営業職こそキャリアプランを描け!キャリアアップのためにすべきこと

営業職こそキャリアプランを描け!キャリアアップのためにすべきこと

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

これまで営業職の人たちは、あまりキャリアプランを考えてこない現実もありました。

営業職というのは、がむしゃらに目の前の目標をこなしていくイメージが強いのです。

しかし、時代は変わって、これからは営業職こそキャリアプランを描く時代だと言えるでしょう。

現在、営業職としてこれからの働き方に迷っている人は、5年後、10年後のキャリアプランを描いてみてはいかがでしょうか。

今回は、それをするために重要になってくるポイントを紹介していきますので、ぜひ確認してみてください。

さらに、キャリアプランについては、就職や転職の際に面接で問われることもありますので、事前に描いておくのに越したことはありません。

世の中には、意外と明確なキャリアプランを描けている人というのは少ないので、営業職としてのキャリアプランを描いて、ライバルたちに差をつけるのも良いでしょう。

【営業職のキャリアプラン】営業職にはどんなキャリアがあるのか?

まず考えておきたいのが営業職には、どんなキャリアがあるのかというものです。

営業職のキャリアを知らなければ、プランを練るなど到底できないのです。

営業職のキャリアプランは、営業職として留まるという選択肢もあるのですが、どちらかといえば転職を視野に入れて、営業で培った技術をそのほかの業種で活かすという考え方が良いかもしれません。

実際に、営業経験で得たスキルを活かして、別のキャリアを歩む人も多くいるのです。

ここでは、そのほかにはどんなキャリアがあるのかを紹介しますので、選択肢の一つとして組み入れてみてはいかがでしょうか。

営業部のマネジメント職

営業部にそのまま残るという場合には、営業部のマネジメント職が考えられるでしょう。

営業部長などが代表されるマネジメント職になりますが、営業経験で培ったものを活かして、後進の指導にあたるのも良いですし、営業職全体をまとめあげるような仕事も考えられます。

これまでにはあまり必要とされなかったマネジメント力リーダーシップといったものを問われる仕事になりますので、営業職時代とはまた違ったスキルが求められるでしょう。

さらに、その後のキャリアプランとしては、将来、経営陣に昇進する可能性もあるということです。

やりての営業マンは、最終的には経営層に入り込む可能性がありますので、そこまでの可能性が現実的ならば、営業職に残り続けるのも良いでしょう。

ほかの職種への異動

次に営業の経験を活かして、そのほかの業種に転職する場合のキャリアプランについて考えてみます。

営業というのは、あまり真剣に考える人はいないかもしれませんが、他業種で役立つさまざまな経験を培うことができるのです。

今までは、営業ばかりやっていた自分には、それ以外なんの取り柄もないと思っていたのかもしれませんが、実は自分は意外に多才だったということが十分にあり得ます。

また、自身の希望とは別に、その能力を買われて、別の部署に異動することもありますので、そういった可能性も踏まえておくべきです。

大企業では別の部署に異動ということが多くなっています。

さらに、基本的に営業職から別の業界に移動した場合には、2つの側面を持つことになりますので、より社会人としてのレベルは上がるでしょう。

企画・マーケティング系

企画やマーケティング系の仕事は、営業と相性が良い仕事だと言えるでしょう。

その理由なのですが、営業は第一線で顧客のニーズを考える仕事です。

そのため、実際のお客さんがどんなことを望んでいるのかを肌で感じています。

この経験は、必ず企画やマーケティングでは役立つと言えるでしょう。

企画やマーケティングも基本的には、顧客目線に立って、どんなことを望んでいるのかを考える仕事になりますので、かなり相性の良い仕事だと言えます。

ただし、注意が必要になってくるのが、顧客と直接的な接点を持つということはなくなっていくため、顧客との距離は離れるということも把握しておきたいところです。

顧客から少し離れることによって、見えてくる世界もあるのではないでしょうか。

コーポレート系

人事や経理、総務などの会社を管理する立場になるというキャリアもありうるでしょう。

この仕事は縁の下の力持ちというイメージなので、営業職とは正反対の仕事です。

花形から縁の下の力持ちに移動するのは少し悩むかもしれませんが、2つの側面から会社を見られるようになるので、大きく成長できる可能性があります。

また、適正としては、営業出身の人は人に興味があることが多いので、社員を深く観察するような仕事である人事の仕事は、まったく畑違いというわけではないのかもしれません。

意外にうまくやっていくのが、営業職出身の人たちなのです。

独立

思い切って独立・起業するのも良いでしょう。

営業マンの最大の魅力といえば、その行動力です。

時には、ほかの会社の人たちから嫌な顔をされることもありますが、強い精神力で営業をかけます。

そんな強いマインドセットを活かして、独立・起業をすることで経営者のキャリアを歩む人もいるのです。

また、起業した後には自社の製品を売り込まなければなりませんが、それについては営業マンならばお手の物でしょう。

このように営業の経験が活きる場面はたくさんあります。

さらに、これはあまり知られていませんが、将来起業したい人が営業マンからスタートするという人は意外に多いのです。

副業という選択肢

柔軟な選択肢としては、営業という立場を維持しつつ、副業で稼ぐという方法もあります。

これは非常に賢い選択で、安定した給与を確保しつつ、新たな収入の模索に入ることができますので、とてもおすすめです。

独立はハードルが高いと感じているような場合にもおすすめなので、営業マンの副業にはどんなものがあるのかを調べてみるのも良いでしょう。

【営業職のキャリアプラン】キャリアアップのためにすべきこと

pixta_54303049_M

ここでは営業職としてキャリアアップをするためにはどんなことが必要になってくるのかを紹介します。

実際にキャリアアップしたいという人は多いのですが、この職業はキャリアアップを想像しにくいので、どうしても思い浮かばない人も多いのです。

ただし、注意が必要な点としては、実際にキャリアを上げられる人はごく一部というものです。

気が付いたら窓際族なんてしゃれにならない状況もあり得ますので、しっかりと計画を立てたうえで行動していきたいものです。

実現したい目標を明確にする

まずは実現したい目標を明確にすることが重要になってきます。

目標を定めた後は、目標から逆算することによって目指すキャリアを見つけます。

もちろん、仮決めでもいいし、途中で変わっても問題ありません。

とりあえずは目標を定めなければ、ぶれぶれになってしまいます。

目標を定めることによって、キャリアプランに一貫性が見えてくるのです。

たとえば、マネジメント職として営業部を束ね、お客様により良いソリューションを提案するために組織を運営する立場になっていきたいというような目標でも良いでしょう。

実績を上げる

実績を上げることも大切になってきます。

社内での昇進を目指す場合であっても、転職するにしても、まず見られるのは実績です。

そのため、実績を積み重ねるようにしましょう。

中途採用の場合は、新卒のポテンシャル採用とは異なり、社会人になってからの実績が重視されます。

目標を達成するための最低限の実績という点を踏まえたうえで、どんどん実績を重ねていきたいところではないでしょうか。

実績がなければ、どんなに魅力的な人間でも評価されないのが、実力の世界になっていますので、悔しい思いをしないためにも、実績はたくさん積み上げていたほうが良いです。

そうすれば、人があなたを見る目も変わってくるでしょう。

キャリアアップできる会社に転職する

キャリアアップできる会社に転職するといった手段もおすすめです。

以前は転職回数が多いことがキャリアにとってマイナスに働くことも多かったのですが、最近では転職の回数が多くても、キャリアプランが明確であればそれほど問題はないとする企業も増えているようです。

また、転職の平均回数は増えている傾向もありますし、2回か3回程度ならば、むしろスタンダードと言えるかもしれません。

そのため、営業成績を上げたのならば、自分の能力がより活かせるような環境を求めて転職するのも良いでしょう。

【営業職のキャリアプラン】転職でキャリアプランを聞かれたら

転職活動の際にキャリアプランを聞かれることは多くなっていますので、5年後、10年後にどうなっていたいのかにきちんと答えられるようにしましょう。

キャリアプランには将来性を持たせよう

キャリアプランには将来性を持たせることが重要になってきます。

企業としても、すぐに辞めてしまうような人は、なるべく採用したくはありません。

これでは経費の無駄になってしまうので、会社にとっては死活問題なのです。

また、将来性の目標としては、企業に貢献していきたいという方向性が重要になってきますので、それを語れるようにしておきましょう。

転職エージェントを利用しよう

営業職からの転職を目指すのならば、転職エージェントは有効活用したいところです。

就活と同じように、転職にもアドバイザーがいて、プロのアドバイザーをたくさん有しているの転職エージェントです。

また、対象となるのが社会人の転職なので、アドバイザーのレベルもかなり高いです。

さらに、情報収集という意味でこれらのエージェントを利用するのもおすすめになります。

ここにしかないような情報がたくさんありますので、有益な情報を仕入れることができるでしょう。

プロのアドバイスを受けられるというチャンスはなかなかありません。

まとめ

まずは目標を設定して、そこからキャリアプランを逆算するようにしましょう。

もちろん、人の数だけキャリアプランがあるということも忘れずに、あくまでも自分が順風満帆だと思えるようなプランを練るようにすると良いです。

理想のキャリアを歩むために、今回紹介したようなことを参考しつつ、チャレンジしてみてください。

また、これまであまり能力を身につけることができないと思っていた、営業職には、さまざまな魅力があることに気付けたのではないでしょうか。

思い切って営業職から別の世界に飛び込んでみるのも良いですし、営業職として上を目指すのも良いでしょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます