【女性が活躍できる業種】賃貸営業で女性が働く際のポイントを解説!

【女性が活躍できる業種】賃貸営業で女性が働く際のポイントを解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

【賃貸営業の女性営業職】はじめに

「不動産の営業職に興味はあるけれど、住宅販売はノルマがきつそうで尻込みしてしまう」

「女性でも賃貸物件の営業ができるか知りたい」

といった疑問をもつ就活生の方もいるのではないでしょうか。

賃貸営業は、簡潔にいうと

「大家さんと物件を借りたい人をマッチングさせて、仲介手数料をもらう仕事」

です。

この記事では、そんな賃貸営業の仕事内容に加え、待遇や求められるスキル、女性ならではの適性について解説します。

ぜひ、就職活動の参考にしてください。

【賃貸営業の女性営業職】仕事内容

賃貸営業の仕事内容には、どんなものがあるのでしょうか。

多くの場合、営業職は法人と個人のどちらかを相手に商材を売り込む職業です。

一方、賃貸営業には物件の所有者である大家さんを相手とするBtoB(法人営業)と、物件の借主を相手とするBtoC(個人営業)があります。

借主を相手とする場合、メインの業務は物件を紹介して、契約の仲介をすることです。

はじめから物件を借りるつもりで来訪するお客様が多く、契約を取りやすい傾向にあります。

大家さんを相手とする場合のメイン業務は、物件の情報収集です。

そのほかにも、細々とした事務作業、保険のあっ旋やトラブル対応などの仕事も存在します。

賃貸営業の一般的な業務を確認してみましょう。

物件の仲介を行う

賃貸営業で個人を相手に仕事をする場合、主な業務は物件の仲介です。

物件を借りたい人を探し、希望に合ったものを紹介して契約を取ることで、仲介手数料による収入を得ます。

アパートやマンションなど、住むための物件を取り扱うほか、オフィス用の建物や店舗など、事業用の物件を取り扱うこともあります。

お客様の希望を丁寧にヒアリングして、たくさんある物件から最適なものを提案するスキルが求められる職業といえるでしょう。

主な営業手法はカウンター営業

賃貸営業というと、お店に訪問してきたお客様の対応をする姿が多い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

実際、借主となるお客様への営業は、基本的に店舗のカウンターで行います。

飛び込みやテレアポなど、一般的に断られやすい傾向の営業形態でないことは賃貸営業の魅力の1つでしょう。

また、賃貸物件の情報はWebサイトでも公開されています。

その情報を閲覧したお客様からの問い合わせに対する応答も、賃貸営業が担うことも多いです。

物件の情報の収集

賃貸営業が法人相手に仕事をする場合、主な業務は物件の情報収集や管理です。

お客様に提案する物件は、複数用意する必要があります。

そのため、自社に物件の仲介を任せてくれる大家さんを探したり、

同業他社が取り扱っている物件の情報を収集したりして、提案可能な物件の数を増やすのです。

また、そういった物件は、契約を取るまで適切な維持管理を手配する必要があります。

いつでもお客様に優良な物件を紹介できるように準備しておくのも、賃貸営業の仕事といえるでしょう。

その他の業務

物件の仲介や情報収集のほかにも、賃貸営業には細々とした仕事が存在します。

その1つが、火災保険など住居に関わる各種保険の案内です。

また、物件の契約時に借主の保証人の代わりになってくれる保証会社をあっ旋することもあります。

取り扱っている物件に関して、大家さんから相談を受けることもあり、今後も物件を任せてもらうため、

そちらも丁寧に対応する必要があるでしょう。

ほかにも、家賃を滞納している借主に対する督促を行ったり、騒音をはじめとする近隣トラブルへ対応したりするなど、

各種トラブルの解決も求められる場合があります。

【賃貸営業の女性営業職】待遇や職場環境

賃貸営業を目指すにあたって、気になるのは待遇や職場環境です。

賃貸営業の給与は、住宅販売の営業に比べるとやや低い傾向にあります。

また、一般のお客様が訪問しやすいスケジュールに合わせた休日になるため、土日は休めない場合がほとんどです。

残業やノルマはそこまで多くありません。

しかし、繁忙期は事務作業が多く、忙しくなりがちです。

企業による違いもあるため、待遇に関しては求人票をしっかり確認する必要があります。

そんな賃貸営業の待遇や職場環境について、詳しく見ていきましょう。

給与形態

賃貸営業の場合、給与形態は「基本給+インセンティブ」の形式をとる企業がほとんどです。

インセンティブの割合は企業により異なりますが、契約を取れば取るほど稼げる業種、といって差し支えないでしょう。

ただし、一度の契約で大きな金額が動く住宅販売と比べ、賃貸の仲介は単価が安い傾向にあります。

そのため、年収の目安は300万〜500万円ほどです。

自分の頑張り次第で収入を増やせる業界であるのは、魅力的な部分といえるでしょう。

休日

賃貸営業の勤務スケジュールは、お客様が訪問しやすい曜日に合わせて組まれています。

したがって、週休2日でもより多くのお客様が来店しやすい土日は休めないことがほとんどです。

その代わりに、週1で水曜日や木曜日を定休日に設定している企業が多くあります。

特に水曜日は、「契約が”水”に流れるのを防ぐ」というげん担ぎから、休日にされることが多いようです。

また、企業によっては年末年始やお盆などに、まとまった休暇がある場合もあります。

残業

物件を見たいお客様は、基本的に昼間、来店します。

そのため、夜遅く閉店間際に訪問されない限り、残業はほぼありません。

しかし、大学入学や就職など新生活のための物件を探す1〜3月は繁忙期にあたるため、

書類作成などの事務作業が増え、残業になる場合も多いです。

また、企業の異動シーズンに重なる9〜10月も忙しくなりやすい時期になります。

そういった特別忙しい時期は、残業が増えると覚悟しておいたほうが良いでしょう。

ノルマ

賃貸営業の業界全体における傾向として、ノルマはそれほどきびしくありません。

しかし、企業によって設定されるノルマにはバラつきがあります。

契約の件数、または合計金額でノルマを課すなど、形態の種類も多いです。

入社後の経過年数に応じてノルマの増減がある企業も存在します。

また、ノルマを達成できないときびしい罰則を受ける企業もあるようです。

以上のように、ノルマに対する考え方は企業によってさまざまです。

求人票だけでなく、企業の口コミサイトなども確認して情報収集をしてみましょう。

【賃貸営業の女性営業職】求められる性格・スキル

賃貸営業にも、ある程度求められる性格やスキル、知識が存在します。

たとえば、明るさやコミュニケーション能力といった接客に関わる適性は、お客様とスムーズにやりとりするうえで重要になるでしょう。

また、スケジュール管理の能力や勉強を惜しまない姿勢など、同時にいくつもの不動産を取り扱う業種ならではのスキルや性格もあります。

ほかにも、物件を提案するうえで求められる資格や免許など、さまざまなものがあります。

自分の性格やスキルが賃貸営業と合っているか、確認してみましょう。

勉強を惜しまない

賃貸の営業をするうえで求められる性質に、勉強を惜しまない姿勢があります。

賃貸営業が勉強するべき対象は、大きく分けて2つです。

1つは、取り扱う物件に関する情報です。

それは単なる物件の間取りや築年数、家賃といった基礎的な情報に留まりません。

その物件を取り巻く周辺の情報も含まれています。

賃貸物件周辺の様子は、その物件を契約するうえでお客様が気にするポイントの1つです。

これを十分に説明できれば、お客様は安心してその物件を選択できます。

そのため物件に関する情報は、しっかり調べる必要があるでしょう。

もう1つは、不動産取り扱いに関する資格の勉強です。

一部の物件を紹介するためには、「宅地建物取引士」の資格が必要です。

合格率の高い資格とはいえないため、粘り強く勉強する必要があります。

明るさ

賃貸営業には、明るさも求められます。

営業力以上に接客力が必要になることも多い業種です。

表情が暗く、受け答えがはっきりしない人からものを買いたいというお客様はあまりいません。

物件を探しているお客様は、自分の時間を割いて店頭を訪れます。

そのように店舗に足を運んでくれたお客様が、気持ちよく話せるような明るさや愛想の良さが必要になるのです。

どんなときでも笑顔で、明るく前向きに対応するスキルが求められることは、覚えておくと良いでしょう。

スケジュール管理ができる

賃貸営業にはスケジュール管理能力も求められます。

物件の内見や契約を行う日取りなど、複数のお客様がブッキングしないように、予定を把握して組む必要があるためです。

特に、繁忙期はより多くのお客様を一度に対応することとなります。

それぞれのお客様に満足してもらうためにも、スケジュール管理が重要になるのです。

日頃から手帳を使って予定を確認するようくせづけるなど、スケジュールを把握して管理・運用する訓練をしておくと良いでしょう。

コミュニケーション力がある

賃貸営業として接客するうえで、取り扱っている物件を魅力的に紹介するための「話す力」は大切です。

一方で、お客様がどんな条件を希望しているのか、その条件に求めているものはなんなのかを「聞き出す力」も重要になります。

ヒアリングによって、お客様が自覚していなかった潜在ニーズを掘り起こすことができれば、より満足度の高い提案が可能になるでしょう。

そのため、賃貸営業にはお客様のニーズを引き出すコミュニケーション力が求められるのです。

自動車免許がほぼ必須

賃貸営業において、自動車の運転免許はほぼ必須の資格です。

紹介する物件が、所属店舗の徒歩圏内に存在するとは限りません。

そのため、内見の際はお客様を乗せて車で移動します。

したがって、どこの店舗で働くにしても運転免許は必要になるでしょう。

求人票にも、運転免許必須と書かれていることがほとんどです。

余裕があるならば選考より先に取得しておき、もしすぐに取れないならば取得する予定であることを先方に伝えるようにしましょう。

賃貸営業が女性に向いている理由3選

営業職というと、女性が就くのは大変な職業かもしれないと感じる人もいるでしょう。

その点、賃貸営業は接客に近いという性質も併せて、女性に向いている営業職だといえます。

ヒアリングなどで重要なのは、お客様に対する気遣いです。

また、物件の住みやすさ・生活しやすさといった観点も、女性だからこそ気づけるポイントはいくつかあるでしょう。

女性ならではの視点や細やかな気づかいは、接客の心地よさだけでなく、物件選びのアドバイスにも役立てることが可能です。

感性や気づかいなど、自分の強みを活かして賃貸営業の仕事をしましょう。

①会話の好きな人が多い

賃貸営業に女性が向いているポイントの1つは、会話の好きな人が多いことです。

お客様と会話をしながらヒアリングをする仕事であるため、話すことが苦手な人には向きません。

雑談で話が弾めば、お客様の隠れたニーズにも気づきやすくなるでしょう。

また、女性は相手への共感力にすぐれるといわれています。

お客様の話に同意して共感を示すことで、信頼感を深めて契約につなげることができるでしょう。

賃貸営業において、会話が好き、あるいは得意であるということは強みになるのです。

②細やかな気づかいができる

賃貸営業が女性に向いているポイントとしてもう1つ、細やかな気づかいができるという点をあげられるでしょう。

傾向の1つとして、女性は男性より細かいことに気づくのが得意だとされています。

お客様の顔色や声音、言葉の端々から要望をくみ取れるのは、営業職にとっては強みといえるでしょう。

相手を思いやる気づかいは、

「自分の話をしっかりと聞いてくれている」

という実感につながり、お客様からの信頼を集めやすいものです。

そのため、気づかいの得意な女性は賃貸営業に向いているといえます。

③女性目線のアドバイスができる

女性が賃貸営業に向いている最大のポイントは、女性目線でのアドバイスができることです。

特に、子育て世代のお客様を相手に物件の提案をする場合、家事をスムーズにこなしやすい配置など、生活上の観点からアドバイスができます。

また、一人暮らしの女性など防犯を考えて物件を選びたい人にとっても、女性目線でのアドバイスはありがたいものになるでしょう。

賃貸営業からそういった目線の意見が出せるのは、実は価値があることなのです。

まとめ

ここまで、賃貸営業の仕事内容や待遇、求められるスキルや女性が向いているポイントについて説明してきました。

賃貸営業は、大家さんから物件を預かって管理を手配し、それを借主となるお客様に紹介して契約を取りつけ、仲介手数料をもらう仕事です。

物件に関する情報を収集し、お客様に最善の提案ができるように努力する仕事でもあります。

そのため、お客様に満足していただけるような接客スキルと、物件取引に関するプロとしての知識が必要です。

また、インセンティブ制度が多くの企業で採用されているため、自分の頑張りに応じて収入が増やせる、やりがいのある仕事でもあります。

女性の場合、持ち前のコミュニケーション能力や気づかいなどが、契約を進めるうえで大きな強みになるでしょう。

賃貸営業の女性営業職について理解を深め、自分に合った就職先を見つける参考にしてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます