営業未経験者が転職の面接で押さえるべきポイント!面接の流れから対策のコツまでを一挙解説

営業未経験者が転職の面接で押さえるべきポイント!面接の流れから対策のコツまでを一挙解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

営業はノルマがあるので厳しい・頭を下げることも仕事なので、ストレスが溜まりそうなどマイナスイメージがつきがちです。

しかし、よい面も多くあります。

自分の実力次第で年収アップが目指せます。

さらに仕事をしながらビジネススキルを身につけられるなど、営業職に魅力を感じる人も増えているのです。

そういった営業職に転職を考えている方々に、これから受ける面接への対策を解説します。

これから営業にチャレンジを考えている方は、ぜひとも参考にしてください。

 【未経験から営業職へ】営業未経験の人が面接で見られているポイント

面接の際気になるのは「何をアピールしたらよいのか」です。

前職が営業ではない場合、強みとなる経験値がありません。

違う部分で営業として仕事ができることをアピールしなくてはならないのです。

しかし面接官も、未経験者とわかったうえで面接をしています。

営業経験を期待しているわけではないと、思えば気が楽になるのではないでしょうか。

それでは面接官が営業未経験者の面接で見ているポイントは何かを解説していきます。

自社で活躍する姿をイメージできるか

まずは自社と合っているかです。

自社の雰囲気とマッチした人材かどうかが問われます。

雰囲気とは社風ともいい、社風に合っている人材かどうかがまず見られます。

平たくいうと、一緒に働きたいと思ってもらえるかどうかです。

また会社の営業のスタイルで、活躍できる人材かどうかも見られます。

会社によって営業スタイルもさまざまです。

ルート営業であったり、新規開拓が主な営業であったりします。

特に営業経験がない場合でも、そういった営業という仕事の中で活かしていける、過去の経験から得た自分の強みを伝えることが大事です。

活躍しうる人物であることをアピールするためには、企業研究をして社風や営業スタイルを理解しておくことが大切です。

 すぐに辞めてしまわないか

次に仕事を長く続けられる人材かどうかを見られています。

採用した人材がすぐ辞めてしまうと、また一から人材を探すことになりたいへんな痛手です。

そういった不安を払拭してもらうためにも、そして採用を前向きに考えてもらうためにも、明確な転職理由を伝えましょう。

どういう理由で転職をしたいのか、面接の際はそこがまず気になるところです。

そして大切なのは転職に至った理由がネガティブなものでないことです。

不満や嫌なことが理由で辞めたと思われては、新しい場所でも長く続かないと思われてしまいます。

納得のいく転職理由から、さらに前向きで転職理由と一貫した志望動機を伝えましょう。

 最低限のビジネスマナーが身についているか

最後にビジネスマナーや身だしなみに問題がないかどうか見られます。

営業は会社の顔として、顧客と直接取り引きをする役割です。

世間で恥ずかしくない、きちんとした身だしなみができているかどうかは重要視されます。

シャツにシワがないか、ネクタイが曲がっていないかを気にするのは当たり前です。

靴やカバンにも気を配りましょう。

靴は汚れていないか、カバンは普段使用の派手なものは避けるようにしましょう。

また挨拶の仕方や入室礼儀・話し方など、ビジネスマナーもチェックされています。

声のトーンも明るめを意識するとよいでしょう。

そのほか名刺の受け取り方など、再度正しいマナーをチェックしておきましょう。

 【未経験から営業職へ】転職の面接の流れ

今度は転職の面接の流れを解説していきます。

この流れを知らないか知っているかで、緊張の度合いも変わっていきます。

企業によって細かい部分はさまざまですが、ある程度定型として決まっている部分もあるので確認しておきましょう。

雑談を交えてくることも多いです。

これは緊張をほぐす目的もありつつ、あなたの人柄を見ている場合もあるので、適当な返答をすることは避けましょう。

また特殊な質問をする企業もあります。

聞かれる可能性のあるような質問には対処できるように、さまざまパターンを考えて用意をしましょう。

 転職の選考ステップ

面接の時間は1回おおよそ30分、長くて1時間ほどです。

採用までの面接回数は、企業の規模や応募者の人数によっても変わります。

求人情報や募集要項に記載があります。

しっかり確認しておきましょう。

面接の回数は2~3回が一般的です。

 転職の面接全体の流れ

次に一般的な流れをご紹介していきましょう。

まず入室の際のノックは3回です。

返事があったあと「失礼します」と言い、入室します。

ドアは後ろ手で閉めないように気をつけましょう。

1. 自己紹介・自己PR

座る前に名前と「よろしくお願いします」を言います。

促されたら着席しましょう。

多くの場合、その段階で簡単な自己紹介と自己PRを促されます。

面接の導入として聞かれるものです。

自分がどういった人物でどういった強みがあるのかを、おおよそ1分ほどで簡潔に伝えます。

挨拶と名前・前職の略歴・自分の強みやこだわり、それによって得られた成果・入社意欲を盛り込めるとよいでしょう。

2. 志望理由

自分がこの企業で働きたいという意欲を伝えます。

またこれまでの経験から、どういった形で会社に貢献していくつもりであるかも伝えるとよいでしょう。

将来的なビジョンをしっかり示せると好印象です。

間違ってもどこの会社でも当てはまるような理由をあげたり、待遇面に関してのよさを強調しすぎたりしないようにしましょう。

3. 退職理由

前向きな理由を答えられるようにしておきましょう。

詳しくは次の項目の「転職の理由」を参考にしてください。

4. これまでの経験

営業未経験であることで、営業職の適性が見られる経験を問われる質問と考えてよいでしょう。

目に見えた成果ではなくても、自分を評価してもらえたエピソードなどを盛り込み、前職で成し遂げたことを語れるとベストです。

その経験がどう営業職に活かせるかも、合わせて述べられるようにしておきましょう。

5. 逆質問 

2~3個ほど用意しておきましょう。

わからないことがあれば、臆せず聞いておくべきです。

おおよそこのような流れで進行しますが、企業によっては雑談を交えたり、特殊な質問が飛んできたりすることもあります。

イレギュラーがある可能性も、頭に入れておきましょう。

【未経験から営業職へ】転職の面接で必ず対策すべき質問

転職であること、そして経験のない営業職を志望していることで、その点は面接官も理由が気になるところでしょう。

必ず聞かれる質問として対策しておく必要があります。

転職を決めた理由、営業職に対しての志望理由をそれぞれ明確にしておくためのポイントを解説するので、参考にしてください。

転職を決めた理由

なぜ退職し転職に至ったかは、必ず聞かれる質問です。

しっかり回答の準備をしておきましょう。

ここでのポイントは嫌な現場から逃げるような形で転職した、もしくは不満や嫌なことがあるとすぐ辞めてしまうという、悪い印象を与えないことです。

もしネガティブな理由、たとえば職場環境が悪かったなどの場合であったにしても、工夫が必要です。

そこも伝えたうえで、どう自分なりに解決しようとしたかを伝え、努力したことをアピールしましょう。

前職で学んだ自分のスキルを活かし、新しい環境でスキルアップするための転職であることを伝える内容であればよいでしょう。

 営業職を志望する理由

営業職をなぜ志望するのかも、必ず聞かれる質問です。

未経験でありながらなぜ営業に興味をもち、志望するに至ったのかをしっかり答えられるようにしておきましょう。

押さえておきたいポイントは、転職理由と一貫性のある答えを用意することです。

スキルアップするための転職であると主張するなら、営業職に就くことで自分の強みを活かせると、きちんと述べられるようにしたいところです。

自分が営業として会社に貢献していけることを、アピールできるとよいでしょう。

それには別業界や別職種の仕事で培ったスキルや経験が、どう営業に活きてくるのかを自分なりに理解し伝えられることが大切です。

前職では成しえなかった自分の目標などが、営業職では実現できて会社に貢献していけることを伝えていきましょう。

そのほかよくある質問集

そのほかよくある質問としては、次のようなものが考えられます。

・自己PR

自己PRというと、つい性格上の長所を語りがちです。

実際人柄は採用にも関わっているとは思いますが、あえて話さなくてもそれは雑談や話す物腰である程度伝わるものです。

質問として自己PRを要求された場合は、仕事をするうえでの強みを語るようにしましょう。

社会人として前職において培ったスキルや実績・成果を、エピソードを交えてアピールすることが重要です。

・これまでの経験やスキル

こちらに関する質問もその経験やスキルを、そのまま伝えるだけでは足りません。

どう会社に貢献していけるのか・仕事に活かしていけるのかを、きちんと述べられるように考えをまとめておきましょう。

・キャリアプラン

キャリアプランとは、仕事や働き方の将来のビジョンを実現するために自分が実行していく計画のことです。

まずは自分の将来のビジョンを明確にしておきましょう。

近い将来と遠い将来の2つの視点から見ていきます。

営業として会社にどう貢献していこうと考えているかを、明確に伝えられると好印象です。

【未経験から営業職へ】転職の面接の対策方法

面接の対策・練習は必須です。

それでは具体的に面接に備えてどういったことができるでしょうか。

まずは1人でする準備です。

インターネットで企業情報を調べるのはもちろんのこと、一般的な面接でよくある質問もここであげたもの以外にも集めてみましょう。

それから模擬面接をすることが大事です。

その際は1人で練習するだけでは不十分といえます。

本番さながらに緊張感のある状況が作れるようなら、一度そういった状態で受け答えを経験しておきたいでしょう。

1人で準備するべきものと、模擬面接のやり方を次にご紹介していきます。

 事前に質問への答えを準備する

まずは今までにあげてきた面接で尋ねられる頻度の高い質問に関して、答えを考えることが必要です。

ここにまとめてきたポイントを押さえながら、自分の言葉でまとめておきましょう。

漠然とした考えを浮かべて終わりにするのでは足りません。

きちんと文字に起こして、書いていることに矛盾がないかどうか確かめましょう。

本番はその紙を見ながら答えられません。

完璧に覚える必要はありませんが、ある程度の内容を自分の言葉で語れるようにしておきましょう。

声に出して自分で本番をシミュレーションしておくべきです。

意外に言葉に出すと、頭の中のようにスムーズに言葉は出てこないものです。

模擬面接を実施する

そして考えた答えを、模擬面接でしっかり述べられるように練習しておくとよいでしょう。

実際自分1人で声に出してシミュレーションするのと、誰ほかの人に質問してもらって答えるのとではかなりの違いがあります。

人がいると予想以上に緊張することもあります。

相づちをうたれたりすることもあり、ペースが乱されたりするパターンもあるかもしれません。

質問してくれる人から答え方へのアドバイスをもらえることもでき、それは1人でやっていると得られないメリットでしょう。

面接官役には友人や先輩にお願いするのもよいですが、おすすめは転職エージェントに依頼することです。

転職エージェントは、いわば企業面接のプロです。

適切なアドバイスや的確なアドバイスつきの模擬面接が受けられます。

転職先の相談もあわせてできるというメリットもあります。

 オススメの転職エージェント

転職エージェントは調べてみると本当に数多くあります。

どれにしようか迷うかもしれません。

それぞれに得意とする分野があり、複数の登録も可能なので気軽に試してみましょう。

数多くある中で、特に未経験からの営業職への転職組におすすめなのは「ベンチャーセールス」です。

ベンチャーセールスは営業職に転職を希望する、20代に特化したエージェントです。

さまざまな業界を網羅していて、転職のサポートサービスも充実しています。

 まとめ

今回は未経験で営業職に転職する方々に向けて、これから受ける面接について考えていきました。

よく聞かれる質問の意図や答え方、面接自体の流れや対策方法についてそれぞれポイントを押さえて解説もしました。

質問の答えはきちんと書き起こして準備をし、それを声に出して本番をイメージして練習をしておきましょう。

1人では行きづまったりうまくいっているのかわからないことがあったりと、限界があります。

転職エージェントの助けも借りながら、採用を目指しましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます