【女性が多い営業】女性が人材派遣営業として働く際のポイントを解説!

【女性が多い営業】女性が人材派遣営業として働く際のポイントを解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

【女性の派遣営業職】はじめに

女性の社会進出が進んだ今、働き方の1つとして“営業職”を選ぶ女性は増えています。

この記事では、女性の人材派遣営業職について、その業務内容や魅力について解説しています。

法人営業とは何かを皮切りに、細かな業務内容を見ていきましょう。

職場環境としてどのような魅力があるかについても必見です。

また、どのような人柄が好まれるのか、どのようなキャリアビジョンを描けるかについても見ていきましょう。

「やりがいのある仕事につきたい、けど、プライベートも充実させたい。」

と考える人はぜひ参考にしてください。

【女性の派遣営業職】どんな仕事か

女性の人材派遣営業職が従事する仕事は、大まかに法人営業と呼ばれる類の仕事に大別されます。

個人、いわゆるエンドユーザーも相手にしますが、営業をかける相手が企業(法人)であることが大きなポイントです。

そのなかで新規営業とルート営業を行います。

新規営業は新しく自社の商材(派遣社員)を取り扱ってくれる、取引会社を新しく探すことです。

ルート営業はすでに取引実績のある企業(法人)に対して、さらに派遣社員の雇い入れを促進するものです。

過去に1回取り引きがあったきりで、新しく派遣社員の受け入れに応じていない企業に対しても、

再度アプローチをかけるなどさまざまな手法があります。

また法人相手の営業のほかに、アフターフォローの一環として、自社が商材として保有する派遣社員のフォローも行っています。

【女性の派遣営業職】業務内容

女性の派遣営業職が携わる主な仕事は大きく分けて4つあります。

書類作成・営業・商談(マッチング)・アフターフォローです。

想像しやすいのは、日々の事務作業や、テレアポ・飛び込み営業です。

営業をかけて新しいお客様を開拓する仕事は想像しやすい業務ですが、マッチングや顧客フォローは人材派遣業ならではの業務でしょう。

会社によっては実務をどの程度、どの職種に裁量をもって任せるかさまざまです。

まずは業務内容にどういったものがあるのかを見ていきましょう。

①書類作成

女性の人材派遣営業職が担う業務のなかで、多くのウエイトを占めるのが書類作成です。

書類作成は、派遣社員を派遣した派遣先企業に提案する資料や、社内に提出する報告書類などの作成が該当します。

営業事務という職種がある会社であれば、これらの作業のほとんどはタッグを組む営業事務職の人がやってくれる場合もあります。

しかし、業務の効率化やよりスピーディーな対応を実現すべく、これらの作業を担当の営業が行うことも珍しくありません。

たとえば人材派遣業であれば、新しく派遣登録をした派遣社員の特性、適した職場を見出すマッチングに関して、これらの書類は重要な役割を果たします。

②営業

女性の人材派遣営業職は、新規顧客獲得を目的とした営業活動も行います。

個人の成果がチーム、ひいては会社の利益に直結する部分なので、個人の仕事に対する評価においても非常に重視されるポイントです。

営業方法はテレアポや飛び込み営業が主流になるでしょう。

たとえば派遣会社の登録サイトに情報を入力した人に対してはテレアポをし、派遣先の企業とのマッチングに誘導します。

新しく派遣先企業として取り引きしてほしい会社に対しては、新規開拓営業をします。

以下の記事でそ新規開拓営業について詳しく説明しております。

参考になさってください。

%%related_ 305994%%

女性の人材派遣営業職が担う商談とは、主に派遣社員と派遣先企業のマッチングを意味しているのです。

企業が募集する仕事内容(仕事の期間や募集人数、時給など)と適合する派遣社員を引き合わせます。

派遣に登録する人のなかには、誰かに背中を押されないとなかなか仕事を探せないという人もいます。

また、企業側も膨大な派遣社員の情報から自社に適する人材をピックアップするのは至難の業です。

こういった場面で、女性の人材派遣営業職は重宝されます。

持ち前の細やかな気配りや、かゆいところに手の届くサポートで、派遣社員のスムーズな就業を助け、企業の人材不足を解消します。

④アフターフォロー

人材派遣業におけるアフターフォローは、業務上はそこまで大きなウエイトを占める仕事ではありませんが、非常に重要な仕事です。

なぜなら、派遣社員を送り込んだきりで、担当の営業マンがその後の派遣社員の働きぶりや、

会社との相性を見極めないのは非常に問題だからです。

働く前にどれだけ入念なマッチングを行っていたとしても、実際の現場で働いてみた感想は必ず違います。

それら実際に働いてからのギャップを、担当営業が解消することで離職を防ぎ、派遣先企業との信頼関係を構築していくのです。

派遣社員へのフォロー

また、珍しいことではありますが、派遣先企業と派遣社員とのあいだでトラブルが起きることもあります。

派遣社員は順調に勤めあげれば、定期的に職場を移っていくこととなります。

つまり、人材派遣会社にとって派遣社員は大事な商材ととらえることができるでしょう。

特に派遣という働き方を選ぶ人は、ライフステージの変化に対応した柔軟な働き方を望む人も多いので、

働き方に対する要望をいち早く察知する必要もあります。

また、派遣社員の退職に際し、新たな派遣社員を迅速に手配するなど丁寧にフォローすること、

派遣社員と派遣先会社の両方から高い顧客満足を得られるでしょう。

企業へのフォロー

派遣先企業の新規事業展開や、社員の人事異動に際しても、人材派遣営業は迅速に人員の追加を提案します。

スピーディーな人材供給を実現することで、派遣先企業との信頼関係はより強固なものとなるでしょう。

しかし、派遣先企業の新規事業の展開などは社外秘の情報として扱われることも多く、こうした情報を手に入れるためには前提として、

派遣先企業に信頼される必要があります。

人材派遣に従事する女性営業ならではの、細やかな気づかいや気配りが非常に重要となるでしょう。

【女性の派遣営業職】待遇・福利厚生

女性の派遣営業職の待遇や福利厚生は、手厚い傾向が見られます。

一般的に、正社員の営業職と事務職とでは年収に大きく差の出るものですが、人材派遣業の場合はそれぞれに大きな差がありません。

さらに母体が派遣会社、つまり人材派遣を生業としているために、業界全体として働き方を重視される傾向が強いのも特徴でしょう。

社員の働きやすさを考えた制度が設けられ、なおかつそれがきっちりと運用されているところは少なくありません。

年収、残業、福利厚生の3つのポイントに的を絞って、女性派遣営業職を取り巻く環境について見ていきましょう。

年収

女性の人材派遣営業職の平均年収はおおむね400万円~500万円といわれています。

特に、大手の人材派遣企業に勤めているのであれば年収は600万円を超えることもあるそうです。

それだけ企業にとって人材は生命線であり、優秀な人材投入に余念がありません。

また、年収が400万円~500万円ということは、1人の営業あたりの売り上げはその何倍もあるといえます。

社会的責任が大きく、かつやりがいのある仕事であることがいえるでしょう。

残業

残業は、企業の規模や所属するチームの規模によって頻度や時間が変わります。

一概にはいえませんが、大手企業、もしくは所属するチームが大きければ残業は少なくなります。

逆に中小企業や、所属するチームが小さければ残業の量は多くなるようです。

なぜならメンバーが多ければ業務は細分化されるため、その分、1人あたりの作業負担は減ります。

メンバーが少なければそれだけ裁量のある仕事が任せてもらえる反面、1人あたりの業務量は増えるといえるからです。

1つの判断基準として、勤める企業の規模があげられるでしょう。

たとえ所属するチームが小さくとも、企業の規模が大きければ業務負担を感じたとき、

相談するだけでチームの改編や業務の振り分けをされる可能性があります。

人材に余裕があるかないかで業務負担(残業)が変わってくると認識して問題ありません。

福利厚生

人材派遣営業職の福利厚生は、一般的に充実しているといわれています。

なぜなら、「人」にまつわるビジネスを展開している以上、自社の人材制度を整えている企業は多くあるからです。

また、制度を作るだけではなく、育児休業や産休制度など、実際に制度を利用して働いている人が多いのも大きな魅力でしょう。

社会保険制度は、女性の社会進出を受けて一般社会でも浸透しつつあります。

しかし、まだまだ制度こそあっても

「実際に利用している社員がいない」

「前例がない」

といった理由で、働き方が改革されていない企業はたくさんあります。

人材派遣業はそうした働き方に対し、先駆者として多様な働き方を認め、実践していく社会的義務があるといっても過言ではありません。

育児系の休業のほかにも、介護休業や社宅制度をしっかりと運用している企業が多くあります。

【女性の派遣営業職】やりがい

女性が人材派遣営業職に就いて感じられるやりがいは以下の2つです。

1つは達成感、そしてもう1つは人脈の広がりです。

窓口に立つ、電話口でただ待ち続ける営業とは違い、

人材派遣営業は自分の考えや提案1つでさまざまな成功事例を納め、仕事の輪を広げていけるでしょう。

派遣社員のマッチング率や、派遣先での成果などの結果をすべて数字で知れるのも大きな特徴です。

やりがいを感じながら働ける人材派遣業の魅力について解説します。

達成感を得やすい

女性の人材派遣業は、多くの新規営業を手掛けていくため、自分の仕事の成果が数字で表れやすいとう大きな特徴があります。

一般的に、事務作業は自分のやった作業量がしっかりと可視化できる反面、

その業務がどういった場面でどの程度の成果に結びついているかは見えません。

「働きやすい」「前より時間が短縮できた」というような、感覚値や、依拠したとしても時間軸程度でしか評価ができません。

しかし、営業職の大きな魅力は仕事の成果が売り上げとして数字で見える点にあります。

新規契約数、売上高など会社の利益に直結する部分なのでやりがいもひとしおです。

人脈が広がる

人材派遣営業のまたとない魅力は、派遣先企業の人事担当者や管理職など、重要な役職やポストに就く社員と面識をもてることです。

一般的に、企業の人事や採用担当は、会社の今後を左右する“人材”を獲得してくるという重要な仕事を担っています。

そのため、会社のなかでも出世頭や若手であっても有能な社員が起用されるケースは多いのです。

ただ単純に窓口に立つ人ではなく、その企業の中核人物に営業として対峙できるのが、人材派遣営業の大きな魅力でしょう。

【女性の派遣営業職】求められるスキル・人物像

女性の人材派遣営業職に求められるスキルや適した人物像は大きく3つあります。

1つ目はコミュニケーション能力があること、

2つ目は人当たりが明るいということ、

そして3つ目は粘り強さがあることです。

派遣社員や派遣先企業と密なコミュニケーションをとり、双方にとって悩みを打ち明けやすい雰囲気があることは重要だからです。

ときには、熱意をもって就業や新しい雇い入れをプッシュする場面もあるでしょう。

それぞれの詳細について見ていきます。

コミュニケーション力

女性の派遣営業職には、コミュニケーション能力の必要不可欠です。

また、ここでいうコミュニケーションとは、

自分の思いや考えを相手に伝えるというよりは、相手の話を聞けるヒアリング力のことを意味します。

営業マンというと、自分からガンガン喋りかけ、成約に結びつけるイメージをするかもしれませんが、

できる営業マンは聞く力にたけています。

本当の課題を見極めることで、より最適なソリューション、つまり人材を提供できるからです。

アウトプットではなく、インプットの能力が問われるという部分は押さえておきましょう。

明るさ

人材派遣営業職には、人柄としての明るさも求められます。

まず、人材派遣会社に登録しようと考える派遣社員は、転職活動中や失業中で、自身の先行きに不安を抱える人も少なくありません。

そんな人に悩みを打ち明けてもらうのですから、

しっかりとした対応はもちろん、話しやすさや人柄、明るい雰囲気というのは非常に重要になります。

また、企業の採用担当も、態度の悪い営業よりも、明るく気持ちよくやり取りのできる営業が好まれるのは明白でしょう。

プロとして、社会人として恥じない対応を求められます。

粘り強さ

女性の人材派遣営業は、ときに粘り強く就業をあと押ししたり、採用をプッシュしたりする必要もあるため、粘り強さも重要です。

「どこで働こうか悩む」

「採用する決め手に欠ける」

と、手をこまねく派遣社員や、派遣先企業の背中をしっかりとあと押しすべくサポートしていきます。

もちろん、押しつけにならないよう、丁寧な気配りや相手の意見を聞くことは忘れてはいけません。

ただ、何度断られても凹んでしまい、仕事がおざなりにならないよう、ポジティブに構えておくことが大切です。

【女性の派遣営業職】女性におすすめなポイント3選

女性にこそ人材派遣営業職として働くことをおすすめしたい、3つの魅力ポイントを解説します。

まず、実際の人材派遣業界では営業として、多くの女性が活躍しています。

また、皆さん会話好きな女性が多いので、職場環境も明るく楽しいでしょう。

そして何より、ライフステージの変化による働き方の変化に寛容なので、とにかく女性の働きやすい環境が整っています。

これら3つのポイントがそれぞれどういった魅力にあふれているのか、具体的に見ていきましょう。

①女性が多い

女性に人材派遣営業職がおすすめなのは、職場で働く女性の割合が大きいことをあげられます。

営業職といえば一般的に男性が多く、女性の社会進出が進んだ現代でも、まだまだ男性営業マンが活躍しているのも現状です。

また、結婚や出産を機に女性営業マンが辞めていってしまうケースも多く、

女性の上司が少ないことでキャリアプランが考えにくいともいわれています。

しかし、人材派遣業では多くの女性営業マンが活躍しています。

ロールモデル、つまり参考となる先輩の女性社員が多いことで、

結婚してからの働き方、子どもを産んでからの働き方を間近で見られるでしょう。

福利厚生が手厚く、さらに整っている会社も多いので、定年まで勤めあげることを考えても、

人材派遣営業職は女性にとって有利なポイントが多いのです。

②会話の好きな女性が多い

人材派遣営業に勤める女性の多くは会話好きな人が多いです。

喋ることが大好きという人はぜひ、人材派遣営業職に目を向けてみてください。

会話は、単なる雑談だけに留まらないのがポイントです。

新しい営業トークや、商談のきっかけにもなる大きな役割を果たします。

たとえば、派遣先が決まらない派遣社員の話をしたところ、自分が想定しなかった派遣先企業とのマッチングを進められ、

実際成約に至ったという話もあります。

仕事のヒントも得られる、そんな雑談を大事にしたい女性にも人材派遣営業職はおすすめです。

③ライフプランの変化に合わせやすい

ライフステージの変化で多様な働き方が求められる女性にとって、人材派遣営業は実に多様な働き方が提案できる職種です。

女性の営業職は、仕事を続けるうえで多くの「働き方の壁」にぶつかります。

たとえば、育休と産休を取得した後の復帰については、今までどおりの働き方ができないと多くの女性が悩みを抱えているのです。

また社会情勢を見ても、年々、事務職のニーズが減っている一方で、営業職のニーズは変化していません。

特に人材派遣営業に関しては、正社員雇用よりも低コストで採用できるために派遣社員を求める企業は多く、需要は高まっています。

営業職は自分でスケジューリングを組めるため、時間の都合をつけやすく、プライベートを重視する女性の強い味方です。

【女性の派遣営業職】まとめ

女性は、年齢を重ねるごとに体調の変化が感じやすいのはもちろん、

結婚や出産を機に、自分以外の誰かのことを考えながら仕事の選択を迫られるときが来る場合もあります。

仕事を通じてどんな自己実現をしたいかも重要ですが、家族のことを考えるなど、自分の意見だけで決められないのはもどかしさもあります。

しかし、人材派遣営業は業界的にも女性が多く、そんな悩みを抱える女性でも働きやすい環境が整う数少ない業界の1つです。

「自分に営業ができるのか不安」「自信がない」というだけなら、まずは飛び込んでみてはいかがでしょうか?

すでに働く、先輩女性社員の生き方を参考にすることができるでしょう。

人材派遣営業は、働きながら多くの役割をこなしたい女性の強い味方です。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます