【ノルマなし営業】女性におすすめのノルマなし営業とおすすめなポイントを解説!

【ノルマなし営業】女性におすすめのノルマなし営業とおすすめなポイントを解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

【女性におすすめのノルマなし営業】はじめに

営業職に就きたいと思っても「きびしいノルマがありそうで怖くて踏み出せない」という人も多いでしょう。

売り上げを伸ばすのが仕事である都合上、どうしても数字のイメージはつきまとってしまうものです。

求人情報を確認すると、意外にも「ノルマなし」と書かれていることもあり、本当なのか疑心暗鬼になってしまいます。

ここでは、そもそもノルマのない営業職というものが存在するのか、またおすすめの職種や反対に避けたほうがよさそうな職種を中心に紹介します。

【女性におすすめのノルマなし営業】ノルマのない営業職はある?

「ノルマなし」と書かれている企業でも、ふたを開けてみればチームとしての高い売上目標があった、なんて話はよく耳にするところです。

社員への給料やそのほかの経費を払い、これから事業拡大していく資金を作るため、利益が必要なのは企業にしてみれば当然のことといえます。

その利益を生み出すのは、主に社員の働きによるところが大きいです。

そのため、ノルマはあって然るべきものなのです。

本当にノルマがないという場合は、基本給が低く、売り上げを伸ばして歩合給を得る給与体系であることがほとんどでしょう。

ノルマ=きびしいとは限らない

ノルマと聞くと、一般的にはきびしくつらいイメージをするものです。

営業職が合わず辞めていった人からそういう話を聞くことも多く、楽という声をあまり聞く機会がないからでしょう。

しかし、実際のところは達成できないものばかりではありません

ほんの少し頑張れば手が届くレベルで、「つぎもこの調子でクリアしよう」とやる気を起こさせる、そんな上手なノルマ設定の企業も数多く存在します。

最初からマイナスの先入観をもって、営業職に挑むチャンスを逃すのはもったいないことです。

【女性におすすめのノルマなし営業】ノルマの少ない営業4選

はじめて就く仕事で、いきなりきびしいノルマに立ち向かわないといけないという状況は、なんとしても避けたいものです。

また、つらい職場は人の入れ替わりが激しいために、ベテラン社員が少なくアドバイスをもらえなかったり、どこか人間関係がギスギスしていたりもします。

営業の仕事をしたいと思ったら、まずは無理のないノルマであることが多い職種から検討してみるのがよいでしょう。

新卒や、営業経験のない人にでもおすすめできるものとして、代表的な4つを解説します。

ルート営業

もっともポピュラーなのはルート営業です。

すでに取り引きのある企業やメーカーなど、もともとの顧客を回ります。

仕事の内容は、今入れている商品の在庫状況の確認や、商品に関して困っていることがないかのヒアリングなどが主です。

もちろん、新しい商品の提案や納入数の追加といった契約的な面も含まれます。

どちらかといえばアフターフォローで信頼関係を構築、継続することが業務の基本といえます。

そのため、ノルマはそこまできびしくない場合がほとんどです。

ルート営業が女性におすすめな理由

ルート営業の求人情報を見ると、「女性歓迎」と書かれていることが多いのに気づくでしょう。

女性の特性として、男性よりも細かい部分の変化に気づくことができたり、気配りできたりする傾向があります。

より一層顧客と良好な信頼関係を構築していくために、そういった能力を活かすことが求められているのです。

個人差はありますが、顧客や仕事仲間が困っているとき、親身になってサポートをしてくれるのは女性である場合が多いでしょう。

これは生まれもった母性本能によって、親しい人を守ろうとする働きが起きているからかもしれません。

また、同じスーツ姿であっても、男性よりは女性のほうが印象はやわらかく和やかな雰囲気をもっているので、顧客の側からしても接しやすいです。

深耕営業

既存の顧客を回るという点ではルート営業と近い意味合いをもちますが、深耕営業もおすすめです。

ルート営業はアフターフォローの面が大きいのに対し、深耕営業は新たなニーズを呼び起こし、取引拡大を目的とする営業スタイルです。

そのためには、顧客との関係性をさらに深めて長い取り引きを続けていくことが重要といえます。

顧客それぞれに対して長期的な目標を定め、どういった商品提案をすると取引先に受け入れられるか、広い視野をもつことが大切です。

トラブル対応も多くアプローチが多岐にわたるので、ノルマも個人ではなくチーム単位で設定されている場合があります。

深耕営業が女性におすすめな理由

ルート営業でも解説したように、女性は顧客に対するサポートや気配りに長けているので、信頼を得やすいという利点があります。

また、おだやかな雰囲気からくる安心感のおかげで、顧客のほうからトラブルや改善して欲しい点を打ち明けてもらいやすいです。

取引先の担当者が変わっても、初対面の営業に対して抱きがちな警戒心は発生しづらく、すぐに打ち解けることができるでしょう。

こういった理由から、女性を積極的に採用している企業は多いものです。

SIer営業

SIerとはシステムインテグレーターの略で、システムを構築する会社のことです。

IT系の企業で、基幹システムや会計システムなど、実に様々な種類のシステムをコンサルティングや設計開発など、一手に請け負って構築するのがSIer営業です。

システムやソフトウェアは一度導入すると変更は難しいため、既存の顧客が他社に鞍替えしてしまう危険性は大変低いといえます。

また、営業の際にはセールス専門の技術者も同行してノルマ達成に尽力します。

ほかの営業職に比べると孤独感は少ないです。

そして最大の魅力として、給料が高いという点をあげられるでしょう。

企業運営に欠かせないシステムの提案や開発を一括して請け負います。

そのため、知識としての難易度も取引先との契約金額も高く、それに見合った賃金の設定になっているのです。

SIer営業は大きく「アカウント営業」と「ソリューション営業」の2つに分かれています。

前者は顧客の担当窓口となって提案内容の取りまとめをし、後者はシステム構築のためにより深い技術的な面での提案をするのが主な業務内容です。

SIer営業が女性におすすめな理由

顧客が必要としているシステムをしっかりとヒアリングし、契約につなげるための商談では、なんといっても会話力を求められます。

女性営業は顧客とだけでなく、チームであるエンジニアとの会話でも、そのスキルの高さを存分に活かせるでしょう

また給料が高いという点でも、経済的な自立をしたい女性におすすめです。

事務職などに比べると、営業職は一般的に高い収入を獲得できるとされています。

そのなかでもSIer営業は比較的高い水準を維持しています。

そして、エンジニアが同行するため女性1人で取引先を回ることは少なく、顧客からセクハラまがいの行為を受けることも滅多にありません

安定と安心を両立した数少ない営業職といえるでしょう。

法人営業

法人営業は、企業などの法人を相手に営業活動をするもので、主にメーカーやインフラ、広告業界などが該当します。

月単位でのノルマにはきびしくありません。

半年や一年など、長いスパンでの売上目標を設定していることが多いです。

先に紹介したルート営業も、個人相手ではなく企業を対象としているものであれば法人営業といえます。

ほかには新規開拓もあり、今まで取り引きのなかった企業にアプローチをおこなったり、既存顧客に対して新しい取り引きを提案したりします。

給料は営業職のなかでも上位の高さです。

法人営業が女性におすすめな理由

成果をきちんと出してさえいれば、時短勤務を認めている企業もあります。

そのため、家事や育児との両立を目指す女性にとっては、大変働きやすい魅力的な職種です。

また、長期的な目標を設定されていることも多いです。

家庭の事情で急なスケジュールが入りがちな場合でも、対応しやすいという点もよいでしょう。

実力主義のため成績次第では早いうちに昇進も可能で、それに伴って給料は上がるので、経済的な自立を目指す女性におすすめです。

営業事務ならノルマのないことがほとんど

営業職を探していると、営業事務という言葉を見かけることがあります。

これは一般の事務職とは違って、基本的な事務作業に加えて営業のサポートとして書類を作成したり、進捗などの数値管理をしたりする職種です。

したがって、社内の営業メンバーや顧客とコミュニケーションを取る必要があります。

事務職ということから女性が多く、コミュニケーション能力の高さを活かせるでしょう。

賃金の面では一般事務より高い場合がほとんどで、ノルマの設定も滅多になく挑戦しやすい仕事です。

【女性におすすめのノルマなし営業】ノルマがきびしい傾向の営業

ノルマの少ない営業職ばかりであれば、営業=きついというイメージはつかないかもしれません。

しかし実際には、それだけきびしい仕事もあるということです。

なかでも特にきびしい傾向にあるものとして、新規開拓や飛び込み営業があります。

これらはまだ信頼関係がない状態での営業活動となるため、断られるのが当たり前です。

そのため、成果を出しづらい営業スタイルです。

また個人を相手にする営業では、その商材が高価なものである場合は特に売れにくいので、これもノルマ達成は難しいでしょう。

自動車業界

近年、国民の収入は全体的に低水準になったといわれています。

そのため、購入や維持にお金がかかる自動車は敬遠されやすくなってしまい、あまり売れない時代になりました。

それにもかかわらず、車が売れていた過去の時代と同程度売る必要があります。

当然ながら、きびしい戦いになることは目に見えているでしょう。

営業ノルマ達成のために自腹を切ることさえあるようです。

また、友人知人や家族に頼まないと達成できないといった状況があると、そのせいで人間関係に悪影響をおよぼすこともあります。

決して安くない買い物になるだけに、簡単に購入を決断してくれる人は少ないです。

そして頻繁に買い換えるものではないうえに、リピーターになってくれるかはまったく定かでありません

生命保険業界

生命保険の営業も、きびしいノルマを課せられていることが多いです。

こちらも1人で何口も契約するものではなく、ほとんどが新規開拓営業になります。

また、家に保険の営業がきた経験のある人が多いことからもわかるように、飛び込みの営業スタイルです。

そして厄介なのは社員といいつつ、個人事業主の扱いになることです。

これについては国で定められており、会社員でありながら税金に関しては個人自業主として支払う必要があります。

営業活動に使用する車や携帯などは持ち込みの場合が多く、経費も個人負担です。

起業するという覚悟をもって仕事をしても、簡単に契約を取れる商材ではないため、高い給料を望むのは難しいでしょう。

そこからさらに事業税や経費を引くとなると、余程売り上げを伸ばさなければ、きびしい財政状況になります。

不動産業界

高価でそう何度も購入しないものといえば、不動産もあります。

個人向けの住宅販売や、投資用マンションなどの営業活動は大変契約を取りづらいといえるでしょう。

法人であれば会社から資金を得られますが、個人の場合は当然自分の懐からお金を出す必要があるため、検討から決断までに時間を要します。

長い時間をかけて営業活動をしたにもかかわらず、結局は競合他社に移ってしまうなんてこともあります。

また、メインの営業スタイルは飛び込みです。

そのため、断られるのが当然という覚悟で行かなくてはなりません

うまくいかないことを繰り返すうちに、精神も折れてしまいそうです。

初対面で非常に高価なものをすすめてくる営業マンに対し、好感を抱いてくれる顧客は多くありません。

いきなりマイナスのイメージがついてしまうので、そこから盛り返して契約に結びつけるのは至難の業です。

契約を1件取れるかわからないような状況でも、ノルマ設定がたった1件ということはないでしょう。

難易度の高さは、はかり知れません。

【女性におすすめのノルマなし営業】まとめ

きびしいイメージはつきものの営業職ですが、ほかの仕事に比べると目標を達成できたときの喜びは大きいといえるかもしれません。

特に女性特有のスキルを活かして収入を得られる点は、非常に魅力的なものです。

営業と一口に言っても、さまざまなスタイルや業務内容があることをきちんと知ったうえで、自分自身がやりたいことは何かを見失わないようにしましょう。

賃金の高さから選ぶのもよいですし、取り組みやすそうなことから始めてみるのも1つの手です。

今後、ほかの仕事に転職することになったとしても、営業で培った経験や人脈は必ず活きてきます。

悪い先入観はひとまず捨てて、就職したい企業で実際に働いた人たちの口コミを調べてみるとよいでしょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます