飛び込み営業がきついってほんと?飛び込み営業のきつさの実態を徹底解説!

飛び込み営業がきついってほんと?飛び込み営業のきつさの実態を徹底解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

【飛び込み営業のきつさ】はじめに

飛び込み営業とは、あえてアポイントを取らずに会社や個人の家を訪問し、自社製品を売り込む営業スタイルです。

一切話を聞いてもらえず追い返されることが多いためきついと言われています。

一方、研修の課題として新人に課している企業もあるくらい、メジャーな手法でもあります。

ただし、相手の了解を得ずに訪問するという性質上、迷惑がられて門前払いされたり怒られたりすることは日常茶飯事です。

そう聞くと、経験したことのない方であれば、どれだけきついのだろうかと不安になるのも無理はありません。

もちろん、転職はキャリアアップのチャンスではありますが、やはり自分に適した働きやすいところで働くのが一番です。

今回は、営業職での転職を検討中の方ために、飛び込み営業のきつさの実態について解説します。

【飛び込み営業のきつさ】飛び込み営業はきつい仕事

飛び込み営業はきついとよく言われますが、本当にきつい仕事なのでしょうか。

たしかに、未経験者にとってはアポイントを取らずに客先を訪問すること自体が未知の体験かもしれません。

それがどれくらいきついのかも想像がつかず転職を迷ってしまうのも無理はありません。

ここでは、具体的にどういったところがきついのか、そのきつさの実態を解説します。

飛び込み営業の実態を知っておくことは、営業職の転職活動にも大変役立つはずです。

断られるのが当たり前

基本的に飛び込み営業は断られることが当たり前だと考えましょう。

突然訪問したうえに、それほど興味のない話を振られれば、余裕のない人は相手にしてくれないでしょう。

時間に十分余裕があったり、商品やサービスに興味があったりすれば、積極的に話を聞いてくれるかもしれません。

しかし、そういった積極的な方は少ないので、基本的には断られてしまうものです。

「営業だろうな」と考えて、居留守を使う人もいるので、それもきつい感じるかもしれません。

しかし気にせず「今はそういう気分ではない人なのだな」と考えて、つぎの仕事へ向かいましょう。

お客様に怒られることが少なくない

営業を仕事にしていると、営業の話だとわかった途端に態度が急変する人と何度も遭遇することがあるでしょう。

しかし、それはいくら慣れた人だとしても、精神的にきついのは否めません。

態度が変わった結果、必要以上に言葉がきつくなる人もいます。

そこからさらにヒートアップしてしまい、怒られることも少なくありません。

怒られること自体がきついのに、タイミングが悪かったのか必要以上に言われてしまうパターンも考えられます。

また、インターホン越しで説教をされるのは近所の人に見られることもあるので、精神的にきついでしょう。

まれなパターンですが、以前にお客様が自社の商品を使っていて、不具合などがあった場合にクレームを言われることもあります。

「自分は営業担当で、関係ないのにどうしてこんな目にあうんだ」と理不尽な思いをすることもあるでしょう。

どれも相手に余裕がない結果なので、あなたが悪いのではありません。

あまり気にしないようにしましょう。

ただ話したいだけの人に捕まってしまう

一人暮らしをしている方や、昼間家事をしている主婦の方などは話し相手を探しているかもしれません。

そんなときにタイミングよく営業の方がやってきたら、どうするでしょうか。

おそらく話し相手として捕まってしまい、仕事とは関係のない世間話を聞かされてしまいます。

営業している側としては、商品が売れる様子はないので、時間を無駄にしてしまっている気分です。

話し始めてしまった人の話をさえぎるのはなかなか体力のいることで、これも営業のきつい理由の1つです。

そんなときには「そろそろ時間なので」と述べるなど、なんらかの手段で引き下がる方法を使いましょう。

体力的にきつい

営業をする際に、資料やサンプルなどを持ち歩く場合もありますが、これがきついパターンもあります。

1日のうちに何件も訪問しなければならないので、移動で体力を削られます。

また、気候もあなたの体力を削ってくる原因の1つです。

たとえば、雨が降ってきたら傘をさすので、手元がふさがります。

もし電車移動だった場合は、荷物を余分に持っているため、移動するだけでも大変です。

夏の暑さや、冬の寒さも体力を奪う原因になるので、こういった部分も営業の仕事がきつい一因になっています。

【飛び込み営業のきつさ】飛び込み営業のやりがい

飛び込み営業はアポなしで突然相手を訪問するため、顧客の機嫌を損ねることも多く、ほかの営業方法よりもきつい面はたしかにあります。

しかし、本当にきついだけなのでしょうか。

もし、きついだけで効果がないのであれば、こういった手法はとっくに廃れているはずです。

それが今も残っているのであれば、飛び込み営業にもうまいく可能性があるということなのでしょう。

成功するチャンスが少しでもあるならば、そこにやりがいが必ずあるはずです。

ここからは、飛び込み営業のやりがいについてご説明します。

顧客と強い信頼関係を築ける

飛び込み営業で急に押しかけたにもかかわらず契約してもらえたということは、あなたが顧客からの信用を得たということです。

忙しい時にいきなり訪問してきて大して必要や興味のないものの話をされたら、顧客があなたの話を遮り帰るように言っても不思議ではありません。

むしろ、飛び込み営業は断られることを前提として考えておいたほうが良いでしょう。

しかし、そこで話を聞いてくれて契約が成立した顧客とはその後も続く強い信頼関係を気づくことが可能です。

顧客としても、いきなりやって来た見ず知らずの営業マンと契約を結ぶ気にはなかなかなれません。

それこそ文字通り急に飛び込んできた人を信用しろというほうが無理な話です。

それなのに、話を聞いて契約してくれたということは、顧客があなたを信頼してくれたという証であり、やりがいにつながるでしょう。

顧客に自身の人柄を認めてもらえる

飛び込み営業で無事に成約に至ったということは、顧客があなたの人柄を認め、あなたと契約したいと感じたということです。

そもそも、飛び込み営業は顧客のニーズを事前にリサーチすることができません。

もし、顧客があなたが売り込んだ商材に興味を持ったとしても、顧客が本当に必要としている商材をその場に用意できているわけではありません。

ですから、商材そのものを購入してもらうというよりは、あなたの人柄を売り込むことを求められます。

商材に関してはそこまで購買意欲をそそられなかったとしても、「あなた」と契約したいと思わせることが肝心なのです。

だからこそ、契約が成立した時は、人として認めてもらえたという達成感を強く感じられるでしょう。

顧客に自分自身を気に入ってもらえ人間関係を築けたという自信もつき、やりがいを感じるはずです。

成長スピードを早めることができる

自分自身をなるべく早く成長させたいのであれば、飛び込み営業は大変有効な試練です。

契約を取って営業活動を成功させるには、とにかく訪問数を増やし、問題点があれば即改善していくことの繰り返しを求められます

もし、断られてしまっても落ち込んでいる暇はなく、すぐに次の訪問先に向かわなければなりません。

そして、何が良くなかったのかを素早く考え、改善していかなければならないのです。

ほかの仕事をしていたとしても、たくさん動いて改善していく姿勢は当然大切ですが、特に飛び込み営業ではそれが重要になってきます

ほかの営業方法よりも短期間でたくさんの経験を積めるため、仕事をすればするほどぐんぐん成長していけるでしょう。

社会人として、営業マンとしてほかの人より早く成長しやりがいを感じたいのであれば、飛び込み営業がおすすめです。

人脈が大きく広がる

飛び込み営業は、自身の人脈を大きく広げるきっかけにもなります。

人脈を広げたいと考えている人にはやりがいのある営業方法といっても良いかもしれません。

なぜなら、ほかの営業職よりもさまざまな決済者に会う機会が多いと考えられるからです。

特に、対法人であれば顧客となる企業の社長に対して売り込みをかけ商談することも多く、そこから人脈が大きく広がります。

できるだけたくさんの人と会って人脈を広げたいのであれば、飛び込み営業は大変素晴らしいチャンスです。

ぜひたくさんの経営者と会って人脈を広げてください。

そうやって培われたあなたの人脈は、きっとどこかで役立つはずです。

あなたが困った時は力になってくれそうな人を紹介してもらえるなど、人脈を広げるメリットは数え切れないくらいたくさんあります。

【飛び込み営業のきつさ】飛び込み営業から目指せるキャリアアップ

転職を考えた理由は人それぞれかもしれませんが、転職するのであれば自身のキャリアにプラスになるような転職にすべきです。

転職するのであれば、その後のキャリアアップについても考えておかなければなりません。

それでは、飛び込み営業から目指せるキャリアアップにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは転職後のキャリアアップ例を3つご紹介します。

転職した後は何を目指すのか、ぜひ自分の将来像を考える時の参考にしてください。

営業職としての道を極める

飛び込み営業は営業の最前線とも言えます。

そこで培った営業ノウハウはあなたの一生使える武器となるでしょう。

実際、たくさんの人が営業職のエキスパートとしてずっと最前線で企業の売上に貢献し続けています

きついと言われる飛び込み営業をこなしていくことで得られた営業ノウハウがあれば、いつまでも結果を出し続け会社からも評価されるでしょう。

一度身につけたスキルを活かし、さらに高いスキルを得たいという人には、営業職としての道を極めるのが向いているかもしれません。

後輩が契約を取れず困っている場合などは、ご自分が学んできた営業ノウハウを惜しみなく伝えてあげることで、部署内での成果もあがるでしょう。

きつかった経験を活かせるのはやはり営業職です。

管理職になる

飛び込み営業である程度の成果を出したら、その後は管理職へのキャリアチェンジも可能です。

組織全体のことを考えた時、営業活動がうまくいくかどうかは、営業マンの努力だけで決まるものではありません。

組織としての全体をマネジメントし個々の営業マンの能力をどう活かすかで、組織としての営業能力が問われます。

その組織のマネジメントを担当するのが管理職です。

組織としての営業活動が成功するかどうかは、個人の能力というよりは、個人を動かす組織そのものにかかっていると言えます。

営業組織で最大の成果が出せるようにマネジメントをするキャリアを選ぶのも良いでしょう。

きつい飛び込み営業を経験してきたあなただからこそ、管理職として組織を引っ張っていくことが可能になるのです。

ただし、管理職を目指すのであれば、飛び込み営業である程度の結果を出しておかなければなりません

独立し、フルコミッションで働く

飛び込み営業では直接会社の社長と話す機会も多く、人脈はそれなりに大きく広げることができるでしょう。

その後のキャリアで、そこで得た人脈を活かして生きていく人もいます。

それまで培っておいた人脈を利用してフリーランスとして独立し、営業のプロとしてフルコミッションで働くのです。

人脈はその人の宝です。

人脈は得ようと思っても簡単に得られるものはなく、だからこそそれまでに得てきた人脈を最大限利用してもキャリアアップを図るのも良い選択になるでしょう。

それを実現できるのが独立してフルコミッションで働くというやり方です。

フルコミッションですと、うまくいけばかなり稼げますが、成果がなければ報酬が手に入らないという完全に実力主義な働き方です。

そのような働き方ができるのも飛び込み営業で鍛えられたからかもしれません。

【飛び込み営業のきつさ】飛び込み営業への適性チェック

きつくてもやりがいのある飛び込み営業ですが、自分に適性があるのかどうかも重要です。

もし少しでも適性があるようならば、転職が成功し新たなキャリアを積んで成長できる可能性が高いと言えるでしょう。

しかし、どうしても適性がないようであれば、別の仕事を探したほうが仕事にやりがいを感じながらのキャリア形成がしやすくなるのではないでしょうか。

転職を検討中の方は、ぜひ以下で適性がある人とない人それぞれの特徴をたしかめてみてください。

飛び込み営業に向いている人の特徴

飛び込み営業は、きつい分ほかの営業職より適性の有無がはっきりしています。

もしあまり適性がないようであれば苦痛しか感じられない可能性もあるので、転職先として検討している場合は考え直したほうが良いかもしれません。

適性があってさらにやる気がある人が目指したほうが良いでしょう。

以下で、飛び込み営業に向いている人はどういう人物なのか、適性がある人の特徴をご紹介します。

ぜひご自分の性格などに照らし合わせて考えてみてください。

目標を達成するために地道な努力ができる

どんな目標でも達成するためには努力が必要です。

目標を達成するために地道な努力を続けられる人は、飛び込み営業への適性があるかもしれません

なぜなら、営業にはノルマがつきもので、ノルマ達成のためには人知れず苦労を重ねなければならないからです。

営業目標に向かってたとえ地味な努力でも地道に行動できる人であれば、飛び込み営業で活躍できる素質があると言えます。

営業ノルマの達成は決して容易なことではなく、時には思うようにうまくいかず焦ったり悩んだりすることもあるでしょう。

そういった事態を好転させるには、地道な努力が不可欠で、困難な状況を打破するには自分が頑張るしかありません。

営業成績が上がらない時でも決してあきらめずに、地道に努力し続けられる人であれば転職しても結果を出せるのではないでしょうか。

切り替えがうまい

気持ちの切り替えが早く、あまりくよくよ悩まないタイプも飛び込み営業に向いています。

飛び込み営業はアポイントを取らずに会社や個人宅を訪問する手法なので、門前払いされることも珍しくありません。

話さえもさせてもらえず、挙句の果てには一方的に怒られたりする状況であれば、つい弱音を吐きたくなるのもうなずけます。

しかし、飛び込み営業は拒絶されてしまうのが前提であり、あなたに問題があったわけではないのです。

ですから、拒絶されてももすぐに気持ちを入れ替えて次の顧客のところに飛び込まなければなりません

くよくよしている暇があるならば一軒でも多く回るのが営業成績を伸ばすための重要ポイントです。

それができる人は、きついと言われる飛び込み営業でもうまくやっていけるはずです。

結果を振り返り、深堀して改善できる

飛び込み営業は、アポイントなしで客先を訪問するという性質上、失敗はつきものです。

失敗してもまったくおかしくありませんし、失敗したことがないという人もいないのではないでしょうか。

しかし、失敗をそのまま放置しておくのは良いことではありません。

失敗した時と同じやり方を続けても、うまくいくとは考えられないからです。

飛び込み営業を成功させるには、失敗に終わった結果を振り返って、失敗の原因を深堀りして問題点をあぶりだした後に、それを改善しなければなりません

失敗から学び次の営業に活かすことで、初めてその成果があがってくるのです。

結果を振り返り、どこに問題点があったかを深堀りし、それを改善できる人は、飛び込み営業でも大きな成果を出せるでしょう。

飛び込み営業に向いていない人の特徴

残念ながら飛び込み営業には向いていない人もいます。

失敗が続いても動じない強いメンタルを持ち合わせていない場合やそもそも人と関わるのは苦手という方にも向いていないでしょう。

問題があればすぐに頭を切り替えられる柔軟性も必要です。

ある程度は努力でカバーすることもできますが、あまりに適性がない場合は飛び込み営業への転職はそもそも考え直すべきです。

どんな人でもできる仕事ではないので、今度は向いていない人はどういうタイプなのか、その特徴をご紹介します。

メンタルが弱い

断られたり怒られたりすると、とても落ち込んでしまう人は少なくありません。

しかし、飛び込み営業するうえで毎回落ち込んでいては仕事になりません。

飛び込み営業は回数をこなすことが重要です。

断られることは当たり前の仕事なので、割り切って気持ちを切り替えられる人でないときついでしょう。

最初のうちは、営業をしたが断られるのは誰しもきついポイントの1つです。

回数をこなして、徐々にメンタルの回復が早くなるようであれば問題ありません。

しかし、回数を重ねてもひどく落ち込んでしまう人や、いくらやっても慣れない場合はあなたには向いていない可能性もあります。

人見知り

飛び込み営業は初対面の人のところへ突然声をかけに行くスタイルです。

そのため、初対面の人と話すことは避けられません。

人見知りな人にとっては、初対面の人と話すことは精神に負担がかかるものです。

緊張状態が続き、精神的にどんどん疲れていってしまう可能性もあります。

回数を重ねても慣れることがなく、初対面の人と話すのが苦痛で、精神的にとても疲れてしまうという場合があります。

あなたの性格的に飛び込み営業が向いていない可能性があるので、あまり無理はしないようにしましょう。

柔軟性がない

営業の仕事は相手によってさまざまな変化をしていきます。

マニュアル通りにやっても、うまくいかない場合もあるでしょう。

そのため、マニュアルにしたがったやり方が得意で、それがないと焦ってしまうような人には向いていません。

また「こんな状況があるかもしれない」と予測をして、それに備えておく能力も必要とされます。

とにかく柔軟に対応することを求められます。

決めたことをコツコツとやるのが得意な方にはきつい仕事かもしれません。

ときには仕事とまったく関係のない話に乗って、お客様の興味を惹いたりしなければなりません。

飛び込み営業には、そういった柔軟性が求められることを意識してみましょう。

【飛び込み営業のきつさ】転職するならエージェントを利用しよう

転職する際は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントを活用するとネットなどには載らないような細かい情報まで手に入るため、入社後に感じるギャップを軽減することができます

特に営業職の転職には「アゲルキャリア」がおすすめです。

アゲルキャリアは20代の営業職に特化した転職エージェントです。

内定率は驚異の95%と、かなりの数字を誇ります。

忙しいあなたのために365日24時間いつでも対応が可能ですので、気になる方は是非この機会に利用を考えてみてください。

【飛び込み営業のきつさ】まとめ

飛び込み営業は、アポなしで企業や個人宅を訪問して営業する形です。

ただし、目標達成のための地道な努力ができ、失敗してもくよくよしない強さを持っていなければなりません。

もちろん失敗の理由をきちんと突き止め、深堀りして次回以降に役立てることも必要です。

ただし、もっと違う仕事に適性があり、そちらのほうで実力を発揮すべき人もいます。

向いていないと思ったら、素直に別の仕事を探したほうが自分の能力を活かしたキャリアを積めるかもしれません。

また、飛び込み営業での転職を決めたなら、その後のキャリアプランについても考えておいたほうが良いでしょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます