【23卒】就活はいつから始めればいいの?

【23卒】就活はいつから始めればいいの?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

23卒の就活はいつから始めれば良いのでしょうか。

ほかの学生には出遅れたくないですし、できれば早期に内定を獲得して安心も得たいものです。

就活を失敗したくない人にとって、就活のスケジュールや、いつから就活を始めれば良いのかは重要な情報です。

この記事では23卒の就活はいつから始めれば良いのかをはじめ、失敗しない就活の進め方や取り組むべきこと、避けたい注意点などをご紹介していきます。

【1年間の就活の流れ】2023卒の就活スケジュール

2023卒の就活スケジュール、1年間の就活の流れは、基本的には22卒と大きな変更点はありません。

もっとも、近年の傾向として、サマーインターンの重要度が増している点は押さえておきたいポイントです。

また、具体的なスケジュールは業界や企業によってもバラつきがあるので、情報収集は広く進めておくことが大切になります。

自分が志望する業界や企業が絞られている方も、志望先だけでなく、関連業界やその他の業界、企業の就活スケジュールには目を向けておいたほうが良いです。

本命企業の前に練習で選考を受けて、面接の実践トレーニングを積んでおいた場合や万が一、志望企業に通らなかった時、その後にエントリーできる業界や企業があるかも押さえておく必要があるからです。

日系大手企業の場合

日系大手・スケジュール

外資系企業の場合

外資系企業・スケジュール

ベンチャー企業の場合

ベンチャー・スケジュール

【1年間の就活の流れ】早めの対策で就活を有利に進めよう

就活は早め早めの対策が重要なカギを握ります。

全国にいる大学の同級生が就活へと動き出す中、出遅れれば、差がついてしまいます。

エントリー期限などもあり、もし期限を過ぎれば、どう頑張っても受け付けてはもらえません。

新型コロナウイルスの影響や経団連の就活ルール廃止の意向によっても、選考が全体的に前倒しになってきています。

また、経団連が定めた就活ルールのスケジュール通りに選考しない企業も増えているので、きめ細やかな情報収集が欠かせません。

基本的な就活の長さ

就活のスケジュールは1年程度が想定されており、業界によっては大学に入った途端、

エントリー対策や面接対策のためのスクールに通い始める方やインターンにチャレンジし始める方もいます。

では、基本的な就活の長さはどのくらいなのでしょうか。

平均的に見ても、半年程度は必要です。

よくネットなどの記事で紹介されているスケジュールは1年スパンとなっていますが、

早い人は数ヶ月、平均でも半年くらいで完了できている人は少なくありません。

遅くから就活を始めた人は実際苦戦している

内定をいくつも獲得して余裕のある人がいる一方で、一つも決まらず、他の人が就活を終了しても、就活を続けている方もいます。

能力がなく内定がもらえずに苦戦しているというよりは、そもそも、スタートダッシュが遅れたことで、スムーズに進んでいない方が少なくありません。

就活を始める時期が遅れると、他の就活生から出遅れてしまいます。

全体的に早期選考の傾向にあるため、すでにエントリー期間が終了していたり、採用が決まっていたりと、どんどん難易度が高くなるので注意が必要です。

【1年間の就活の流れ】就活の進め方を詳しく解説

日系大手企業、外資系企業、ベンチャー企業と1年間の就活の基本的な流れとスケジュールが把握できたら、次に実際に何をすれば良いかを確認していきましょう。

ここでは、営業職の選考対策をメインに解説していきます。

営業職は多くの業界、企業で募集されている職種であり、文系、理系問わず、志望者も多い職種です。

営業職における就活スケジュールを掴んでおくことで、ほかの職種でも参考資料として、照らし合わせながらスケジュールを組んでみましょう。

インターンシップに参加

営業職を目指すなら、ぜひインターンシップにも参加したいところです。

インターンシップには短期と長期があります。

営業職にするか悩んでいる方、どの業界で営業職になるか迷っている方は、短期インターンで、いろいろな業界の営業職を経験してみるのが良いかもしれません。

一方、長期インターンなら、営業職としてのセンスがあるかを確かめられ、成果を上げれば高収入も期待できます。

インターンシップは仕事を実際に体験できる機会ですので、ぜひチャレンジしてみましょう。

詳しくは以下の記事も参考になりますので、ご覧ください。

自己分析

自己分析は、就活をスタートするにあたり、初めに取り組むべき事柄です。

自分を知ることで自分に合う職種や、企業、職場を絞ることができます。

自分の強みや経験してきたことを棚卸することで、自分に合った業界や企業、職種が見えてくるだけでなく、

将来どんな風になりたいかもイメージできます。

自己分析により選考に通るための志望動機や自己PRなども明確化できるので、しっかりと行ってください。

自己分析の方法については、以下の記事でご確認ください。

業界研究・企業研究

自己分析を行ったら、次に自分が就活の軸として定めた、自分の軸と合う業界を探すために業界研究を行いましょう。

業界研究のやり方について、詳しくは別記事をご覧ください。

業界の概要がわかり、興味が持てる業界が見つかったら、行きたい企業を絞り込んでいきます。

その際には企業研究が必要になります。

企業研究の方法については別記事で解説していますので、そちらもあわせてご確認ください。

ES作成

エントリーをしたらESの提出を求められることがほとんどです。

ESが第一次選考になっている企業が多いので、ESの書き方のポイントや構成などもしっかりと学んでおくことが大切です。

ESは自己分析をしたうえで、しっかりとした具体的なアピールができるようにする必要があります。

もっとも、内容だけでなく、構成も重要になるので、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

面接対策

ESが通過したら、面接やGDが課せられる場合がほとんどです。

面接やGDではESで問われたのと同じ内容が質問されることや想定外と言われる、

少し意地悪に聞こえる質問や返答に困る質問がなされることもあります。

柔軟に対応して自分の考えを、就活の軸にぶれないように伝えられるよう、

考えをまとめることや話し方の練習をしておきましょう。

面接時のマナーや礼儀、服装や身だしなみもマスターしておくことが必要です。

詳しくは「営業職 面接 就活」の記事を作成中ですのでお待ちください。

おわりに

就活のスケジュールは業界や企業によってもバラつきがあるものの、全体的に早期化の傾向があります。

就活で失敗しないためにも出遅れることなく、スタートダッシュが肝心です。

インターンシップへの参加、自己分析を筆頭に業界研究・企業研究を行い、ES作成の方法を学び、面接対策も行いましょう。

この時期はサマーインターンのESの提出締め切りが多くなってくる時です。

自己分析を深めて自己PRを完成させ、サマーインターンに向けてESを提出してみましょう。

サマーインターンは企業を知れるいい機会ですし、本格的な就活の選考対策の練習にもなります。

自分に合う企業との出会いを探し、営業職が自分に合った仕事かを突き止めるためにも、多くの企業のインターンに参加してみましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます