【営業職志望の転職者必見!】面接の正しい自己紹介の仕方とパターン別回答例文

【営業職志望の転職者必見!】面接の正しい自己紹介の仕方とパターン別回答例文

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

営業職に転職する際には、面接でいかに正しく「自己紹介」するかがポイントの1つとなります。

面接における自己紹介は、単に名前などを言うだけのステップではありません。

自己紹介自体が、面接で合否を左右するポイントの1つになっています。

志望動機やスキル・能力のアピールなどをする前に自己紹介で大きな減点をされないよう、しっかりポイントを押さえておきましょう。

この記事では、営業職の面接における自己紹介の役割・事前対策などについて紹介していきます。

【営業職の面接対策~自己紹介編~】自己紹介の役割

営業職の面接における自己紹介の役割は、

「人柄が自社の人物像とマッチするかの確認」

「営業職を志望するにあたって、最低限基本のコミュニケーションが取れるかをチェック」

することにあります。

自己紹介で元気が良い・体育会系の人物であることがアピールできても、それが企業の求める人物像とマッチするとは限りません。

企業が細やかな心配りをできる・相手に威圧感を与えない温厚な印象の人を採用したいと考えているなら

元気良い自己紹介がややマイナスに作用してしまうことも考えられます。

【営業職の面接対策~自己紹介編~】自己紹介の内容を選ぶ際のポイント

自己紹介で何を話すか、内容を選ぶサイトのポイントについても見ていきましょう。

営業職を志望しているのですから、自己紹介でも自分が営業職に適した人物であるという印象を与えられることが第一です。

実際に営業の仕事をするうえでも、自己紹介で相手に好印象をもってもらうことが大切なことに変わりありません。

また、面接の形式や質問のされ方によって自己紹介の最適解も変わります。

以下で紹介するポイントを重視して、話す内容を選んでみてはいかがでしょうか。

営業職として働くうえで活かせる内容を話す

自己紹介で特に注意すべき条件

(「手短に」や「名前と年齢・職業を」など具体的な内容が示されている)

がない場合、自身が営業職として働くうえで活かせる内容を話すのがポイントです。

具体的なアピール材料としては、コミュニケーションスキルや相手のニーズを読み取る力などが該当します。

これらの自分がもっている強みと、企業が採用したい人物に求めていることがマッチしてなければなりません。

そのため、面接を受ける前には企業がどんな人材を求めているか、理解しておくようにしましょう。

応募要項には求める資格・要件などのほかに「〇〇な方を歓迎します」と書いていることも多いです。

また、企業のホームページで社員に求める人物像が明示されていることもあります。

事前にこれらを忘れずにチェックしておきましょう。

質問によって答えることが変わってくる

面接官が志望者に自己紹介をうながす際の質問は、どこの企業でも同じものとは限りません。

された質問に適切な返答をすることは、営業マンとして質疑応答が正しくできるという基本スキルの証明になります。

会話のキャッチボールがスムーズに進むかどうかは、面接全体のできに大きく影響するでしょう。

自分をアピールしようという気持ちが強いと、つい面接官の質問に耳を傾ける意識がおろそかになりがちです。

相手の質問も聞き逃さないよう集中し、質問と回答がマッチするように素早く頭を回転させてください。

自己紹介を聞かれた場合

多くの場合、面接官は志望者に着席をうながしたあと、自己紹介から質問してくるでしょう。

「それでは最初に自己紹介をお願いします」といった形で質問された場合、

名前とあいさつに続いてこれまでの職歴やその職場でのアピールポイントを簡潔に述べるのが一般的です。

長くなりすぎないようにするのが大切で、

「現職では〇〇部で主任を務めており、××の販売で実績を残してきました」

程度に止めておきましょう。

具体的なエピソードは、後の自己PRや転職理由などで詳しく話すことになります。

最後に、締めのあいさつも添えておくようにしてください。

「本日は面接のチャンスをいただきありがとうございます。よろしくお願いします」

といった一般的な内容で大丈夫です。

これまでの経歴と簡単な自己PRを聞かれた場合

自己紹介を求めるステップで、

「それではお名前に続いて、これまでの経歴や簡単な自己PRがあれば」

といった形で回答をうながされることもあります。

こういった形で自己紹介を求められた際は、名前や現職についての紹介だけでなく、

仕事に関する強みも併せて説明を求められていると理解しましょう。

職歴を説明する際に、これまでの仕事でどんな実績を残してきたか・どんなスキルを発揮してきたかを具体的に伝える必要があります。

もちろん、あくまで「自己紹介」として話をするので、手短にわかりやすくまとまっていなければなりません。

面接を受ける前にはこうした質問がなされることを想定しておき、スムーズに答えられるよう準備しておくことが大切です。

【営業職の面接対策~自己紹介編~】自己紹介を話す際のポイント

続いて、自己紹介を話す際の構成や態度のポイントについてまとめました。

自己紹介は第一印象と結びつきが強く、その人の人柄や営業マンとしての資質が強く反映されるポイントです。 基本的なポイントを押さえておき、相手に良い印象を与えられるようにしておきましょう。 これまで営業の仕事をしてきた方も、営業活動と面接の自己紹介では勝手が違う部分もあるので油断してはいけません。 以下のポイントに気を配って自己紹介をするようにしてください。

自己紹介の構成内容

まずは自己紹介の構成についてです。

当然、最初に自分の名前を述べます。

続いて職歴について説明しますが、社内で異動の多かった方・すでに転職経験のある方はこの部分が長くなってしまいがちです。

簡潔に営業の仕事に関する部分を中心に述べられるよう、内容を吟味しておきましょう。

「新卒から〇年間××株式会社で勤務しており、2020年4月からは現在の〇〇部で□□を担当しております。

既存の顧客に対するアフターサポートや、新しいサービスの提案といった業務内容が中心です」

程度の長さが適切です。

このあとに

「御社から面接の機会をいただくことができ、非常にうれしく思っております。

本日はどうぞよろしくお願いいたします」

といった締めのあいさつを加えても、自己紹介は1分程度で手短に収まるはずです。

謙虚な姿勢で臨む

面接では、謙虚な姿勢で臨むことを忘れないようにしましょう。

営業の仕事では、自分の紹介するサービス・商品に自信があることをアピールしなければなりません。

自分を売り込む面接でも、自分の能力・実績・スキルに関してアピールする姿勢は求められます。

しかし面接の場合、自信だけでなく謙虚な姿勢を示し「一緒に働きたい」と思ってもらわなければなりません。

自分の能力をアピールしたあとは、

入社後も努力を続けたい・一から頑張りたい

といった言葉を続けると謙虚さをアピールできます。

疲れている場合・緊張して硬くなっている場合は特に、志望者の表情や態度がぶしつけに見えてしまうおそれもあります。

深めにお辞儀をする・言葉遣いに気を配るといった基本的な部分を大切にし、

謙虚に「面接を受けさせていただいている」という気持ちや感謝を示すようにしましょう。

【営業職の面接対策~自己紹介編~】自己紹介の注意点

続いて、採用面接で心がけたい自己紹介の注意点についても紹介しておきましょう。

以下のポイントでミスがないようにしておけば、自己紹介のステップで大きな減点をされる可能性は低いです。

最初の自己紹介で悪い印象を与えてしまうと、

そのあとの「志望動機」「転職理由」「自己PR」といったアピールチャンスが無駄になってしまうおそれもあります。

自己紹介をスムーズに乗り切り、そのあとのアピールタイムをより効果的なものにしましょう。

長さは2分以内で

まずは自己紹介の長さです。

自己紹介はあくまで面接の導入部分ですから、ここで時間を多く使うのは志望者・面接官双方にとって良いことではありません。

基本的には1分程度、職歴の説明が長くなる場合でも、2分以内で収めるようにしてください。

ただし、自己紹介で簡単な自己PRも一緒に話すよう求められた場合、もう少し長く話すことができます。

職歴に絡めて自分のスキル・能力について盛り込んだ、3分程度の自己紹介もできるように練習しておきましょう。

逆に「名前と前職(現職)の肩書きを教えてください」

といった具体的な指定があった場合、余計な話はNGです。

「(名前)です。〇〇株式会社の××部で働いております。本日はよろしくお願いいたします」

といった短い自己紹介に留めましょう。

職歴や現在の仕事にまつわるエピソードは、そのあとに続く質問で答えることになります。

プライベートの話が多い

採用面接の自己紹介でプライベートの話が多いと、

話せる実績が少ない・プレゼン能力がない・面接の意味について理解していない

といったマイナス評価をされやすいです。

確かに、友人を紹介してもらう・SNSなどで自己紹介文を作るという場合の

「自己紹介」では、犬を飼っている・サッカーが好きといった

プライベートの話をするのはとても自然なことでしょう。

しかし、採用面接の自己紹介は、あくまでビジネスマンとしての自分を知ってもらう意味があります。

いわゆる「アイスブレイク」のようなイメージでプライベートの話をする方もいますが、その役割は面接官が主に担うものです。

面接の自己紹介はプライベートの話をする場ではないので、名前・職歴・あいさつだけで自分をしっかりアピールできるよう準備しておきましょう。

自己PRとの違い

自己紹介と自己PRの違いについて、あまりよくわからないという方もたくさんいらっしゃいます。

自己紹介は自分の氏名・職歴・仕事をするうえでのスキル・資格などについて簡潔に答えるところです。

一方自己PRは、これまでの経験から得られた強みを相手にアピールするところとなります。

具体的には、

「私の強みは〇〇の仕事を通して培われた粘り強さです」

といった内容が自己PRです。

両者を混同することがないように注意しましょう。

自己紹介で「(名前)です。私の長所は」

と続けてしまう方もいらっしゃいますが、その長所をアピールするチャンスは自己紹介のあとにも訪れます。

まずは自分の職歴などを簡潔に述べ、自分が落ち着いて面接に臨めていることをアピールするよう努めましょう。

表情や声のトーンは明るく

自己紹介では、表情・声のトーンを明るくすることも大切です。

謙虚な姿勢を示すこと・明るいイメージを感じてもらうことは両立できます。

まずは、自然な笑顔を練習することから始めてはいかがでしょうか。

鏡を見るとき、多くの方は自分の身だしなみをチェックしているでしょう。

「表情」がどうかを確認することは少ないはずです。

自分が面接に臨むときの顔を鏡で見てみると、ぎこちない笑顔になっていてびっくりする方もたくさんいらっしゃいます。

声に関しても同様です。

自分の声を録音して聞くと、自分で思っていたイメージと大きくずれていることは珍しくありません。

採用面接を受けた経験が浅い方は、本命の面接に臨む前は、面接を多く経験しておく・声や表情をチェックしておくことがおすすめです。

【営業職の面接対策~自己紹介編~】パターン別例文

それでは、最後に自己紹介の例文をチェックしておきましょう。

ここでは、前職でも営業をしていた方がほかの会社で営業職の採用面接を受ける場合の例文を紹介します。

経歴について簡単な自己PRを聞かれた場合の例文、自己紹介に絞って聞かれた場合の例文を両方記載しました。

この文章構成は営業から営業という志望者だけでなく、ほかの職種から営業に職種替えしたい方にも使えるものです。

ぜひ自分なりの自己紹介を考えるうえでの参考にしてみてください。

これまでの経歴と簡単な自己PRを聞かれた場合の例文

「(名前)と申します。

私は現在勤務している〇〇株式会社で、個人向けの不動産営業を行っております。

先月は掲げられた目標の110%にあたる、〇件の成約を達成することができました。

実績を残せた理由は、入社以来相手のニーズを分析し、適切な提案ができる力を磨いてきたためと考えております。

顧客のデータを詳細にデータベース化し、アピールしたい物件の特徴をわかりやすいオリジナル資料にまとめることで、

お客様にこれまで以上の興味をもってもらうことに成功しました。

この分析力・提案力を御社でも発揮し、新規顧客の獲得で貢献できるよう努めたいと思っております。

本日はこうして面接のチャンスをいただくことができ、非常にうれしいです。

どうぞよろしくお願いいたします。」

自己紹介を聞かれた場合の例文

「(名前)です。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。

私は〇〇大学文学部を卒業後、〇〇株式会社で〇〇販売を担当しておりました。

2019年4月からは現在の××部に異動し、法人営業を任されております。

ルート営業が中心で、顧客の要望をつぶさにヒアリングし、

つぎの営業に活かせるよう、社内で適切な情報共有をすることが求められる業務です。

これまでの経験を御社でも活かせればと思っております。

よろしくお願いいたします。」

前職の経歴について説明しても、自己紹介はこの例文のように1~2分程度の長さに収まります。

営業職未経験の方が転職に臨む場合、営業の仕事と絡められる業務内容・所属部署があればそれをピックアップして盛り込むのも効果的です。

まとめ

以上、営業職の採用試験を受ける方向けに自己紹介のポイントをまとめてきました。

面接に挑む方は、つい志望動機で何を話すかといった点に力を入れてしまいがちです。

確かに志望動機や自己PRも大きなアピールポイントですが、最初の自己紹介の点でつまずくと、なかなかアピールがうまくいきません。

事前に準備・練習しておけば自己紹介は決して難関となるステップではないのです。

しっかりポイントやコツを押さえておきましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます