケーションを取り人を見極めていかなければならないなど、目指すには磨かなければいけない力はさまざまです。

営業部のマネジメント職

営業部長に代表されるマネジメント職で、これまで営業でしっかりと実績を作り実力がある人しかなれない職業です。

マネジメント職に就きたい場合、まずは今営業として実績を作り上げていく必要があります。

実績を作りマネジメント職に就いた時には、組織全体での売上を上げていくように管理していきます。

そして営業マン一人ひとりとコミュニケーションを取り、モチベーションを保てるようにフォローしていくのです。

営業としての目標も、その日、その月など細かく設定し皆で達成できるようにマネジメントします。

そして営業マンの進捗状況を見ながら、どのように今後動いていけばいいのか現状はどうなっているのかフィードバックしていきます。

営業戦略も練りつつ、営業マンの行動管理を行うのも重要な仕事です。

スペシャリストになる

営業といってもさまざまな業種があるため、それなりに知識を勉強しお客様に説明をしているうちに、専門的な知識が身につくでしょう。

たとえば、その業種についてもっと専門的に知識をつけ、スキルを活かしより専門性の高い職種へと移動もできます。

さまざまな分野で活躍するのではなく、特定の分野に決めその道を究めていくようになります。

人とのスキルよりも、どのようなパフォーマンスで勝負するかが鍵となってくるでしょう。

営業よりも、何かを極めたい方はスペシャリストが合っているでしょう。

営業のスペシャリスト

営業という仕事に楽しさやりがいを感じていて、ほかの職種よりも営業を極めて第一線で働きたいときには営業のスペシャリストを目指しても良いでしょう。

若手の営業マンは多いですが、年を重ねたからといって指導側に回ってマネジメント職に就かなければいけないわけではありません。

ずっと第一線で営業を続け、敏腕営業パーソンとして営業のスペシャリストになっても良いのです。

実際マネジメントには興味がなく、現場で仕事をしたいという気持ちが強くあえてプレイヤーのキャリアを選ぶ人もいます。

数年の営業では見えてこないものが、何十年続けていくと見えてきますしスペシャリストともなれば会社も手放せない人材になります。

企画・マーケティング系

日頃から営業をしていて物を売るというよりも、顧客などと話していて「もっとこうしてほしい」「この商品が欲しい」などというニーズを聞いて気になっていた方もいるかもしれません。

クリエイティブな発想が頭の中に浮かびやすい方や顧客のニーズを聞き形にしていくのが好きだった方は企画やマーケティング系の仕事に就いても良いでしょう。

営業をしながらこれまで培ってきた顧客のニーズを探る力も活きますし、浮かんだアイディアを形にしていくことができます。

しかし、顧客との直接的な接点が少なくなってしまう職種なため、顧客との距離は離れてしまいます。

ただ毎回募集がかかっているような職種ではないため、なかなか営業から転職しキャリアアップするのは難しいかもしれません。

コーポレート系

これまで営業を行ってきた方は、人との関わり合いが多かったためキャリアアップするためにコーポレート系の仕事をする方もいます。

人事や経理、総務などがありますが、直接顧客などと関わり合うというよりは社員を支える存在です。

縁の下の力持ちでもあるため、人を支えているという部分にやりがいを感じる方もいます。

ただ、営業などと違い一度働いたらそのまま続ける方も多いため、こちらもそんなに空きが毎回ある業種ではありません。

営業職の場合ノルマなどもあり合わないと感じる方も多く短期間で辞める方も多いですが、なかなか良い条件でキャリアアップとなるとハードルが高いでしょう。

自分をPRする時には、コミュニケーション能力や経理の場合は簿記2級を持っているなど何かあったほうが強みになります。

ゼネラリストになる

営業での経験は、自分で仕事を経営する時に大変役立ちます。

人とのコミュニケーションの取り方、物をアピールする感覚など、経営するとなるとはじめ自分だけですべてを行う場合、営業の経験は使えます。

世の中には、営業経験を活かし幅広い知見を活かして自身で経営を行う方も多いです。

経営において大切な「ものを売る」視点も養えるため、今後のために経験を積みたいと営業職を選ぶ人もいます。

自分で経営するとなると臨機応変な対応も必要となるため、そのような力も養うと良いでしょう。

独立をする

営業経験を活かし、今度は自分がやりたい仕事をメインに独立する方も多いです。

大変ではありますが、営業の仕事ではビジネス全般に活かせるスキルを身につけられますので、実際独立した時に物怖じしない度胸ができあがります。

実際企業を行った後商品やサービスの売り込みは必要になってきますが、これまでの経験を活かしどんな状況の時にどう顧客へ推していけば良いのかが感覚でわかります。

独立をしても急に自分で売り込みへ行くと考えても、実際は結構大変なものです。

最初は営業という仕事が大変でも、必ず何年後には独立すると決めてさまざまな経験をしておくと将来必ず役立ちます。

個人で仕事をするよりも、複数の人で助け合い働く場合はゼネラリストが上手にまとめあげられるでしょう。

副業を始める

いずれ自立して起業したいと思っていても、少し不安がある方もいるでしょう。

いきなり独立をしなければいけないというのはないため、まずはどんなものか腕試しに副業を始めてみるのもおすすめです。

今の時代副業を禁止している企業もあるかもしれませんが、やっても良いと言っている企業も増えています。

さらに本業だけでなく副業も上手に取り入れて、生計を立てている人も増えつつあります。

副業をしてみると、もし自分が独立したときどんな風に働くことになりそうかなど見えてくるでしょう。

営業という経験の強みがあるため、営業代行を副業にするのもおすすめです。

実際営業代行の規模は増えていて、今後も拡大されていくだろうと言われています。

ほかにもおすすめな副業はフードデリバリーやネットショップ運営などもやりがいもあり、将来に役立つでしょう。

【営業のキャリアアップ】キャリアプランを見据えよう

なんとなく今のままではいけないからキャリアアップしたいと思っても、具体的な計画がないとうまくいきません。

そして将来自分がどんな風にキャリアアップして、イキイキと働いているのかをリアルに想像しましょう。

計画的に考えていくと、今何をすべきかが見えてきます。

自分が営業を活かしながら、どんなキャリアを目指したいかで、取るべき行動や選択肢も変わってきます。

転職をしたほうが良いのか、今の会社でキャリアを積んでさらに上を目指すのかは自分の目指したい目標ベースで考えていきましょう。

細かく何年後には独立する、マネジメントの職に就くなど大きく目標を立て、毎日そのためにどんな行動をするのかメモなどをして計画しましょう。

【営業のキャリアアップ】営業職のキャリアアップにおすすめの企業の特徴

キャリアアップといっても、どこを目指すかでおすすめの企業の特徴は変わってきます。

こちらでは、マネージャーを目指す人とスペシャリストを目指す人に向けて、おすすめの企業の特徴をそれぞれ紹介していきます。

ゼネラリストを目指す方はマルチに考えられると良いので、どちらの要素も必要です。

そのため今後を具体的に考え、総合的に判断して企業選びをしてみてください。

マネージャーを目指す人におすすめの企業

まずはマネージャーを目指す人にピッタリなおすすめの企業を紹介していきます。

どこで働くのか迷ったときには、こちらで紹介する企業を優先に考えて就職してみましょう。

成長可能性の高い企業

今はまだ起ち上げたばかりで上場しているわけではなくても、今後成長していく可能性が高い企業はおすすめです。

いわゆるベンチャー企業のことで、実際大手企業からやりがいを求めて転職する方も多いです。

まだ企業としては成長段階にあるため、年功序列ではなく能力でプロジェクトを全体任されるような可能性も大いにあります。

これまで何十年会社で働いてきたということよりも、より結果を出し頑張る人には重要な仕事が与えられるため大きな成長につながります。

責任感を持ち、仕事も効率化できる力もつくため紹介に役立つでしょう。

新規事業に積極的な企業

ベンチャー企業ではなくても、新規事業に積極的な企業は多々あります。

これまでの業務をこなすというよりは、新規事業にチャレンジしていて新しいポジションが生まれるような企業の方が今後に役立ちます。

独立する、マネジメントするなどと決めているときには、管理職のポジションが生まれたらそこに立候補しチャレンジしてみましょう。

これまでの経験や実績、さらにやる気があれば、働いてから年数が少なくても管理職のポジションがうまく手に入る可能性も十分にあります。

最近では消費ニーズの移り変わりも早いため、新規事業へ積極的な企業も多々あります。

スペシャリストを目指す人におすすめの企業

次に一つのことを極めていきたいと考える、スペシャリストを目指す人におすすめな企業を紹介していきます。

将来を見据えて、企業選びをすることは大切です。

キャリアの自由度が高い企業

最初は営業職にいても、キャリアの自由度が高い企業の場合、「この分野のスペシャリストになりたい」と思ったときに移動しやすくなります。

部署異動の希望が通りやすい、キャリアアドバイザーがいて本人の考えを尊重してくれるような風土があると自分が決めた部署にも移動しやすく願いが叶いやすくなります。

逆にジョブローテンション制で自分たちの意志とは関係なく、会社側で「この人はこの部署」と決められてしまうと移動が難しくなるでしょう。

専門性も高めることができず、「この会社を辞めたい」という気持ちにつながってしまいます。

まとめ

営業職から今後どのようにキャリアアップしたいのか考えるときには、しっかりと将来を見据えましょう。

具体的に何年後などと決め、今年、今月、今日することを決め目標が達成できるように行動をします。

自分の培ってきたノウハウを取り入れながら人をまとめたいときはマネージャーが良いですし、1つのことを極めたいときにはスペシャリストがおすすめです。

独立をして広く物事を見ながら複数の人を雇い協力し合って頑張りたいときには、独立を目指すゼネラリストを考えても良いでしょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます