【2021年最新版】営業職としてふさわしい髪型とは?男性・女性別に紹介

【2021年最新版】営業職としてふさわしい髪型とは?男性・女性別に紹介

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

お客様や商談相手と接することが多い営業職は、コミュニケーション能力を高めるだけでなく身だしなみにも気を付けなければいけません。

髪型一つで誠実さをアピールすることにもつながり、相手に良い印象を与えることもできます。

本記事では、男女別に営業職にふさわしい髪型について解説しますので、営業職のプロとして活躍したい方はぜひ参考にしてみてください。

【男性向け】営業職にふさわしい髪型

ここからは、営業職に携わる男性にふさわしい髪型について詳しく解説していきます。

営業マンには、どんな髪型が適しているのか、また営業マンのNGな髪型についても紹介しますので、早速確認していきましょう。

髪の長さは短め

営業マンの最適な髪型として挙げられるのが短髪です。

髪の長さが短めだと、それだけで清潔感が感じられます。

また、爽やかな印象を相手に与えることができるのもメリットです。

耳と額が見えるくらいの短めの髪型は、営業マンにベストなヘアスタイルと言えるでしょう。

髪の毛を短くカットしておくと顔がスッキリと見えるため、表情がわかりやすく商談相手からも高評価を得られます。

営業マンは、お客様や商談相手に好感を持ってもらうことで契約を取ることにもつながり、自己成績もアップします。

相手の心を掴むような商談術を身につけることも大切ですが、髪型などの見た目にも気を付けると、さらに良い結果を得られることも少なくありません。

男性の短髪は、年代を問わず良い印象を与えられる髪型となっているので、営業マンとして成功したい方におすすめです。

おでこを出す

おでこを出した男性の髪型は、清潔感や爽やかさ、明るさといったポジティブな印象を相手に与えることができます。

前髪が長すぎると相手に表情が見えず、大切な商談のシーンでも自分の気持ちを適切に相手に感じ取ってもらうことはできません。

前髪が長すぎたせいで商談相手に自分の気持ちをうまく理解してもらえず、契約を取ることができなかったといった残念なケースもあるのです。

また、金融系の営業マンは、オールバックのヘアスタイルが主流となっています。

おでこが見えると眉や目がスッキリと見えるため、爽やかさもアップします。

おでこを出した髪型にすることに抵抗があるのであれば、長い前髪は横に流すなどし、眉毛や目が見えるようにきれいにヘアスタイルと整えてみると良いでしょう。

整髪料の重要性

営業マンに整髪料はNGなのではと思っていませんか。

しかし、身だしなみをしっかりと整えたい営業マンにとって整髪料は、欠かすことのできない重要なアイテムとなっているのです。

整髪料を使って髪の毛を整えることで真面目な印象を与えることができます。

寝起きのボサボサの髪型で商談相手と向き合っても良い評価を得ることはできません。

相手からマイナス評価を付けられてしまうことがないように、ワックスやジェルなどの整髪料を使って営業マンらしい髪型に整えておきましょう。

毎朝、時間をかけてヘアスタイリングをすることが面倒だという方は、手軽に使える整髪料を一つ手に入れておくと便利です。

軽く髪の毛に馴染ませるだけでパパっとまとまる使いやすい整髪料も販売されているので、手軽に使えるアイテムを探してみてください。

髪は染めない

営業マンは、真面目で誠実な印象を相手に与えることが大切です。

そのため、髪を染めて不真面目な印象を与えやすい茶髪に染めることはおすすめできません。

近年、ナチュラルな茶色であればカラーリングOKという会社も増えています。

しかし、営業マンとして活躍したいなら、髪色には気を付けるべきです。

営業職のプロとして活躍したい男性におすすめの髪色となっているのが黒髪です。

黒髪は、最も誠実な印象を与える髪色となっており、世代を問わず真面目な印象を持ちます。

営業マンはカラーリングNGといっても白髪を染めることは問題ありません。

お客様や商談相手からの印象を大切にしたいのであれば、黒髪を意識してヘアスタイルを整えてみると良いでしょう。

パーマはむしろおすすめ

営業マンの髪型の基本は短髪ですが、毎日のヘアスタイリングが苦手という男性におすすめなのがパーマです。

前髪を上げるヘアスタイルを作る時にもパーマは、簡単にまとめることができ面倒くささがありません。

男性のパーマは、楽にセットができるといったメリットがあるだけでなく、優しい雰囲気を出すことができます。

ロングヘアーでパーマをかけてしまうとだらしない印象になりますが、適度な長さでパーマを楽しむと清潔感を維持しながらスッキリと髪の毛を整えることができます。

前髪を流す際や上げる際にもパーマは、バランス良く整えられるため、見た目を重視する方にもおすすめです。

【男性向け】営業職にNGな髪型

ここからは、営業マンにNGな髪型を解説していきます。

どんな髪型がNGなのかを知り、お客様や商談相手に好印象を与えられる髪型に整えていきましょう。

坊主

一見、坊主は、爽やかな印象を受けますが、人によっては威圧感があると感じてしまう方もいるようです。

坊主の人を見て「ヤクザ」をイメージする方もおり、万が一、このような感覚を持つ商談相手と接してしまうと、坊主姿では良い印象を与えることはできず良い結果を得られません。

スッキリとした短い髪型は営業マンとして評価が高いですが、ある程度の長さを残しておいたほうが不特定多数の人たちから良いイメージを持たれるでしょう。

ロングヘアー

営業マンの髪型としてNGと言われているのがロングヘアーです。

ロングヘアーは、清潔感が感じられないだけでなく、だらしない印象を与えてしまうことがあります。

また、お客様や商談相手に暗い印象を与えてしまうこともあるでしょう。

ロングヘアーをきれいにスタイリングしていたとしても長い髪の毛は、爽やかさに欠けます。

顔周りがスッキリとしていて眉毛や目など表情が見えやすい髪型にするとベストです。

【女性向け】営業職にふさわしい髪型

ここからは、営業職に携わる女性向けの髪型について解説します。

営業ウーマンも営業マンと同様にふさわしい髪型があります。

営業職に携わる女性の多くが清潔感を大切にしてヘアスタイルを整えているこのではないでしょうか。

しかし、営業職のプロとして活躍するには、お客様や商談相手から信頼を得られるような真面目さや誠実さをアピールできる髪型に整えることが大切です。

営業ウーマンにベストな髪型のポイントだけでなくヘアカラーや巻き髪についての疑問も解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

ロングヘアーは一つにまとめよう

ロングヘアーの女性の場合、どんなにきれいにお手入れしていても、そのまま長い髪の毛をなびかせておくことはおすすめできません。

男性のロングヘアーと同じように長い髪の毛をそのまま流しておくと、だらしのない印象を持たれやすくなります。

真面目さや誠実さを相手にアピールするのであれば、ヘアゴムなどを使って一つにまとめておくと清潔感がアップし、高い評価を得ることができるのです。

特に年齢を重ねた商談相手と向き合う際には、髪の毛を一つにまとめておいたほうがプラス評価につながります。

ナチュラルなヘアカラーは問題ない

営業マンの場合は、黒髪が無難ですが、女性の場合、ナチュラルなカラーリングは明るい印象を与えられることからおすすめの髪型と言われています。

カラーリングOKといっても、もちろん派手な色味はNGです。

光に当たると茶色の見える程度のナチュラルな明るい髪色であれば問題ありません。

女性がヘアカラーをすることで明るくなるだけでなく、若々しさをアピールすることができます。

特に髪の毛が長い女性の場合、髪色が黒すぎると暗い印象になりがちです。

明るさや清潔さのほかにも若々しい印象を相手に与えたいのであれば、ナチュラルな色味を意識してカラーリングしてみると良いでしょう。

巻き髪は巻きすぎなければOK

長い髪の毛をきれいにまとめるのが難しいと悩んでしまう女性も多いのではないでしょうか。

髪の毛をスッキリとまとめて清潔感を出したいけれどうまくヘアアレンジできない場合や派手になりすぎてしまうといった悩みを抱える女性も少なくありません。

そんな女性におすすめなのが巻き髪です。

営業職に携わる女性が巻き髪をするのはNGなのではと思う方も多いかもしれませんが、ワンカール程度であれば問題ありません。

軽く髪の毛を巻いた後でまとめていくと優しい印象を与えることができます。

また、女性らしさをアップできるのもメリットです。

ただし巻きすぎてしまうと派手な印象になってしまうので、あくまでもワンカール程度に留めておきましょう。

【女性向け】営業職でNGな髪型

ここからは、営業職のプロを目指す女性に向けてNGな髪型について解説していきます。

営業職では、前髪を短く整えるなど個性的すぎる髪型はふさわしくありません。

また、幼い印象を与えてしまうのではなく、落ち着いた女性のイメージを与えられるような髪型にすることもポイントです。

お客様や商談相手と接する際には、会社の代表として足を運ぶことを忘れず、営業職のプロとして常識的な髪型にすることを意識してみると良いでしょう。

NGな髪型の具体例

おしゃれを楽しみたい女性の多くが髪型にこだわってヘアスタイルを整えているかもしれません。

しかし、仕事の場では、自分の好みを主張してヘアスタイルを整えるのではなく、常識的な髪型を意識することが大切です。

たとえば、パッツン前髪やツインテールは幼い印象を与えやすいので、営業職の女性にはおすすめできません。

幼い印象になりやすい髪型でお客様や商談相手と向き合ってしまうと相手を不安にさせ、信用を得られない可能性があります。

「この人と契約を結びたい」「この人なら安心して任せられる」と相手に思ってもらえるような社会人として常識のある髪型にすると営業職のプロとして活躍できます。

営業職が髪型に気を付けるべき理由

営業職は、数多くある業種の中で最もお客様と多く接する仕事です。

また、パソコンを目の前にして仕事をするのではなく、相手の目を見て話を進めていかなければいけません。

お客様や商談相手と信頼関係を築くためには、まずは身だしなみを整える必要があります。

自分が相手の立場に立った時にどんな髪型の営業マンや営業ウーマンに対応してもらえたら信頼関係を築けるのかを考えてみましょう。

真面目さや誠実さを伝えられるだけでなく、清潔感や爽快感などを与えられる営業職として常識のある髪型を意識してみるとお客様や商談相手に好印象を与えられることは間違いありません。

まとめ

社会人になっても自分に似合う髪型や自分の好きな髪型でおしゃれを楽しみたいと思っていませんか。

しかし、営業職のプロとして活躍するには、何よりも身だしなみを整えることが大切です。

特に営業職は、髪型を整えることで高評価を得られます。

髪型を整えることは、誰にでもできる簡単な身だしなみの一つです。

誰からも信用され売れる営業マンや営業ウーマンになるためには、明るく誠実な対応をすることも大切ですが、さらに印象が良くなる髪型で相手からの評価をアップさせることも夢ではありません。

営業職にベストな髪型でお客様や商談相手と向き合い、信頼や高い評価を得ながら営業のプロとして活躍してみませんか。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます