【2021年最新版】最近よく聞くサブスクリプションって何?取り入れている企業まで徹底解説!

【2021年最新版】最近よく聞くサブスクリプションって何?取り入れている企業まで徹底解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

昨今よく聞く言葉ですが「サブスクリプションについてよくわからない…」と思う方も多いでしょう。

サブスクリプションは月額制もしくは年間購読のサービスとも言い換えられて、採用している企業も多く存在します。

モノを所有するのではなく、ダウンロードなどインターネットを利用して、サービスを受けられるのが一番のメリットであり特徴です。

サブスクリプションを取り入れている企業も多く、今後も発展を続けていくことが予想されます。

ぜひとも今回の記事を、サブスクリプションのメリットやデメリットを知るうえでの参考にしてみてください。

サブスクリプションとは?

サブスクリプションの意味は「料金を一定額払うことで、一定の期間サービスを受けられる方式」とされます。

サブスクリプションをほかの言葉で置き替えるとしたら、予約購読や年間購読などの定期購読が近いでしょう。

特に新聞などは年間契約で購入することも多いので、サブスクリプションに近いのです。

料金を払っている間に決められたサービスが受けられるサブスクリプションには、多くのメリットがあり昨今急速に普及しはじめています。

モノを所有するのではなく、サービスを共有できるのはネット社会ならではのメリットです。

IT技術が発展を遂げたことや、購読のプロセスが多様化している今こそ、サブスクリプションの恩恵も多くなっていくでしょう。

サブスクリプションのメリット

サブスクリプションでは、消費者側と事業者側双方にメリットが生まれます。

特に事業者にとって以下のような大きなメリットがあります。

・売り上げが継続して得られる点
・新購入者のハードルが下がる点
・個客のリストや利用統計のデータ管理が楽になる点
・業界や業種に関わらず利用できる

また、かかるコストを最小限にしつつ、リピート層の顧客を増やせるのも大きなメリットです。

ただサブスクリプションでは、顧客が簡単に解約できる点がデメリットに転じることもあります。

そのため継続して利用をしてもらうには、常に新鮮なコンテンツを配信する・機能改善の努力を怠らないなども重要です。

購入と比較して一定期間継続して利益を生み出せるのが、サブスクリプションの一番のメリットといえるでしょう。

継続的に一定の売り上げが得られる

サブスクリプションは事業側にとって、一定期間は安定して利益が発生するのは大きなメリットでしょう。

またサブスクリプションの試算も、ユーザー数×定額料金と簡単に計算できる点も魅力です。

以前の買い切り型では商品が売れる時期は大きく変動し、試算も簡単にはできませんでした。

その点サブスクリプションならば、サービスへの投資も容易で魅力的なサービスの供給も続けられるのはメリットです。

新規ユーザーを獲得しやすい

サブスクリプションの料金設定は、通常買い切りタイプの商品よりも安く設定されます。

少額の月額料金を払えば、ほかのサービスも同時に利用できる点はユーザーにとって魅力的でしょう。

たとえば音楽CDが3,000円とすれば、月額980円でほかの音楽も聴けるなどのサービスは、買い切りよりもお得に感じるでしょう。

サブスクリプションを実施している企業の多くが「初月無料」などの、サービスを実施しているのも新規顧客獲得のための方策です。

少額なら「一度使ってみよう」という気持ちも働き、新規の顧客を得る可能性も高まります。

 サービス改善がしやすい

サブスクリプションでは、顧客の利用履歴などのデータが蓄積されていきます。

このデータを活用すれば、次に顧客が求めるサービス内容なども予想でき、サービス改善の参考にもなるでしょう。

サービス内容が改善されれば顧客の満足度も高まり、定期契約の期間も延びます。

ユーザーの満足度を上げるために、顧客一人ひとりにおすすめなコンテンツのレコメンド機能をもつ企業も多いです。

サービス改善がしやすく、パーソナライズ化がしやすいのもメリットの1つです。

サブスクリプションのデメリット

メリットも数多くあるサブスクリプションですが、一方デメリットもいくつかあります。

代表的なものとして、以下の点があげられます。

・サービス開始の直後にユーザーが思うように増えない点
・サービスの改善を続けないと顧客が増えていかない点
・1ヶ月だけのお試しなど解約が簡単なので、ユーザーが気軽に離れやすい

サブスクリプションのメリットは定期的に安定した収入を得られることでしたが、逆に解約されてしまうと次からは利益が得られません。

簡単に利用できる反面、解約もしやすいです。

初月無料などのサービスを経た後魅力的なコンテンツが増えなければ、ユーザーは簡単に解約してしまいます。

もしサブスクリプションのサービスを続けるのであれば、新規顧客開拓も大切ですが既存のユーザーが離れていかない努力も必要です。

利用者が少ないと利益が生まれない

サブスクリプション開始直後は、ユーザーが少ないため思うように利益が得られません。

なぜなら利用者が多くなるほどに、収益があげるシステムになっているからです。

スタート直後はどういったサービスかがわからないので、顧客も利用を渋る可能性もあります。

だからこそサブスクリプションを利用する企業の多くは、敷居を低くするために「初月無料」などの方策を打ち出します。

初期投資にもお金がかかるため、まずは新規顧客の開拓が必要です。

ただ利用者が少ないうちは、収益が思うようにあげらないのは大きなデメリットでしょう。

サービス改善をし続けなければならない

サブスクリプションでは顧客が継続して利用してくれないと、そもそも利益もアップしません。

継続利用をしてもらうためには顧客が離れていかないように、常にサービスを改善する必要があります。

サービスの満足度が高ければ顧客も継続利用してくれますが、魅力的なコンテンツがなくなった時点で顧客は離れていくでしょう。

そのため初期投資だけでなく、サービスの充実にもコストをかける必要があります。

サービス継続のためにコストがかかるのも、デメリットといえるでしょう。

ユーザーが気軽に離れやすい

ユーザーにとって気軽に利用開始できるのはメリットですが、事業者側にとってはそれがデメリットになりかねません。

コンテンツに魅力がなくなれば、ユーザーも気軽に解約してしまうからです。

気軽に離れやすいのはユーザーにとってメリットですが、事業者側からすれば解約されれば利益もなくなるので避けたいでしょう。

かといって利用開始の敷居を高くしてしまえば、新規顧客の開拓も難しくなります。

サブスクリプションではユーザーが離れやすいことを念頭に置き、離れていかないような魅力的なコンテンツを配信し続ける努力も必要です。

サブスクリプションを取り入れている代表的な企業

サブスクリプションを取り入れる企業が増えた背景には、昨今のインターネットの普及や顧客の意識の変化、物流が進歩したなどの理由があります。

インターネットがまだ普及していない時期は、ソフトもパッケージ化されそれをPCなどにインストールして使う、買い切りタイプが一般的でした。

ただインターネットが普及したことで、ソフトなどをWEB上でダウンロード可能となり、モノからサービスにと変貌を遂げました。

パッケージ化をやめたことでコストも低くなり、より安価でサービスの提供ができるようになったことも影響しているでしょう。

特に若者の所得の低下による消費者離れ、所有欲離れなども強く影響しており、安価でサービスのよいサブスクリプションの人気も高まっています。

以下からはサブスクリプションを取り入れている、具体的な企業についてご紹介していきましょう。

Apple

Appleはサブスクリプションを導入している企業として有名です。

特にApple Musicなどは、ビジネスジャンルとして競争の激しい中で生き抜いているサービスです。

サービスが続けられている理由は、ダウンロードできる曲数の多いことがあげられるでしょう。

Apple Musicでは、約7,000万曲から好きな曲をストリーミングでダウンロードできるので、いつでもどこでも音楽が聴けます。

またAppleではApple Musicのほかにも、SpotifyやAmazon Musicを手がけ、どのサービスも継続できている成功例です。

Netflix

Netflixは動画配信サービス企業として有名です。

選ばれている理由は、海外や国内のドラマ、映画、国内外のアニメ、ドキュメンタリーなど幅広いジャンルで動画を配信していることです。

また動画配信サービスの中でNetflixが選ばれているのは、オリジナルコンテンツの豊富さがあげられます。

Netflixでしか見られない限定サービスが豊富なので、ユーザーもそれを楽しみにサービスを継続しています。

そして月額利用が800円と低価格で、解約時にキャンセル料が発生しないのです。

好きなタイミングでキャンセルができる点も魅力の1つでしょう。

amazon

Amazonは動画サービスとして「Amazonプライム」なども配信していますが、サブスクリプションでいうならAmazon Music Unlimitedも見逃せません。

Amazon Music Unlimitedではほかの音楽配信サービスと比較しても、約7,500万曲と利用できる曲数が圧倒的に多いのが魅力でしょう。

月額の利用料金は980円となっていますが、プライム会員になれば月額780円での利用も可能です。

また高音質で楽しみたいユーザーに向けて、HDプランなども用意されておりこちらは月額1,980円となっています。

まずは無料お試し期間を活用し、どういったサービス内容かを確認してください。

Hulu

国内や国外の映画・ドラマ、アニメなど豊富なコンテンツがあると人気なのがHuluです。

60,000本以上の作品数がある点、月額1,026円を支払えばどういった作品も見られるのは魅力の1つでしょう。

また視聴方法も多数用意されており、テレビはもちろんスマートフォンやパソコン、タブレットなどからも見られます。

もし今まで店舗でDVDを借りていた人ならば、借りる手間・返却の手間、場合によっては交通費なども一気に削減できます。

お試しキャンペーンも開催されているので、まずは無料でサービス内容を確認しましょう。

YouTube

YouTubeのサブスクリプションといえば「YouTube Premium」が有名でしょう。

通常のYouTubeでは無料で投稿動画を見られますが、YouTube Premiumは月額制有料サービスとして2018年にサービスが開始されました。

プレミアムの月額料金は1,180円かかりますが、動画の途中に入る広告をスキップできて、オフラインでの再生も可能となりました。

また音楽配信サービスも同時に開始となり「YouTube Music Premium」では単体では月額980円かかりますが、プレミアム会員であれば無料で聴けます。

YouTubeは便利だけれど広告が邪魔と感じていた方は、ぜひプレミアム会員になってみてください。

おわりに

今回はサブスクリプションの意味やメリット・デメリット、取り入れている企業のサービス内容などをご紹介していきました。

サブスクリプションを取り入れる企業は多く、急成長を遂げている企業も数多くあります。

サブスクリプションは少額の月会費で利用できるのが、低所得者が多い若者に人気の理由です。

利用者側にも事業者側にもメリットがあり、特に事業者側にとって定期的に安定した利益が得られる点は大きなメリットでしょう。

ただ開始直後にユーザーを獲得できるかが大きな分岐点となるので、事業者側がサービスをはじめるにあたって、デメリットの確認も大切です。

これからも発展を続けていくサブスクリプションで、今後のサービス内容も変わっていくでしょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます