技術営業に転職する前に知っておきたいメリット・デメリットと技術営業に向いている人の特徴

技術営業に転職する前に知っておきたいメリット・デメリットと技術営業に向いている人の特徴

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

pixta_34370778_M

技術営業という仕事について、仕事内容を詳しく知っているという人は少数派ではないでしょうか。

一般的な営業職の中でも、企画営業などと違ってなかなか耳にすることのない仕事の1つかもしれません。

しかし最近ではさらなるスキルアップや将来性を求めて、エンジニアの仕事から技術営業への転職を希望する人が多くなっています。

今回は今ひそかに注目されつつある技術営業の仕事について、その仕事内容やキャリアパスを含めて詳しく解説していきましょう。

【技術営業への転職】技術営業の仕事内容

はじめに技術営業の仕事内容についてご紹介します。

技術営業の仕事は、セールスエンジニアやテクニカルセールスとも呼ばれています。

技術営業の仕事内容
顧客への営業活動をする中でテクニカルな領域の専門知識を活かして、質問に対して専門的な見地から解答したり技術的なサポートをしたりするのが主な仕事です。

営業の商談やプレゼンに同行して顧客のニーズを実際にヒアリングし、実際にシステムに落とし込んだり新たな技術やサービスの開発に活かしたりすることもあります。

また普通の営業職とは違い、自分から顧客を新規開拓することはあまり多くはありません。

商談成立後は営業部門と開発・技術部門との橋渡しとして動き、納品後には顧客サイドの研修や運用状況の定期チェックを担当することもあります。

特に近年ITの発達がめざましく、最新技術が目を見張る勢いで開発されています。

そういった中営業職と技術職をつなぐ、架け橋のような役割を担っている技術営業の仕事は、製造業界やIT業界で需要の高い職種となっているのです。

参考:Aidma Holdings

【技術営業への転職】技術営業のメリット・デメリット

このように現代の技術の発展とともに、セールスエンジニアの需要自体が高まっていることから、職種としては非常に将来性のある仕事といえるでしょう。

しかしこの仕事に転職することによって、自分の市場価値を高められるかどうかというのは別問題です。

技術営業に転職するにあたって考えられる、メリット・デメリットの両面を把握することが大切です。

現在の仕事のメリット・デメリットと比べながら、さまざまな観点から検討を進めましょう。

技術営業に転職するメリット

技術営業の仕事は、各企業から需要の高まっている分野であることは間違いありません。

なぜなら世の中がもはやITなしでは考えられないというほど、ITへの社会的需要が高まっているからです。

まずここでは、技術営業に転職するにあたって考えられるメリットをご紹介します。

大きく分けて給料アップの可能性がある、将来性がある、顧客からのニーズが高いという3つがあげられるでしょう。

エンジニアより高給を目指しやすい

まず1つ目のメリットとして、エンジニアより高給を目指しやすいことがあげられます。

収入アップを目標として転職活動をする人も多いため、これらは大きなメリットであるといえるでしょう。

エンジニアは専門性の有無で収入の開きが大きくなり、持っている資格やスキルに収入が大きく左右されます。

一方で技術営業の仕事では、一般的な営業職と同じようにインセンティブ制度が存在し、成果に応じて報酬を上げやすいシステムとなっているのが特徴です。

実際に平均年収を比べてみると、技術営業が平均600万円程度であるのに比べて、エンジニアの平均年収は500万円程度となっています。

もちろん企業や業界・スキルによって大きく左右されますが、スキルのないエンジニアと未経験の営業なら、営業の方が年収が高い傾向にあるといえるでしょう。

将来性があり市場価値も高い

技術営業は、上記の仕事内容でもふれたように「営業力と技術力を兼ね備えた存在」 であることが求められています。

つまり技術に関するエンジニアとしての知識と、営業としてのコミュニケーションを持ちあわせている必要があり、結果的には市場価値の高い仕事となります。

今後ほとんどの仕事がAIにとってかわられるのではないかといわれていますが、人と人が顔を合わせて信頼関係を構築しながら交流をする営業という仕事は、AIができる仕事ではありません。

このようにこれからますます発展していくIT業界において、コミュニケーションを通してその技術を広く知らせるという仕事は、決してなくならない仕事であるといえるでしょう。

まさに情報化社会の中でも、人が担うべき将来性の高い職業です。

参考:株式会社SPACE JOB

顧客のニーズに合わせた提案ができる

技術営業の仕事では開発についてや、サービスの詳しい機能についての知識があることが求められます。

社内の最新技術に常にふれているため、専門知識を幅広く身につけることも可能です。

そのため通常の営業担当の人にはないそれらの知識を活かして、顧客の課題やニーズを聞き出し最適な提案ができます。

これらは一般的な営業職にはない、大きなメリットであるといえるでしょう。

また顧客に対して最適な提案ができるだけでなく、開発を担うエンジニアに対しても顧客目線の提案ができます。

顧客の要望や課題を直接聞く機会があるからこそ、製品やサービスの開発にそれらの声を反映させられるのは、技術営業ならではメリットです。

技術営業に転職するデメリット

どういった仕事にも、メリットがあればデメリットも存在します。

ここではエンジニアから技術営業に転職を行った際に、考えられるデメリットについてお伝えします

大きく分けて営業と技術のあいだで中途半端と評価される可能性があること、営業のサポーター的役割を担う場合があること、専門知識が必須のため難易度が高いことの3つがあげられるのです。

これらのデメリットをメリットとしっかり比較し、転職について考えてみましょう。

スキルが中途半端になってしまう可能性も

営業と技術のあいだをつなぐ立場である技術営業ですが、中途採用の市場では純粋な営業・エンジニアよりも、経験が浅いとみなされることもあります。

営業マンとしてトップの成績があるというわけではない、またエンジニアとしても最新の開発技術を持っているわけではないとなってしまうと、中途半端だと感じられてしまう可能性があるのです。

その後のさらなるキャリアアップを考えると、営業としてのスキル・技術職に関わる知識の2つをうまく両立させて働いていくことが大切です。

どちらも決して似通ったような知識とは言いがたいため、自分自身の強い意志を持ってどちらにも尽力することが必要となるでしょう。

そのうえで技術営業の仕事の価値を認めてくれるような業界や会社を選ぶことが、キャリアアップの秘訣となります。

あくまで営業のサポーター的な役割

また技術営業の仕事のデメリットとしては、あくまでも営業のサポーターとして営業活動の補助にとどまることがあげられます。

一般の営業職のように飛び込み営業をして新規顧客を獲得したり、電話で営業をしたりして顧客を開拓していくのは、技術営業としてのメインの仕事ではありません。

もし営業のスペシャリストを目指したい、何よりもまず成績をあげることで報酬に直結させたいという場合には、技術営業ではなく技術系の会社における一般営業職を目指すほうがよいでしょう。

ほかにも訪問営業を基本とする、フィールドセールスをするような営業職を目指すのもおすすめです。

難易度が高いと感じるかも

エンジニアから技術営業に転職した人の中で多く見られるのが、入社後のギャップが大きいという問題です。

エンジニアとして培った知識やスキルを活かして働けるとはいえ、技術職と営業職では求められるスキルや業務内容・アプローチ方法が、まったく異なることが多くなっています。

特に技術内容をわかりやすい言葉になおして提案するスキル、話し方や聞き方などのコミュニケーション能力に関しては、エンジニア時代に身につけることが難しいスキルでもあります。

転職をする前に実際に働いている人から話を聞いたり、業界に詳しい人にコンタクトをとったりなどして、業務内容についてきちんとイメージを持っておくことが大切といえるでしょう。

【技術営業への転職】技術営業に向いている人

いざエンジニアから技術営業に転職するとなると、不安を抱いている方も多いかもしれません。

取り扱う内容はそれほど変化がないとはいえ、仕事内容としては大きく異なるためその不安も当然のものです。

ここでは技術営業に向いているのはどのような人なのかを解説します。

自分に当てはまるものがあれば、面接の際に自己アピールとして活用できるでしょう。

一方で今の自分に足りないスキルがあると感じた場合にも、転職活動に向けて早めに対策をとることにもつなげられるでしょう。

顧客のニーズを把握する力

技術営業には顧客が今どのような状況に置かれているのか、課題はどういったことでどのような方向に改善していきたいのか、今相手がわからないところやつまずいているところはどこなのかを把握する力が求められます。

これらを正確に把握することで、それぞれの顧客に合わせた提案をして最終的な成約に直結するからです。

一方的な営業トークになってしまわないように、相手との信頼関係を築いたうえで話を聞き出すことが何よりも大切です。

そうすることで売り上げのためだけに営業に来ているのではなく、本当に力になってくれようとしているんだな、という印象を顧客に与えられるため、結果的に信頼関係を築くことにつながるでしょう。

人と話すのが苦にならない人

技術営業も営業職の1つであるため、顧客とコミュニケーションをとる機会が多くあります。

飛び込みで新たな顧客のところに出向くような、新規開拓をすることは少ないものの商談の際に相手にわかりやすく伝える力が必要です。

技術的な知識をエンジニアに話すように話していては、顧客が簡単に理解できるとは限りません。

わかりやすい言葉で説明し必要に応じて資料を用意するなど、より具体的な提案ができる人はしっかり活躍できることでしょう。

また信頼関係を築くためにも、仕事上の話だけでなくアイスブレークを入れたり、人間性をアピールしたりすることが必要な場面もあります。

技術への好奇心がある人

技術営業は営業力の向上を目指すとともに、技術に関する知識をアップデートし続ける必要があります。

技術の進化は止まらないので、日々こまめに自分から最新技術について理解を深めなければなりません。

そのためIT技術や技術開発への好奇心がある人や、勉強が苦にならないという人が向いているといえるでしょう。

決して理系出身やエンジニア出身でなければならないわけではありませんが、これらの業界に好奇心がある人でなければやっていけない可能性もあるため、注意が必要です。

あらかじめ希望する業界の技術的な知識について、どのようなものがあるのか理解を深めておくとよいでしょう。

【技術営業への転職】技術営業の転職後のキャリアパス

技術営業の仕事を選んだ際、どのようなキャリアが待っているのでしょうか。

営業スキルと技術に関する知識といふた2つの異なる能力を活かした仕事であることから、幅広いキャリアへの可能性が考えられます。

転職後のキャリアに関しても、今の時点から希望を明らかにしておくことで、企業選びや業界選びをさらに適切なものにできます。

技術営業のマネジメント職

技術営業としてキャリアアップしていく中で、管理職に就くキャリアが考えられるでしょう。

技術営業全体を統括しチームとしての方向性を定めたり、人材の育成をしたりなど幅広い観点から仕事をすることになります。

さらに管理職としてほかの部署との調整をすることも増え、より幅広い観点から会社に関わっていくことになるでしょう。

そのためには営業や技術に関することだけに関わらず、マネジメント能力も身につけていく必要があります。

開発部門か営業部門に異動・転職

セールスエンジニアの仕事は営業から技術に関することまで、広く浅く経験できるのが魅力の1つでもあります。

そのため技術営業の仕事をする中で、開発もしくは営業を専門的にやりたいと思った時には、それらの部門に移動したり転職したりという道が考えられるでしょう。

自分の興味がある方や適性を感じる方を選び、さらに専門性を高めていくというキャリアです。

顧客の声を聞いて得たアイデアを開発に活かす、または技術に関して得た知識を営業に活かすなど、どちらの道に進んでも技術営業の経験が大きなアピールになることは間違いないでしょう。

ITコンサルに転職

技術営業の仕事は実はITコンサルに通じる部分も多くあります。

ITコンサルとはITを利用して、企業や団体が持つ悩みや課題を解決するという仕事をしています。

そのためにITの知識はもちろん、市場調査やクライアントの業界についての専門知識などさまざまな情報が必要となるのです。

技術営業で得た専門知識を活かして、このようにITコンサルとして活躍するというキャリアも考えられるでしょう。

一般的にコンサル業界は学歴が重視される傾向にあるため、学歴に自信がある方はぜひこれらを目指してみるのもよいでしょう。

【技術営業への転職】技術営業に転職するには

実際に技術営業の仕事へ転職するためには、どのように転職先を探すのがよいのでしょうか。

一般の営業職とは違って専門性の高い仕事でもあるため、どうせなら今までエンジニアとして働いてきた知識を活かして働ける転職先を見つけたいものです。

まずは市場での自分の価値を見極め、スキルアップや給料アップができるような転職先を探しましょう。

技術営業の求人状況

技術営業が必要とされているのはIT業界だけではありません。

電子部品・半導体・機械などの製造業のほか、専門商社・SIerといった幅広い業界で需要があります。

そのため特にその分野で活躍しているエンジニアが、キャリアアップのために目指す職種としても人気があります。

またこのように幅広い業界があることから、エンジニアとしての知識がなくても、未経験からチャレンジできる業界も少ないながら存在するのです。

やる気と適性があるうえで、自分に合った業界や企業を上手に選ぶことが転職を成功させる秘訣といえるでしょう。

転職エージェントを利用しよう

技術営業への転職は、入社前のイメージと入社後の活躍にギャップを感じる転職者がいるのも事実です。

特にエンジニアから技術営業への転職は、必要となるスキルや能力が大きく異なるため、向き不向きがはっきり分かれる傾向にあります。

転職してみて想像していたのと違った、こんなはずではなかったというミスマッチを防ぐためにも、企業選びは慎重に行う必要があります。

そのためにもナビサイトを利用して自分で転職先を探すより、自分の現在のスキルや希望する働き方を伝えたうえで、転職エージェントに転職先を紹介してもらうのがおすすめです。

ベンチャーセールス

「ベンチャーセールス」は20代の営業職に営業職に特化した転職エージェントです。

自身もトップ営業マンとしての経歴を持つアドバイザーが、専属のエージェントとして転職活動をサポートしてくれます。

たとえエンジニアとしての実務経験が短くても、キャリアアドバイザーによる研修を受けられたり、若手を求める会社を紹介してくれたりするので、安心して転職活動を進められます。

リクルートエージェント

非公開求人が10万件以上という、圧倒的な求人数で知られているのが「リクルートエージェント」です。

それぞれの業界に精通したアドバイザーが、書類の添削から面接対策だけでなく、企業や業界分析もサポートしてくれます。

またまだ転職すると決めたわけではないけれどアドバイスをもらいたいという場合でも、気軽にキャリアの相談に乗ってもらえるのです。

マイナビエージェント

20代の方や第二新卒の方など、はじめての転職におすすめしたいのが「マイナビエージェント」です。

IT・通信などのメーカー系の求人が約6割を占めていることからも、技術営業の分野にぴったりのエージェントであるといえるでしょう。

サポートも丁寧で気遣いがあると評判がよいので、はじめての転職でサポートを必要としている人に、特におすすめのエージェントです。

まとめ

エンジニアから技術営業への転職というのは、勇気のいる決断でしょう。

自分に合った仕事だろうか、収入が下がったらどうしようなど不安を抱えている方も多いかもしれません。

そういった場合にはこの記事を参考に技術営業という仕事への知識を深め、メリットやデメリットをしっかりと明らかにしてみましょう。

さらに今回ご紹介した転職エージェントを活用すれば、今現在持っている専門知識を活かしたうえで、さらなるキャリアアップが期待できます。

ぜひとも自分に合った仕事を見つけ、さらなる飛躍につなげていきましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます