【保険営業はきつい】保険営業がきつい理由と対処法!おすすめの転職先も紹介!

【保険営業はきつい】保険営業がきつい理由と対処法!おすすめの転職先も紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

保険の営業はかなりきついと言われます。

新規の営業に保険商品の販売、アフターフォローなどかなりさまざまな仕事をしなければならないこともその理由です。

しかし、きついと言われる理由の多くはメンタル面で、ストレスが溜まりやすいという不満を訴える方が非常に多くいらっしゃいます。

ここでは保険の営業が辛い・ストレスになるという理由を5つ紹介し、それぞれの対処法を紹介します。

保険業界で苦労をしている方は、ぜひ参考になさってください。

【保険営業はきつい】保険営業とは

保険営業は個人・法人に保険商品を販売する仕事です。

一般の方は、なかなか保険についてくわしい情報を得る機会がありません。

保険は加入条件・保険金が支払われる条件・付帯特約など、チェックしなければいけないポイントがたくさんあります。

しかもさまざまな保険会社の類似商品からどれが一番自分に合っているかを選ばなければならず、保険選びはとても大変です。

営業の方は将来起きうるリスクの可能性・保険商品の特徴などをくわしく説明し、相手の不安を取り除いて契約を勝ち取る必要があります。

場合によってはどんな場合に保険が適用されないかなど、自社にとって不都合な内容も話さなければいけません。

当然、自社の保険について誰よりも詳しいことが求められます。

保険営業の種類

保険営業の方が所属する企業は、大きく分けて生命保険会社・損害保険会社・保険代理店の3種類です。

次の見出し以降で、それぞれの企業での仕事内容を簡単に紹介します。

「保険営業がきつい」と言われる場合、主に個人相手に外回りで営業活動をする生命保険会社の営業マンが念頭に置かれていることが多いです。

しかし保険営業にもさまざまな勤務形態があるため、一概に保険営業の仕事をしている方が全員きびしい環境に置かれているとは言えません。

生命保険会社

生命保険会社は契約者から保険料を受け取り、契約内容に応じて保険金を支払う保険業務がメインです。

一方、顧客から集めた保険料を運用して資産を増やし、財源を増やす金融業務も欠かせません。

保険会社の財政状態が安定していなければ、格付けにも影響が出ますし、格付けが低いと当然顧客も契約をためらいます。

氏名保険会社の保険営業マンは、少しでも多くの方に契約してもらい、保険料を多く獲得するための役割を担う仕事です。

保険料が集まらなければ、支払いに充てる保険金や資産運用の元手が確保できません。

そのため1件でも多くの契約を取ることが大切で、個人・部署にノルマを課している企業がほとんどです。

生命保険会社の営業がきついとされるのは、こうしたビジネスモデルが根底にあると言えるでしょう。

損害保険会社

損害保険会社の社員は、保険商品の販売・事故や災害の損害査定・保険金支払い手続きなどを行います。

もちろん、損害保険会社も顧客から預かった保険料を元手に資産運用しているのは同じです。

しかし損害保険会社の場合、生命保険のように長期契約が前提ではなく1年・2年ごとに短期で更新を重ねていく商品が中心となります。

そのため、生命保険ほど財務の安全性が注目されることは多くありません。

生命保険と異なり、損害保険は企業相手に営業活動をすることも多々あります。

そのため個人相手に飛び込み中心で営業する生命保険の営業マンのほうが「損害保険会社の営業マンよりきつい」と言われることが多いです。

しかし大手企業との契約は金額が大きくなる分、仕事の責任が重いとも言えます。

保険代理店

保険代理店の営業マンは、生命保険会社・損害保険会社と代理店契約を結んで契約業務を代行するのが仕事です。

保険会社の営業マンと違い、店舗に訪れた方におすすめの保険商品を紹介します。

そのため外回りの営業と違い、体力面できついと感じる方は少ないです。

お客様が来店しなければ販売できない保険代理店では、保険会社ほどきびしいノルマを課されることもありません。

一方、複数企業の保険商品を取り扱う保険代理店ではさまざまな商品について学ぶ必要があります。

お客様のニーズをよくヒアリングしたうえで、どの保険が一番お客様に合うかを考えるのも大変です。

保険会社に所属して自社の商品をすすめる営業マンとは違った仕事の難しさがあり、保険代理店のほうが楽な仕事とは言い切れません。

保険営業の年収

保険営業の年収は、約362万円というデータがあります。

ほかの職種と比べるとやや高いですが、営業の給料は基本給よりも成果給・インセンティブの割合が高いです。

あまり契約を勝ち取れていないと、平均よりかなり低い給与しかもらえず、昇給も望めません。

一方飛び抜けて成績優秀な方だと、先ほど紹介した平均362万円の倍以上稼いでいる方もいます。

自分の力で稼ぎたい方・負けず嫌いな方には向いていますが、給与の安定を求める方にはあまり向いていない職業です。

【保険営業はきつい】保険営業のメリット

保険営業の仕事に携わるメリットを3点紹介します。

「きつい」と言われる保険営業ですが、お客様と話をするのが好き・お客様から感謝してもらえるとやりがいを感じるといった理由で、この仕事を長く続けたいとおっしゃる方も多いです。

給与面・キャリア面でのメリットもあります。

保険営業の実績が評価されると転職市場で有利になることも多いため、まずは成果を出すのが大切です。

成果があがるほど、仕事にやりがいや楽しみを見出せる可能性も高まります。

給与水準が高い

保険営業はほかの職種に比べ平均給与が高く、営業全体で見ても金融などに次ぐ水準なのがメリットです。

若いうちから平均以上の年収を受け取れるチャンスのある職種は、それほど多くありません。

ただし、保険会社の営業マンは個人事業主扱いになっていることが多いです。

そのため必要な経費が自己負担になってしまい、受け取っている金額の割に手取りが残らない可能性もある点は注意が必要です。

また成果で給与やボーナスが大きく上下するため、成績が悪いと前月・前年の給与を下回る可能性もあります。

給与が下がると仕事に嫌気がさしたり、ストレスになったりする可能性もあるので、こうした給与システムに不安がある方は、もっと安定した職種のほうが働きやすいでしょう。

インセンティブがあることも多い

保険会社の多くでは、給与システムにインセンティブ(歩合制)を採用しています。

基本給よりも高いインセンティブを勝ち取れる場合もあり、成果を出せば一営業マンという立場で、他企業の役員クラスの給与を得ても不思議ではありません。

このインセンティブ重視の給与システムを大きなやりがいに感じて仕事をする方も多いです。

保険営業がきつい理由の1つに、上司からのしっ責・突き上げがストレスになるというものがあります。

しかしインセンティブが出るほどの成果を出していると、上司から小言やしっ責をもらうこともあります。

優秀な方がいれば部署全体の成績も上がり、上司自身の評価アップにもつながります。

そうした優秀な方をわざわざ怒る方はまずおらず、営業で成果をあげることは給与だけでなく、ストレス軽減にも大きな意味があると考えてください。

海外事業にも挑戦できる

日本は現在人口が減っており、高齢化を理由に生命保険をメインターゲットにする労働者人口の割合も減っている状況です。

国内の保険市場が縮小していることで、海外へ事業拡大をねらう企業も出てきています。

そのため、保険営業マンは海外事業に挑戦できるチャンスの職種です。

将来海外で仕事をしたい方・グローバルな活躍をしたい方にとっては大きな魅力でしょう。

しかし、海外で日本企業が必ずしも高い信頼を得ているとは言えません。

ライフスタイルの違う国で保険を販売するのは相当難しく、保険企業の海外事業はかなり優秀な方でないと任せられないでしょう。

まずは国内の保険営業で確かな実績を出し、上司から高い評価を受けていなければ、海外挑戦のチャンスもありません。

【保険営業はきつい】保険営業のデメリット

次に、保険営業の仕事が抱えるデメリットを3点紹介します。

以下の見出しで紹介する3つのデメリット以外にも、保険営業がきついとされる理由は多いです。

保険営業は相手に断られる前提で多くの方に営業をかける、とにかく数な一面があり、相手に断られ続けることが大きなストレスになる場合もあります。

企業の利益のため、顧客の利益につながらない高額商品・特約をすすめることに良心の呵責を感じる方も多いです。

こうしたデメリットが自分にとってかなり大きいと感じ、早期退職してしまう方もいらっしゃいます。

休みを取りづらい

保険営業の方は、顧客が休みのときしか営業活動ができません。

当然、成果をあげるチャンスはビジネスマンが昼休憩を取っている時間や、土日祝日のほうが多いです。

そのため、保険営業の仕事をしていると平日に休みが取りにくく、休日が潰れてしまうことも多いというデメリットがあります。

顧客が仕事の都合で夜しか話ができない場合、営業マンのほうが時間の都合をつけなければなりません。

勤務スケジュールが不規則になったり、何日も連続で仕事が続き、しばらく休みを取れなかったりするのはきついです。

特にノルマのプレッシャーがかかってくる時期となれば、ほとんど休みが取れない企業もあります。

ただし早めにノルマをクリアできる優秀な方は、計画的に休みを取ることも可能です。

市場が狭まっている

保険業界は市場が狭まっており、縮小傾向にあるのもデメリットと言えます。

市場が狭まり、利益が上がらなくなるにつれ、今後業界全体で給与水準が下がっていく可能性もあるでしょう。

市場が狭まることは、競争が激化し契約を取るのが難しくなっていることも意味します。

特に生命保険会社が一番契約してもらいたいのは、万一に備えて保険に加入しておきたい既婚の勤労者世代です。

しかし、晩婚化が進み労働者人口も減っている現在「家族のため、生命保険に入っておこう」と考える方が少なくなるのは仕方ありません。

しかも、今後も人口減少・高齢化が進む可能性は高いです。

こうした時代背景を考えると、数十年前の保険営業マンより、今の保険営業マンのほうがきびしい状況にさらされていると言えます。

体力も必要

保険営業は顧客の都合に合わせて残業や休日出勤が増えるため、かなり体力が必要です。

特に外回りの生命保険営業マンはきびしく、暑い夏の時期もスーツで1日中歩き回らなければならないことがあります。

外回りで疲労困憊になったあと、オフィスに戻って報告書などの書類を作成するのも大変です。

保険営業マンの仕事を長く続けるためには、休日のリフレッシュも上手でなければなりません。

ただ疲れを取るだけで休みが消化されてしまうと、ストレスが溜まる一方です。

翌日の仕事に疲れを残さない程度に趣味をこなす・友達付き合いをするなど、アクティブに過ごすほうが有意義な休日になることもあります。

体力に自信がありオンとオフの切り替えが上手な方は、保険営業マンとして成功しやすいでしょう。

【保険営業はきつい】保険の営業がきつい理由5選

保険の営業がきつい理由を、まずは5つ見ていきましょう。

どの理由も保険業界以外でも感じる方がいるものではありませんが、保険業界では特にそうしたきつさを感じる方の割合が多いです。

本当に精神が変調を来しそうなほどきついという方は、

悩んでいるのが自分だけではないこと・保険の営業以外でも似た悩みを持っている方がいること

を知っておきましょう。

職場以外で頼れる人を見つけ、正直に悩みを相談することや話を聞いてもらうことも大切です。

成約が取れない

保険の営業がきついという一番の理由は、やはり成約が取れないということでしょう。

もともと保険は勧めればすぐ加入してくれるような、売れ行きの良い商品ではありません。

売るのが難しい商品を売らなければならない仕事ではありますが、周りに成功している人を見るとつい比較して自己嫌悪に陥ってしまうことがあります。

成績が悪くノルマを達成できないと、友達や家族・親戚に保険を勧めなければいけなくなることもあるでしょう。

仕事のせいで人間関係・信頼関係が崩れてしまうことを気に病む方も非常に多いです。

どんなお客様・エリアの担当になるかも「運」であることから、保険の営業マンは優秀な方でもなかなか成果が出せず悩んでしまうことが珍しくありません。

収入が安定しない

保険の営業は最低ベースの固定給が確保されているとは言え、収入の多くは歩合になっています。

そのため、仕事の成果が収入に直結する仕事です。

売上が低い月は、手取りの月収が10万円を切ってしまうなどでかなりショックを受ける場合もあります。

こちらも同期の仲間や友人と差がついてしまう可能性が高く、ストレスを増加させる一因となるでしょう。

給与明細を見ると給与そのものの金額だけでなく、税金や社会保険料など天引きで引かれた後の金額もリアルに表示されるので、

さらに憂鬱になってしまうのも無理はありません。

また、ほとんどの場合副業が禁止されており、収入を簡単に増やす手段がないのも問題です。

仕事を熱心に取り組む方ほど、お小遣い稼ぎも難しくなります。

自分の時間が少ない

成果が出せない・給与が少ないということとも関係しますが、保険の営業マンは少しでも頑張ろう・良い給与を得ようとすることで自分の時間が削られることも多いです。

プライベートの時間がほとんどなく、食事や入浴・睡眠など生活に必要な時間以外はほとんど仕事になっているという方も珍しくありません。

そうした状態が長く続くと、気分転換ができずにストレスが溜まりますし疲労もどんどん増大していきます。

仕事を辞めたくなるほど疲れ果ててしまう・つらくて投げ出したくなるというのも無理はありません。

顧客の都合で残業が増える・土日に出勤しなければいけないということが多いのも保険営業のきついところでしょう。

土日休みが取れず、友人と休みが合わないという点できつさを感じる若い方も多いです。

経費が自腹

保険の営業は、多くの方が個人事業主として活動しています。

サラリーマンの場合は仕事に必要なものをほとんど経費で落とすことができるのですが、個人事業主の場合身銭を切っていかなければなりません。

移動時間を短縮しようと車や電車を使うのにもお金がかかりますし、お客様に何かを差し上げたりする経費も自腹になってしまいます。

ただでさえ売上が少ない月だと、この経費が大きな負担となってのしかかることがさらにストレスの原因となるでしょう。

付き合いの飲み代が特にきついと感じる方も多くいらっしゃいます。

経費を自分で計算・管理して税の申告などを行わなければならないのも、なかなか大変です。

もちろんこうした事務作業も、仕事の合間にやらなければなりません。

上司が厳しい

保険の営業は体力勝負な面もあるためか、やはり体育会系出身の方が多い傾向にあります。

もちろん優しく理解ある上司の方に恵まれる営業マンの方もいるのですが、中には精神論メインで具体的なアドバイスのできない方もいらっしゃいます。

成果を出していない方に特に厳しく当たる・必要以上に叱責をネチネチと続けるという方もおり、そうした厳しい上司がストレスの原因となる方は多いです。

人間関係の悩みは保険業界だけに限った話ではないとはいえ、

とりわけ「叱責」「説教」といった点でのストレスは保険営業マンによく聞かれる悩みと言えるでしょう。

【保険営業はきつい】保険の営業のコツ

続いては、保険営業がきついと感じる場合の対処法について見ていきます。

まずは保険の営業のコツについてです。

コンスタントに成約を取る・収入を増やすといった形で悩みを軽減させる方法を学びましょう。

営業は成果が収入に直結するので、ちょっとしたコツを掴むことできつかった仕事に楽しさを覚えるという方もいらっしゃいます。

成功体験・失敗体験それぞれを次の仕事に活かし、少しずつ自分の成長を実感できるようになれれば理想的です。

成約を取るコツ

成約を取ることは、保険営業のストレスを減らす何よりの特効薬となり得ます。

成約を取れていれば収入が安定しますし、自分のプライベートな時間を確保しやすくなるでしょう。

厳しい上司の方も、成果を上げている部下に対してわざわざ叱責してやる気をそぐことはしないはずです。

そのため、成約を上手に取ることができるようになれば、保険の営業にまつわる悩みのほとんどを解消できる場合もあります。

もちろん、成約を取るために多くの時間を費やす・努力をするといった点でストレスを感じることはあるでしょう。

しかし、コツを掴むまでの期間を乗り切り、ワークライフバランスが取れるほど熟達した営業マンになることができればストレスは大きく軽減されます。

取り扱っている保険の特徴を理解する

保険を販売するうえで大切なことは、取り扱っている保険の特徴をよく理解することです。

どんな人にその保険が向いているのか、似た保険料の同業他社の商品と比較してどんなメリットがあるのかなどを明確に把握しておく必要があります。

保険の営業では、お客様から保険内容について具体的な質問をされることが非常に多いです。

お客様と信頼関係を築くためには、できるだけその場で回答するようにしたほうが良いでしょう。

もちろん不明な点は持ち帰って調べ、正確な回答を差し上げなければなりません。

しかし、いつも「次までに確認しておきます」という対応では、なかなかお客様から信頼してもらえなくても当然です。

まずは自社の保険について、自らがエキスパートになれることを目指しましょう。

具体的に説明する

保険商品について説明する際は、具体性を持った説明をすることを心がけるようにしてください。

特に説得力を持たせるコツの一つが、具体的な数字を挙げることです。

保険だと特に、金額や保障される疾病・怪我の内容などが非常に大きな説得力を持ちます。

月々の保険料がいくらか・受け取ることのできる保険金がいくらかは、すぐに明示できるでしょう。

次のような説明が一例です。

「病気で休職した場合でも、こちらの保険に加入していると月々○○円を受け取ることができます。

日本の平均的な4人世帯の月々の生活費の○%にあたる金額となります。

月の保険料は××円ですが、こちらの特約をつけると□□円プラスされます。

しかしこの特約は○○さんの世代にかなりおすすめで、○○、××といった疾病もカバーされます」

営業トークよりもアイスブレイクを優先する

若手の営業マンが多く陥ってしまいがちな失敗は、営業トークを何よりも優先させてしまうことです。

売らなければ、という気持ちが前面に出てしまうのはよく理解できます。

しかし、保険はかなり大きな買い物なので、多くの方は営業マンが信頼できる人物だと感じなければ契約に気持ちが傾きません。

そのため、初期段階では営業トークよりもアイスブレイクを優先することがおすすめです。

最初に訪問した職場では、お客様の情報収集・顔や名前を覚えることに集中しましょう。

相手の顔と名前を覚えることは、営業マンとして最低限の必須スキルです。

その情報に付随して、相手にお子さんが何人いるか・年齢は何歳かなど保険の営業に必要な情報をどんどん肉付けしていきます。

その作業と並行する形で、相手と会話を弾ませ自分自身に好意を持ってもらう努力もしなければなりません。

身だしなみに気を付けることはもちろん、相手がどんな話題に興味を持っているかにも注意を払い良好な人間関係を構築しましょう。

上司と関わるコツ

最後に、厳しい上司の方と関わるコツについても紹介しておきます。

実はできる営業マンの方・長く仕事を続けている営業マンの多くは、上司の言うことを100%熱心に聞くのではなく多少聞き流しています。

叱責・説教の多くは自分でも理解できていることや精神論であることを理解しているためです。

そうした話をすべて受け止めてしまうとストレスになる・自分を責めてしまう原因になるとわかっていれば、少し気持ちを楽にして話を聞くことができるようになります。

「まじめに話を聞いているのか」と怒鳴る上司でも、仕事で結果を出せばそれ以上何も言わなくなるでしょう。

精神状態を良好に保ち営業で成果を出すため、あえて上司にへりくだりすぎない・気に入られようとし過ぎないことも大切です。

【保険営業はきつい】保険営業に向いている人

保険営業は「契約したら終わり」というわけではなく、契約後も顧客と長く付き合うことになるため、責任のともなう仕事です。

そして顧客に万が一のことがあった場合は、人の役に立てたと実感できる仕事です。

また、良い成績をあげればあげるほど、それに見合った報酬が支払われるため、やる気にもつながります。

営業の仕事の中でも「特にきつい」と言われる保険営業ですが、この仕事に向いている人にとっては、やりがいと報酬の両方を叶えられる魅力的な仕事となるでしょう。

ここでは、保険営業に向いている人の特徴を紹介します。

人の人生をサポートしたい人

保険営業は顧客の人生のサポートができる仕事です。

顧客の人生に寄り添い、人生プランに合った保険を提案することで、万が一のことが起こっても安心して人生プランをまっとうできるようにサポートをします。

保険の営業というと、通常の場合は売り込みをされることのわずらわしさから、毛嫌いされ、話も聞いてもらえないことも多い仕事です。

しかし、保険を通じて本気で人生のサポートをしたいと考える人、人の人生をサポートすることにやりがいが感じられる人は、保険営業の仕事に多少のデメリットを感じたとしても耐えられるでしょう。

保険の必要性を感じていない人に対して、保険に入り将来のリスクに備える重要性を理解してもらうことに使命感をもって取り組める人は、この仕事に向いている人です。

人と話すのが好きな人

保険営業の仕事では、新規の顧客の獲得だけでなく、契約後も顧客の長い人生に関して必要な対応をすることになります。

子どもが生まれたり、家を購入したり、また病気になったりと顧客を取り巻く環境の変化に対応しながら顧客のサポートをするのが保険営業です。

したがって、同じ顧客と長く付き合っていくためのコミュニケーション能力は必要な資質です。

顧客の心配事は、人生のさまざまな場面によって変化していきます。

顧客一人ひとりの状況変化に応じて適切なサポートをするには、日頃から顧客とコミュニケーションを取り、会話することでその時点における課題を洗い出すことが必要なのです。

人と話すことが好きな人、人と話すことに抵抗のない人は保険営業に向いているといえるでしょう。

稼ぎたいという気持ちが強い人

保険営業の最大のメリットは結果を出せば稼げるということです。

「通常の仕事では得られないような高収入も望めるのであれば、きつい仕事にも耐えられる」という人は、保険営業に向いている人です。

頑張れば頑張っただけの報酬を見込めることがやる気につながる人、またどんなに成果をあげても報酬につながらないと仕事にやりがいを感じることができない、やる気が出ないという人は、保険営業に向いています。

保険営業はノルマのきつさをデメリットとされることも多いですが、このような人の場合はノルマがあることで、むしろモチベーションが高まる人といえるでしょう。

また「どこまで稼げるかチャレンジしたい」という気持ちのある人も、保険営業に向いている人といえます。

【保険営業はきつい】保険営業に向いていない人

どんな仕事にも向き不向きはあるものですが、保険営業はその特徴がはっきり分かれる代表的な仕事といっても良いでしょう。

保険営業の仕事に向いていない人がこの仕事に就いた場合は、仕事内容がつらいばかりでなく、インセンティブの割合が高いこともあり、生活が立ちゆかなくなってしまう危険さえあります。

自分が保険営業に向いているかいないかは早期に見極めたいところです。

ここでは、保険営業に向いていない人の特徴を紹介します。

人とコミュニケーションを取るのが苦手な人

保険営業はヒアリングによって顧客の抱えている不安を見つけ出し、その不安を解決するための保険商品を提案するのが仕事です。

保険の必要性を理解している人は、すでになんらかの保険に加入していることがほとんどです。

そのため保険営業で良い成績をあげるためには、保険の必要性をまったく感じていない人に対してコミュニケーションを取ることで潜在的な不安をあぶり出し、保険の必要性に気づいてもらわなければなりません。

人とのコミュニケーションを取ることは、契約を取るための第一歩です。

人と会話することで、関係性を築くことができなければ、新規顧客の契約を獲得するのは難しいでしょう。

人見知りで人と話すのが苦手という人は保険営業には向きません。

ノルマを追うのが苦手な人

保険営業にはノルマがつきものです。

契約が取れないプレッシャーに耐えられるだけの精神的な強さがある人でなければ、保険営業はつとまりません。

ノルマを達成できないことで気後れしてしまい、会社の上司や同僚と顔を合わすことが気まずくなってしまうような人にとっては、つらい仕事となってしまいます。

たまたま、順調にノルマをこなせた月があったとしても、保険営業の仕事を続ける限り、毎月のノルマから逃れることはできません。

ノルマによるプレッシャーやストレスをうまく解消できない人も、この仕事に向いているとはいえないでしょう。

ノルマを追うことが苦手な人、自分のペースで落ち着いて仕事をこなしたい人にとっては、向いていない仕事です。

給与を安定させたい人

保険営業での報酬は、インセンティブが大半を占めるため、毎月の収入が安定しないことをデメリットの1つとしてあげられます。

反対に契約をあげれば、高額な報酬を見込めることはメリットなのですが「高額な報酬を追うよりも、高額でなくても毎月決まった収入を得て安定した生活が送りたい」という人は、保険営業の仕事には向いていません。

順調にノルマをこなせている期間の収入がそのあとも続く保障はなく、どんなにベテランの営業社員であっても、調子の悪い時期というのはあるものです。

毎月の収入のアップダウンを、ある程度割って生活できる人でないと、保険営業の仕事をきつく感じてしまうでしょう。

安定した収入の中で計画的に生活したい人はほかの業種を選んだほうが良いでしょう。

【保険営業はきつい】保険営業の離職率は高い

保険営業にきつさを感じて、退職を考える人もいるかもしれません。

保険営業の仕事は向き不向きが大きく分かれる仕事であり、向いていない人にとっては、きつい仕事をこなしているにもかかわらず、収入も見込めない非常につらい仕事になってしまいます。

そのため「保険営業の退職率はほかの業種より圧倒的に高い」と言われています。

保険営業を経験したことのある人の大半がこの仕事に合わず、つらいと感じているのです。

魅力的な仕事であると感じチャレンジしてみても、いざ始めてみて仕事が合わず、ストレスで身体を壊してしまうようであれば、退職することもやむを得ません。

短い期間であっても、保険営業を経験したことで得られたものは多いはずです。

その経験を糧にして、転職を考えてみるのも選択肢の1つです。

【保険営業はきつい】保険営業を退職するコツ

保険営業の仕事を辞めようと決心したら、退職計画を進めましょう。

退職を願い出ることは、どんな仕事であっても非常に気まずいものです。

退職の意思を会社側に伝えられたとしても、引き留められることも考えられます。

また通常の場合、退職の意思を会社側に伝えても、翌日からすぐに退職できるわけではありません。

退職日までの毎日を気持ち良く過ごすためにも、できれば円満に退職したいものです。

ここでは、保険営業を円満に退職するためのコツを紹介します。

円満に辞めるための退職理由

仕事を辞めると決めたら、必ず辞められる退職理由を用意しなければなりません。

退職理由として、仕事上の不満を伝えることは控えましょう。

もし、仕事のやり方や仕事の内容についての不満があり、その不満を理由に会社側に退職したい旨を訴えた場合「裏を返せば、その仕事上の不満が解消されれば退職の理由がなくなる」ということを意味します。

会社側の対応によっては「退職を思い留まるのではないか」と思われ、引き留められる可能性が高くなってしまいます。

その不満点が解消する案を提示されて引き留められた場合、別の理由を伝えて退職することはできません。

「すでに転職先が決まっている」「親の介護がある」など、会社側で引き留める余地を与えないような理由が必要です。

1ヶ月以上前に上司に伝える

円満に退職するために、退職の意思が固まったらなるべく早めに、直属の上司に退職の意思を伝えましょう。

民法では、2週間前までに退職の意思を示せば良いことになっていますが、引き継ぎなどで同僚や会社側に迷惑をかけないよう配慮して、最低でも1ヶ月前には申し出るのが社会人としてのマナーです。

この時期については、会社ごとに取り決めがされている場合も多く、退職の意思表示を退職日の2ヶ月前としている場合もあります。

「転職先の入社日が決まっている」など、退職日の希望がある場合は、必ず入社時の契約書や就業規則を確認しておきましょう。

退職の意思を伝える際は、最初から退職届・退職願などを用意するのではなく、直属の上司に口頭で伝えたあと、会社の指示に従い書類を提出するのがマナーです。

引き留められる場合の対処法

退職の意思を上司に伝えられたとしても、引き留められることは想定できます。

引き留められて、いつまでも退職を先延ばしにされ辞められないという事態を避けるため、会社側に引き留める余地がないような退職理由を用意しておくことが重要です。

しかし悪質なケースでは、退職についての話をする時間さえ取ってもらえないこともあります。

ドラマなどでは、その日に用意した退職届をいきなりつきつけてそのまま退職、というようなシーンを見かけることもありますが、実際はそうもいきません。

退職するときは、会社側に雇用保険や社会保険などさまざまな手続きをしてもらわなければならないのです。

どうしても退職の話を聞いてくれない場合には、最後の手段として退職代行サービスを利用するという選択肢もあります。

【保険営業はきつい】保険営業からのおすすめの転職先

保険の営業は多くの時間を接客に充てているため、自然とコミュニケーション能力が身についていきます。

営業で発揮されるプレゼン力はもちろん、ヒアリング力なども向上していく仕事です。

そのため、保険の営業から他業種に転職し活躍している方は珍しくありません。

保険の営業がきつい・どうしても職を変えたいという場合は思い切って転職先を探してみるのも手です。

仕事をしていく過程で生命保険講座を修了している・ファイナンシャルプランナーの資格を得ているといった方は、その資格を活かしてうまく就職活動ができる場合もあります。

こちらでは、「営業」の仕事を続けたい方・そうでない方それぞれについておすすめの転職先を紹介します。

ぜひ参考になさってください。

営業職を続けたい場合のおすすめの転職先

まずはこれまでの経験を活かし、営業職を続けたいと考えている方におすすめの転職先です。

保険の営業から他業界に転職する場合、3年以上の勤務経験があれば多くの企業から即戦力とみなされる可能性が高まります。

3年以上活躍しており一定上の成果を出してきたことを面接でアピールできるのであれば、さらに給与水準の高い業界・企業で働く可能性も決して低くありません。

以下では、3つの業界について保険業界からの転職がおすすめである理由をまとめています。

金融業界

まずは銀行・証券会社といった金融業界です。

何よりも保険業界と活動内容の方法・仕組みが共通しているため、経験を活かして仕事をしやすいのがおすすめの理由となります。

金融業界の営業では、個人に対して金融商品を販売する「リテール営業」という仕事に従事する方や

「法人営業」という企業の資金調達案を提案する仕事をする方がいらっしゃいます。

特にリテール営業は保険営業と共通点が多く、保険の仕事が自分に向いていたと感じる方にとっては成功可能性の多い職種でしょう。

金融業界はかなり就職の難しい業界ですが、営業の戦力は常に求められています。

成果を上げるのが困難な保険業界でしっかり活躍できていたのなら、金融業界でも採用される可能性が十分あります。

メーカー

続いてはメーカーの営業です。

メーカーは就職先候補が非常に多いですし、どの企業でも必ず営業職が非常に大切な役割を担っています。

扱う商品にもよりますが、メーカーは保険と比べると商品が比較的売れやすいと言えます。

そのため、保険の営業をしていたと面接でアピールすれば即戦力として期待されることが少なくありません。

メーカーの営業では個人よりも企業を相手に営業活動することが増えますが、しっかり各企業の商材について学んだうえで仕事に臨み成果を上げていきましょう。

ルート営業

続いてはルート営業です。

保険の営業といえば、なんといっても「ノルマ」がストレスの大きな原因となります。

しかし、ルート営業は数字に追われにくく、販路を新規開拓し販売するのではなく、

すでに購入経験のあるお客様・企業の元へ向かいヒアリングや新商品の提案をするのがメインの仕事となります。

お客様とのコミュニケーション・提案力に自信のある方にとっては、その強みを活かしやすい仕事です。

営業という仕事の中では、休日出勤などが発生しにくいメリットもあります。

営業職以外のおすすめの転職先

続いて、営業職から離れて転職活動をしたいと考える方向けの転職先を見ていきましょう。

こちらは業界というより、職種で分類した転職先になっています。

営業からほかの職種に転職し、こちらのほうが向いていたと感じる方は決して少なくありません。

若いうちは特にキャリアの立て直しが可能なので、営業で成功するのが厳しいかもしれないと感じた時は他の仕事で適性を試すのも手です。

以下、2つの職種についておすすめの理由や仕事内容を紹介します。

事務・総務・経理

まずは事務・総務・経理といった、いわゆる「内勤」の職種です。

営業とは一見かけ離れた仕事にも見えますが、実は内勤は営業の経験がある方こそ営業マンの方の気持ちになって円滑に動ける仕事でもあります。

社内の運用業務などに携わりたいと考えている方は検討してみましょう。

事務の方はPC入力や書類作成がメイン業務ではありますが、来客への応対なども仕事に含まれており営業のスキルが活きる仕事です。

総務の方は備品の管理などに携わることとなり、

資料などの持ち物をすべて個人事業主として管理していていた保険の営業マンとも相性が良い仕事と言えるでしょう。

経理は月次決算・給与計算・税務処理・年末調整といった業務に携わることとなり、確定申告などで培った経験を活かすことができます。

ただし、経理は中東採用の場合、日商簿記2級といった専門資格が求められることが多いです。

日商簿記2級自体も経理の職務経験がなければ受けられませんし、多くの場合事務・総務で入社した後希望や適性に合わせて経理に配属されることになるでしょう。

プランナー・企画職

続いて、営業の経験で養ってきたプレゼン能力を次の仕事でも発揮したい方におすすめのプランナー・企画職です。

保険の営業はすでに決められた商品を販売する仕事ですが、こちらは自分のアイデア・創意工夫で勝負する仕事なのでまさに「新天地」と言えます。

ただし、手がける分野の知識がそれ相応に求められる分野でもあるため、転職後の研究は必須です。

しっかり学ぶ姿勢を忘れず職務に励めば、保険業界で培った説明力が活きてくるでしょう。

異動を考える

営業という仕事を辞めたいという場合でも、転職活動をせず他部署への移動を願い出るという手もあります。

特にもともと営業部を希望していたわけではなく、会社の決定で営業に配属されたという方は受理される可能性もあるでしょう。

ただし、異動が認められるかどうかは企業の体質はもちろん、希望者の熱意や志望理由が明確かどうかにも大きく左右されます。

異動を願い出るなら、キャリアプランや志望理由を明確に話せるように準備しておきましょう。

休職を考える

これまで転職について考えておきましたが、メンタルがすり減っている時はどうしても物事をネガティブに考えがちです。

この状態で人生の一大イベントである「転職」について慎重な判断を下すのは非常に困難で、かなり危険なことであると言えるでしょう。

疲れが溜まっている時は一度休職手続きを取り、十分休んで物事を冷静に考えられるほど回復してから転職を検討するほうが賢明です。

こちらの方法なら、翻意した場合でも職を失わずに済むというメリットもあります。

まとめ

保険の営業という仕事がきつい理由や転職について考えてみましたが、いかがだったでしょうか。

確かの保険の営業はその仕事の特性や待遇から、きつい問われる仕事の代表格として取り上げられることが多いです。

しかし、慣れるまで厳しい・きついと感じるのはほとんどの職業に共通しているので、なぜきついと感じてしまうのか原因を明らかにするようになさってください。

転職を考える場合でも、転職したからといって悩みの原因がなくなるとは限りません。

特に時間の制約が厳しい・仕事で承認欲求が満たされず満足感が得られないといった点でストレスを感じている場合、

転職先でも同じストレスを感じる可能性があります。 転職先で確実に問題が改善されるのか、よく考えて決断しましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます