【2021年最新版】営業職の女性に相応しい服装とおすすめブランドを紹介

【2021年最新版】営業職の女性に相応しい服装とおすすめブランドを紹介

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

営業職の女性は、外回りと内勤で相応しい服装が違います。

外回りの基本はスーツですし、内勤ならオフィスカジュアルが必要になるでしょう。

ただどちらも、相手に不快感を与えないという点では一致します。

もし営業職の女性が仕事の雰囲気に合った服装を探すなら、人気のブランドから探してみるのも1つの方法です。

今回は、営業職の女性が服装選びで気をつけることやおすすめのファッションブランドをご紹介します。

ぜひ自分にぴったりの服装探しの参考にしてみてください。

服装選びで気をつけたいポイント 

営業職の女性の服装は、外回りならスーツ、社内勤務ならオフィスカジュアルが基本です。

スーツであれば、パンツとスカートを問わないので、派手にならないスーツを選びましょう。

社内勤務はオフィスカジュアルで大丈夫ですが、ラフになりすぎないようにきちんと感を演出します。

女性は華やかさを武器にできるのが強みです。

そして、女性らしさを忘れないことも大切です。

露出が多すぎる服装は避け、清潔感、清楚な感じを出せるように服装を選びましょう。

華奢に見える時計などのアクセサリー、デザイン性にすぐれたローヒールなど、女性らしさを演出するのもポイントです。

色気をアピールするのではなく、好感度を高められるように、服装選びには気をつけてみてください。

外回りはスーツスタイルが基本

営業職の女性の場合、外回りはスーツスタイルが基本です。

スーツはパンツでもスカートでもいいのですが、スカートの場合はひざ下の長さに気をつけましょう。

ひざが少し隠れる程度の長さであれば、清潔感も印象づけられます。

また行動力をアピールしたいなら、スカートよりもパンツスタイルのほうが向いているでしょう。

もし初対面の相手であれば、ブラウスも注意が必要で、無地のタイプを選ぶのがおすすめです。

外回りはスーツスタイルが基本なので、特にパンツのタックにはしっかりとアイロンをかけておきましょう。

動きやすさ・着心地を重視

女性であっても、営業職では外回りで1日中歩くこともあります。

そのためデザイン性も重要ですが、動きやすさや着心地も重視してみましょう。

車や電車で移動、オフィス街を歩き回るなど、行動力の高さが求められるので、歩きにくいハイヒールなどは避けます。

また服装のサイズが合わなければ、座るときや立つときに疲れる可能性もあり、スーツにシワが寄る原因にもなるでしょう。

まずは自分の体にあったサイズを選び、ストレッチのように動きやすいスーツを選ぶのがポイントです。

機能性を重視

営業職の女性は、機能性も重視した服装選びが大切です。

たとえば名刺やスマートフォン、メモ帳、ボールペンなどが収納できる、機能性の高いスーツを選んでおきましょう。

特にビジネスシーンでは名刺交換の頻度が高くなります。

昨今では、スーツに内ポケットがついているタイプも多くなっています。

名刺はそこに入れるようにするのがおすすめです。

名刺を探すために、バッグの中をごそごそと探すようでは営業としての資質が問われるので注意しましょう。

社内勤務はオフィスカジュアルでOK

社内勤務が多い営業職の女性なら、堅苦しくない程度のオフィスカジュアルでもOKです。

ただ突然お客さまが来訪される可能性や、重要な会議に呼ばれるケースもあるので、きちんと感のある服装になるよう気をつけましょう。

もしオフィスカジュアルの服装を選ぶなら、ノーカラーのジャケット、無地のブラウス、落ち着いて見えるパンツやスカートなどを組み合わせるのがおすすめです。

また普段から、急な用事に備え、ジャケットを1枚会社に置いておけばさっと着替えられます。

オフィスカジュアルとは 

営業職の女性に向くオフィスカジュアルの基本は、かっちりしすぎないようにすること、またその場の雰囲気に合うものを選ぶことです。

カーディガンもしくはジャケットに、シャツやパンツもしくはスカートの組み合わせなど、派手にならない無難なスタイルを心がけましょう。

すべての人に対して不快感を与えない

営業職の女性は顧客だけでなく、すべての人に不快感を与えないような服装にするのがポイントです。

普段から気をつけていないと、いざ顧客と対面したときにも不快感を与えてしまう可能性があります。

もし営業職に相応しいコーデをするなら、トップスにブラウスやシャツを着るようにします。

ボトムにはパンツ(フルレングスなど)、丈がミディアムのスカートを選んでおけば安心です。

また肌寒い季節なら、上にカーディガンやジャケットを組み合わせるのもいいでしょう。

営業職の女性として相応しい服装になるように、普段から心がけておきましょう。

かっちりしすぎない

不快感を与えない服装=かっちりした服装とは限りません。

ビシッとスーツで決めると格好もいいのですが、女性の場合そこまで必要ないケースがほとんどです。

女性らしさを演出できる、テーパードパンツ、やわらかい印象のブラウスなど、普段使いも可能なアイテムを取り入れてみましょう。

営業職の女性には、親しみやすさも重要なので、かっちりしすぎない服装も大切です。

カジュアルすぎるのはNGですが、ある程度崩した服装のほうが顧客にも安心感を与えます。

ベーシックカラーの色合いの服を選ぼう

オフィスカジュアルでは、服装の色合いも大切なポイントです。

基本はベーシックカラーですが、オフィスになじむようなカラーを心がけましょう。

おすすめのベーシックカラーは、黒・白・ブラウン・ネイビー・グレー・ベージュなどです。

ベースに落ち着いた色合いを出しておけば、よりオフィスでも溶け込むコーデができるでしょう。

もしピンクや黄色などの色を使いたいなら、差し色として使うとおしゃれな感じになります。

目がチカチカしそうなネオンカラーは避け、パステルやダークカラーなどを使うのもポイントです。

オフィスカジュアルに明確な基準はない

オフィスカジュアルには、明確な基準はありません。

会社の雰囲気に合わせることが重要です。

オフィスカジュアルと聞くと「色は何でもいいの?ピンクは?」や「花柄のスカートはOKなの?」などと悩むこともあるでしょう。

もし基準がよくわからない場合は、オフィスの雰囲気に合わせて選んでおけば安心です。

たとえば、同じ会社に勤めている女性の服装をチェックし、カラーはどこまでOKかな?など確認しておきましょう。

社風によっても適した服装は違います。

どうしても不安なら社員に直接聞くのもおすすめです。

【スーツ・オフィスカジュアル別】おすすめブランド 

営業職の女性のスーツとオフィスカジュアルのおすすめブランドをご紹介します。

・Theory

30代から40代女性向けのブランドで、クールで気品があると人気があります。

価格帯は2万円前半です。

・THE SUIT COMPANY

トレンドを取り入れた品のよさが特徴のブランドで、価格帯はジャケットなら1万円台、ボトムスは8,000円程度です。

・ICB

かっちりしすぎないスーツが手に入り、オーダーメイドも取り扱っています。

価格帯は2万円前後ですが、自分にぴったりのサイズが見つかるでしょう。

・nano・universe

カジュアルでもきれいめにしたい女性に人気のブランドです。

価格帯は、3,000円から1万円弱となっており、大人な着こなしに向きます。

・INGNI

可愛くてクールなオフィスカジュアルを探す女性人気のブランドです。

価格帯は1,000円~2,000円台など、プチプラアイテムとしても人気があります。

・ナチュラルビューティーベーシック

ベーシックで外さない服装と女性人気の高いブランドです。

価格帯は、8,000円から9,000円台が多く、きちんと感を出したい女性にも向いています。

スーツの場合

営業職の女性がスーツを選ぶなら、品のよさやトレンドも大切な要素です。

ジャケットやボトムも、おしゃれすぎず、かつ女性らしいブランドを選ぶようにしましょう。

またかっちりしすぎないのも女性らしさのポイントです。

Theory

「Theory」はフィット感と素材の高級感が魅力のブランドです。

きれいめでシンプルなデザインは、営業職の女性にもぴったりでしょう。

またシンプルでありながらトレンドも取り入れているTheoryは、着心地のよさにも定評があります。

ラインナップも多彩ですが、特にすらりと見えるネイビーのテーラードパンツや細身に見えるパンツなどが人気です。

年齢やキャリアに関係なく愛されているミニマムなデザインは、きちんと感も演出してくれるでしょう。

フィット感がありながら、ゆったりもしすぎないので、バランスのよいコーデも可能です。

またパンツのラインがすらりとしているため、美脚が叶うと人気があります。

シンプルできれいめなスーツなら、相手に不快感を与えることもないでしょう。

THE SUIT COMPANY

「THE SUIT COMPANY」はトレンドを取り入れ、かつ品がよいと人気のブランドです。

スーツ専門店なので、はじめてスーツを買う女性でも安心して購入できるでしょう。

ファッション性も高く、メンズクロージングの技術を活かしたスーツは女性人気も高めです。

定番のテーラードスーツをはじめ、カジュアルなセットアップ、セレモニースーツ、ブラックフォーマルなど扱うジャンルが多いのも特徴です。

女らしさを演出しながら、機能性にもすぐれたスーツは営業職の女性にもぴったりといえます。

特にブラウスは、働く女性にとって本命ともなるデザインでしょう。

またUV対策や吸水、速乾、接触冷感などの機能もあるので、オールシーズン扱えるスーツとしても人気です。

ICB

「ICB」はスーツでありながらもかっちりしすぎず、今どきのデザインが豊富と人気のブランドです。

オーダーメイドも可能です。

自分にぴったりのスーツが見つかるでしょう。

コンセプトに「流行っているより自分に似合うものを」を掲げ、働く女性を応援してくれるブランドでもあります。

また大柄な女性が着られるようにと、大きいサイズも取り扱っています。

既製服ではサイズが見つからないという人は多いようですが、ICBは大きいサイズのほか、オーダーメイドも取り扱っているので安心です。

女性に嬉しい洗えるスーツなども豊富にそろっており、清潔感を重視したい女性にもぴったりのブランドといえるでしょう。

マガジンに掲載されるなど知名度も抜群です。

オフィスカジュアルの場合

スーツとは違い、かっちりした印象を与えすぎないのがオフィスカジュアルのポイントといえます。

ただ服装のカラーなどは会社の雰囲気に合わせることが大切です。

派手すぎる柄やカラーは避けるようにしましょう。

オフィスカジュアルを着こなすためには、自分にあったブランド選びも大切です。

nano・universe 

「nano・universe」は 大人向けのセレクトショップとしても有名なブランドです。

シンプルなアイテムも多いのですが、その中にもちょっとしたアクセントを加えており、シルエットがきれいなトップスやボトムスも豊富にそろっています。

きれいめなコーデやカジュアルなコーデも、大人らしい雰囲気に仕上げてくれるアイテムが多く、品のよさを出したい女性に人気があります。

もしきれいめなコーデを目指すなら、レースの切り替えブラウスとデニムを組み合わせるなどがおすすめです。

またカジュアルコーデでは、同じデニムを使っても、明るいカラーのトップスを組み合わせるなど、さまざまなコーデがあります。

大人っぽい着こなしを試したい女性におすすめのブランドです。

INGNI 

「INGNI」は可愛い系のアイテムやクール系のアイテムなど、コーデが豊富だと人気のブランドです。

自分らしさを演出しながら、オフィスカジュアルのコーデが楽しめます。

MIXアイテムが自慢のINGNIでは、スカートのバリエーションが豊富なのも人気の秘密でしょう。

年齢を問わないアイテムがそろっており、若い20代や30代の女性にも人気があります。

「毎日をHAPPYに…」をテーマに掲げ、お気に入りの1枚を女性に提供し続けています。

また神戸系エレガンス&カジュアルスタイルも特徴の1つで、CanCam系ブランドの代表ともなるファッションブランドです。

大人の雰囲気をもちながら甘い雰囲気も出してくれるINGNIは、女性のオフィスカジュアルブランドとして欠かせない存在です。

ナチュラルビューティーベーシック

「ナチュラルビューティーベーシック」は20代前半から30代と若い女性に人気のブランドです。

シンプルで高機能なボトムスやカジュアルに使えるトップスなど、商品も豊富にそろっています。

また着心地のよさを重視するナチュラルビューティーベーシックでは、ライフスタイルに合わせた服装を多く販売しています。

通勤に使う服や休日に使う服装など、年齢を問わず展開しているのも魅力の1つでしょう。

基本はベーシックですが、その中にトレンド要素を取り入れているのが幅広い年齢層に人気の秘密です。

流行に流されないシンプルなトップスや、スタイルアップを狙えるロングカーディガンなど、オフィスで使う女性を応援してくれます。

流行りに左右されず、かつトレンドも取り入れられるのがナチュラルビューティーベーシックの特徴です。

まとめ

営業職の女性の服装で気をつけたいこと、スーツやオフィスカジュアルのポイント、おすすめのファッションブランドなどご紹介してみました。

女性にとっておしゃれな要素は必須ですが、ビジネスシーンではそれなりに相応しい服装をしなければいけません。

外回りとオフィス内勤の女性とでは、求められる服装が違うからです。

また外回りの女性なら、基本はスーツですが、かっちりとしすぎた服装は相手に好印象を与えないこともあります。

オフィスカジュアルも、会社の雰囲気に合わない服装は目立ってしまうでしょう。

もし営業職の女性が服装を選ぶなら、人気のブランドから探す方法もあります。

ぜひ職場にぴったりの服装を選び、できる女性感を演出しましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます