ルート営業の面接での頻出質問8選!面接前にすべき対策からルート営業に求められるスキルまでを解説

ルート営業の面接での頻出質問8選!面接前にすべき対策からルート営業に求められるスキルまでを解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

「ルート営業に転職してみたい」「面接で受かるにはどうすればいい?」などと考えていませんか。

この仕事に就くために、求められている人材やスキルを知り、それに合うように自身を仕上げましょう。

今回はルート営業に転職したい人に向けて、面接前の準備の仕方を紹介します。

よく問われる質問をあげ、理想の答えを出すヒントもお伝えしましょう。

参考になりやすいように、文例も必要に応じてのせています。

この記事を読めば、ルート営業への転職に成功するためのヒントを学べるでしょう。

【ルート営業の面接】面接前に準備すべき3つのこと

ルート営業に転職するためには、面接に向けた準備が大切です。

具体的には、自分のことを深掘りしておきましょう。

さらにルート営業の仕事内容について理解を深めてください。

また企業研究や業界研究も欠かせません。

自己分析と志望先の研究を突き詰めておくことが、企業から理想の人材として歓迎されるポイントです。

企業研究で志望先の実態を知り、それに自分がマッチさせる方法を知るために自己分析が重要になります。

この章では、面接前の準備のポイントを3つに分けてまとめました。

自分のことを深掘りする

まずは自分の深掘りをしましょう。

相手に認めてもらえるだけの自分の強みをアピールするべきだからです。

就職や転職を目指す人が、おろそかにしがちなポイントに自己分析があります。

これができていないと、自身をうまく紹介できなかったり、自分のアピールポイントが伝えられないまま採用を見送られたりします。

自己分析をするには、まず自分が過去に家族や学校、社会に貢献した経歴を考えてみましょう。

それからどのような時期にモチベーションが上がったり、他人に褒められたりしてきたかを整理してください。

以上の取り組みを地道に進めれば、自身のストロングポイントがはっきりとわかります。

自己分析で取り寄せた情報をメモし、面接で簡潔に伝える練習をしましょう。 

詳しいやり方は「自己分析」の記事を参考にしてみてください。

ルート営業への理解を深める

自己分析だけでなく、ルート営業の実態も勉強しておきましょう。

自分が優秀だとアピールするだけでは、志望先の企業に人材としてミスマッチと思われる可能性もあるからです。

就職や転職をするときは、志望先の実態を知りましょう。

志望先の企業は長期にわたって働く場所になります。

業務内容や業界の事情などがわからなければ、企業に失礼です。

たとえばルート営業は、会社にとっての既存の顧客に対し、自身を売り込んで関係性を深めることです。

個人か法人のどちらがターゲットかによっても、営業の方法が異なります。

個人ならBtoC、法人ならBtoBの営業です。

これに限らず、ルート営業の仕事内容を積極的に学んでいきましょう。

ルート営業の基本的な意味を学ぶなら、こちらの記事も確認してみてください。 

企業研究・業界研究を万全にする

ルート営業に限らず、志望先が決まったら企業研究や業界研究を万全にしてください。

もちろん、ルート営業の一般的な仕事内容を学ぶことも大切です。

しかし、同じ業種でも企業によって社風や業務内容、メインのサービスなどは変わります。

まずは企業研究として、志望先の公式サイトにアクセスしましょう。

社風や企業理念、メインサービスなどを確認し、自身が会社に貢献できる方法を分析しましょう。

ルート営業の業界全体の研究も重要です。

個人向けなら商社やエネルギー、観光、銀行などのジャンルが代表的です。

加えてIT、広告、備品材料、化学製品など法人向けジャンルもあります。

企業だけでなく、関連ジャンル全体の研究を進めることで、求められる人材を正確に理解できるでしょう。

ここに自身の強みをマッチさせるやり方が重要です。

【ルート営業の面接】ルート営業に求められるスキル

ルート営業に求められるスキルは主に傾聴力、関係構築力、課題解決力の3つです。

基本的に営業は人の話をよく聞き、それに見合った助言をする技術が重要です。

この技術が健全な関係を築く力、課題解決する力を作るきっかけにもなります。

どの1つが欠けていても、人材として出来が悪いと思われるかもしれません。

3つの基礎を固めたうえで、特に優れている項目をアピールするように心がけてください。

この章ではルート営業で大切な3つのスキルについて、それぞれの詳細をまとめました。 

傾聴力

ルート営業では傾聴力が重要です。

傾聴とは、相手の話にじっくりと耳を傾けて聴くことです。

営業では相手の話を聞き、何を求めているかを判断しなければなりません。

相手の問題を把握するために、話しているあいだはメモを取りましょう。

ここから相手のニーズを引き出す力が求められており、傾聴力がその役割を支えます。

面接でも相手の話を聞く力のチェックをされます。

面接官の質問の意図をくみ取り、それに沿う形で自身のよいところをアピールしていかなければなりません。

営業では相手への的確な提案も重要ですが、それを成り立たせるには傾聴という前段階が重要です。

このスキルを磨くために、普段から相手の話をじっくり聞くように週間づけておきましょう。 

関係構築力

ルート営業では関係構築力も大切です。

これは顧客との関係を長く続けていく力になります。

営業職はさまざまな仕事現場を訪れる関係上、たくさんの相手と信頼関係を構築する方法を確立させなければいけません。

仕事で大切な信頼関係をコンスタントに構築するには、傾聴力だけでなくコネクションの作り方もポイントになります。 

したがって、具体的に求められるのは人当たりのよさとコミュニケーション力です。

人当たりがよいとは、周囲が親しみやすく、話しやすい雰囲気を作れる人です。

コミュニケーション力に優れていれば、相手の意図をくみ取って正確な言葉を返せるので、良好な関係を築けるでしょう。

以上から信頼関係を構築する力も、ルート営業では欠かせないのです。

課題解決力

ルート営業では課題解決力も重要になります。

営業ではお客さんや外部の人を相手にする以上、さまざまな問題を持ちかけられるからです。

相手が話しているあいだにメモをまとめ、そこから解決方法を探りましょう。

お客様が抱える問題に対処するスキルが課題解決力です。

課題解決に強い人は細かい気配りができます。

さらに相手のニーズや悩みに耳を傾け、適切なサービスや解決方法を提供できるのです。

これができれば、営業部署に限らず、社内全体で高い評価を得られるでしょう。

課題解決力を鍛えるには普段から問題提起し、解決案を考えたり、実践したりする習慣をつけるべきです。

仕事現場で問題を解決すればするほど重宝されます。

面接で問題に対処した実績をアピールすると好印象でしょう。 

【ルート営業の面接】面接でよくある質問8選

転職先の面接ではさまざまな質問を投げかけられます。

ルート営業の面接でも主に業界や企業に対する志望理由、自己PR、転職理由などを問われるでしょう。

履歴書に記載するだけでなく、面接で聞かれたときにもすぐに答えられるように、準備した答えを練習するのがおすすめです。

これから頻出の質問を紹介します。

抜かりなく回答の準備を整えておきましょう。

少なくとも企業や業界への志望理由は重要です。

入念な自己分析や企業・業界研究を重ねたうえで面接に臨みましょう。

必ず対策すべき質問4選

ルート営業への転職で、必ず対策すべき質問は次の4つです。

志望理由、その業界や業種に興味がある理由、自己PRや学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)、転職理由になります。

どれか1つが欠けていても、面接で答えに詰まり、相手からの印象は悪くなるでしょう。

自己分析や企業・業界研究を重ねて的確な回答を見出すことが大切です。

ルート営業への転職に成功するために、大切なアピールポイントをまとめました。

ぜひ参考にしてみてください。

なぜルート営業を志望しているのか

まずは志望動機を明確にしましょう。

面接官は志望理由を通して、ルート営業に対して真剣に向き合う気概があるかを確かめているからです。

志望理由につながるポイントは自己分析と企業研究です。

自身のストロングポイントがルート営業に強く結びつく可能性もあります。

企業の事情を理解すれば、「自分ならこのように貢献できる」という思いが湧くこともあるでしょう。

以上から相手に納得してもらえる志望理由を語るには、自己分析と徹底的な情報リサーチがカギをにぎります。

相手が求める理想の人材像を知りながら、自身がどのように活躍すればそれに当てはまるかを確かめましょう。

そこから正しい志望動機の伝え方がわかります。

志望動機について詳しく知りたいなら、こちらのリンクも参考にしてください。 

なぜその業界・その企業を志望しているのか

なぜルート営業という業界でなければいけないのかも、面接官に伝えましょう。

加えて多くのライバル企業がある中で、なぜ志望先に決めたのかを問われる機会も多いでしょう。

それぞれに答えられなければ、仕事に真剣に向き合おうとしていないと判断され、採用は難しくなります。

これらの質問に対してうまく答えるには、企業研究が重要です。

たとえば志望先とライバル会社の違いを確かめてみましょう。

ライバル社にはない志望先の強みを見出し、それを伸ばす役割ができるとアピールするのです。

ほかにもあえて志望先の弱みを見つけ、フォローアップできる役割を名乗り出れば、面接官の印象に残るかもしれません。

いずれにしても志望先に選んだ理由をはっきりさせるには、綿密なリサーチが重要です。

ライバル会社との違いや希望の企業にしかない強みを理解し、それに寄り添える可能性を示すことが志望理由のポイントです。

自己PR・ガクチカ

ルート営業への転職には自己PRやガクチカも大切です。

面接官は、志望者が自分の強みが発揮できたエピソードを聞いて、自社に貢献できる可能性を見極めています。

前職や学生時代のエピソードを引き合いに出して、自身が営業のどの部分で役に立てるかをアピールしましょう。

自己PRは履歴書への記入時も口頭で答えているときも、結論を最初に持っていくほうが印象はよくなります。

続いて結論の理由や、事例を簡潔に答えるようにしましょう。

自分の伝えたいことを、面接官にはっきりとわかってもらうためです。

「ガクチカ」として学生時代に力を入れたことが、営業に役立つ可能性を考えましょう。

いずれにしても自己PRやガクチカは、自身のストロングポイントを強く印象づけるうえで重要になります。

なぜ転職したいのか

ルート営業に限らず、転職には必ず理由を問われます。

前の仕事で働き続けるより、なぜ自社を選んだかは、面接官なら誰もが気にするでしょう。

転職理由は前向きに語ることが重要です。

「労働環境が悪かった」、「人間関係でつまずいた」などのネガティブな理由を話すと印象がよくありません。

「別の職場でもネガティブ思考が先行して、仕事が長続きしないだろう」と判断されるからです。

一方で「前職ではできなかった新しいチャレンジをしたい」、「前職の経験を営業に活かせば、会社に大きく貢献できる」など前向きな理由なら好印象です。

このように新しいチャレンジを強く意識した回答は、面接官の興味を引きつけやすいでしょう。 

転職理由の答え方に関する詳細情報は、以下のリンクも参考にしてください。

余裕があったら考えておくとよい質問4選

前述の4つの質問以外にも、余裕があるときに答えを考えるべき問題があります。

将来的なキャリアプラン、メインサービスの魅力、売り上げをあげた経験、相談を受けた経験の4つです。

どれも面接に限らず、これから新しい職場で働くにあたり大切になります。

できれば4つすべて、適切な答えを考えておきましょう。

こちらも面接で質問されたときにすぐに答えられるよう、練習しておくのがおすすめです。

この章では面接官に問われるかもしれない問題について、正しく答えるヒントをまとめました。

これからのキャリアプランについて

ルート営業に転職したいなら、それからのキャリアプランを考えましょう。

主に「将来の夢」や「10年後のキャリアプラン」という形で問われます。

面接官はこの質問を通して、志望者が自社でどのようなキャリアを歩みたいのかを推しはかっているのです。

将来像や自己実現についてきちんと考えている人を、理想の人材としている会社もあります。

将来の夢やキャリアプランを聞かれたら、仕事に関係していて、企業の考え方と合致した自己実現の方法を答えましょう。

キャリアプランについても、事前に具体的な回答を用意しておくのがおすすめです。

商材のどこに魅力を感じているか

ルート営業の面接では、志望先の企業が展開するサービスを知ることも大切です。

面接官は企業の製品やサービスの魅力を、志望者に答えさせることもあります。

たとえば携帯電話会社なら、その企業がおすすめしているプランや機種についての知識を問われるかもしれません。

サービスの深い知識を問うだけでなく、どれだけ自社に関心があるかを見ているのです。

企業のサービス内容は定期的に一部が変化します。

その変化をとらえることも重要です。

以上から志望先のサービスに対する日々の勉強がポイントです。

入社予定である企業のサービスを知り尽くすことは、企業に対する礼儀ともいえます。

売り上げをあげた経験はあるか

転職希望者が営業を志望すると、売り上げをあげた経験も問われやすいでしょう。

面接官は志望者に対して、過去の実績から新しい職場で貢献する可能性を見極めているのです。

前職が営業なら、実績を出すことができた経験を語りましょう。

その場合は具体的な数字の上げ幅だけでなく、売り上げを伸ばしたきっかけも語るとわかりやすくアピールできます。

営業経験がないときでも、戦略的に動いて売り上げに貢献したり、業務改善に貢献したりといった成果を語りましょう。

たとえば、営業ではモノが売れやすい条件を複数人で共有するなど、チームワークも求められます。

この場合は、前職で情報共有が役に立ったエピソードを考えるとよいでしょう。

このように過去の実績は立派なアピールポイントになります。

人の相談にのった経験はあるか

ルート営業を志望する場合、人の相談にのった経験をよく聞かれます。

面接官はヒアリングや課題発見力を見極めるために、相談された機会があるかどうかを問うケースが多いのでしょう。

営業マンは相手の悩みや生活上の問題に寄り添わなければいけません。

相談された経験を重要視する企業の想定をしてください。

相談を受けた過去について答えるなら、相手が問題解決できた例を持ち出してください。

そのときの相手が抱えていた悩みを最初にあげ、自身が出した解決案と結果を示せば、面接官にわかりやすくエピソードを伝えられます。

こういったケースもあるので、日ごろから人の相談には真剣に耳を傾け、解決に向けたアイデアを積極的に出してあげましょう。

【ルート営業の面接】面接対策に悩んだら相談しよう!

ルート営業に限らず、転職希望者は誰もが面接対策に悩みがちです。

志望動機や面接のやり方など、企業によって求められる正解は違います。

まさに転職は、1人ではわからないことだらけなのです。

このような問題を解決するには、経験者や先輩社員への相談も重要になります。

就職や転職を決めた経験がある人なら、面接の対策につながるアドバイスをもらえるでしょう。

わからないことは1人で抱え込まず、誰かに打ち明けて答えを引き出すことも重要です。 

相談には転職エージェントがおすすめ

面接に関する相談なら転職エージェントもおすすめです。

転職希望者が求める条件から、エージェントが最適な企業を紹介してくれます。

それだけでなく、面接対策などの転職に必要な要素を全般的にサポートしてもらえるのです。

良質なエージェントを見つければ、転職成功に向けた正しいやり方を効率的にマスターできるでしょう。

先輩社員や家族への相談も有効ですが、それ以上に転職の専門家からアドバイスをもらうほうが合理的です。

まとめ

ルート営業は既存の顧客と信頼関係の構築をメインとしています。

採用されるには面接が重要で、ルート営業業界や志望先の研究、自己分析などが重要です。

ほかにもキャリアアップの道や、志望先におけるメインサービスの魅力など、幅広いリサーチをしましょう。

こうした積み重ねが、面接であらゆる質問に答えられるきっかけになるでしょう。

わからないことがあれば、先輩社員や転職エージェントに相談するのも選択肢の1つです。

いずれにしても入念な準備をすれば、ルート営業に転職できるでしょう。 

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます