【賃貸営業への転職】未経験でも転職可!賃貸営業のメリット・デメリットや仕事内容を徹底解説

【賃貸営業への転職】未経験でも転職可!賃貸営業のメリット・デメリットや仕事内容を徹底解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

「転職したいが、賃貸営業はおすすめ?」「未経験でも大丈夫?」などと考えていませんか。

転職先を考えるなら、そこのメリットやデメリットを見極めることが大切です。

以上を踏まえて、仕事内容をメモしましょう。

これによって、自身が転職先について後悔するリスクを抑えられます。

今回は賃貸営業への転職を考えている人のために、メリットやデメリットなどをまとめました。

この記事を参考にすれば、仕事内容を大まかなイメージし、転職判断につなげられるでしょう。

【賃貸営業への転職】そもそも賃貸営業とは?

賃貸営業とは不動産営業の一種です。

これにもたくさんのパターンがあり、大きく3種類に分かれます。

賃貸仲介、販売、売買仲介です。

そのうち賃貸仲介と売買仲介は、不動産関係が未経験の人の転職が多いといえます。

前者は賃貸物件を借りたい人、後者は物件を買ったり売ったりしたい人を相手にします。

賃貸仲介は借りられる物件をお客様に案内するのがメインです。

しかし売買仲介は、売りたい人と買いたい人の仲介という複雑な業務をもちます。

価格交渉や物件の引き渡しなど、覚えなければいけない仕事も多いのが特徴です。

一方で業務が複雑な分、軌道に乗れば高い年収も期待できます。

どの職種であっても、不動産に対するしっかりとした知識や、お客様に対するコミュニケーション能力が重視されています。

それぞれの仕事の詳しい特徴については、以下のリンクをご覧ください。

賃貸営業と売買営業のメリット・デメリット

まずはそれぞれの特徴についてまとめた表をご覧ください。

  賃貸営業 売買営業
メリット

・営業が比較的楽

・未経験でも始めやすい

・幅広い知識が必要

・早くから独立を目指すことができる

デメリット ・インセンティブが少ない ・営業が非常に大変

賃貸仲介のメリットは営業における負担が比較的軽いといえます。

部屋を借りたい人に物件を案内することがメインで、チラシやWebへの物件掲載も裏方に任せる会社が多数です。

しかしインセンティブ給は少ないのが難点です。

部屋を借りたい人に物件を案内することがメインで、チラシやWebへの物件掲載も裏方に任せる会社が多数です。賃貸仲介のメリットは営業における負担が比較的軽いといえます。

この給料は仲介手数料の3%〜20%が相場で、その手数料も家賃1ヶ月分にとどまります。

家賃10万円の物件1つ契約しても、最大で2万円にしかなりません。

一方で売買仲介は不動産の幅広い知識を活かせる人におすすめです。

不動産の取引額のうち2%が相場とされますが、その場合たとえば3,000万円の物件が1つ売れるだけで60万円をもらえます。

活躍するほど給料が高い分、独立も早いでしょう。

ただし覚えなければいけない仕事は多く、営業も大変なのがデメリットです。

買いたい人への物件紹介だけでなく、広告作成や買主や売主の仲介、物件調査、引き渡しなどやるべきことは多いでしょう。

シンプルな仕事を求めるなら賃貸営業ですが、売買より稼ぎが低い点に気をつけてください。

賃貸営業と売買営業の仕事内容

賃貸と売買の各営業における主な仕事内容や年収をまとめます。

まずは賃貸営業から見ていきましょう。

  • 物件掲載(裏方に任せるケースが多い)
  • 問い合わせ対応
  • 借りられる物件の提案
  • 内見立ち合い
  • 契約書作成
  • 年収相場は300万円〜600万円

お客様に物件を紹介する仕事がメインなので、負担は少ない分年収も控え目です。

次は売買仲介を見てみましょう。

  • 売却可能な物件の収集
  • 物件の広告作成・宣伝
  • オープンハウスの開催
  • 売買の反響取得
  • 売却予定物件の査定
  • 買主や売主との媒介契約
  • 買主への物件案内
  • ローン審査
  • 物件調査
  • 契約書重要事項説明書作成
  • 契約
  • 物件の引き渡し(司法書士手配や銀行調整もあり)
  • 残金決済(採取現地確認・金銭計算)
  • 年収相場は600万円〜2,000万円

このように覚えなければならない仕事は賃貸仲介より多いといえます。

しかし1つ契約が決まるごとに高い報酬がもらえるため、賃貸仲介より恵まれた年収を望めます。

賃貸営業と売買営業にはかなり違いがある

以上の仕事内容から、賃貸営業と売買営業には大きな違いが見られます。

仕事の負担を軽くしたいなら賃貸営業がおすすめでしょう。

覚えるべき仕事が少なくて、お客様への賃貸物件の紹介というメインの業務に集中しやすいからです。

一方、不動産営業で将来的に稼ぎたいなら、売買営業への転職がおすすめです。

仕事が多いというデメリットはありますが、独立を見据えて不動産の知識を養う機会とも考えられます。

また売買仲介では民法や建築基準法、金融知識に加え、ほかにもさまざまな法律的知識が求められます。

2種類の仕事内容の違いを理解してから転職先を決めましょう。

【賃貸営業への転職】賃貸営業の転職事情

不動産業界はもともと求人需要が高く、この傾向は近年も変わっていません。

彼らにとっての商売の対象である不動産は、人が生活するうえで必須だからです。

2020年から新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの事業が休業や制限を受けることになり、各業界での求人の変化が懸念されました。

しかしコロナ禍であっても、不動産賃貸における求人はそれほど変化がありません。

そのなかで求人数が近年増加傾向なのは、不動産売買仲介、戸建て住宅販売、リフォーム会社などです。

一方でマンションの販売を中心に扱う会社は、求人が減少傾向です。

しかし不動産賃貸会社や土地活用会社は、コロナ禍前から求人の状況が変わっていません。

以上から賃貸仲介や売買仲介は、転職先として理想の選択肢になりやすいでしょう。

【賃貸営業への転職】賃貸営業の魅力・やりがい

賃貸営業の仕事は人の暮らしを変えられるだけでなく、コミュニケーションを通して営業スキルを身につけられるのもメリットです。

賃貸営業は短いスパンで契約までもっていくことが可能です。

お客様は不動産の売買ではなく、住める場所を求めているだけなので、営業マンはそのサポートに集中できます。

そのため軌道に乗れば、月間の契約件数を稼げるでしょう。

的確なお客様のサポートができれば、感謝されることもあります。 

賃貸営業の利点について、詳しくご紹介していきます。

人の暮らしを支えられる

賃貸営業は、人の暮らしを支えられることがやりがいです。

マンションやアパートはお客様の生活拠点になります。

彼らの要望を聞きながら理想の物件を案内すれば、新しい生活準備のサポートを果たせるのです。

お客様にとっても、営業マンの印象がよければ、新しい生活に対するモチベーションも上がるでしょう。

良好な関係を実現するために、コミュニケーション能力を身につけたり、印象がよくなるテクニックを覚えたりするのがおすすめです。

お客様を気持ちよく契約までもっていければ、社内でも有能な人物として評価してもらえます。

たくさんのお客様の暮らしを支えることが、賃貸営業の使命です。

お客様の良い思い出に残る接客が、社内での高評価につながるでしょう。

営業スキルを身につけられる

お客様とのコミュニケーションを通して、営業スキルを身につけられます。

最初のうちは試行錯誤が続く可能性もありますが、契約までもっていく攻略ポイントがわかれば、仕事は軌道に乗るでしょう。

不動産営業の仕事は、1件の金額が高いこともあります。

たとえば家賃が50万円以上する高級マンションの契約を成立させたとしましょう。

賃貸営業のインセンティブ給は、仲介手数料の3〜10%が相場です。

仲介手数料は家賃1ヶ月分が相場なので、50万円の10%として5万円が手に入ります。

逆に家賃が10万円に満たない格安アパートなら、1件あたりのインセンティブ給も限定的です。

さらに不動産賃貸の営業は、お客様に借りる決心をさせるのが容易ではありません。

これが上手くいかないと、狙いどおりの報酬は手に入れられないのです。

しかし仕事現場で正しいことを学べば営業成績が上がり、報酬もアップするでしょう。

短いスパンで契約まで進められる

賃貸仲介は短いスパンで契約までもっていきやすいでしょう。

成約件数を積み重ねれば、たくさんのお客様を喜ばせ、働く本人にとってもやりがいを感じられます。

不動産関連の営業は、お客様との契約を1つでも多く得ることが大切です。

1ヶ月間に契約をたくさん決められれば、自身の営業成績が上がるだけでなく、社内にも大きな利益をもたらせます。

したがって、契約してもらえるときにやりがいを感じられるでしょう。

賃貸仲介は案内件数が多いのも特徴です。

お客様は不動産会社が提示した選択肢から、理想の物件を選びやすいといえます。

営業マンはお客様の要望に耳を傾けたうえで、理想の物件を示せば納得してもらえるでしょう。

お客様が納得できる形で契約する場面を生み出すことが、賃貸仲介のやりがいといえます。

【賃貸営業への転職】賃貸営業への転職に求められるもの

賃貸営業への転職に求められるものは、次の4つです。

コミュニケーション力、目標への達成意欲、前職での実績、資格の取得です。

どれも転職市場で人事に認めてもらううえで、重要なステータスになります。

新しい職場で活躍するには、転職成功に向けて必要なスキルを磨くことが大切です。

特に前職でも実績や資格の取得は、日ごろから心がけていないと条件を満たせないので、1年前からの準備が望ましいといえます。

転職に求められる4つの項目の重要性を見ていきましょう。

コミュニケーション力

営業マンである以上、コミュニケーション力は重要です。

賃貸仲介に限らず、相手と話を噛み合わせる能力、お客様が求めていることを的確に聞き出す能力は営業力の基礎になります。

賃貸物件の契約に成功するには、まずお客様が求める理想の物件をヒアリングしなければなりません。

ヒアリングに基づいて、理想の条件と考えられる物件を提示するのです。

ここで重要なのはお客様の言葉だけでなく、そこに秘められた心情をくみとり、それにふさわしい物件を探し当てる力です。

会話の上手さだけでなく、お客様を納得させるための思考能力も重要になります。

相手の立場を尊重したコミュニケーションと、物件の選び方が、成約に上手くつなげられるかを左右します。

目標への達成意欲

賃貸仲介で成功するには、目標への達成意欲も重要です。

できる営業マンは、常に目標を立て、仕事現場で強く意識しています。

賃貸仲介に限らず、営業マンとして転職するなら、日ごろから目標への意識が大切です。

賃貸仲介の現場でも、1ヶ月の成約件数や、仕事をスムーズに進めるためのテクニックの実践などさまざまな目標を作れます。

目標なしでなんとなく仕事を進めているようでは、会社やお客様に貢献できないでしょう。

目標に対する強い意識が、成果につながります。

たとえ目標達成に失敗したとしても、その原因を分析して対策を施すことで、自身を向上させられるでしょう。

月ごとの目標を作り、それを目指して仕事に臨めば、やりがいを見出せます。

前職での実績

転職では前職の実績も評価されます。

異業種からの転職では、新しい仕事現場で過去の経験をどう活かすかがカギだからです。

営業未経験だと、何をアピールすればよいかわからないという悩んでしまうでしょう。

しかしそうした立場でも、前職で売り上げに貢献する工夫や、会社に貢献するための戦略的な行動が過去にあればアピールすべきです。

人生では過去の経験のうち、何が未来につながるかわかりません。

営業では思いやりにつながる行動や、売り上げアップのきっかけになった出来事、仕事で成果をあげるための戦略などがポイントになります。

自身の前職での経験が、賃貸仲介にどう結びつくかを自己分析してみましょう。

アピールポイントを整理すれば、自身が不動産業界にどのような形で役立つかを見出せます。

資格の取得

賃貸営業では資格もプラスポイントになります。

必ずしも必要ではありませんが、資格保有によって、会社側からは一定の知識があるとみなしてもらえるでしょう。

たとえば運転免許があれば、賃貸物件の調査や情報収集を目的とした移動が容易になります。

宅地建物取引士の資格をもっていれば、賃貸物件の扱いやお客様が遭遇したトラブルなどに正しく対処できるでしょう。

ほかにもマンション管理士や土地家屋調査士など、不動産に関わる資格は多数あります。

ファイナンシャルプランナーという資格も有用です。

賃貸物件の家賃を払えなくなったときに、お客様を正しい解決方法に導けるでしょう。

このように前職で賃貸仲介に役立つ資格があれば、転職で有利になれます。

まとめ

不動産業界の求人は基本的に安定しているので、賃貸仲介の営業も選択肢に入ります。

似たようなタイプに売買仲介もありますが、賃貸仲介のほうが業務はシンプルです。

お客様に物件を紹介し、契約を結ぶ業務に集中しやすいといえます。

賃貸仲介の転職を目指すなら、前職の段階で資格を取得し、これまでの経験から新しい職場で何をアピールできるかを整理しておきましょう。

今回の記事をきっかけに、賃貸仲介への転職が成功することを願います。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます