海外営業に転職するメリットは?仕事内容や海外営業に必要なスキルまで徹底解説!

海外営業に転職するメリットは?仕事内容や海外営業に必要なスキルまで徹底解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

営業経験がありTOEICなどを取得した方なら、海外営業にチャレンジしてみたいと思う方もいるでしょう。

グローバル化が進み国内市場は縮小傾向にあるといわれる中で、大手から中小企業と海外市場に進出する企業は増えています。

海外営業の需要は今後も増えていくと予想されています。

需要の増える職種でありますが、海外営業の経験がないから無理ではないかと思うかもしれません。

実際には未経験であっても、海外営業への転職は可能です。

海外営業を目指すためには、海外営業経験以外のスキル・経験が必要です。

今回は海外営業の仕事内容や、どんな経験とスキルが必要なのかを解説します。

また海外営業を目指すためにおすすめの転職情報サイトのご紹介もします。

ぜひとも参考にしてください。

【海外営業に転職】海外営業とは?

海外営業は企業において、海外企業を顧客として企業や販売代理店などとやり取りをする営業職のことです。

海外営業がある企業は、商社・メーカーなどがあります。

最近は中小企業や、海外進出を目指す企業などでも海外営業を募集していることもあるのです。

海外とのつながりのある大企業・中小企業・ベンチャー問わず、企業の営業職であります。

基本の仕事内容は、国内での営業と特に変わりありません。

国内の企業とも取り引きはあります。

しかしメインは外国企業です。

高い英語力が必要であり、ビジネス英語が堪能なことも必要とされます。

もちろん英語力ばかりではなく、取引先の語学力があればさらによいでしょう。

海外営業を目指している場合、最初から海外営業の仕事を任されることはほとんどありません。

国内の営業職や総合職などといった職種での入社になります。

それからビジネス経験を積み上げて、能力や適性が認められて海外営業部などへ異動になるのが一般的です。

企業によっては、昇進試験(異動試験)などのテストを受けることもあります。

企業内で求められる一定以上の知識などは、持ち合わせていることが条件となるでしょう。

海外営業の仕事内容

海外営業の仕事は大きく2つに分けられます。

✓現地に駐在して業務をする
✓日本で現地法人や代理店・国内企業などと連絡を取り合う

取引先の国や業務内容・家業スタイルによって変わりますが、仕事内容は以下のとおりです。

✓市場調査
✓営業戦略の立案
✓既存取引先のフォローアップ
✓顧客との商談
✓新規取引先の開拓
✓国内企業への報告
✓クレーム対応
✓契約関連業務
✓納期調整

一見、作業内容が少ないように感じるかもしれません。

しかしそれぞれの業務の内容が、海外企業との業務の場合には複雑で膨大です。

またお国柄によって問題や慣習の違いなどもあります。

国内営業よりもテンポと要領よく進めていく必要があるのです。

海外営業の場合は新規開拓をする場合、ほかに取り引きのない未開拓の地域を訪問して、新たな市場を開拓するのは、国内の何十倍も大変です。

海外駐在になる場合には、数か月数年単位での滞在となる場合もあります。

支店や現地法人がいくつもあるような企業の場合には、世界各国に駐在する人もいるのです。

国内営業との違い

海外営業では、取引先が海外の人になるため、国内の営業とはやり方にも大きな違いがあるでしょう。

話す言葉だけでなく、現地の慣習や文化に合わせた営業を行わなければなりません。

それらが自国とは大きく異なることもあるため、その違いをふまえたうえでビジネスを展開していく必要があります。

国内での営業ノウハウがしっかりできていたとしても、それが海外営業でも活きるかどうかはわかりません。

しかし「営業に関する新たな視点を得たい」という意味では、海外営業を行ってみることは非常に意味のあることだと言えるでしょう。

国内営業と海外営業とでは、それほど大きな違いがあるので、転職を考える際にはきちんと考えて行動してください。

【海外営業に転職】海外営業に転職するメリット

海外営業に転職するメリットは、営業としての新たな視点を得られるのはもちろん、海外営業でしか得られない経験が数多くあることです。

仕事として他国の文化や慣習に触れることになるため、日々新たな発見があるかもしれません。

柔軟な対応ができる人であれば、文化の違いや、思いがけない出来事を楽しみながら仕事に携わっていけるでしょう。

それでは、ここからは海外営業へ転職した際に得られるメリットについて紹介していきます。

日本と外国をつないでいる感覚になる

海外営業はその名前の通り、日本と他国をつなぐことが目的です。

国際社会を舞台に日々活躍できるということが、海外営業における第一のメリットであると言えます。

ある意味、その時点では日本の代表として海外の人と仕事をすることになります。

もちろん海外の企業側もその意識で対応してくれるはずなので、仕事と国際交流が混じっていると言ってもいいでしょう。

つまり海外営業は自国が誇る文化を海外に広める役目を担っており、日本の代表として対応する責任があります。

海外営業では、日本で仕事をしているだけでは経験できないようなことを毎日のように経験できるでしょう。

責任は大きくなりますが、自国と海外の橋渡しをしたいと考えている人には適した仕事であると言えます。

ビジネス会話や文章が身につく

海外営業では、国に応じた言語での対応がもっともスムーズに仕事をするためのカギです。

しかしさまざまな国を相手にする場合は、それぞれの言語をマスターするのは難しいため、英語での対応が基本となるでしょう。

海外営業では英語をはじめに、日常的に外国語を使用することになるため、必要な語学スキルが気づかぬうちに身についているでしょう。

日常的に利用している言語は、使っているうちに自然と体に身についていくため、特に勉強を頑張る必要はないかもしれません。

海外営業では日常的に他国の言語に触れるため、ビジネスで通用するスピーキングやライティングスキルが身につくはずです。

仕事でそのような経験を求めている人には、海外営業での仕事は大きなメリットになるでしょう。

海外出張でいろいろな国に行ける

海外営業の仕事では、もちろん海外出張におもむくタイミングもあるでしょう。

今まで行ったことのない国や、普通であれば行く機会のない国に行けるかもしれません。

海外営業では、仕事をするためにさまざまな国へ行くことができるため、旅行感覚で仕事を楽しめるでしょう。

やはり国によって文化や雰囲気がまったく異なるため、毎日オフィスにいるよりも、非常に刺激的な環境で働くことができます。

家族がいると難しい仕事かもしれませんが、自由に動ける暮らしなのであれば、刺激を求めて海外営業にチャレンジしてみるのも1つの手です。

海外出張が多く、各国へ飛んでさまざまな文化に触れる機会を得られるのが、海外出張のメリットだと言えます。

さまざまな価値観に触れられる

基本的に海外営業の仕事では、取引先はほぼ海外です。

日々海外のスタッフとコミュニケーションを取ることになるので、日本との違いを頻繁に感じられるでしょう。

先述した通り、今まで国内営業をしてきた人は特に、海外営業の独特な雰囲気が印象に残るのではないでしょうか。

他国の文化や価値観、暮らし方が仕事を通して見えるのは、海外営業ならではの独自のメリットです。

そして仕事を通してさまざまな価値観を感じることによって、日本を基準に考えるのではなく、新たな視野を広げて考えられるようになるでしょう。

営業のアプローチの仕方も、国内営業とは異なると考えられるので、営業の仕事の視野を広げるという意味でもおすすめの仕事です。

【海外営業に転職】海外営業に向いている人の特徴

海外営業には向き不向きがあるのは間違いありません。

国内の営業とは違って、まず言語が違うことから始まり、価値観や考え方も異なる人々と接することになります。

それらに対応できる能力は不可欠だと言えるでしょう。

また自分のことばかりではなく、相手の価値観を尊重できるかどうかも海外での営業を成功させるためのコツだと言えます。

海外の人は積極的に声をかけてくる人も多く、あなた自身の主体性が高いかどうか、精神的にタフであるかどうかも関わってくるでしょう。

異文化に素早く対応できる

国内営業では、あくまでも日本の文化にそって動いていれば、何も問題はありません。

しかし海外営業では、海外に駐在してその国で生活しながら現地の人たちとビジネスを行うことになるでしょう。

日本とまったく違う暮らし方であることは間違いありません。

まず、言葉が異なることはもちろん、気候や宗教、習慣などが日本と異なる状況で生きていかなければなりません。

そのような環境の変化にすぐに慣れて、素早く対応できる人が人材として求められています。

もちろん食事も変化するので、体調の管理を含めて異文化に素早く対応できる能力は重宝されるのです。

異文化に素早く対応できる自信のある人は、海外営業に向いていると言えます。

それを強みに転職活動を進めるのが良いでしょう。

相手の価値観を尊重できる

1つ前に紹介した項目でもわかるように、まったく違った価値観の人と向き合う機会が多いです。

言語も違う、慣習や文化も違うとなると、価値観の違いもかなり大きくなるでしょう。

海外営業をしていくにあたって、自分と異なる価値観もしっかりと尊重できるかどうかは重要なポイントです。

そのような価値観の違いに対して、柔軟に対応し、尊重できるような人が海外営業に向いているでしょう。

それに合わせた営業を行えることが成功の秘訣であり、人材としても活躍できるはずです。

やはり国が違えば考え方や価値観も違うため、自分と違う価値観も柔軟に受け入れられる姿勢が求められるのです。

相手の価値観を尊重することが得意で、それに自信がある人はそれを強みに自分を売り込んでいきましょう。

主体性が高くタフである

海外でははっきりと意思表示しないと、相手の勢いに負けてしまうようなシーンがあるでしょう。

日本は他国と比べると、個人の自己主張の弱い国であるため、同じような感覚でいると営業もできません。

また、海外営業では何かあったとき、すぐに上司に相談できない状況であるため、国内以上に主体性が求められるでしょう。

主体性があるかどうかは、海外営業の仕事をしていくうえで重要なポイントの1つです。

さらに、海外営業では言語の違いのみならず、気候や環境の違いから肉体的にも精神的にもストレスがかかるため、タフな人が向いています。

体調を崩しやすい人や精神的に落ち込みやすい人は、海外での営業の仕事は負担になる可能性が高いです。

駆け引きが得意である

国内営業でも駆け引きが得意かどうかは重要ですが、もちろん海外営業でもそれは重要です。

営業における駆け引きがうまい人は、一見ビジネスと関係ない雑談をしながら、上手に相手へ商品を売り込める能力があります。

引き際をわきまえていたり「ここは売り込めるタイミングだ」と見抜けたりします。

これは営業の成功を左右する重要なポイントであり、簡単に身につけられる能力ではありません。

もともとその才能を秘めている人は貴重ですし、もちろんコツコツとその能力を磨いた人も貴重な人材です。

やはり海外であっても、あからさまに営業だとわかるような売り込みには、多くの人が抵抗を感じるため注意しなければなりません。

国内営業と同様に、海外営業でも駆け引きのうまい人はきちんと成果を出せるでしょう。

【海外営業に転職】海外営業に必要なスキル・経験

海外営業を目指す場合には語学力・営業力、コミュニケーション能力が必要であるといわれています。

営業職を希望する人にとって最低限のスキルが営業力でもあります。

しかしこちらは入社してからでも、実際に営業をしていくことで成長可能です。

海外営業になるとそれぞれのスキルに、高い専門性が求められます。

具体的にどんな経験が海外営業として転職する場合には必要なのでしょうか。

以下より詳しく解説をしていきましょう。

語学力

海外営業では英語や中国語など、海外に支店や現地法人がある地域の語学力が必要です。

TOEICの600点くらいが最低ラインとして求められています。

海外営業に力を注いでいる企業や、海外営業としての採用をしている企業の場合には、TOEIC700点以上を採用基準としている企業が多いのです。

TOEIC700点以上あれば、たとえ海外営業未経験であっても英語でのコミュニケーションに関しては申し分のないレベルです。

さらに英文のディティールも、瞬時に汲み取れるスキルがあるとみなされています。

しかしすでに海外営業の経験がある場合には、TOEICのスコアも必須ではありません。

営業力

選考を受ける場合は、海外営業経験が優遇される傾向にあります。

海外営業の経験がない場合には、営業経験は最低限でも必要になるのです。

営業経験は語学力よりも重視されます。

語学力が堪能であっても営業経験がなければ、海外営業として採用されるのは難しいといえます。

または一般職で経験を積んでから、営業職にチャレンジをすることになるでしょう。

即戦力として海外営業で働く場合には、営業力は最低でも必要です。

コミュニケーション能力

海外営業は語学力や営業力とともに、コミュニケーション力が必要だと考えられています。

営業職は人と接することが仕事です。

初対面の人でも臆することなく、円滑にコミュニケーションを取り、成約などへ結びつけていく能力が重要になります。

誰とでもうまく会話ができることも大事です。

それだけでなくコミュニケーションを通して、相手のニーズを引き出すことが営業の評価を左右するポイントです。

外向的な人はコミュニケーション能力が高いと思われることがあるでしょう。

しかし、コミュニケーション能力と外向的かどうかは、必ずしもイコールではありません。

相手の気持ちを理解する能力が高く、言葉のキャッチボールの上手なことが重要です。

総合的な営業力のある人が、海外営業においてのコミュニケーション能力が高いと評価をされます。

【海外営業に転職】持っておくと歓迎されるスキル・能力

紹介したスキルはあくまでも最低限必要とされるスキルです。

それ以外にも、海外営業として歓迎されるスキルがあります。

自分の強みとしてこれらのスキルをもつことは、転職の際にプラスに作用するでしょう。

海外を相手にする営業だからこそ、必要とされるスキルもあります。

実際の海外営業の経験が必要になるかもしれません。

必須ではありませんが、歓迎されるスキルです。

これから海外営業として働きたいと考えている人は、ぜひとも知っておきましょう。

海外の商流について理解がある

海外営業はさまざまな国を相手にして営業をする仕事です。

その国のマーケットに関する知識や、地域の文化になじめるかなどの柔軟性も必要です。

海外営業の仕事の1つに納期調整があります。

地域によってはバカンスや旧暦の長期休暇などの間、一切業務をしないこともあるのです。

日本では考えられないことが、当たり前として扱われています。

その際に事前の調整や問題発生時の対応など、海外営業が担う必要もあります。

これも地域の文化を知らなければ、理解や対応ができない内容といえるでしょう。

その地域の文化を知ったうえで、柔軟な対応をすることが大事になるのです。

地域の特性と理解していないと、その地域では受け入れてもらえないこともよくあります。

柔軟性は大変重要なスキルといえるでしょう。

相手の文化を尊重できる

商流や地域の文化を知ることにもつながりますが、相手の文化を尊重できるかも海外営業として必要なスキルです。

また企業側から歓迎されるスキルであります。

地域によっては長期バカンスや、仕事の仕方も日本とは大きく異なります。

日本のような働き方をしている海外の企業もあるかもしれませんが、文化の違いによって働き方も日本とは異なるものです。

日本のやり方を続けていくことが必要なこともあります。

しかし、相手は今まで自分の価値観とは違う価値観で生きてきた人です。

同じような考え方が当たり前でない国や地域であることを、理解しなくてはいけません。

それを理解できなければ、知らないうちに失礼な態度をとってしまうかもしれません。

まず、相手を尊重できる人材は、営業として企業の力になることでしょう。

【海外営業に転職】海外営業へ転職する際におすすめの転職先

海外営業へ転職する際におすすめの転職先を紹介します。

特にこれといって目的や手段を選ばずに、生活のためにと、とにかく急いで転職先を探すのも良いですが、先のことを考えるとしっかり見極めて選ぶべきです。

また営業職に種類はないように思いますが、ここまで紹介してきた通り、海外営業と国内営業でも大きな差があります。

また扱う商材によっても、手法や難易度が異なるため、それらを見極めたうえで転職先を考えるのがおすすめです。

有形商材が挑戦しやすい

海外営業に転職する場合は「有形商材」の求人が多いといわれています。

有形商材の営業とは形のある商材を扱う営業となります。

提案する商品の種類は限られてしまいますが、仕事の難易度としては低いといえます。

有形商材の求人が多い傾向にあります。

転職をするのであれば、有形商材の方が難易度も低く、成果も見えて仕事に愛着が湧きやすいでしょう。

しかし有形商材の営業にはノルマがあり、社内調整などの時間が多くなります。

また商品知識を身につける必要があり、興味のない商品を売らなければいけない部分が難点でしょう。

無形商材は難易度が高い

「無形商材」は名前の通り、サービスやシステムなどの形がない商材のことです。

「有形商材」は形のあるものなので、実物を見せることができます。

しかし「無形商材」は実物を見せられないので、営業の難易度が高いのです。

ただし営業で提案するものは、課題解決策そのものであるため、その提案自体の自由度は高いと言えます。

人に合わせて、さまざまな形に変えられるので、相手の話から求めているものを見抜ければ、営業の成功率は高いでしょう。

無形商材の営業が難しい理由としては、形のない商材であるため、商品の導入後の効果を視覚的に示せない点があげられます。

難易度の高い仕事が多く、今までよりも年収が下がってしまう可能性も十分にあります。

【海外営業に転職】おすすめの転職情報サイト

海外営業に転職を考えている場合には、自分で企業を探す必要があります。

企業情報などから求人を探せますが、転職情報サイトなどの登録も必要です。

以下からはおすすめの転職サイトを3つご紹介していきましょう。

dodaグローバル

「dodaグローバル」は国内の転職探しでも有名なdodaの、海外勤務・外資系企業専門の転職・求人サイトです。

自分の希望に合った条件で企業を選択できます。

英語力を活かせる仕事・地域ごとの、転職セミナー情報が掲載されています。

もちろん転職ノウハウなどについても詳細に記載されており、はじめて海外営業へ転職を考えている人でも役に立つ情報が満載です。

転職のプロが無料でカウンセリング&求人紹介をしてくれるサービスもあります。

安心して転職活動ができるでしょう。

マイナビ転職

転職サイト大手である「マイナビ転職」ですが、海外営業などの転職情報も豊富にあります。

転職ノウハウとして転職のはじめ方や、働き方ついての情報提供などが数多くあります。

求人の検索方法も多岐にわたるので、海外営業への求人情報を簡単に探せるでしょう。

自身で求人情報にアプローチができるうえに、幅広い業種・職種からの選択も可能です。

スケジュール管理や相談などに乗って欲しい人はマイナビエージェントでキャリアアドバイザーに相談できます。

エンジャパン

エンジャパンの「エン転職」は、転職情報が豊富なサイトです。

働きがいや各職種に特化したサイトもあるので、求めている海外営業の求人情報も探しやすいでしょう。

転職に不安を感じる際には、転職エージェントなどを利用できます。

ぜひとも利用してみてください。

アゲルキャリア

営業職への転職エージェントにはアゲルキャリアがおすすめです。

既卒者から第二新卒、ミドルの年代層まで幅広く転職の支援を行っています。

まずはインターネットの問い合わせフォームから必要情報を入力して、送信するだけで利用が可能です。

そのあと個人面接を行って、それぞれにあった職場を導き出してマッチングを行い、最短1週間で内定を獲得させる実績があります。

もちろん慎重に転職先を選びたい人には、それに合わせてじっくり面談を行うように心がけるのが基本です。

対応も24時間365日体制で行っており、転職に不安を抱える人のサポートに全力を注いでいます。

営業職への転職もしっかりサポートしているので、気になる方は是非お問い合わせください。

まとめ

今回は海外営業を目指す場合に必要なスキルや、仕事内容についてご紹介しました。

海外営業は未経験でも挑戦できる職業です。

しかし実際に海外に出張や赴任など任されるには、日本での営業経験が必要です。

商社・メーカーなどが国内では、海外営業がある企業としてあげられることが多く、実際に募集も見受けられます。

最初から海外営業で働くことはほとんどなく、国内営業などを経て海外営業になる場合が多いです。

国内で実力・経験を積んでから、海外営業になれるものだと考えておきましょう。

今回は最低限のスキルなどご紹介しました。

しかしこれらは一例であり、実際に海外経験などの条件が整っている場合であれば例外もあります。

現在の自分のスキルをチェックして、自分がどの状態であるかを知るのも必要です。

海外営業の求人などは転職情報サイトなどで調べられるので、積極的にチェックをしてください。

転職エージェントなどの利用も、自分に合った企業を探せるのでおすすめです。

ぜひとも転職サイトを活用しつつ、自分に最適な転職をしていきましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます