【ホワイト企業の営業職】営業職でもホワイトな働き方はできるの?見分けるポイントやメリット・デメリットも紹介!

【ホワイト企業の営業職】営業職でもホワイトな働き方はできるの?見分けるポイントやメリット・デメリットも紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

一般的に営業職といえば、ホワイトなイメージとかけ離れていて、ブラックを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

しかし、営業職志望であってもホワイトな働き方はできます。

ホワイトの定義は、人それぞれいろいろあるかと思われますが、会社が社員のことを大切に考えている、ということは大前提ではないでしょうか。

つまり、会社が労働者が働きやすい環境を整えてくれるということでもありますので、多少仕事が厳しい現場であっても、守られているという気持ちを抱きやすくなります。

【ホワイト企業の営業職】ホワイト企業の特徴

ここでは営業に限定せずにホワイト企業の特徴を紹介していきます。

これらの特徴を把握することができれば、どんな企業を選べば良いのかなんとなくわかってくるでしょう。

今回紹介する特徴と正反対のような企業は、ブラック企業になってくる可能性が高いので注意しましょう。

残業が少なかったり、良好な職場環境があったり、離職率が低いといった基本的なことを紹介していきます。

残業が少ない

残業が少ない企業は、ホワイト企業である可能性があります。

残業が少ない会社というのは、主に二つに分かれてきます。

一方は非常に効率の良い業務をしている会社です。

もう一方は単純に楽な業務しかない会社です。

営業は基本的に楽な仕事は少ないので、前者である可能性が高くなってくるでしょう。

つまりは効率の良い業務ができるような、良好な職場環境があるということがホワイト企業においては重要になってきます。

離職率が低い

離職率が低いというのもホワイト企業の重要な条件になってくるでしょう。

ブラック企業は、基本的に離職率が高くなってくるので、この部分を確認すればすぐにわかります。

就職四季報の「新卒入社3年後離職率」が大体30%越えていると離職率が高いとされています。

逆に離職率が低ければ、それだけ良い職場環境が提供されていると考えられるのです。

さらに、営業職が多い企業において、離職率が低いというのは、相当職場環境が良い可能性があります。

なぜならば、営業職はキツい仕事が多く、それでもやめないということは、相応のケアがなされているということだからです。

福利厚生が充実している

ホワイト企業の多くは、福利厚生が充実しています。

福利厚生というのは、従業員が働きやすい環境を作るためのものです。

そのため、従業員のことを大切にしているホワイト企業は、こういった制度の充実に力を入れているのです。

福利厚生には、法律で定められているものもありますし、企業が任意で提供するものもあります。

これらは法定外福利厚生と言われていて、独自の福利厚生を打ち出しているような企業は、社員が働きやすい企業を作るという意識が高いと言えるでしょう。

このような企業は、そのほかの部分についても、社員のことをしっかりと考えてくれる可能性が高いので、ホワイト企業の可能性が高まるのです。

ホームページ等で、気になる企業の福利厚生を確認してみると良いでしょう。

法律をしっかり守る

ホワイト企業の社員のことを考える精神は、法令順守の精神から来ているのかもしれません。

こういった企業は、とにかくルールを守ることに対して厳しいです。

また、日々制度の見直しをルールにもとづきながらやっていくので、働きやすい環境になっていく可能性が高いです。

世の中のルールは、日々働きやすい環境を作るためのものになっています。

しかし、法律を守ることや公正な取引をする気持ちがなければ、なかなかそういったルールに沿った組織づくりをしようとは思わないでしょう。

法律を守る気持ちというのは、いろいろな部分につながってくるので、ホワイト企業と密接に関係していると言えるでしょう。

また、公正な取引だったり、法律を守ったりする点を重視している企業は、何らかのトラブルに巻き込まれるリスクが低いので、安心して就職することができるのではないでしょうか。

【ホワイト企業の営業職】営業職がブラックと言われる理由

営業職は一般的にブラックな仕事だと言われます。

一体なぜ営業職はブラックだと言われているのでしょうか。

ここでは営業職がブラックと言われる理由を簡単に紹介していきます。

大きく分けてノルマが厳しいこと、仕事のストレスが多いことの二つが挙げられます。

詳しく解説していきます。

ノルマが厳しい

営業職の仕事には基本的にノルマが課されることがほとんどです。

営業の仕事は、会社の売り上げに直結する重要な仕事であるためでしょう。

ノルマは達成するために頑張るものなので、厳しめに設定されることがほとんどです。

そしてこのノルマが達成できないと昇進が遅れたり、何らかの罰を受けることもあります。

このようなノルマの存在がきついと感じる人も多くいるため、営業職はブラックな印象をもたれています。

仕事のストレスが多い

ノルマによって日々ストレスが抱えている営業マンも多いでしょう。

さらに営業職は数字によって営業成績が明確にわかるため、社内の立ち位置に影響が出たり人事の評価に直結したりします。

ノルマや売り上げなど他の職種よりもプレッシャーのかかる場面が多いことも、営業職がきつい仕事と言われる理由の一つでしょう。

【ホワイト企業の営業職】営業がホワイトな業界の特徴

ホワイト企業を探しているのならば、企業だけを見て探すのはやめましょう。

この探し方では非効率的になってしまいますので、まずホワイト企業の多い業界を調べることが重要になってきます。

このような調べ方をすると、ホワイト企業を探し当てられる可能性が高くなってきますので効率的です。

また、業界の仕組み的に長時間労働が必然といった業界もあります。

そういった業界の企業は習慣的に長時間労働になっていますので、これを変えろといっても無理があるのです。

ここでは営業がホワイトな業界の特徴を紹介します。

競合他社が少ない

競合他社が少ない業界や、圧倒的に消費者から支持を得ている製品やサービスを取り扱っている企業は、比較的営業が楽だといえます。

なぜならライバルが少なく選択肢も多くないので、おのずと自社の製品やサービスを求める人が多くなるからです。

また、昔から取り引きしている企業がある場合はルート営業をすることになるので、お客さんとの関係構築をする負担が少なくなります。

一方で、薄利多売が求められるような業界や、競合の多い業界ではより営業力が必要となり、負担が大きくなる傾向にあります。

顧客が定着している

黙っていても売れる商品を扱っていれば、営業の負担が少なく楽に仕事ができます。

また、毎月必要になるもの、定期的にメンテナンスが必要なもの、消耗品などを取り扱う業界であれば、毎回新規の顧客を獲得する必要がありません。

このように、ブランド力があり顧客が定着している、毎月継続的に売れるものを取り扱っている業界も、楽な業界の1つの特徴といえるでしょう。

ルート営業である

営業職には、新規顧客を求めて新規開拓する営業と、既存顧客に対応するルート営業の2種類があります。

毎回飛び込みではじめて会う人のところへ訪問したり、電話をかけてアポイントを取ったりする新規開拓は、厳しい反応をされることも多く粘り強い努力が必要です。

一方で、すでに関係性ができているルート営業は、法人営業に多く取り入れられている手法です。

既存顧客を周り、アフターフォーローをしたり、追加注文を取ってきたりする営業がメインとなります。

【ホワイト企業の営業職】ホワイト企業が多い業界

営業がホワイトな業界の特徴や見分けるポイントを理解したうえで、実際に具体的な業界を見ていきましょう。

これらの業界は、そのほかの業界に比べると、上記で述べた特徴やポイントに一致するような仕事内容となっています。

この中から、自分に興味のある業界やチャレンジしてみたい業界がないかチェックしてみましょう。

食品業界

食品業界は良い意味で緩い業界だと言えるでしょう。

その理由の一つが新規参入しにくいというものです。

新規で参入するためには、かなりの参入障壁となっていますので、変化に疎く、競争意識もあまりないので、安定した業界になるのです。

そして、そのような安定した業界という点が、社員に良い意味で緩さを感じさせると言えるでしょう。

また、食を扱う産業のため、需要は必ずあります。

そのため、少ない顧客を奪い合うといったこともなく、こういった部分もホワイト企業を生み出しやすい状況だと言えるのではないでしょうか。

ただし、業界のトップは多くが大企業になっていますので、それなりに倍率が高くなっています。

入社することが比較的難しいという点が、この業界のデメリットでもあります。

化学業界

化学業界もその参入障壁の高さにより、変化に乏しい世界です。

また、新商品を発売するハードルも高いため、ベンチャー企業が参入しにくく、そのような意味でも平和な業界だと言えるでしょう。

実際に安定して就活生が志望しており、平均年収もそれなりのものを期待でき、残業時間も短めという、まさにホワイト企業というような特徴が多いのです。

そんな意味では、現在の若者にピッタリの特徴を備えた業界と言えるかもしれません。

さらに、取引先が一度決まると、長期的に取引してもらえる可能性が高く、このような意味で競争意識があまり生まれない業界とも言えます。

さまざまな観点から考えても、ホワイト企業が生まれやすい素地が整っています。

インフラ業界(電力・ガス・鉄道)

インフラ業界は、以前よりホワイト企業の代表格と言われるような存在でした。

どちらかといえば公務員に近いような属性を持っていて、電力やガス、鉄道など大会社が多いので、いろいろな意味で安定しています。

また、古くからの体質を引き継いでいる企業も多く、年功序列という風潮が色濃く残っているのです。

このため、とりあえず働いて入れさえすれば、給与も上がっていくという最近では嬉しい特徴があります。

ただし、倍率は例年高くなりやすく、かなりの激戦区だと言えるでしょう。

あまり何度も転職したくなく、一つの会社に骨をうずめられるような場所を探しているというのならば、インフラ業界はかなりおすすめとなっています。

種苗業界

種苗業界は、意外な盲点かもしれません。

この業界もホワイト企業が多いところで、植物の種を販売したり、その研究を実施したりする業界です。

こちらの業界も非常に安定している業界で、平均年収もそれなりですし、残業時間も少ない企業が多くなります。

こちらも、食料に関係した業界になっていますので、景気に左右されず、一定の需要がある産業だと言えるでしょう。

さらに、種苗業界はとても地味な業界なので、かなり条件が良いのにもかかわらず、あまり倍率が高くならない傾向があるのです。

特に業界にこだわらず、とにかくホワイト企業が良いというのならば、この業界に飛び込んでみるのもおもしろいかもしれません。

医薬品業界

医薬品業界も参入するのは非常に難しい業界なので、競争があまり生まれずに、安定していることが多いです。

さらに、医薬品は非常に利益率が高い商品になるので、そこまで必死で売る必要はありません。

一度取引先が見つかると、かなり長期に商品を取り扱ってもらえる可能性が高いため、そんな部分も競争が生まれないことに関係しています。

また、営業職に限定しても、効率的に稼げている企業が多いので、営業へのしわ寄せが少ない業界だとも言えるでしょう。

営業なのにあくせくしていないといった夢のような環境の企業があるかもしれません。

鉱業業界

鉱業業界は、あまり知られていない世界かもしれません。

人によっては炭鉱のような重労働を想像してしまうかもしれません。

しかし、実際にはホワイト企業が多く、働きやすい業界だと言えます。

鉱山業界は一定の需要があり、かなり安定した業界だと言えるでしょう。

30代が働きやすい職場として、就職、転職関連のWebサイトで1位になったこともあります。

最近は、技術の進歩によって、鉱業業界もかなり機械化されていますので、昔のような重労働とはかけ離れた世界だと言えるでしょう。

金融業界(銀行・証券・保険以外のリースや消費者金融など)

金融業界も一部はホワイト企業が多いです。

その一部とは銀行や証券、保険以外のゾーンだと言えるでしょう。

銀行や証券といった業界は、非常に厳しい業界です。

大企業であってもブラックすれすれのような企業はありますので、ホワイトとは縁遠いかもしれません。

しかし、少しずれると消費者金融やリース会社などがあり、こちらはホワイトが多い業界だと言えるでしょう。

消費者金融などは、世間的なイメージはあまりよくないのかもしれませんが、実際にはホワイト企業も多いです。

【ホワイト企業の営業職】ホワイト企業の探し方

ここではホワイト企業の探し方を紹介します。

ここで紹介する探し方を実践することによって、自分にとっての楽園を見つけてみてはいかがでしょう。

逆求人サイトを使う

逆求人サイトを有効活用することができれば、効率良く就活が進められる可能性が高いです。

もちろん、志望する業界はホワイト企業が多い業界に設定すると良いでしょう。

こうすることによって、効率よくホワイト企業にターゲットを合わせることができるようになります。

就活エージェントを使う

ホワイト企業を探す場合であっても就活エージェントは有効です。

自分に合致した企業を紹介してくれますし、ホワイト企業の求人も多数持っています。

就活エージェントでなければ手に入らない情報もありますので、積極的に情報収集していきたいところです。

まずは、就活市場エージェントを確認してみてはいかがでしょうか。

口コミサイトを使う

ホワイト企業を探すのならば地道な情報収集もおすすめです。

就活においては、それが口コミサイトに該当しますので、口コミを一つひとつ丁寧に確認していくと、ホワイトが多い業界もわかりますし、ホワイト企業そのものが見つかる可能性もあります。

実際に働いている人たちの声を調査することになりますので、ホワイト企業の実態がわかりやすいです。

口コミは案外侮れないもので、穴場のホワイト企業が見つかる可能性もありますし、ホワイトだと思っていた企業が実はブラックだったという情報を手に入れられる可能性もあります。

openworksやキャリコネなどもしっかりと使っていきましょう。

【ホワイト企業の営業職】ホワイト企業に入社するメリット・デメリット

ここではホワイト企業に入手するメリットとデメリットを紹介します。

デメリットがないように思いますが、実はデメリットもありますので、しっかりと確認しておきたいところです。

メリット

まずはホワイト企業のメリットを紹介します。

プライベートを重視することができたり、生活が安定したりします。

ほかにも、仕事のほかに自分にやりたいことがあるのならば、これほど良い場所はないのではないでしょうか。

そういったメリットを紹介していきます。

プライベートを重視することができる

ホワイト企業の大きなメリットは、プライベートを重視することができるところです。

ホワイト企業は、プライベートを最大限に尊重してくれますし、手厚い福利厚生はプライベートにまで及ぶ可能性があります。

たとえば、会社の保養施設に恋人と旅行しに行くことなども考えられるでしょう。

ホワイト企業といえば、残業が少ないことが多いので、その分だけ時間を有効活用することができます。

生活が安定する

ホワイト企業というのは、収入が安定していることが多いです。

そのため、安定した収入を得ることができれば、生活が安定するでしょう。

安定した収入で穏やかな生活を続けたいというのならばピッタリです。

さらに、ホワイト企業というのは、業界自体が変化しにくい特徴を持っているので、長く安定した収入を得られる可能性があります。

これは大きなメリットになってくるでしょう。

自分のしたい挑戦にチャレンジできる

時間がたくさんあるということは、自分のしたいことにチャレンジすることができます。

最近の若い人は、仕事だけで人生を終わらせるのなんて嫌という人が多く、自分の時間をかなり大切にします。

そんな若者にホワイト企業の特徴はピッタリだと言えるでしょう。

デメリット

ホワイト企業のデメリットは、贅沢な悩みと言えるかもしれません。

そのほとんどが、自分を律する必要があるというものです。

人間は、良い環境に身を長く置くと、どうしても羽目を外してしまいがちです。

ホワイト企業に勤める人たちにも同様のことが言えるでしょう。

楽な環境なので、自分を律する必要あります。

ホワイト企業は、とても楽な環境で働くことができます。

だからこそ、怠けてしまう自分がいるはずです。

そこで、自分を律しながら働く必要があり、そうしなければ、どんどん悪い方向に進んでしまうでしょう。

スキルや能力が上がりにくい

ホワイト企業は、あまり競争する必要がない業界が多いです。

そのため、競争意欲があおられず、どうにもやる気が出ないという状況に陥る可能性があります。

そうすることによって、能力やスキルが上がりにくくなるので、あるタイミングでホワイト企業から放り出されてしまうと、何もできないといったリスクがあるのです。

ここは意識的に能力やスキルを磨くクセが必要になってくるでしょう。

転職を考えた時、市場の評価が低くなる可能性がある

これは必ずしもそうなるわけではありませんが、ホワイト企業というぬるま湯に浸かりすぎてしまうと、転職を考えたときに、市場価値が低くなる可能性があります。

そのため、ホワイト企業に入るのならば、そのぬるま湯にどっぷりと浸かるくらいの気持ちのほうが良いかもしれません。

選好みさえしなければ、安定した仕事を貰うことができますので、それをわざわざ捨ているのはもったいないです。

おわりに

ホワイト企業の特徴を踏まえてみると、とにかく楽ができるという特徴が多くなっています。

そのため、とにかく楽をしたいという一心でホワイト企業を選んでしまう若者も多いです。

しかし、ホワイト企業で働くためには、当然ながらその業界の就職試験を通過しなければなりません。

一般的に、ホワイト企業というのは倍率が高くなりがちで、厳しい審査を勝ち残らなければ、就職できないことが多いです。

楽をしたいという気持ちで就職試験に臨んでしまうと、百戦錬磨の面接官にそれを見抜かれてしまう可能性もありますので注意してください。

また、ホワイト企業を調べる際に覚えておきたいのが、ホワイトというものの定義は人それぞれ違うということです。

極端な話をすると、ブラック企業のような存在であっても、ホワイト企業のような居心地の良さを覚えてしまう人もいるのです。

住めば都という言葉がありますが、一見するとブラックそうな企業であっても、実は案外居心地が良いということもあり得ます。

まずは、自分のホワイトの定義とはなんなのかを突き詰めてみてはいかがでしょうか。

そのためにおすすめなのが自己分析です。

自己分析を繰り返すことによって、ホワイトの定義も見えてくるかもしれません。

 

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます