【不動産営業への転職】未経験でも不動産営業に転職できる?不動産営業の仕事内容や向いている人の特徴を紹介!

【不動産営業への転職】未経験でも不動産営業に転職できる?不動産営業の仕事内容や向いている人の特徴を紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

不動産営業は収入が高いというパブリックイメージが強く、他業界の営業職から不動産営業に転職したいという方も多く見られます。

一方で、ノルマがきびしいというネガティブなイメージから、不動産営業だけは避けたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし一口に不動産営業と言っても担当する事業によって仕事の内容や年収、働きやすさなどは大きく異なるため、その違いを把握してから転職先を探すのがおすすめです。

そこで今回は、不動産営業の仕事内容や転職するメリット・デメリット、向いている人の特徴を解説します。

不動産営業とは

不動産業界の営業は担当する事業によって不動産販売営業・不動産売買仲介営業・不動産賃貸仲介営業の3つに大別されます。

不動産販売専業の不動産会社など、いずれか1つの事業を専門にしている不動産会社もありますが、1社で複数の事業を兼ねている会社が多くを占めています。

しかしそうした会社でも、営業部門は販売営業・売買仲介営業・賃貸仲介営業に分かれているのが一般的です。

不動産業界の営業は、担当する事業に関わらず契約を獲得するとインセンティブを受け取れる、歩合制の給与形態であることが特徴の1つです。

ここでは、それぞれの営業の仕事内容をご紹介します。

不動産販売の営業

不動産販売の営業は、自社が所有する土地や建売住宅、マンションなどを個人顧客に販売する仕事です。

店舗や展示場などに来場した顧客から契約につなげるケース(カウンター営業)が多く、飛び込み営業やテレアポなどは基本的に行いません。

しかし、投資用不動産を販売する場合は、テレアポや投資セミナーを行って新規顧客を獲得する必要があります。

不動産販売の営業の魅力は、商材が高額である分、契約を獲得したときのインセンティブも高額になり、実力次第で高収入を得られる点です。

ただし、高額商材ゆえに1つの契約を獲得するまでに数ヶ月を要したり、経済情勢など自分の努力ではいかんともしがたい要素によって契約が獲得しにくかったりと、実績をあげるのが難しい仕事でもあります。

不動産売買仲介の営業

不動産売買仲介の営業は、不動産を売りたい個人や企業から依頼を受けて販売の代行をし、不動産を買いたい個人・企業に売り渡す仕事です。

売主の依頼を受けて、宣伝を行うことに始まり、購入検討者からの問い合わせや内覧の対応・売買契約の締結・住宅ローンや登記に関するアドバイスまで行うなど、幅広い業務に対応しなければなりません。

売主と買主の条件をマッチングさせるために双方と密にコミュニケーションを取る必要があり、不動産売買に関する法律や税金、住宅ローンなどの知識も求められます。

不動産売買仲介は売主・買主から支払われる仲介手数料で利益をあげる仕組みのため、高額物件を売買して手数料を多く獲得すればその分インセンティブも高額になり、高収入を得られます。

不動産売買仲介の営業については、こちらの記事も参考にしてください。

不動産賃貸仲介の営業

不動産賃貸仲介の営業は、賃貸物件を探している顧客に対して要望にかなった物件を紹介し、賃貸借契約を結ぶための仲介を行う仕事です。

自社所有の賃貸物件だけでなく、他社や個人オーナーが所有する物件も取り扱い、賃貸物件の貸主・借主双方から仲介手数料を得て、利益をあげます。

借主からニーズを引き出して適切な物件を紹介するために、コミュニケーション力や物件に関する知識が求められます。

インターネット上の不動産情報などを見て問い合わせてきた顧客や、来店した顧客を契約につなげるケースが多く、比較的成約率が高いです。

また、売買仲介などに比べて契約を獲得しやすい分、インセンティブは少額で年収も低くなる傾向があります。

不動産賃貸仲介の営業については、こちらの記事も参考にしてください。

不動産営業は未経験でも転職できる?

不動産営業は「商材が高額で高収入」というポジティブなイメージがある一方で、「専門的な知識が必要」「ノルマがきつい」などネガティブなイメージもつきまとい、転職に不安を感じる方は少なくありません。

しかし、不動産業界は未経験でも他業種での営業経験を活かして不動産営業として活躍し、高収入を得ている方も多くいます。

働きながら必要な知識を身につけるなど、自分の努力次第で未経験からでもスキルアップ・キャリアアップを目指せる仕事です。

未経験からの転職なら賃貸営業がおすすめ

賃貸営業はほかの営業に比べて、不動産の取り引きに関する専門知識を必要とされないため、不動産業界以外から転職する方におすすめです。

ほかの業界で営業職として働いていた経験があれば、そこで培った経験やスキル、コミュニケーション能力を活かせるでしょう。

また、成約率が高く、営業活動の負担やストレスも比較的少ないため、収入の高さよりも働きやすさを重視する方にも向いています。

「以前の仕事でノルマに追われることに疲れてしまった」という方でも、賃貸営業であれば無理なく働ける可能性があるでしょう。

さらなる高収入を得たいのであれば、賃貸営業として働きながら経験を積み、専門知識を身につけたり資格を取ったりして、販売営業・売買営業への転職を目指すという道もあります。

不動産営業は稼げる?

販売営業や売買営業は商材が高額でインセンティブも大きいため、契約を多く獲得できれば高収入が得られる仕事です。

その反面、基本給は低いことが多く、契約が獲得できなければ収入は伸びません。

稼げるようになるためには営業スキルや不動産取引に関する知識を身につけ、契約を多く獲得できるようになる必要があります。

また、賃貸営業はスキルや知識があまり必要とされず契約も取りやすい分、インセンティブは小さく、販売営業や売買営業ほどの高収入は望めません。

高収入をねらうなら売買営業がおすすめ

不動産営業で高収入を目指すのであれば、商材が高額でインセンティブも大きい売買営業をおすすめします。

ただし、売買営業はノルマがきつく責任も重いなど、収入に見合うだけの労力は必要な仕事であると覚悟しておかなければなりません。

インセンティブが大きい分基本給は低く設定されているケースもあり、成約が取れないと収入が伸び悩む可能性もあります。

また、高度な営業スキルや不動産取引に関する知識が求められるため、ほかの業界から売買営業に転職するのであれば、転職後にスキルアップや資格取得を目指すなど相応の努力も必要です。

きびしい仕事である分、売買営業として活躍できればその後のキャリアアップにつながり、さらなる高収入も望めます。

不動産営業に転職するメリット・デメリット

転職する際、業界にこだわりがないのなら、各業界のメリット・デメリットを見比べて自分に合うものを選ぶのもおすすめです。

特に営業職は業界が違っても、以前の仕事で培った経験やスキルを活かせる可能性が高い一方、業界によって年収や仕事のきつさなどが大きく異なります。

まずは自分が重視するポイント(収入、働きやすさ、休日など)をあげ、それに合致する業界を選ぶと良いでしょう。

ここでは他業種から不動産営業に転職するメリット・デメリットをご紹介します。

インセンティブで稼げる

営業職は多くの業界で歩合制を採用していますが、不動産営業は特に商材が高額であり、1契約あたりのインセンティブも大きいというメリットがあります。

なかでも販売営業・売買営業はインセンティブが大きく、経験や年齢に関係なく実力次第で高収入を得られます。

成果が収入に直結するため、仕事に対するモチベーションも高く維持できるでしょう。

企業によって固定給と歩合の割合が異なるため「自分の実力で稼ぎたい」「より高収入をねらいたい」という方は、歩合の割合が高い企業を選ぶのがおすすめです。

また、成果主義で働き方は問われない企業が多いため、出勤時間や出勤日を自分で決められることもあります。

勤怠管理に縛られることなく、自分のやり方を貫いて収入を得られる点も不動産営業の魅力です。

営業ノルマが大変

多くの業界で営業職にノルマが設定されています。

その中でも、不動産営業は特にノルマ達成が困難だとされています。

商材が高額である分契約獲得までに時間や労力がかかったり、景気や政策など自分の努力ではいかんともしがたい要素によって、契約の取りやすさが変わったりする場合もあるのです。

ノルマが達成できているときは成果が目に見えやすく、モチベーションアップにつながりますが、未達成のときはその状況が同僚などにも明らかになってしまい、精神的にプレッシャーを感じることになるでしょう。

ノルマを達成できなければ、インセンティブを得られず、収入が伸びないという経済的なデメリットも生じます。

前職でノルマに対してプレッシャーを強く感じていた場合は、比較的ノルマが達成しやすい賃貸営業を選ぶという手もあります。

不動産営業に向いている人の特徴

不動産営業はインセンティブで高収入がねらえる一方、ノルマがきつく、精神的プレッシャーがかかるという側面もあります。

そのため、営業で高い成果をあげられる可能性が高く、プレッシャーに潰されずに仕事を続けられる人が不動産営業に向いていると言えるでしょう。

こうした条件を満たし不動産営業に向いているのは、コミュニケーション能力がある人と忍耐力がある人です。

それぞれの特徴について、不動産営業に向いている理由や特徴の活かし方を解説します。

コミュニケーション能力がある

コミュニケーション能力が高く人と関わるのが好きな人は、不動産営業に向いています。

それは不動産営業が、窓口を訪れる顧客だけでなく不動産のオーナーや管理会社・同業他社の担当者など、多くの人と関わる仕事であるためです。

顧客や取引先などからの信頼を獲得するために、コミュニケーション能力は欠かせません。

不動産を購入する顧客が複数の不動産から1つを選ぶとき、物件自体は甲乙つけがたい状態であれば「営業担当者が信頼できるか否か」を基準に決断する場合もあります。

ただし、コミュニケーション能力が高いとは、自分がうまく話せることではありません。

「自分から話すのは苦手」という場合でも、聞き役に徹して相手のニーズを引き出せれば、それもコミュニケーションの1つの形です。

忍耐力がある

忍耐力がある人も、不動産営業に向いています。

不動産営業として成果をあげるためには、目標やノルマを達成するために粘り強く努力しなければなりません。

不動産は高額の商材であり、1つの案件のために何ヶ月も交渉を続けることもあります。

そのため、思うように結果が出ないときにも諦めず、コツコツと努力し続ける忍耐力が求められます。

また、不動産営業は対人職であるうえ、不動産は季節や世間の景気、政策などによって売り上げが左右されやすいです。

そのため、自分の努力だけでは結果に結びつかない時期が続くこともあります。

そうしたときにストレスをためて気が滅入ってしまったり、精神を病んでしまったりするとますます結果が出にくくなるため、ストレス耐性があり、精神的にタフな人も不動産営業に向いていると言えるでしょう。

不動産営業への転職に資格は必要?

不動産営業は資格がなくても携われ、成果をあげればその分、収入も得られます。

しかし資格を持っていれば業務の幅が広がるうえ、専門知識を身につけることで顧客からの信頼も得やすくなるため、不動産営業としてさらにスキルアップしたいと考えているのであれば、資格取得を目指すのも良いでしょう。

特におすすめの資格は、宅地建物取引士とファイナンシャルプランナーです。

この2つの資格について、特徴と不動産営業として資格を活かす方法について解説します。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は国家資格であり、資格を取得することで不動産取引の専門的な知識を持っていることの証明になります。

宅建士は宅地や建物の売買・賃貸借などの取り引きを円滑に進めるため、法に定められた事務を行う不動産法務の専門家であり、宅建士でなければ行えない業務も多いため、不動産業界で働くにあたって重宝される資格です。

また、不動産に関わる知識だけでなく、暮らしに関わる法令や取り引きに関する民法についての知識も習得できるため、幅広い業務に応用できるでしょう。

資格を取得するためには年1回行われる試験に合格する必要があり、近年の合格率は15〜17%程度で推移しているようです。

受験にあたって実務経験などは問われませんが、登録講習を修了し修了試験に合格した場合は、試験の一部が免除されます。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの資格には国家資格である「ファイナンシャル・プランニング技能士」と日本FP協会が認定する民間資格の「AFP認定者」「CFP認定者」があります。

ファイナンシャルプランナーの試験では税金や相続・資産運用・マネープランの立て方に関する知識が問われるなど、不動産業界とも非常に関わりが深い資格です。

資格取得を通して、生活やお金に関する知識を身につけられます。

そのため、不動産営業として住宅ローンの返済計画を含めたライフプランの提案をしたり、賃貸物件の経営計画についてアドバイスをしたりする際に役立ちます。

専門知識を活かして顧客の信頼を得られれば、営業成績の向上にもつながるでしょう。

転職の際はエージェントを利用しよう

不動産営業は販売・売買仲介・賃貸仲介それぞれで仕事内容が異なるため、求められる資質やスキルにも違いがあります。

しかしほかの業界から転職する場合、仕事内容の違いや自分に向いている事業はどれかを判断するのは難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、転職エージェントです。

転職エージェントでは専属のエージェントが自分に合っている企業を提案してくれるうえ、エントリーシートの書き方や面接での受け答えについてもアドバイスしてくれるため、自分に合う職場を見つけやすくなります。

もし、転職エージェントに興味をもった方は以下のURLからアクセスしてみてください。

アドバイザーに相談する

まとめ

不動産営業の仕事内容や転職するメリット・デメリット、向いている人の特徴を解説しました。

不動産営業のうち、販売営業や売買営業はインセンティブが大きく、高収入を得られる可能性がある一方、ノルマがきびしい仕事です。

そのため、コミュニケーション能力が高く営業の成果をあげられる人や、忍耐力のある粘り強く仕事ができる人ほど、販売営業・売買営業に向いています。

しかし賃貸営業は比較的契約が取りやすいため、未経験から転職する方には賃貸営業をおすすめします。

転職エージェントの力も借りながら、自分に合った仕事を見つけて転職を成功させましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます