【技術営業への転職】技術営業に向いている人の特徴を紹介!仕事内容からキャリアパスまで徹底解説!

【技術営業への転職】技術営業に向いている人の特徴を紹介!仕事内容からキャリアパスまで徹底解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

pixta_34370778_M

技術営業という仕事について、仕事内容を詳しく知っているという人は少数派ではないでしょうか。

一般的な営業職の中でも、企画営業などと違ってなかなか耳にすることのない仕事の1つかもしれません。

しかし最近ではさらなるスキルアップや将来性を求めて、エンジニアの仕事から技術営業への転職を希望する人が多くなっています。

今回は今ひそかに注目されつつある技術営業の仕事について、その仕事内容やキャリアパスを含めて詳しく解説していきましょう。

【技術営業への転職】技術営業とは?

技術営業とは技術的な専門知識を活かして、自社製品を顧客に提案する仕事です。

別名「セールス・エンジニア」とも呼ばれています。

技術営業は常に進化を続けるモノ作りにおける技術面の優位性や顧客に対するメリットを、顧客の知識度に応じてわかりやすく伝えるプレゼン力が求められるでしょう。

主にソフトウェア開発などをはじめとしたIT企業や、ロボットなどの部品に使用される半導体のメーカーなど、専門性の高い職種に多く見られます。

一般的な営業との違い

技術営業と一般営業の大きな違いは専門知識が必要かどうかです。

たとえば一般営業はすでに完成した自社の製品を販売し、売り上げをあげることが目的です。

対して技術営業の場合は、顧客の抱えている問題を聞き取り、吸い上げた問題が解決をできるような技術提案を行います。

提案を通して顧客に自社の技術に魅力を感じてもらい、売り上げをあげていきます。

よって、最終的にはどちらも売り上げをあげることが目的です。

しかし技術営業は、製品やサービスにおける技術面を顧客に説明することが必須で、高度な専門知識が必要になります。

そのため、一般的な営業は文系卒の方も多いですが、技術営業においてはエンジニア経験者や、理系出身の人が多い傾向にあります

今後の需要と将来性

転職を検討する際に気になるのはその職種の将来性でしょう。

転職した先が将来性のない業界だと、長く働けるか不安に感じながら仕事をしなければなりません。

せっかく転職するのであれば、将来性のある業界でキャリアアップを目指したいと考える方は多いかと思います。

技術営業の将来性はどうかというと、先ほど述べたようにIT業界や半導体メーカーといった最先端技術を取り扱う業種が多く、今後も発展を続ける可能性が高いです。

近年ではIoTやAIの技術も発展しており、今後も多くの業界や仕事で新たな技術が導入されることも予想されます。

最先端技術に対応できる技術営業の需要は、今後も拡大が予想されるため、キャリアアップを通して高待遇の仕事に就ける可能性もあります。

【技術営業への転職】技術営業のやりがい

ここまで技術営業の仕事内容や将来性について解説していきました。

次に技術営業のやりがいについて解説していきます。

技術営業は営業職ということもあり、仕事がつらい、きついというイメージがあるかもしれません。

しかし、技術営業にはそれ以上に他の営業職と異なったやりがいがあります。

ここでは「専門性が身につく」、「最新技術に触れることができる」という2つのやりがいについて解説していきます。

専門性が身につく

まず1つ目のやりがいとして挙げられるのが、専門性が身につくということです。

技術営業は自社製品の特徴や魅力だけを理解するだけではなく、他社製品のことも理解しておく必要があります。

その理由としては、比較をしなければ自社製品の魅力を営業するときに伝えることができないからです。

常にその分野の製品のことを理解しようと努力していると、自然とその分野に対する専門性が身に付きます。

専門性が身につくと自然と顧客の潜在ニーズに応えられるようになったり、顧客からの信頼を得やすくなるため、やりがいを感じられるようになります。

最新技術に触れることができる

2つ目のやりがいとして挙げられるのが、最新技術に触れることができるということです。

顧客のニーズに応えるためには提案できる選択肢を増やしておく必要があり、そのためには自社の製品をすべて知っておく必要があります。

自社製品について知ろうとしていると、必然的に最新技術についても触れることになります。

常に新しい情報、技術を取り入れていきたいと考えている人や、新しいものが好きな人はやりがいを感じるでしょう。

【技術営業への転職】技術営業は未経験でも大丈夫?

結論から述べると、中途採用として技術営業に転職するのであれば技術営業に必要とされる理系や工学に関する専門知識と、営業スキルのどちらか1つは身に付けておく必要があります

なぜなら、中途採用は新卒採用とは違ってポテンシャル採用ではないからです。

営業スキルについては前職で営業活動を行っていた人ならば基本的なレベルは身についていると思いますが、理系や工学に関する専門知識に関しては前職でエンジニアなどの理系の専門職に就いていた人でなければ厳しいと思います。

また、自分は大学時代文系学部に所属していて理系知識はあまりないけど大丈夫かと思う人がいると思います。

もちろん入社する前から専門知識を持っているに越したことはありませんが、文系だから絶対に無理ということはありません。

入社した後に専門的な知識を身に付けようと意識しながら仕事を行っていれば、技術的な知識を身に付けることはできます。

【技術営業への転職】技術営業のメリット・デメリット

このように現代の技術の発展とともに、セールスエンジニアの需要自体が高まっていることから、職種としては非常に将来性のある仕事といえるでしょう。

しかしこの仕事に転職することによって、自分の市場価値を高められるかどうかというのは別問題です。

技術営業に転職するにあたって考えられる、メリット・デメリットの両面を把握することが大切です。

現在の仕事のメリット・デメリットと比べながら、さまざまな観点から検討を進めましょう。

技術営業に転職するメリット

技術営業の仕事は、各企業から需要の高まっている分野であることは間違いありません。

なぜなら世の中がもはやITなしでは考えられないというほど、ITへの社会的需要が高まっているからです。

まずここでは、技術営業に転職するにあたって考えられるメリットをご紹介します。

大きく分けて給料アップの可能性がある、将来性がある、顧客からのニーズが高いという3つがあげられるでしょう。

エンジニアより高給を目指しやすい

まず1つ目のメリットとして、エンジニアより高給を目指しやすいことがあげられます。

収入アップを目標として転職活動をする人も多いため、これらは大きなメリットであるといえるでしょう。

エンジニアは専門性の有無で収入の開きが大きくなり、持っている資格やスキルに収入が大きく左右されます。

一方で技術営業の仕事では、一般的な営業職と同じようにインセンティブ制度が存在し、成果に応じて報酬を上げやすいシステムとなっているのが特徴です。

実際に平均年収を比べてみると、技術営業が平均600万円程度であるのに比べて、エンジニアの平均年収は500万円程度となっています。

もちろん企業や業界・スキルによって大きく左右されますが、スキルのないエンジニアと未経験の営業なら、営業の方が年収が高い傾向にあるといえるでしょう。

将来性があり市場価値も高い

技術営業は、上記の仕事内容でもふれたように「営業力と技術力を兼ね備えた存在」 であることが求められています。

つまり技術に関するエンジニアとしての知識と、営業としてのコミュニケーションを持ちあわせている必要があり、結果的には市場価値の高い仕事となります。

今後ほとんどの仕事がAIにとってかわられるのではないかといわれていますが、人と人が顔を合わせて信頼関係を構築しながら交流をする営業という仕事は、AIができる仕事ではありません。

このようにこれからますます発展していくIT業界において、コミュニケーションを通してその技術を広く知らせるという仕事は、決してなくならない仕事であるといえるでしょう。

まさに情報化社会の中でも、人が担うべき将来性の高い職業です。

顧客のニーズに合わせた提案ができる

技術営業の仕事では開発についてや、サービスの詳しい機能についての知識があることが求められます。

社内の最新技術に常にふれているため、専門知識を幅広く身につけることも可能です。

そのため通常の営業担当の人にはないそれらの知識を活かして、顧客の課題やニーズを聞き出し最適な提案ができます。

これらは一般的な営業職にはない、大きなメリットであるといえるでしょう。

また顧客に対して最適な提案ができるだけでなく、開発を担うエンジニアに対しても顧客目線の提案ができます。

顧客の要望や課題を直接聞く機会があるからこそ、製品やサービスの開発にそれらの声を反映させられるのは、技術営業ならではメリットです。

技術営業に転職するデメリット

どういった仕事にも、メリットがあればデメリットも存在します。

ここではエンジニアから技術営業に転職を行った際に、考えられるデメリットについてお伝えします。

大きく分けて営業と技術のあいだで中途半端と評価される可能性があること、営業のサポーター的役割を担う場合があること、専門知識が必須のため難易度が高いことの3つがあげられるのです。

これらのデメリットをメリットとしっかり比較し、転職について考えてみましょう。

スキルが中途半端になってしまう可能性も

営業と技術のあいだをつなぐ立場である技術営業ですが、中途採用の市場では純粋な営業・エンジニアよりも、経験が浅いとみなされることもあります

営業マンとしてトップの成績があるというわけではない、またエンジニアとしても最新の開発技術を持っているわけではないとなってしまうと、中途半端だと感じられてしまう可能性があるのです。

その後のさらなるキャリアアップを考えると、営業としてのスキル・技術職に関わる知識の2つをうまく両立させて働いていくことが大切です。

どちらも決して似通ったような知識とは言いがたいため、自分自身の強い意志を持ってどちらにも尽力することが必要となるでしょう。

そのうえで技術営業の仕事の価値を認めてくれるような業界や会社を選ぶことが、キャリアアップの秘訣となります。

あくまで営業のサポーター的な役割

また技術営業の仕事のデメリットとしては、あくまでも営業のサポーターとして営業活動の補助にとどまることがあげられます。

一般の営業職のように飛び込み営業をして新規顧客を獲得したり、電話で営業をしたりして顧客を開拓していくのは、技術営業としてのメインの仕事ではありません。

もし営業のスペシャリストを目指したい、何よりもまず成績をあげることで報酬に直結させたいという場合には、技術営業ではなく技術系の会社における一般営業職を目指すほうがよいでしょう。

ほかにも訪問営業を基本とする、フィールドセールスをするような営業職を目指すのもおすすめです。

難易度が高いと感じるかも

エンジニアから技術営業に転職した人の中で多く見られるのが、入社後のギャップが大きいという問題です。

エンジニアとして培った知識やスキルを活かして働けるとはいえ、技術職と営業職では求められるスキルや業務内容・アプローチ方法が、まったく異なることが多くなっています。

特に技術内容をわかりやすい言葉になおして提案するスキル、話し方や聞き方などのコミュニケーション能力に関しては、エンジニア時代に身につけることが難しいスキルでもあります。

転職をする前に実際に働いている人から話を聞いたり、業界に詳しい人にコンタクトをとったりなどして、業務内容についてきちんとイメージを持っておくことが大切といえるでしょう。

【技術営業への転職】技術営業に向いている人

いざエンジニアから技術営業に転職するとなると、不安を抱いている方も多いかもしれません。

取り扱う内容はそれほど変化がないとはいえ、仕事内容としては大きく異なるためその不安も当然のものです。

ここでは技術営業に向いているのはどのような人なのかを解説します。

自分に当てはまるものがあれば、面接の際に自己アピールとして活用できるでしょう。

一方で今の自分に足りないスキルがあると感じた場合にも、転職活動に向けて早めに対策をとることにもつなげられるでしょう。

人とコミュニケーションを取るのが好きな人

技術営業も営業職の1つであるため、顧客とコミュニケーションをとる機会が多くあります。

飛び込みで新たな顧客のところに出向くような、新規開拓をすることは少ないものの商談の際に相手にわかりやすく伝える力が必要です。

技術的な知識をエンジニアに話すように話していては、顧客が簡単に理解できるとは限りません。

わかりやすい言葉で説明し必要に応じて資料を用意するなど、より具体的な提案ができる人はしっかり活躍できることでしょう。

また信頼関係を築くためにも、仕事上の話だけでなくアイスブレークを入れたり、人間性をアピールしたりすることが必要な場面もあります。

顧客のニーズを把握できる人

技術営業には顧客が今どのような状況に置かれているのか、課題はどういったことでどのような方向に改善していきたいのか、今相手がわからないところやつまずいているところはどこなのかを把握する力が求められます。

これらを正確に把握することで、それぞれの顧客に合わせた提案をして最終的な成約に直結するからです。

一方的な営業トークになってしまわないように、相手との信頼関係を築いたうえで話を聞き出すことが何よりも大切です。

そうすることで売り上げのためだけに営業に来ているのではなく、本当に力になってくれようとしているんだな、という印象を顧客に与えられるため、結果的に信頼関係を築くことにつながるでしょう。

技術について学び続けられる人

技術営業は営業力の向上を目指すとともに、技術に関する知識をアップデートし続ける必要があります。

技術の進化は止まらないので、日々こまめに自分から最新技術について理解を深めなければなりません。

そのためIT技術や技術開発への好奇心がある人や、勉強が苦にならないという人が向いているといえるでしょう。

決して理系出身やエンジニア出身でなければならないわけではありませんが、これらの業界に好奇心がある人でなければやっていけない可能性もあるため、注意が必要です。

あらかじめ希望する業界の技術的な知識について、どのようなものがあるのか理解を深めておくとよいでしょう。

新しいことに興味がもてる人

技術営業は新しいことに興味がもてる人や、常にアンテナを張り、いち早く情報を取り入れられる人が向いているでしょう。

なぜなら技術営業は、先端技術を取り扱う業種が多いためです。

たとえばIT業界では技術革新のスピードが速く、法令の新設や見直しにより次々に新しい技術や情報があらわれます。

また、さまざまな領域のエンジニアと協力しながら業務を進めることがあるため、幅広い知識に触れる機会も多いです。

これらの情報をいち早く取り入れて技術提案ができなければ、競合他社に後れを取ってしまい、売り上げに影響を与えてしまうかもしれません。

つまり、いかに早く情報をつかむかが営業成績に直結するわけです。

以上のことから技術営業は新しい情報や技術に興味をもち、理解を深め、自社の製品提案に活かせる能力を持った人が向いている職種といえます。

チームで仕事するのが好きな人

営業は個人プレーで成果をあげるケースが多いのに対して、技術営業はチームワークを発揮して進める力が必要です。

成約が決まると、社内の開発チームと連携して顧客が抱える問題を解決するために、プロジェクトを進めていきます。

大規模なものになると、社外のエンジニアと連携して進めることもあるでしょう。

そのなかで顧客をはじめ、社内外のいろいろな人の意見を聞き出したり、協力を得たりして、顧客が満足するものを作り出さなければなりません。

ときには顧客から得た意見や情報を開発部門へ展開し、より良い製品を作り出すこともあります。

以上のことから技術営業は個人プレーが好きな方より、チームで協力して成果をあげていくことが好きな方に向いている職種と言えます

【技術営業への転職】技術営業に向いていない人

技術営業にはどのような人が向いているのか分かったと思います。

逆に技術営業に向いていない人とはどのような人なのでしょうか。

今から紹介していきます。

理系の専門知識に弱い

理系の専門知識に弱い人は技術営業に向いていないといえます。

文系でも理系の専門知識に苦手意識がない人は、入社してから知識を付けようと努力すれば、大学時代理系学部に所属していてそれなりに専門知識があった人との差を埋めることはできます。

しかし、理系分野に関して苦手意識がある人は入社してからついていけなくなる可能性があるため、あまり向いていないといえるでしょう。

ストレス耐性が弱い

ストレス耐性が弱い人も、技術営業には向いていないといえるでしょう。

技術営業は営業職のため、どうしてもノルマがついてきます。

ノルマがついてくると数字に追われる日々になってしまうため、人によって大小はありますが一定のストレスがかかってきます。

ストレス耐性が弱いとそのストレスについてこれず、早期退職などにつながってしまう可能性があるため、ストレス耐性が弱い人はあまり技術営業には向いていないといえるでしょう。

一人で淡々と行う作業が好き

一人で淡々と作業をするのが好きという人も技術営業には向いていないといえます。

技術営業は一人で営業をしていくと考えている人がいるかもしれません。

しかし実際は一人で仕事を行うということはほとんどなく、技術営業はチームで動くことが多いためしっかりと連携が取れるコミュニケーション能力は必要です。

そのため一人で淡々と作業をしたいと考えている人は向いていないでしょう。

【技術営業への転職】技術営業に求められるスキル

技術営業で働く人間が共通して求められるスキルは、どういったものなのでしょうか。

転職を検討している方にとっては気になるポイントかと思います。

基本的に技術営業が期待される役割は「エンジニアとしての技能・知識」そのものではなく、「技能・知識を活かして顧客から信頼を得る」ことです。

つまり知識はもちろん必要ですが、信頼感を得るためのコミュニケーション能力や、安心してプロジェクトを任せられるリーダーシップが必要となります。

ここからは、よりくわしく技術営業に求められるスキルについて解説していきます。

理系や工学の知識

まずは技術営業の基礎となる理系や工学の知識です。

先ほど述べたように技術営業の仕事は、顧客の抱える問題点やニーズに対して技術提案を行い、自社の製品やサービスの導入をすすめることです。

この仕事内容から、技術営業は工学や設計といった理系の知識は必須となっています。

顧客から信頼を得るためには、少なくとも顧客と同等か、それ以上の専門性・知識を有している必要があるのです。

たとえば専門性のない営業から提案をされたとして、顧客が少し専門的な質問をしただけで回答に困ってしまうようでは「任せて大丈夫だろうか」と不安に感じてしまうでしょう。

それでは信頼を得ることは難しいです。

そのため技術営業は学生時代にその分野の研究を行った経験や、前職でエンジニアや機械設計・製造などの経験など、その分野において専門性のある人が企業から求められます。

コミュニケーション能力

技術営業は営業職の面もあるため、コミュニケーション能力も大切な要素です。

なぜなら顧客に適切な提案を行うためには、抱えている悩みや問題をヒアリングし、問題解決方法を明確にする必要があるからです。

コミュニケーション能力を活かし、顧客に適切な提案を行うことで信頼を勝ち取ることが、技術営業の役割と言えます。

また成約後もコミュニケーション能力は求められます。

成約後のプロジェクト進行の際は顧客だけでなく、社内外のエンジニアと連携する必要もあるでしょう。

プロジェクトを成功に導くためには、多方面への綿密なコミュニケーションを取ることが重要です。

以上のことから技術営業は提案からプロジェクト進行まで、一貫してコミュニケーション能力が求められる仕事です。

リーダーシップ

技術営業は顧客の信頼を得るためにリーダーシップが必要という話をしました。

具体的にどういった場面で必要になるかというと、顧客と契約が決まったあとです。

契約が決まると、担当した技術営業がプロジェクト責任者に就任することもあります。

社内の技術チームや顧客など、多くの人をまとめる力や計画通りに進めていく力が必要です。

そのためリーダーシップが発揮できるスキルを持っていたほうが役に立つというわけです。

また技術営業は開発部門のプロジェクトリーダーや、プロジェクトマネージャーなどにジョブチェンジするケースが多く見られます。

そして将来的には開発部門の管理職・部門長・経営層といったポジションへの昇進もねらえる職種です。

これらのようなキャリアアップを今後目指していきたい方は、チームを率いるリーダーシップや、マネジメントスキルに磨きをかけていくと良いでしょう。

【技術営業への転職】技術営業の転職後のキャリアパス

技術営業の仕事を選んだ際、どのようなキャリアが待っているのでしょうか。

営業スキルと技術に関する知識といふた2つの異なる能力を活かした仕事であることから、幅広いキャリアへの可能性が考えられます。

転職後のキャリアに関しても、今の時点から希望を明らかにしておくことで、企業選びや業界選びをさらに適切なものにできます。

技術営業のマネジメント職

技術営業としてキャリアアップしていく中で、管理職に就くキャリアが考えられるでしょう。

技術営業全体を統括しチームとしての方向性を定めたり、人材の育成をしたりなど幅広い観点から仕事をすることになります。

さらに管理職としてほかの部署との調整をすることも増え、より幅広い観点から会社に関わっていくことになるでしょう。

そのためには営業や技術に関することだけに関わらず、マネジメント能力も身につけていく必要があります。

開発部門か営業部門に異動・転職

セールスエンジニアの仕事は営業から技術に関することまで、広く浅く経験できるのが魅力の1つでもあります。

そのため技術営業の仕事をする中で、開発もしくは営業を専門的にやりたいと思った時には、それらの部門に移動したり転職したりという道が考えられるでしょう。

自分の興味がある方や適性を感じる方を選び、さらに専門性を高めていくというキャリアです。

顧客の声を聞いて得たアイデアを開発に活かす、または技術に関して得た知識を営業に活かすなど、どちらの道に進んでも技術営業の経験が大きなアピールになることは間違いないでしょう。

ITコンサルに転職

技術営業の仕事は実はITコンサルに通じる部分も多くあります。

ITコンサルとはITを利用して、企業や団体が持つ悩みや課題を解決するという仕事をしています。

そのためにITの知識はもちろん、市場調査やクライアントの業界についての専門知識などさまざまな情報が必要となるのです。

技術営業で得た専門知識を活かして、このようにITコンサルとして活躍するというキャリアも考えられるでしょう。

一般的にコンサル業界は学歴が重視される傾向にあるため、学歴に自信がある方はぜひこれらを目指してみるのもよいでしょう。

【技術営業への転職】技術営業に転職するには

実際に技術営業の仕事へ転職するためには、どのように転職先を探すのがよいのでしょうか。

一般の営業職とは違って専門性の高い仕事でもあるため、どうせなら今までエンジニアとして働いてきた知識を活かして働ける転職先を見つけたいものです。

まずは市場での自分の価値を見極め、スキルアップや給料アップができるような転職先を探しましょう。

技術営業の求人状況

技術営業が必要とされているのはIT業界だけではありません。

電子部品・半導体・機械などの製造業のほか、専門商社・SIerといった幅広い業界で需要があります。

そのため特にその分野で活躍しているエンジニアが、キャリアアップのために目指す職種としても人気があります。

またこのように幅広い業界があることから、エンジニアとしての知識がなくても、未経験からチャレンジできる業界も少ないながら存在するのです。

やる気と適性があるうえで、自分に合った業界や企業を上手に選ぶことが転職を成功させる秘訣といえるでしょう。

転職エージェントを利用しよう

技術営業への転職は、入社前のイメージと入社後の活躍にギャップを感じる転職者がいるのも事実です。

特にエンジニアから技術営業への転職は、必要となるスキルや能力が大きく異なるため、向き不向きがはっきり分かれる傾向にあります。

転職してみて想像していたのと違った、こんなはずではなかったというミスマッチを防ぐためにも、企業選びは慎重に行う必要があります。

そのためにもナビサイトを利用して自分で転職先を探すより、自分の現在のスキルや希望する働き方を伝えたうえで、転職エージェントに転職先を紹介してもらうのがおすすめです。

アゲルキャリア

「アゲルキャリア」は20代の営業職に営業職に特化した転職エージェントです。

自身もトップ営業マンとしての経歴を持つアドバイザーが、専属のエージェントとして転職活動をサポートしてくれます。

たとえエンジニアとしての実務経験が短くても、キャリアアドバイザーによる研修を受けられたり、若手を求める会社を紹介してくれたりするので、安心して転職活動を進められます。

リクルートエージェント

非公開求人が10万件以上という、圧倒的な求人数で知られているのが「リクルートエージェント」です。

それぞれの業界に精通したアドバイザーが、書類の添削から面接対策だけでなく、企業や業界分析もサポートしてくれます。

またまだ転職すると決めたわけではないけれどアドバイスをもらいたいという場合でも、気軽にキャリアの相談に乗ってもらえるのです。

マイナビエージェント

20代の方や第二新卒の方など、はじめての転職におすすめしたいのが「マイナビエージェント」です。

IT・通信などのメーカー系の求人が約6割を占めていることからも、技術営業の分野にぴったりのエージェントであるといえるでしょう。

サポートも丁寧で気遣いがあると評判がよいので、はじめての転職でサポートを必要としている人に、特におすすめのエージェントです。

まとめ

エンジニアから技術営業への転職というのは、勇気のいる決断でしょう。

自分に合った仕事だろうか、収入が下がったらどうしようなど不安を抱えている方も多いかもしれません。

そういった場合にはこの記事を参考に技術営業という仕事への知識を深め、メリットやデメリットをしっかりと明らかにしてみましょう。

さらに今回ご紹介した転職エージェントを活用すれば、今現在持っている専門知識を活かしたうえで、さらなるキャリアアップが期待できます。

ぜひとも自分に合った仕事を見つけ、さらなる飛躍につなげていきましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます