【営業転職】面接で挫折経験を聞かれたときの答え方のコツを紹介!営業職での転職志望者必見!

【営業転職】面接で挫折経験を聞かれたときの答え方のコツを紹介!営業職での転職志望者必見!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

pixta_42572118_M

営業職を受ける際の面接では、今までの挫折経験や失敗談について聞かれることがあります。

挫折体験というとどうしてもネガティブな内容になってしまいがちで、どのように話せばいいのか、悩む就活生も多いのではないでしょうか。

しかし、失敗についての質問には、企業側の重要な意図があります。

ここでうやむやに回答すると、いい評価につながらず、面接をクリアできない可能性も出てきます。

まずはこの質問をすることで、企業は何を知りたいのかを理解しましょう。

意図を知ることで、解答を考えやすくなります。

さらにどういう答え方をするのがいいのか、回答ポイントや例文についても紹介します。

挫折体験談の回答の参考にしてください。

【営業転職で聞かれる挫折経験とは?】挫折経験を聞く理由

企業が就活生の挫折体験について質問するのは、その人のストレス耐性や挫折の乗り越え方、そこからの学びなどを知りたいからです。

また、失敗や挫折するほど何かに没頭したことがあるのかどうかも、この問いからわかります。

営業という仕事はストレスを感じる場も多いので、壁にぶつかったときも自分なりに乗り切る力が必要です。

さらに成長意欲がある人を企業は求めており、この質問によってその人の仕事への向き合い方も見えてきます。

挫折のない人は、仕事で大変なときに弱いです。

それゆえに、挫折経験があることは、必ずしもマイナスではないと、企業は考えています。

大切なのは、そこからの学びや成長なのです。

就活生はそうした意図を知り、それに沿った回答をすることが重要です。

また、転職の場合は、前職での挫折を乗り切ったエピソードを話すことで、自身の成長意欲をアピールできます。

挫折経験から何を得たのか

企業側は、ただ挫折や失敗した話を聞きたいわけではありません。

苦労や大変さばかりを聞いても、「大変でしたね」といったコメントで終わります。

企業が聞きたいのは、目の前の課題をどのようにしてクリアしたのか、そしてそこから何を学んだのかということです。

挫折が挫折で終わってしまうのではなく、成功につなげる糧をできているかどうかが重要です。

失敗も糧にできる人は、一回り大きくなって次のステップへと上がれるはずです。

何かについて熱中した経験があるか

失敗や挫折というのは、よほど何かに必死にならなければ経験しないでしょう。

軽いノリで適当に過ごしている人は、何かにぶつかって苦しむようなこともないはずです。

趣味でもアルバイトでも部活動でも、何かに打ち込んだことがある人は集中力もありますし、意欲的であることが多いです。

それらのポテンシャルは、仕事へのモチベーションにもつながります。

企業はその人が何かに熱中したことがあるかどうかも、挫折体験を聞くことで知ろうとしています。

挫折に負けないストレス耐性を持っているのか

企業が見たいのは、目の前の就活生がストレスに負けない人間かどうかです。

営業は、商談に入る前に断られてしまうことも多々あります。

そのたびに落ち込んでいては、仕事になりません。

また、ノルマがあることも多く、プレッシャーに潰れてしまう人がいるのも事実です。

ノルマがあるからこそ頑張れるメンタルの強さや、前向きさが必要といえます。

企業は就活生が挫折をどのように乗り越えたのかを知ることで、その人のストレス耐性を見たいのです。

失敗から学び、次回に活かすことができるのか

誰しも何かしらの失敗はします。

大切なのは、その失敗にきちんと向き合い反省して、改善できる点は改善して次回へとプラスに結び付けることです。

失敗を次に活かせる人は、仕事でもどんどん実力がついていくでしょう。

ちょっとのことで潰れてしまうのではなく、成長できる人間を企業は求めています。

就活生の挫折エピソードを聞くことで、その人が失敗で終わるタイプか失敗から這い上がるタイプかを見極めようとしているのです。

【営業転職で聞かれる挫折経験とは?】質問意図にあった答えの構成

営業の面接で挫折体験を聞かれたときは、意図に沿った回答をできるだけロジカルに、わかりやすく説明することが大切です。

長々と話しても言いたいことが伝わらず、面接官も疲れてしまいます。

そこで意識したいのが、PREP法を用いた文章構成です。

PREP法は、結論から述べる言い方で、それにより要点を簡潔に話すことができます。

何に挫折したのか、その理由とエピソード、そして再度結論を述べて何を学んだのか話して完結します。

(P)何に挫折をしたのか

PREP法では、「Point(結論)」から入ります。

いつどういう状況で何を挫折したのか、前置きは要らないので、わかりやすくまとめて伝えましょう。

結論から話すことで、面接官にインパクトを与えることができます。

もっとも言いたいことを一番に言うことで、相手もよく理解できますし、自分自身も頭の中で内容が整理できるというメリットもあります。

一文でスパッと言い切るくらいの意識で話すのがコツです。

(R)挫折してしまった理由

結論の次に話すのが、「Reason(理由)」です。

なぜその挫折が生じてしまったのか、これについて短くまとめて説明します。

「Reason(理由)」について話すためには、挫折体験について分析する必要があります。

挫折が生じた原因を定かにして、そうなるに至った経緯や理由を自分自身が把握しておかなくてはなりません。

理由についてロジカルに話せると、「物事を冷静に分析できる人」だと面接官はみなします。

分析力をアピールするためにも、この部分は的確に話したいものです。

(E)挫折から乗り越えるために具体的にしたこと

結論→理由→次に「Example(エピソード)」を述べます。

エピソードは、結論を裏付けるためにも大切です。

かっこいいことはいくらでも言えますが、口だけだと思われる可能性があります。

そこで具体的なエピソードを話すことで、リアリティーを持たせるのです。

エピソードを話すときのポイントは、失敗に負けない強さをアピールできる内容にすることです。

また、挫折を乗り越えて改善されたことを定量的に話すようにします。

数字を用いるなどして、できる限り具体的に話しましょう。

(P)挫折経験から何を学んだのか

PREP法では、最後に再度「Point(結論)」を述べて終わります。

そうすることで、もっとも言いたいことが強調できます。

さらに締めの「Point(結論)」を話す際には、「その挫折経験から何を学んだのか、それをどう営業職に活かすのか」を説明することも忘れないようにしましょう。

失敗しても前に進める強さや成長意欲、目標意識などをアピールすると高評価につながります。

挫折もポジティブに捉えることができる人間であると見てもらえる内容にすることが、重要ポイントです。

【営業転職で聞かれる挫折経験とは?】エピソードの選び方

挫折経験を話すときの「Example(エピソード)」について、いくつかの事例が思い浮かぶ人もいるのではないでしょうか。

一体どれについて話せばいいか、悩むかもしれません。

エピソートの選び方として、できるだけ挫折を乗り越えた方法や考え方、価値観が伝わりやすいものを選びましょう。

失敗した内容が伝わるエピソードではなく、失敗した後の頑張りについて話すことにポイントを置かなくてはなりません。

エピソード選びのコツは、「挫折後の体験談」です。

「こんなミスをしたが、〇〇して立ち直り、〇〇の点を改善しようと〇〇して乗り越えた」というような事例を、具体的に説明します。

【営業転職で聞かれる挫折経験とは?】挫折経験を伝える際のポイント

面接で挫折経験を話す時には気を付けなければならない注意点もあります。

もちろん自分の体験をもとに話すのが一番ですが、より効果的に相手に伝わりやすい回答はどのようなものか、理解したうえで文章を組み立てましょう。

より良いアピールにするために挫折経験を聞かれたときにはどう答えれば良いのかを、4つのポイントに絞って解説します。

挫折経験を伝えるだけはNG

挫折経験を聞かれたからといって、単にそれを答えるだけでは面接官の意図を汲むものにはなりません。

もちろん、どのようなことに取り組みどのようなことで挫折したのか、最初に経緯を説明する必要があります。

具体的なエピソードを踏まえ、なぜ挫折したのか、どのような状況だったのかがわかるように端的にまとめましょう。

熱が入りすぎてエピソードが長くなると論点がズレてしまいますし、細かな挫折経験を語っただけで終わってしまう可能性があります。

終わってみたら単に自分がどれだけ大きな失敗をしたか話しただけだった、といった状態にならないよう、全体の流れを組み立てて話せるようにまとめるのがポイントです。

挫折時の「考え」や「行動」を伝える

挫折したときに、自分がどう考え、どう行動したかが第三者にもわかるように伝えるのがポイントです。

自分にとってはとてつもなく大きな損失でも、場合によってはほかの人には伝わらない内容であることもあります。

ただ何があったにせよ、考え方や実際に取った行動からは多くのことが伝わります。

失敗とどのように向き合ったのか、解決のために何を目指したのかがわかりやすくアピールされることで、評価の対象となるエピソードになります。

仕事でつまずいたときに、この人物ならこう考えこう行動するだろうと面接官がプラス評価できるよう、対処法や立ち直り方を伝えてください。

同時にメンタルの強さもアピールできれば効果的です。

乗り越えた際に得たことを伝える

挫折を乗り越えた人は確実に成長しています。

自分はどのような成長を得たか、乗り越えた先に何があったかを盛り込むことで、学びの姿勢を伝えることができます。

実は挫折経験は人生の財産とも言われ、世の成功者のほとんどが非常に大きな挫折を乗り越えて成功を導き出してきました。

ただ落ち込むだけでは何も得られず、挫折から得たことがあるか否かで大きな差が生まれます。

この挫折が自分の糧になった、このようなことを得たと伝えることで、経験から学べる人物であることをアピールできます。

挫折経験で話す内容のレベルが低いものは選ばない

挫折レベルというのも変ですが、選ぶ際には自分の人生の中で最大レベルのものを選ぶことが重要です。

挫折経験は大きければ大きいほどアピールしやすく、人生最大の困難にどのように向き合ったかを軸にすることで、難なく効果的な回答ができるようになります。

たとえば誰もが日常的に経験するような軽い失敗では、面接官の印象には残らず評価も獲得できないでしょう。

大きな挫折がないことは実際には良いことなのですが、些細なエピソードになってしまうとマイナスの印象を与えてしまう場合もあることは否めません。

挫折レベルの感じ方は人それぞれ千差万別ですが、誰が聞いても簡単なミスだと感じるものを挫折経験として選ぶのは効果的ではありません。

 

【営業転職で聞かれる挫折経験とは?】例文

私の挫折経験は、ウエイトレスアルバイトでコーヒーをお客様にこぼしたことです。
その原因として、腕の力が弱くてトレイが不安定だったことや、集中力が欠けていたことが挙げられます。

正直、お客様に迷惑をかけてしまい、ウエイトレスが向いていないのではと自信喪失してしまいました。
しかし、店長やアルバイト仲間は私のことを、気配りができて笑顔も素敵でお客様に愛される人材だと言ってくれます。

なのでそのミスをきっかけにウエイトレスを辞めるのではなく、筋力アップや集中力を付けることにしたのです。
毎日腕立て伏せを30回して腕力を付けて、自宅でもお盆に食器をたくさん載せて運ぶ練習をしました。
仕事中は私語も慎み、とにかく仕事に集中しました。

その結果、トレイも重く感じることがなくなり、ドリンクもたくさん載せて問題なく運べるようになったのです。
ウエイトレスでコーヒーをこぼしたのは、大きな失敗経験です。
ですがそこから、自分自身を鍛えて乗り越えることができました。

ミスをしても自分の弱点を知るきっかけとして、前向きに自分を磨いていける強さを、営業でも活かしたいです。

【営業転職で聞かれる挫折経験とは?】おわりに

挫折体験を話すことは、自分が失敗からも立ち上がり、学びを得られる人間であることをアピールするいい機会です。

ここでネガティブなただの失敗談だけで終わってしまわないように、企業側の意図も理解して効果的な回答にしていきましょう。

挫折のある人は魅力的であり、それを人生経験として活かせば、営業の仕事にも必ずや生きてきます。

たくましさやチャレンジ精神、精神的なタフさが求められる営業職だからこそ、過去の失敗談も恥ずかしがることなく、胸を張って前向きに話せばいいのです。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます