保険営業の面接でよくある質問6選!面接前にやるべきことや面接で意識すべきポイント

保険営業の面接でよくある質問6選!面接前にやるべきことや面接で意識すべきポイント

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

就職活動もいよいよ本格的に始まったというとき、大変なのが面接の準備です。

保険会社の面接を控えているものの、どんな質問をされるのかわからず不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

保険会社に入社した新卒の多くは営業職に就くことになります。

そのため、保険営業に特化した面接の準備をすることがとても重要になってくるのです。

今回は、面接の前に準備しておきたいこと、また考えられる質問例について詳しくご紹介します。

新卒の方も転職の方も、この記事を参考にしてしっかりと準備をし、内定を手に入れましょう。

保険業界について詳しくない方は「保険 営業」の記事も読んでみてください。

【保険営業の面接】面接前にするべき3つのこと

まずは、面接を迎える前の準備の方法をご紹介します。

面接前に必ず済ませておきたいことは、自己分析、企業・業界研究・面接対策の3つに分けられます。

就活が忙しくなかなか1社ごとにしっかりと時間が取れないことも多いかもしれません。

この3つのポイントに絞って、効率的に計画を立てて準備をしましょう。

自分のことを深掘りする

まずは、自分自身のことについてしっかりと深掘りします。

就活にあたって自己分析を済ませたという方がほとんどかと思いますが、まだやったことがないという人は、面接の前にしっかりと時間をかけて行いましょう。

やり方としては、自分史を作る、マインドマップを作る、ライフラインチャートを作るなどの方法があります。

自分に適したものをいくつか組み合わせて利用しながら、自分の強みや弱み、大きな影響を与えた出来事などを整理するのです。

すでに済ませたという方も、面接の前に今一度確認の意味を込めてエピソードなどを整理しておくとよいでしょう。

自己分析については、「自己分析」の記事も読んでみてください。

企業研究・業界研究を万全にする

自分のことを掘り下げたあとは、就職希望先の企業も掘り下げてみましょう。

そのためには、企業研究・業界研究をするのが最適です。

保険は、若い就活生になかなかなじみのない商材でもあります。

そのため、企業のビジネスモデルや経営方針、業界の課題や今後の可能性について、しっかりと調べて理解しておくことが必要です。

業界の中でも、そのほかの企業との違いは何か、他企業との資本関係や提携関係などにも目を通しておくとよいでしょう。

これらは業界についての情報サイトや、業界団体のHP、業界について取り扱っている書籍などから情報を得られます。

ほかにも、ニュースや新聞などにも普段からアンテナを張っておくとよいでしょう。

さらに、学内で開催される業界研究セミナーや、就活サイト主催の合同企業説明会などの機会があれば、ぜひ有効活用するのがおすすめです。

面接の対策をする

実際に面接の対策をするのも大切な準備です。

ESをしっかり書き込んだからと安心している方もいらっしゃるかもしれませんが、ESと面接は全くの別物といえます。

そのため、きっちりと面接の対策をすることが大切なのです。

本番を落ち着いて迎えるためにも、ぜひ面接練習をしましょう。

気軽にできる面接の練習としては、家族や友人に聞いてもらう方法があります。

さらに、友人らを相手に自分自身が面接官役になることで、どのようなポイントが気になるのか、わかりやすい話し方はどのようなものか理解できるでしょう。

また、大学のキャリアセンターで行っている模擬面接を利用するという手もあります。

不安が大きいためプロにチェックしてもらいたいという方は、就活エージェントを利用するのがよいでしょう。

最近では営業職に特化した就活エージェントもあり、営業職のプロが面接の準備をサポートしてくれます。

何度も面接練習をして、本番で最大限の自分の力が出せるようにしましょう。

【保険営業の面接】保険会社の面接で求められていること

ここでは、保険会社の営業職の面接で、特に見られているポイントを解説します。

大きく分けて、人にわかりやすく伝える力、営業として不可欠である人間としての魅力、断られても諦めない粘り強さの3つがあげられます。

これらは、保険の営業をするにあたってどれも必要な資質です。

採用担当者は、これらを兼ね備えた人材であるかを面接の中ではかろうとしているのです。

そのポイントを事前に理解し、面接でのアピール方法や受け答えに活かしましょう。

人にわかりやすく伝えられる論理性

保険は、数え切れないほどの多くの法律や規則が関わっています。

そう簡単にこれらの複雑な仕組みを理解することはできません。

そのため、それらの仕組みを顧客にわかりやすく論理的に伝える力が必要不可欠です。

特に保険営業はほかの営業と違い、無形でわかりづらい商材を取り扱っているという特徴があります。

ときには資料を用意するなど工夫をこらして、顧客に納得してもらうことが必要なのです。

このように物事を論理的に伝える力が、面接でもしっかりと見られています。

質問に対して論理的に答えるためには、PREP法を取り入れてみましょう。

これは、結論・その理由・具体的な例・最終的な結論という順番で述べる方法です。

人間的な魅力

保険営業は、人とのつながりを利用して営業先を開拓していく新規営業が多いという特徴があります。

はじめて会う人と信頼関係を構築していくためには、コミュニケーション能力や人間的な魅力が大切なのです。

自己PRの内容はもちろんですが、その場で会った初対面の就活生や面接官とどのようにコミュニケーションを取るかというところも見られています。

また、保険という商材は、顧客のライフスタイルや人生に大きく関わる重要なものでもあります。

この人になら任せられると思ってもらうためにも、信頼関係を少しずつ構築していくことが大切なのです。

コミュニケーション能力を発揮して物事を解決した経験、人との信頼関係を築くために気をつけていることなどをアピールできると高い評価が期待できるでしょう。

諦めない粘り強さ

保険の営業では、新規顧客のところに飛び込みで営業に行くことも少なくありません。

ときには嫌な顔をされたり、話を聞いてもらえなかったりすることもあるでしょう。

そういった状況でも、前向きに契約や新規顧客の獲得に向けて取り組める粘り強さが大切です。

面接で多少意地悪な質問をされたり、答えにくい質問をされたりした場合も、諦めずに答えようとする姿勢を見せるのです。

答えにくい質問がされても、焦る必要はなく、むしろチャンスと捉えましょう。

なぜなら、答えに詰まってしまうような難しい質問は、ほかの就活生にとっても難しい質問であることに変わりはないからです。

諦めず臨機応変に、自分の素直な気持ちを話すようにしましょう。

【保険営業の面接】保険会社の面接でよくある質問

ここでは、実際に保険会社の面接で質問されることの多い項目について説明します。

答えを準備しておくべき質問と、余裕があれば準備しておきたい質問を3つずつご紹介しましょう。

これらの質問を想定して、実際の面接練習に取り入れてみてください。

その際、紙に書いたものを丸暗記するのではなく、自分の言葉で簡潔に話せるようになるまで練習をするとよいでしょう。

絶対に対策すべき質問3選

まず、絶対に対策しておくべき質問を3つ説明します。

これらの質問は保険会社の営業職だけでなく、ほとんどの面接で聞かれる基本的なことです。

必ず聞かれる可能性が高いからこそ、落ち着いて答えられるように何度も練習をしておきましょう。

なぜ保険業界を志望しているのか

ESにも含まれていることの多い志望動機は、面接でも必ず深掘りされるポイントの1つです。

志望理由を、よく整理しておきましょう。

たとえば、保険の役割や目的について、どのような面に魅力を感じたのかをしっかりと述べるとよいでしょう。

もし保険業界を選ぶことになったきっかけとなるようなエピソードや経験があれば、わかりやすく簡潔に述べられるようにしておくと、さらに説得力が増します。

また、自分自身の強みを活かして社会に貢献したいというような形で、自分自身の長所やスキルをアピールするのもおすすめです。

志望動機については、「志望動機」の記事もぜひ参考にしてください。

中でもなぜその企業を志望しているのか

数ある保険会社の中でも、なぜその企業を志望しているのかということも、聞かれる可能性がかなり高い質問です。

保険業界といっても、企業によってさまざまな特徴があり、それぞれ強みとしている部分や力を入れていることが異なります。

それらをしっかりと理解したうえで、なぜその企業でなければいけないのかをしっかりと説明するようにしましょう。

そうすることで、業界への理解があることや、志望する企業の強みを理解していることがアピールできるでしょう。

ここでは、面接前にどれだけ企業・業界研究ができていたかが明暗を分けます。

業界やその企業についてさらなる詳しい質問をされたときにも、落ち着いて答えられるようにしっかりと時間をかけて準備を重ねておくことが大切です。

自己PR・ガクチカ

自分が入社したらどのように貢献できるのかというアピールも重要な部分です。

それらをアピールする方法としては、自己PRやガクチカがあげられます。

自己PRでは、自己分析の内容に基づいて客観的に自分の強みや長所を述べましょう。

また、ガクチカでは、自分自身の取り組みが周りに影響した経験を具体的なエピソードとともに述べます。

エピソードに関することは、面接官から詳細を聞かれやすい部分ですから、しっかりと整理しておきましょう。

どちらも周りからの評価を取り入れると、説得力が増すのでおすすめです。

さらに、それらの長所や学んだことを入社後どのように活かせるかも具体的に述べるようにしましょう。

自己PRについては、以下の記事で詳しくお伝えしております。

余裕があったら考えておくとよい質問3選

次に、余裕があれば準備しておきたい質問を3つ紹介します。

面接でのすべての質問を予想し準備することは不可能なので、そこまで神経質になる必要はありません。

しかし、これら3つの質問も聞かれる可能性が高いため、意見をまとめておくと、より安心して面接に挑むことができるでしょう。

これからのキャリアプランについて

入社後、保険会社でどのようなキャリアを歩みたいのかといった将来のことも、考えておくとよいでしょう。

将来像や実現したいことなどについて、どのように考えているのかを話せれば、向上心の高い人であるとアピールできます。

保険営業のキャリアプランとしては、営業の仕事を極めたい、マネジメント業務を担当したい、コンサルティングをしたいなどが考えられます。

実際にその企業でどのようなキャリアプランが考えられるのか、OB・OGに話を聞いてみるのもよいでしょう。

挫折経験とそれをどう乗り越えたか

どの職種でもそうですが、挫折した経験についても聞かれる可能性が高い質問の1つです。

それらの質問からは、困難にぶつかったときにどのような対処をするのか、どのような思考をするのかがわかるからです。

保険営業の仕事は、新規開拓で契約を取るための粘り強さが求められる仕事でもあります。

挫折を乗り越えた経験を話せれば、うまくいかないときや、壁にぶつかったときにも強い気持ちで仕事に取り組めるというアピールになるでしょう。

保険に対してどんなイメージをもっているのか

自分が営業する「保険」という商材にどのような価値を感じているのか、というのも聞かれる可能性が高い質問の1つです。

これらは、保険会社を志望することになった動機と関連づけて話すのがおすすめです。

たとえば、自身の経験はもちろん、家族や友人が保険に助けられたというエピソードがあれば、そのときに感じたことを素直に話すのがよいでしょう。 

まとめ

今回は、保険営業職の面接について想定される質問例を中心に、事前準備の方法や面接で重視されているポイントを含めて詳しくご紹介しました。

面接は、一発勝負でもあるため、不安を感じているという方が多いかもしれませんが、しっかりと事前に準備をしておくことで、落ち着いて対応できるはずです。

自己分析や志望動機などを今一度しっかり振り返って、いつでもわかりやすく話せるように準備をしておきましょう。

この記事を参考に、ぜひ面接の準備を進めてみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます