金融業界志望必見!野村證券のインターン情報と選考対策

金融業界志望必見!野村證券のインターン情報と選考対策

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

さまざまある業界の中でも金融業界を目指す方は多いですが、中でも野村證券は人気があります。

中途半端な気持ちで採用してもらいたいと思っても、ライバルも多く難しいものです。

まずは野村證券のインターンに参加し、その中で自分をアピールすることも大切です。

こちらでは野村證券の職種についてやインターンにはどのようなものがあるのか、

インターンに参加する際の注意点やメリットなども含めて情報を詳しく説明していきます。

【野村證券インターン】そもそも証券業界って?

証券業界では株式や(国債や社債など)、投資信託、不動産といった有価証券を個人・法人に向けて売買します。

資金が必要な団体や国ではお金を調達するために、投資をしても良いという方にお金を出してもらいたいと思っています。

投資しても良いと考えている方は、いったいどこに投資をすれば得か詳しい情報を知りたいと思っているのです。

そこを上手につなげるのが、証券会社の仕事でもあります。

証券会社としての儲けは、団体や国と資産運用を考えている投資家を上手につなげて、実際に投資が決まればそこから手数料も得られる仕組みです。

近年は資産運用を継続的に支援していくことで、サポート料を稼ぐビジネスモデルも創出されています。

より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

【野村證券インターン】野村證券の募集職種

野村證券で募集している職種は細かく見ていくといくつかに分かれています。

全体的な採用人数は例年600名程になっていて、圧倒的な営業力でも有名です。

働き始めたら明確に営業社員一人ひとりにノルマが課せられ、その数字を毎回追っておくことになります。

こちらでは野村證券で働いた際にどんな職種があるのかを中心に、募集職種を紹介していきます。

営業職(総合職)

証券営業には貴人向けのリテール営業と、法人向けのホールセールがあります。

採用になり新人として働き始める時には、多くはリテール営業からキャリアを積んでいくことがほとんどです。

リテール営業では個人投資家や中小企業などの顧客に、口座を開設して取引してもらえるように営業をします。

今後どの株の銘柄が値上がりしそうかなど、顧客が得できるように資産運用のアドバイスなども行っていきます。

野村證券ではコースがあるのですが、全国転勤があるオープンコースと転勤なしのエリアコースの2つです。

オープンでは300名~、エリアでは200名~の募集になっていて、新卒の給与は大卒で月24万円に残業代とインセンティブ代が加算されます。

プロフェッショナル系の職種

ほかにも、より専門性の高い業務を行うプロフェッショナル系の職種もあります。

先程の営業職では全国転勤があるコースとないコースに分かれていましたが、プロフェッショナル系では基本的に異動がない職種になります。

こちらの給料は年棒650万円程度になり、初任給の目安として月に542,000円です。

見なし残業も込みのお給料になりますが、初任給から営業職に比べて高い金額になります。

プロフェッショナルとして働くには、記入関係の知識だけでなく事業拡大や継承、相続、非金融なお悩みなども聞いて的確なソリューションを提供していきます。

特に幅広く高い知識も求められるため、募集人数も少ないです。 4職種合わせて50名ほどという狭き門になります。

インベストメント・バンキング

こちらの部門では、より専門性が高いプレイヤーとして活躍するために、常に自分の能力を高めていくことが必要になります。

覚えることはここまでできれば良いというのはなく、常に新しい情報を取りいれ成長していかなければなりません。

配属先はホールセール部門インベストメント・バンキング業務関連部署と決まっていて特定されています。

業務としてはインベストメント・バンキング業務を行い、債券・株式・その他の引受業務、M&A・財務アドバイザリー業務などを行います。

専門性の習得のみだけでなく、ビジネスで通用する英語力も必要です。

グローバル・マーケッツ

専門性の高いプレイヤーとして努力しなければならず、自分の能力を高めていく必要があります。

配属先をホールセール部門グローバル・マーケッツ業務関連部署のみに特定され、株式、金利、クレジット、外国為替、証券化商品を担当します。

詳しい業務内容は投資家からの発注を対応し、マーケットメークなども行うトレーディング、

現在の状況を見極めマーケットの情報やアドバイスを行い金融商品売買を行うセールス、

リターンやリスクを考えながらオーダーメイド商品の開発を行うストラクチャリング、

デリバティブ評価モデル開発やそのモデルのシステムへの実装を行うクオンツです。

リサーチ

こちらも専門性高いプレイヤーになるため、配属先をホールセール部門リサーチ業務関連部署に特定しています。

株式公開(IPO)を志向する企業の分析、評価に必要なセクター・ナレッジなどを行うリサーチャー、

市場データ定量分析に基づく運用戦略の提案をクオンツ・アナリスト、

資産運用の理論、実務双方の専門知識を持ち個人投資家向けのアセット・アロケーション・モデルの開発などを行うストラテジストがあります。

IT&リスク・マネジメント

専門性を極めてくことが期待される部門で、配属先をIT部門またはリスク・マネジメント部門に特定しています。

リーガルやファイナンス、オペレーションなどコーポレートにはさまざまな部門があり、それぞれで専門性の高い知識を身に付け取り組んでいます。

企業の適正化を図るために内部統制を行っている大事な部門です。

将来はプロジェクトマネージャーなどとして活躍することを目的としているIT部門、

信用力悪化などによる損失額を定量化し今後のリスクなどに備えるリスク・マネジメント部門があり

分野ごとに専門的な知識を持ち自分の能力を高めることも求められています。

【野村證券インターン】野村證券のインターンの種類

野村證券のインターンの種類にはどんなものがあるのでしょうか。

部門ごとに月をずらして開催されているものもあり、募集人数なども決まっています。

ライバルも多いのでしっかりと野村證券について調べ動機を確かなものにしておかないと、

インターンに参加するのは難しいと思っていたほうが良いでしょう。

こちらでは開催期間や日程、募集人数やインターンの概要について紹介していきます。

営業部門 夏 インターンシップ

毎年営業部門では夏にインターンシップが開催されます。

2021年の日程としては

8月24日(火)~8月27日(金)[4日間]

8月31日(火)~9月3日(金)[4日間]

でしたので、来年も同じ時期の開催が高いです。

今年は新型コロナウイルスの影響もあり、Webでの開催でした。

日程ごと約100名の募集で、合計200名前後の募集がありました。

インターンでは実際に野村證券では行えませんでしたが、Webの中でも新のビジネス力を育む少数精鋭のプラグラムとなっています。

実際には営業をすることを想定して、革新する金融ビジネスの中でも真価を見い出せられるようにその力を鍛えます。

4日間という短い間でも、グンと成長ができるインターンシップの内容となっています。

インベストメント・バンキング インターンシップ

開催時期は

2021年8月10日(火) ~8月13日(金) [4日間]

8月19日(木) ~8月20日(金) [2日間]

となっていて、開催場所は東京かWebとなっていました。

実施日数は2~3日で、募集人数は各40名程度になっています。

インターンに参加した場合は、投資銀行ビジネスについてより深い知識を身に付けることができ、引受業務やM&A業務なども学ぶことが可能です。

実際に投資銀行ビジネスの業務体験も行って、グループワークでも話し合います。

最後にはプレゼンテーションを行うスケジュールとなっています。

リサーチ インターンシップ クオンツコース

開催時期は2021年9月6日(月)~2021年9月10日(金)[5日間]になっていて、場所はWebのみです。

実施日数は1週間程度になり、募集人数は若干名になっています。

リサーチインターンシップ クオンツコースでのインターン内容としては、定量的な分析技術とファイナンス理論を使って分析を行い、

本格的に実務としてビジネスの最前線を支援するリサーチを体験します。

定量分析では幅広い応用があるのですが、その中の一端を学べる内容です。 金融工学、数理ファイナンス、情報専攻の方に限らず、

仕事として携わりたいと考えている方であれば応募可能です。

リサーチ インターンシップ アナリストコース

開催時期は

2021年8月30日(月) ~2021年9月1日(水) [3日間]で、

開催場所はWebとなっていました。

実施日数は2~3日になっていて、募集人数は若干名です。

リサーチインターンシップ アナリストコースでのインターンで行う内容は、

産業や企業のファンダメンタルズを調べ実際に株式の投資価値を評価する証券アナリスト業務を行ってみます。

業績モデルの構築やアナリストによる講義などをさまざまインターンの中で演習などをして課題に取り組んでいきます。

専門的に大学の中で財務分析を行っているという方ではなくても、理系の大学に通っている方にも興味深く体験できる内容です。

本格的な業務を実際に体験できる内容となっています。

リサーチ インターンシップ エコノミストコース

開催時期は2021年8月23日(月)~2021年8月27日(金)[5日間]となっていて、開催場所は東京かWebとなっていました。

実施日数は1週間程度で、募集人数は若干名となっています。

リサーチインターンシップ エコノミストコースではエコノミスト業務の中でも日本経済を実際に調査してみて分析まで行うという流れを体験していきます。

参加者によってこんな業務が気になっているとそれぞれあるため、希望を踏まえつつリサーチ インターンシップエコノミストコースの体験が可能です。

マクロファンダメンタルズ分析や産業分析、機械学習などを用いた計量分析など、さまざまなテーマを設定して参加者に合わせて指導してくれます。

グローバル・マーケッツ インターンシップ

開催期間は2021年8月24日(火) ~2021年8月27日(金) [4日間]で、開催場所は東京とWebでした。

実施日数は1週間程度で、募集人数はセールス&トレーディングコース:20名程度、クオンツコース:20名程度です。

グローバル・マーケッツインターンシップの内容としては、コースごとに行う実務なども分かれます。

それぞれのコースの特徴や業務について詳しく学び、セールストレーディング、ストラクチャリング、クオンツについても勉強し、

フロアローテーションを通して今度は実際にどのように仕事を進めていくのか実務にも触れていきます。

【野村證券インターン】インターンに応募する前の注意点

気軽な気持ちで野村證券のインターンに参加したいと思っても、倍率も高く落とされてしまいます。

各インターンの募集人数も、若干名になっているものも多く狭き門です。

就職に有利になるようにインターンに参加したいと考えている方もいると思いますので、

応募する前にどのようなことに注意しておけば良いのか確認しておきましょう。

ここからは、注意点をいくつか紹介していきます。

インターンに参加する目的を明確にしよう

なぜ自分はインターンに参加するのかが曖昧である場合や皆に自慢ができるかっこいいからという理由ではなんの意味もありません。

正直野村證券という名前が皆に知られているため、

もし働いたらかっこいいと思われそうという気持ちしかないのであればインターンを受けても落ちてしまうと思っていたほうが良いでしょう。

インターンを受けるまでにも志望理由を詳しく聞かれますので、面接でしっかりとした答えられなくなってしまいます。

仮に奇跡があってインターンに参加できてしまったとしても、目的がミーハーで明確ではないため、得られる学びは少なくなってしまいます。

インターンに参加するには、

①証券業界について知識を深めるため

②野村証券という企業について理解を深めるため

③○○という業務について知るため

④~~について実際の社員さんの考えを聞くため

などと目的をしっかりと決めてESや志望動機でも納得させられる理由ができてから受けましょう。

業界・企業研究を進めておこう

本格的な就職の面接やESではありませんが、野村證券の場合はインターンでも同じくらいの知識や志望動機が求められます。

サラっとした知識だけを持って受けてしまうと、他の学生が答えられるような知識なども答えられなくなりやる気が薄いとみなされてしまいます。

ネットで調べられる情報については、一通り見て暗記しすぐに聞かれたら答えられるようにしておきましょう。

さまざまな企業の中でも、野村證券のインターンは倍率が高いことでも有名で、ESや面接で事前知識はある程度問われてしまいます。

こちらでも詳しく証券業界について説明していますのでぜひチェックしてみてください。

証券業界について、詳しくはこちら参考にすると良いでしょう。

【野村證券インターン】インターンに参加するメリット

これから証券会社で働きたいと考えている場合や野村證券に就職したいと考えている方にとってインターンに参加するメリットは多数あります。

人数も30名程度から若干名の募集で狭き門ではありますが、もし参加できたら今後の就職活動にも拍車をかけますし、大いに役立ちます。

ここからはインターンに参加するメリットについて紹介していきますので参考にしてみてください。

業界・企業研究を深められる

インターネットで調べれば大まかな仕事内容などはわかります。

しかし、写真や活字を目で追って理解するのと、実際に自分が業務としてチャレンジしてみるのとでは違いがあります。

自分が思っていたよりも幅広い業務をしていたり、業務の難易度が高かったりとさまざまな気づきを得られるため

今後実際に自分が野村證券で働いたらどんな毎日になりそうかも想像がつくでしょう。

頭の中で考えているよりも実際に体験してみると、やってみた結果自分に向いているのか向いていないのかわかってきます。

もしインターンの時点であまり証券会社は自分に合っていないのかもしれないと感じたら、

また自分を見つめ直して働きたい企業や業界を考え直してみることもできます。

本選考で優遇される

少しでも就職に有利になりたいというのは、就活生の誰もが思っているのではないでしょうか。

特に倍率が高く人気の企業の場合、普通に何もない状態で就職できるかどうかは不安です。

少しでも周りよりもリードできるものがあるのであれば、活用して有利に立ちたいと思うのではないでしょうか。

インターンに参加することができれば、まず自分を見てもらえます。

そして、インターンで高いパフォーマンスを発揮できれば、早期の選考に案内されたり、本選考のうち一次面接をパスさせてくれたりと優遇を受けられるのです。

参加できなかった人よりも一歩リードできるチャンスですので、ぜひ参加できるように努力しましょう。

企業に自分をアピールできる

優秀な成績や仕事ぶりなことは大切で、どれだけ自分をアピールできるかで就職できるかどうかも変わってきます。

社員の方に見てもらった時に、「この子のような人と一緒に、今後の野村證券を作っていきたい」と思ってもらえることが大切です。

一緒に働きたいと思ってもらうことができ印象に残れば、その後も順調に就職へと進む可能性があります。

アピールするためには相手から話かけられるのを待つのではなく、積極的にコミュニケーションを取っていくことが重要です。

逆に社員の方に見られているため、実力不足だとマイナス評価がついてしまうこともあるため気を付けるようにしましょう。

まとめ

野村證券でのインターンにはさまざまな部門がありますので、何の分野に興味があるのかなど考えておくようにしましょう。

インターンに参加することで仕事を体験できもっと理解を深められるため参加したほうが良いのですが、

実は倍率も高く生半可な気持ちで受けてしまうと落ちてしまいます。

本番の就職活動をしているつもりで、徹底的に野村證券の情報はリサーチし知識をつけておきましょう。

インターンのESや面接ではしっかりと知識ややる気を持って臨めば、参加できる可能性も高くなります。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます