【23卒】就活における企業研究とは?詳しい方法や見るべきポイントを徹底解説!

【23卒】就活における企業研究とは?詳しい方法や見るべきポイントを徹底解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

「企業研究って何?」「やり方がわからない」などと悩んでいませんか。

自身に合った会社を選ぶには企業研究が大切です。

これをおろそかにすると、入ったあとで「雰囲気が合わない」「やりがいを感じられない」などと後悔するかもしれません。

転職をしようにも簡単にできないので、新卒の段階で理想の企業を絞り込む作業が重要です。

企業研究が重要な理由はさまざまです。

志望企業が合っているかだけでなく、労働環境を探るうえでも役立ちます。

面接で企業が求めているポイントを答えられるように、あらかじめ必要な人材や企業のイメージを調べておく意味合いもあるでしょう。

今回は企業の選び方に悩んでいる就活生のために、企業研究の意味や重要性について解説します。

この記事を読めば、入りたい企業を正しく調べる方法がわかり、就活に役立つでしょう。

企業研究とは?

企業研究とは、自分にマッチした企業と出会うためにさまざまな観点から会社の情報を集め、特徴をつかむ取り組みです。

主に調べるポイントは以下の4点です。

・企業情報:プロフィールや資本金など
・事業内容:サービスや商品、販売対象のお客さんなど
・業務内容:企業で働く人がやっている仕事
・競合他社:ライバル社と比べたときの強みや弱み

以上の観点から、自身にマッチする可能性を見極めるため、就活生は企業研究を進めます。

自己分析や業界研究も大切ですが、同じ業界でも企業によって事業や業務の進め方が異なります。

自身が入りたい業界から複数をピックアップしたうえで、事業や業務内容などの比較検討がおすすめです。

企業研究はなぜ大事だといわれているのか

企業研究は就活生にとって重要な取り組みといえます。

その大きな目的は「自身がその企業に合っているのかを知るため」「面接で聞かれたときに正しく答えるため」の2つです。

志望企業が自身に合っているのかを知るうえで、会社の情報を集めるのは大切です。

同じ業界でも製品の作り方、コミュニケーションの取り方、就業時間、残業の可能性などさまざまな面が違います。

一方、面接で好印象をもってもらうためにも、企業情報を知っておきましょう。

企業側はあらかじめほしい人材のタイプをイメージしており、面接を通して相応しい人を見分けるからです。

企業のことを何も知らないと、相手が求めることと自身の答えが違い、採用の可能性がなくなってしまうでしょう。

自身に合うかどうかだけでなく、面接の参考にするうえでも、企業研究は奥が深いといえます。

志望企業が本当に自分に合っているのか判断できる

希望の会社が本当に自分に合っているかを調べるうえでも、企業研究は大切です。

入ったあとで「雰囲気が自分に合わない」「やりがいを感じられない」と後悔しないための対策ともいえます。

たとえば同じ業界でも、1人で黙々と作業しやすいところや、積極的なコミュニケーションがあるところでは社風が違うでしょう。

どちらが合っているかも就活生の性格によって変わります。

自己分析の内容と照らし合わせながら、企業の雰囲気を察する研究方法がよいでしょう。

面接などで聞かれた際に答えられるようにするため

企業研究は面接対策にもなります。

企業はあらかじめ理想の人材を想定しているため、自身の側を研究しているかを就活生に問うことがあるのです。

就活生にとっても、何も知らないで面接に挑むと相手に悪印象を与えかねません。

企業が求める答えと違って採用されないだけでなく「本当は興味がないのか」と疑われます。

志望動機やキャリアプランなどからも、企業は理想の人材に合っているかどうかをチェックするのです。

面接で企業に対して熱意ややる気を伝えるためにも、企業研究は重要なものです。

就活生は企業研究で情報を集めてから、自己PRや面接の戦略を考えた方がよいでしょう。

企業研究で見るべきポイント

企業研究で見ておきたいポイントは、次の4つです。

・企業情報
・事業内容
・業務内容
・競合他社

企業情報の主なものは企業の公式サイトにあります。

「会社概要」のようなメニューをクリックすれば、設立年や所在地、資本金といったプロフィールから企業理念まで見られるでしょう。

事業内容も企業の公式サイトからチェック可能です。

主力製品だけでなく、事業を通してはかっている社会貢献や、メインターゲットの顧客なども見ておきましょう。

業務内容は教育制度、福利厚生、休業制度など、働く人に設けられたルールです。

競合他社はその会社にとってライバルとなりうる企業です。

同じ業界だけでなく、サービスや製品の種類が似ている企業と比べ、志望先の強みや弱みを確かめましょう。

以上が企業研究で重要視すべきポイントです。

企業情報

企業情報とは会社のプロフィールです。

設立念や本社の所在地、資本金といった基本的なものが、企業の公式サイトで見られます。

それ以上に企業理念も調べておきましょう。

理念から企業が求める理想の人材を想定できるからです。

自身の人材としての強みが、理念と合致していれば、その会社でやりがいを覚えられるかもしれません。

事業内容

事業内容は会社が扱う製品やサービスなどの内容です。

主力製品やサービスに限らず、キャンペーンのように顧客が喜びそうな取り組みについて調べておきましょう。

特にやっておきたいのは、製品やサービスからメインターゲットの顧客をイメージすることです。

サービスを通して、悩みを解決したい人物像や、解決方法を考えるチャンスです。

事業内容を通して、自身ならどのような形で貢献できるかまで分析しましょう。

業務内容

業務内容は働き方です。

労働環境や1日の仕事の流れだけでなく、社内における部署の仕組み、コミュニケーションの方法などさまざまなポイントがあります。

自身に合わない環境へうっかり入ってしまわないためにも要チェックです。

実際に働いた人の口コミと合わせて検討するとよいでしょう。

会社でやりがいを見つけ出すには環境が大切なので、業務内容は深掘りしたいところです。

競合他社

就活業界では「他社研究」とも呼ばれ、志望先とライバル社の位置関係を知るうえで大切です。

面接でも「なぜ◯◯ではなく自社なのか」と、ライバル社をあげながら自社への志望理由を問う企業があります。

志望先の企業でなければいけない理由に答えられないと、採用が遠のくかもしれません。

そこで大切なのはライバル社の研究も進めることです。

ライバル社と志望先の違いをあげ、後者がすぐれているポイントを見つけることが、自社を志望する理由につながります。

企業研究で必要な情報を調べる方法

企業研究で情報を集める方法は、次の5つです。

・企業のホームページ
・採用サイト
・OB・OG訪問
・会社説明会
・業界地図などの書籍

まずは企業のホームページにアクセスし、理念や主力サービス、IR情報などを調べましょう。

採用サイトでは企業ごとに業務内容や社風など、働く人にしかわからない情報もチェックできます。

OB・OG訪問や会社説明会に参加すれば、実際に働く人や重要な役職から、職場の中身を詳しく教えてもらえるでしょう。

業界地図はさまざまな業界における企業同士の関係性がわかるので、競合他社の研究に理想的です。

このようにあらゆるツールを企業研究に役立てましょう。

企業HP

企業ホームページは会社研究の基本です。

会社のプロフィールだけでなく採用情報や事業内容、IR情報などをチェックできます。

IR情報とは投資家向けに発信されている財務状況で、特に四半期ごとの決算は見逃せません。

事業内容は企業によって消費者だけでなく、法人相手にサービスを提供するケースもあります。

企業の基本的な情報をくまなく知るため、公式サイトはなるべくすべてのページを読んでおきましょう。

採用サイト

採用サイトには、就活生にとって必要な情報がすべて載っています。

企業の公式サイトは就活生をメインターゲットとしていないため、労働環境を想像しにくいところが難点です。

その企業で働くことをイメージするためには、実際に働く人の写真やメッセージ、現場からわかる企業の強みなどを調べましょう。

大手企業によっては業界全体の事情を前置きしながら、自社の強みを述べるケースもあります。

そうした意味でも、採用サイトは労働現場をイメージしやすくて便利です。

OB・OG訪問

OB・OG訪問も志望先の企業の情報集めに重要といえます。

労働現場に関する耳寄りな情報を知るチャンスだからです。

保険や銀行、商社などでは学生の熱意を見るために、OB・OG訪問の有無を重んじる傾向があります。

さらにリクルーター制度採用企業を志望するなら、OB・OG訪問が義務です。

「リクルーター制度」とは人事からの依頼による社員の採用サポート制度で、学生をカフェなどに呼び出して面接します。

会社の中身を知るチャンスながら、自身がOB・OG訪問でよい印象を与える努力も重要です。

OB・OG訪問は、就活を有利に進めるためにも欠かせません。

会社説明会

会社説明会にも積極的に参加しましょう。

説明会の内容から自己PRや志望動機を見つけるチャンスだからです。

自身のアピールしたいポイントが、会社の雰囲気に合っているかを考えるきっかけにもなります。

ただ説明を聞くだけでなく、会社が大切にしているポイントや理想の人材像などをメモにまとめ、企業研究の参考にしましょう。

業界地図などの書籍

「業界地図」や「会社四季報」のような、社会のあり方がわかる本も手に入れましょう。

業界地図は志望先のジャンル全体の状況をチェックできますが、個別の分析には向いていません。

そこで会社四季報を合わせれば業界地図を見られます。

志望先の企業とライバル社の関係がわかりやすくなるので、競合他社と合わせて分析できるでしょう。

業界地図や会社四季報から、自身の志望先や志望理由をはっきりできます。

企業研究の効率的な進め方

企業研究を効率的に進める方法は主に2つあります。

友達と興味のある企業を手分けして調べる方法就活エージェントを使う方法の2つです。

友達と一緒に就活を進めるとメリットがあります。

企業が求める人材や労働環境などの情報を共有できます。

お互いが切磋琢磨することでモチベーションを保ちやすいでしょう。

1人で就活を進めるならエージェントがおすすめです。

自身に代わって、エージェントが選考参加企業の数を増やすことがあります。

エージェントに相談しないと参加できないイベントや選考もあるので、効率的に頼りたいところです。

友達との情報共有やエージェントの利用によって、就活を有利に進める情報がわかるかもしれません。

友達と一緒に興味のある企業を手分けして行う

友達と一緒に就活を進めれば、興味のある企業を広げられます。

友達の行きたい企業を知ることで、自身の視野も広がるからです。

自身や友達、大学のクラスメイトなどが目当てとしている企業について、幅広い情報を知れるチャンスでもあります。

就活はうまくいかないと、孤立感を覚えることもあるでしょう。

しかし友達同士で励まし合い、とき切磋琢磨しながら就活を進めることで、モチベーションを保てます。

仲間とともに情報をシェアすることで、理想の企業を見つけやすくなるかもしれません。

就活エージェントを利用する

特に1人で就活を進めるなら、就活エージェントを積極的に使いましょう。

エージェントは就活生に代わって、選考参加企業を増やしてくれます。

1回1時間と面談時間は短いですが、内定のチャンスを広げる意味では利用価値があるでしょう。

エージェントを経由しないと参加できない選考や就活イベントもあります。

他の就活生にはないアドバンテージをもらう意味でも有用です。

就活エージェントの利用方法によって、働く場所の見つけやすさが変わるでしょう。

おわりに

就活を有利に進めるには企業分析が大切です。

企業には理想の人材のイメージにもとづいて、自己PRや面接の受け答えから採用者を考えます。

そのため企業について何も知らないまま面接に臨んでも、うまくいかないでしょう。

企業の公式サイトに限らず、採用サイト、OB・OG訪問などを活かして分析情報を集めてください。

そこから自身の強みが企業に合致しているか、何をアピールすれば内定をもらえるかがわかります。

友達や就活エージェントを活かして、就活情報を使いこなしてください。

以上の実践によって、働く場所を見つけやすくなるでしょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます