営業職の選考対策はこれで完璧!2ステップで内定獲得に必須の選考対策を徹底解説        

営業職の選考対策はこれで完璧!2ステップで内定獲得に必須の選考対策を徹底解説        

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

営業職を志望している方で、はじめての就活に戸惑ってしまうこともあるでしょう。

どのようにして選考対策をしたら良いのかわからず、焦りばかりが募っているという方もいると思います。

選考対策はとても重要ですが、必要なことだけをきちんと実践すれば大丈夫です。

必須となる2ステップについて理解したうえで、効率的に営業職の選考対策に取り組みましょう。

これさえ見れば選考対策は間違いありません。

ぜひ参考にしてみてください。

【営業職の選考対策】選考対策をするときの2ステップ

選考対策において必須となる2ステップですが、まず1つ目は自分自身と志望先に関する理解を深めることです。

企業が選考するうえで重視しているのは、どのような理由で志望しているのかと、どういった人物であるかという点です。

そのどちらもが曖昧であったり、明確になっていなかったりするとあまり印象は良くありません。

2つ目はESや面接に関する選考対策を入念に行うことがあげられます。

実際に面接官を目の前にして、落ち着いた受け答えができるかという部分はとても重要となります。

どのような質問をされても、きちんと回答ができるように準備が必要です。

1つ目が十分でなければ2つ目もうまくいきません。

2ステップ合わせて少なくとも2ヶ月はかかります。

しっかり準備期間を確保して取り組むようにしましょう。

【営業職の選考対策】ステップ1:自分と志望先への理解を深める

面接において、自分がどういった人物であるかをアピールすることになります。

そもそも、自分はどういった人物であるか理解できていますか?

冷静に考えたときに、自分という人間についてはっきりと理解できていない方が大半です。

効果的にアピールするためには、自分自身を理解しなければなりません。

また、志望先に関する理解も当然不可欠となります。

理解しているからこその受け答えはたしかに存在します。

隙のないように自分自身や志望先について理解を十分にしておかなければなりません。

自分について理解する

営業職を志望しているかと思いますが、それはなぜでしょうか。

この質問に即答できない場合、自分についての理解が足りていないことになります。

志望理由は面接の場において、ほぼ間違いなく質問される項目です。

そこで回答に詰まってしまったり、はっきりとしなかったりすると選考は厳しい結果になるでしょう。

そもそも数多く存在する職種の中からなぜ営業職を選んだのか、また業界についてもなぜこの業界が良いのか、まずご自身の中でこの2点について明確な答えを出すところから始めましょう。

もしかすると自己分析をしたことによって志望先を変更することになるかもしれません。

しかし、それはとてもいいことです。

当初の志望先は本当に希望する企業ではなかったとはっきりしたことになるので、後悔をすることはなくなるでしょう。

自己分析のやり方

はじめての場合、どのよう自己分析をしたら良いのかわからず戸惑うことでしょう。

方法としては大きく分けて2種類存在します。

1つは性格診断によって大まかに把握する方法です。

どのような性格をしているのかをあらためて確かめれば、自分自身の物事に対する捉え方などを知ることできるでしょう。

もう1つはマインドマップやモチベーショングラフによって可視化しながら掘り下げる方法です。

これは本格的な理解をするための手段です。

自問自答をするうちに、結果的に自分自身について深く理解できるでしょう。

選考対策として自己分析を行う目的は、自分自身のことを理解したうえでそれを伝えられるようになることと、志望先を明確にすることとなります。

詳しくは「自己分析」の記事をご覧ください。

営業について理解する

自己分析と同時に重要なのは営業に関する理解です。

営業といえば、客先に足を運び商品などを営業してまわるというのが一般的なイメージとなります。

しかし実際にはそれだけではありません。

業界や業態が異なるだけで仕事内容に関しても違いが生まれます。

一般的なイメージ止まりの理解では選考の際に見透かされてしまうでしょう。

理解力不足であると知った企業が採用するとは思えません。

ご自身にとって営業職がどういったものであるか、志望する営業職像を具体的にすることが必要となります。

そのためには、営業職について深く正しい理解をしなければなりません。

どういった部分に魅力を感じているのかであったり、やりがいを感じられたりするポイントなどを率直にあげてみるといいでしょう。

営業職について詳しく知りたい場合はこちら(https://eigyo-shukatsu.com/article/306033)をご覧ください。

業界について理解する

営業職というのはあくまでも職種の1つです。

その職種はさまざまな業界において存在しているのです。

営業職といっても業界の選択次第では仕事内容に大きな違いが発生することになります。

そのため業界についても理解を深めておくとよいでしょう。

業界についての理解が深まれば、視野が広くなります。

それと同時に就職活動における選択肢も増えることでしょう。

見ている世界を広げることで営業職から志望する職種を変更することもあるかもしれませんが、それはそれとして大切なことです。

業界研究のやり方

業界について理解するための業界研究ですが、ただ調べるだけでは理解をすることは難しいです。

しかし、どこから手をつけたらいいのかわからない方も多いかと思います。

その場合、まずは「業界地図」や就活サイトを参考にするところから始めましょう。

業界地図自体をご存じないという方もいるかも知れません。

これは業界ごとの基本情報や動向についてまとめて記載されている会社四季報のことです。

就活サイトは多くの方に対してわかりやすく情報がまとめられているので、取っ掛かりとしてはとても便利です。

そこで業界について全体像を把握したら、今度は狭く深く掘り下げて研究しましょう。

説明会やインターンシップに参加したり、OGやOB訪問したりすれば、より具体的に理解を深められます。

詳しくはこちら(https://eigyo-shukatsu.com/article/306035)を参考にしてみてください。

各業界の営業職のまとめ

各業界における営業職について全体像を把握するにあたり、手っ取り早い方法を求めている方も多いことでしょう。

その際に便利なのがこちら(https://eigyo-shukatsu.com/article/305998)です。

「営業就活ドットコム」では、業界ごとの営業職の働き方についてわかりやすく解説してくれています。

業界ごとの営業職におけるそれぞれのポイントをピックアップしてくれているので、とてもわかりやすく把握も簡単です。

求められる資質や働き方の違いもすぐに把握できます。

業界研究をまずは早急に進めたい場合に活用しましょう。

10分ほどで概要を把握できます。

内容を確認して志望先となる業界を決めるための参考にしてみましょう。

【営業職の選考対策】ステップ2:ES・面接などの選考対策をする

自分自身のことや志望先について、理解が深まったらいよいよ選考対策となります。

エントリーシートや面接など、それぞれに関する具体的な対策に取り組みましょう。

十分な準備をしていない状態で臨んでしまうと、実力を発揮することができない可能性もあります。

選考には企業ごとに複数の段階が用意されていることもあります。

どの選考フェーズに関しても話し方や書き方は同じで大丈夫です。

これからご紹介する具体的な書き方などに関して、選考のフェーズに関係なく参考にしてみてください。

営業職の志望動機の作り方

まずは志望動機の作り方からはじめましょう。

率直な動機であることも大切ですが、それと同時に企業側に伝わるかどうかが重要です。

伝わりやすい志望動機の作り方のポイントは、「流れ」を意識することです。

頭の中ではしっかりとした志望動機があったとしても、伝わらなければ意味がありません。

話の流れを意識すれば、伝わりやすくなるのです。

たとえば結論から話し始めるようにしましょう。

そのうえで、理由や経緯を説明すれば、聞きやすくなりますし、心理的にも受け入れやすくなります。

着地点がわからない状態で話が始まると、人は徐々にストレスを感じてしまう傾向にあります。

結論から理由や経緯という流れで、最後にあらためて結論を述べることで伝わりやすさが格段に向上するのです。

詳しくはこちら(https://eigyo-shukatsu.com/article/306019)を参考にしましょう。

営業職選考で使えるガクチカの作り方

企業にとって即戦力であるかどうかはとても重要です。

しかし、新卒であれば即戦力になる人材はそれほど多くありません。

企業もそこまで重視しているわけではないものの、学生時代の頑張りは参考になる部分です。

そんなガクチカですが、なかなか良いエピソードがないと嘆いている方も多いのではないでしょうか。

営業職選考で使えるガクチカの作り方としては、一貫性と将来性に重点を置くことがポイントとなります。

一貫性と将来性のないガクチカでは、それが入社後に何の役に立つのかわかりません。

これではガクチカが意味をなしていないことになります。

営業職にとって重要であるヒアリング力やコミュニケーション能力などにプラスになる、あるいは能力の向上につながるエピソードであるとよいでしょう。

詳しくはこちら(https://eigyo-shukatsu.com/article/306058)を確認しましょう。

営業職選考で使える自己PRの作り方

続いて自己PRです。

自己分析によってご自身のことについて深く理解ができた状態かと思います。

今度はそれを簡潔にわかりやすく伝えなければなりません。

どれだけ企業に対してアピールできるポイントがあったとしても、企業側に伝わらなければ意味がないのです。

そこでポイントとなるのが「面接官の視点で考える」ことです。

他人の自慢話を聞かされれば、うんざりしてしまうかと思います。

自己PRはつい自分本位なアピールになってしまいがちです。

気をつけなければ面接官が退屈してしまいます。

聞いた面接官がどう感じるかを意識しつつ、自己PRを作れば効果的な仕上がりになるでしょう。

そのほかの具体的なポイントに関してはこちら(https://eigyo-shukatsu.com/article/306026)を参考にしてください。

営業職選考で使える長所・短所の作り方

長所と短所ですが、これも選考で必ず聞かれることになる質問の1つです。

ほぼ間違いなく確認されます。

しっかりと受け答えができるように事前にしっかりとした回答を作っておくべきです。

そんな長所と短所の作り方のポイントですが、まず長所に関しては結論から話し出すようにします。

それに関連するエピソードは再現性があるかどうかを重視しましょう。

面接官は入社後の業務においてその長所が活かせるかどうかをチェックしているのです。

その他のポイントは、こちら(https://eigyo-shukatsu.com/article/306046)を参考にしてみてください。

短所に関しては、まず素直な人柄かどうかを判断されています。

自分の弱さを認めつつ、その短所をどのように補っているのかを述べることが大切です。

面接官は、就活生が課題に対してどのように取り組み、乗り越える力があるのかを判断しています。

その前提で回答を用意しましょう。

詳細はこちら(https://eigyo-shukatsu.com/article/306016)をご覧ください。

【営業職の選考対策】効率的に選考対策したいなら

選考対策にはある程度時間が必要になってしまいます。

しかし、時間には限りがあります。

効率的に選考対策ができるのであれば、それに越したことはありません。

基本的に就活は1人で行うものですが、効率を重視する場合は人を頼るのが一番です。

特に実際はどうだったのかを知っている就活の先輩を頼れば、効果的な選考対策ができるでしょう。

頼れる先輩をピックアップし、以下のような方法も試してみましょう。

  • 大学の先輩や社会人のOBOG
  • 就活エージェント

大学の先輩や社会人のOBOGに頼る

大学の先輩や社会人であるOBやOGに頼るのが、最も手っ取り早い方法です。

大学生活でできた人脈や友人知人のツテを使えば、協力者を募れるでしょう。

実際に就活をした経験者のリアルな意見や感想、注意すべきポイントなどを赤裸々に語ってもらえば、とても参考になります。

1人でも多くの先輩から話を聞くことは、効率的な選考対策につながります。

中でも志望先の選考を受けた先輩の話は特に重要です。

可能であればそういった先輩を見つけるとよいでしょう。

就活エージェントに相談する

人脈がそこまでない場合は、先輩をあてにするのは難しくなります。

そんなときは就活エージェントを頼るといいでしょう。

プロが内定獲得に至るまでサポートしてくれますし、就活に関してとても詳しいので非常に頼りになります。

先輩などの話を聞くことができていたとしても、相談してみるのがおすすめです。

プロだからこそできるアドバイスもありますので、選考対策としてはとても意味のあるものになります。

もちろん効率に関しても十分です。

就活エージェントについては「就活市場エージェント」というサービスがおすすめです。

ぜひ利用を検討してみてください。

まとめ

選考対策は必須です。

今回ご紹介したポイントを押さえるようにしましょう。

自分自身のことや営業職について理解をしっかりと深めたうえで、具体的な選考対策に取り組むと効率的です。

ご自身での対策にプラスして、先輩や就活エージェントに相談すればさらに効率がアップします。

また、ピンポイントで意味のある対策を打つことができるという点も、大きなメリットとなるでしょう。

営業職で無事志望先の内定をゲットするために、遅くとも2ヶ月前から準備に取り組むことをおすすめします。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます