ウォーターサーバーの営業がきつい4つの理由とその対処法を徹底解説!

ウォーターサーバーの営業がきつい4つの理由とその対処法を徹底解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

ウォーターサーバーの営業は、需要が少ないだけでなく規制も多いので、営業がとても大変なのは有名な話です。

そのため入社して1年も経たずに、心身ともにきつさを感じている新入社員も少なくありません。

しかしこの記事を読めば、きついと感じていた業務の対処法がわかり、今よりも効率的に仕事ができるようになります。

ここでは、ウォーターサーバーの営業における対処法が知りたい方のために、ウォーターサーバーの営業がきつい理由と対処法、おすすめな転職先を解説していきます。

ウォーターサーバーの営業がきつい4つの理由

就職したばかりでも、すでにウォーターサーバーの営業がきついと感じている人もいるでしょう。

入社して半年ほどだと、今が仕事をはじめて一番つらい時期だと思います。

ただでさえ需要が少ないのに、飛び込み営業やテレアポを数えきれないくらいこなすため、心身ともに疲れ果ててしまうからです。

また何回も断られたり、怒鳴られたりするうちに、仕事に行くだけで憂うつになってしまうときもあります。

ここでは、入社して半年ほどのウォーターサーバーの営業マンが「なぜきついと感じるのか」について解説していきます。

飛び込み営業、テレアポ、土日出勤、成約の取りづらさという4つについて解説しましょう。

飛び込み営業がきついから

ウォーターサーバーの営業で、もっともきつい業務といわれているのは飛び込み営業です。

飛び込み営業は、家庭や個人で経営しているお店などに出向いて、自社製品をセールスする方法です。

このような方法は、訪問販売における特定商取引法という法律によって、さまざまな規制を受けています。

つまり、営業する際には必ず会社名や氏名を名乗り、営業が目的であると説明しなくてはいけないルールがあるのです。

また、1度でも断られたら再び営業をするのは禁じられています。

ウォーターサーバーの営業は、コンプライアンスを守りながら営業しなくてはいけません。

そのため、契約するまでの道のりが険しい仕事です。

それに飛び込み営業は、アポイントなしで訪問するのが普通なので、相手の迷惑になりやすいです。

断られたり、怒鳴られたりもするので、精神的ストレスが溜まらないようにケアする必要があります。

テレアポがきついから

ウォーターサーバーを営業する方法の1つにテレアポがあります。

企業や個人の名簿を入手して、電話でアポイントを取ってから営業する方法です。

この方法は、飛び込み営業に比べてわざわざ訪問する必要がないため、体力的には余裕をもって作業できます。

しかし、アポイントの取りづらさや相手に暴言を吐かれるなど、精神的につらい作業の繰り返しです。

9割以上の確率で断られるのでモチベーションに影響が出ます。

名乗りもしないうちに切られたり、怒鳴られたりすれば、電話をすること自体が億劫になってしまいます。

テレアポのつらさはそれだけでなく、ノルマがあるため、ノルマに対してのプレッシャーも相当なものです。

1日に100件以上電話しても、1件もアポイントを取れない日があるほどです。

数をこなしてトークスキルが向上すれば、徐々に苦しくなくなると思いますが、もし耐えられないのなら無理をしない方が良いでしょう。

土日出勤があるから

ウォーターサーバーの営業先は、ラーメン屋などの個人事業や、ショッピングモールが主です。

このような営業先の場合、基本的に平日が休みになるので、お店が稼働している土日にスケジュールを合わせて営業しなくてはいけません。

またショッピングモールでも、ターゲットである家族連れは土日に多く訪れるため、土日に営業します。

しかし、実は、ウォーターサーバーを販売する会社のほとんどは、土日休みなのです。

そのため、ショッピングモールのイベント日や、ノルマが達成できていないときは休日出勤する必要があります。

もちろん、振替休日を取れれば良いですが、そうでない場合は休日がなくなってしまうかもしれません。

そうなると働き詰めになってしまい、体調管理ができず、体調を崩す可能性もあります。

成約が取りづらいから

日本の水道水はきれいなので、ウォーターサーバーの需要は少ないのが現状です。

そのため、他業種の営業職に比べて、契約を取るのが難しくなります。

水が美味しくて有名な地域では、「契約がまったく取れなくて困っている」という営業マンが数えきれないほどいるのです。

何より、ウォーターサーバーの営業で困るのは、契約を取りづらいうえにノルマがあることです。

どんな状況にしても、契約が取れなければ、上司から「なぜ契約を取れないのか」を問い詰められます。

問い詰められる恐怖心、契約が取れないことによるモチベーション低下から、心が折れてしまう営業マンも少なくありません。

そのため、もしこのような苦しい状況でも仕事を続けていきたいなら、営業スキルを向上させるなどの対策を練る必要があります。

ウォーターサーバーの営業がきついときの対処法

ウォーターサーバーの営業がきついときの対処法としては、大きく分けて4つあります。

それは、営業スキルをアップさせる・アドバイスをもらう・ストレス発散する・転職することです。

営業スキルを向上させれば、ヒアリングやセールストークなどの技術が身につくので、効率的に営業できます。

またアドバイスをもらったり、ストレス発散したりすれば落ち着いて自己分析できるので、自分の状況を冷静に把握できるのです。

それに、すでにつらくてどうしようもないのなら、環境を変えるという対処法もあります。

どんなにきつくても、最悪な状況から脱出する方法はあるので安心してください。

営業スキルを向上させる

どれだけ営業しても契約につながらず、きつさを感じているのなら、営業スキルを向上させるのが大切です。

営業スキルを向上させるには、商品知識やターゲットの絞り方など、身につけるスキルは多岐にわたります。

しかし、もし身につけられれば、結果がついてくるのは間違いないのです。

知識を深められれば、お客様にわかりやすくメリットとデメリットを伝えられます。

それにターゲットを絞るだけで、ターゲットの生活をイメージしやすくなり、具体的な提案を思いつくでしょう。

お客様も「自分に必要な商品かもしれない」と思ってくれるので、契約につながりやすくなります。

営業スキルは無数に存在しますが、ここではその中でも、水についての知識とターゲットの絞り方について解説していきます。

水についての知識を深める

ウォーターサーバーを売るための営業スキルを向上させるには、まずは、自社の商品である水について知識を深める必要があります。

知識が深まれば自信がつくので、堂々と営業できますし、何より「こんなこと聞かれたらどうしよう」という不安がなくなるのです。

営業でもっとも怖いのは、お客様からの質問に答えられないことです。

答えられなければ、不安から自分の行動を制限してしまい、積極的に商品を提案できません。

しかし知識がつけば不安がなくなり、思い切ってセールストークができますし、顧客に安心感を与えるので契約につながりやすいのです。

ただ、まれに細かい質問をしてくるお客様もいるので、水道水の水質や汚染された水が体に及ぼす影響など、深い知識を身につけておくとより安心です。

ターゲットを絞る

ウォーターサーバーの営業は、ターゲットを絞ることで格段に営業しやすくなります。

日本は水道水がきれいなため、ウォーターサーバーを必要としている人は少なく、需要もそこまで高くありません。

そのため、むやみに飛び込み営業しても契約につなげるのは難しいでしょう。

契約につなげるためには、ターゲットを絞り、ターゲットが自社商品を使うメリットについてとことん考える必要があるのです。

それができれば「子どもに安全な水を飲ませたいと考える家庭」をねらったり、「お湯を沸かすのが大変なご年配」をねらったりするなど、ターゲットの方向がハッキリします。

方向が決まれば、効率的に飛び込み営業ができるので、話を聞いてもらえる回数も増えていくでしょう。

アドバイスをもらう

ウォーターサーバーの営業がきつくてどうしようもないのなら、先輩や同僚にアドバイスをもらうのも1つの手です。

人間、自分1人で悩んでいると行き詰まってしまいます。

それに、追い詰められているときほど余裕がないので、視野が狭くなり、自分を客観的に分析できません。

しかし自分を客観的に分析できれば、どのような状態なのか把握できるので、今後の課題を見つけられます。

だからこそ、1人で悩まず積極的にアドバイスをもらいにいきましょう。

アドバイスがもらえれば、有効なヒントを得られるので、きつい状況を脱出するきっかけが作れるのです。

セミナーに参加する

セミナーは売り上げを向上させて、会社の発展に貢献できる人間を育成するのが目的です。

もし、営業で契約を取れずに苦しんでいるのなら、セミナーを受講するのが有効かもしれません。

セミナーを受講すれば、クロージングスキルや自社商品のメリットを説明するスキルが学べます。

そうすれば、契約が取れるようになり、苦しい状況から脱出できるのです。

セミナーは、日本各地で開催しているので、セミナーの内容が自身のニーズと合致していたら受講してみてください。

さらに現在はオンラインセミナーを開催するところもあり、気軽に利用できるのもポイントです。

ストレスを発散する

ウォーターサーバーの営業は、ターゲットが少ないので、他業種の営業職より断られることが多いのです。

加えて、暴言を吐かれることもあるので、精神的ストレスが溜まりやすいのはいうまでもありません。

そのため、休みの日は軽い運動や、友人と遊ぶなどしてストレスを溜め込まないのが大切です。

また、「何がストレスの原因なのか」を見極めれば、ストレスが溜まる前に発散できます。

ストレスがなければ、リラックスした状態を保ちつつ、仕事で高いパフォーマンスを維持できるのです。

ノルマや人間関係、飛び込みのストレスなど、営業職はストレスが溜まりやすい環境であるのは、間違いありません。

したがって、少しでも心に余裕をもって仕事をするためにも、日頃からストレスを発散していきましょう。

転職する

営業スキルの向上やストレス発散など、できる対策をすべて講じても、きつくてどうしようもないなら、転職を視野に入れるしかありません。

同じ系統の職種なら、今までの経験から習得してきたスキルも活かせます。

商社や流通、サービスなど、営業スキルを活かせる業界は多いので探してみてください。

1つ注意するべきなのは、転職活動は退職してからでなく、在職中に進めた方が良い点です。

退職してしまうと収入がなくなるので、安心して転職活動ができなくなります。

しかし働きながら転職活動すれば、お金の心配もなくなるので安心です。

ただ、すでに心身の健康に悪影響が出ているのなら、療養するために退職するのも1つの方法になります。

退職してから転職活動しても、準備をしっかりしていれば問題ありません。

自分の状態を冷静に分析して、転職活動のスケジュールを調整しましょう。

ウォーターサーバーの営業からおすすめの転職先

ウォーターサーバーの営業職から転職するなら、おすすめの選択肢は3つあります。

それは同職の営業職への転職、マーケティング職への転職、ITエンジニア職への転職です。

同職やマーケティング職なら、今まで培ったノウハウを活かせます。

ITエンジニア職などの未経験な分野でもお客様との商談はあるので、プログラム言語などの知識さえ身につけば、コミュニケーション能力は大きなセールスポイントになるでしょう。

ここでは、ウォーターサーバーの営業職から転職するには、どのような業種がおすすめかについて解説していきます。

同職の営業職

転職は新卒と違い、即戦力になる人材が採用されやすいのはいうまでもありません。

そのため、ウォーターサーバーの営業で得たスキルを活かせる、同じ営業職への転職がおすすめです。

同じ営業職であれば、これまで培ってきたノウハウを活かせるので、未経験の分野と違い、キャリアアップしやすいでしょう。

もし、あなたに現職での実績があるのなら、今より高い役職をねらえるかもしれません。

それでは、培ったスキルを活かして転職したい場合は、どのような営業職が良いのでしょうか。

特におすすめなのは、法人営業です。

法人営業では、ルート営業と新規開拓どちらか一方を担当するのがほとんどです。

メーカーやIT業界ではルート営業が主になります。

そのため、新規顧客を探すよりも既存顧客との取り引きが多く、飛び込みやテレアポでの営業は少なくなります。

飛び込みやテレアポが苦痛であるのなら、法人営業に転職すればストレスなく働けるでしょう。

マーケティング職

営業職は自社商品を通じて、お客様の悩みを解決するのが仕事です。

お客様の悩みをヒアリングしたり、問題解決のために情報収集したりと、ニーズを探るスキルに長けています。

そのため、世の中が求めているものを探るために、商品・サービスの企画や市場分析が仕事であるマーケティング職に向いているのです。

営業職とマーケティング職は、目の前のお客様を対象にするか、潜在的な顧客を対象にするかの違いはあります。

しかし、商品やサービスを消費者に売り込むために、「どうしたら買いたいと思ってもらえるか」を考えるのは共通しているのです。

営業職のスキルは、マーケティング職にも活かせるスキルが多くあります。

そのため、もし転職するなら、マーケティング職を候補の1つに入れても良いでしょう。

ITエンジニア職

営業職からITエンジニア職への転職では、未経験の分野であるため、不安に思う方もいると思います。

しかし人手不足で需要が高いことから、未経験者でも比較的採用されやすいのが特徴です。

たしかに、ITエンジニア職はプログラム言語などの専門知識が必要になるので、それについての勉強は欠かせません。

それでも営業職から転職しやすいのは、営業職で身につけたスキルを活かせる場面が多いからです。

ITエンジニア職といっても、パソコン作業だけではありません。

お客様とのコミュニケーションは必須なのです。

そのため、営業で身につけたヒアリング力やプレゼン能力は、お客様との商談に役立ちます。

ITエンジニア職は、対人関係を苦手とする人が非常に多いので、営業で培ったスキルを活かせれば差別化につながります。

初心者でも受け入れている企業があるため、興味のある方は確認してみてください。

転職するならアゲルキャリア

いざ転職しようと思い立っても、どのように転職活動すれば良いかわからないかもしれません。

そんなときにおすすめなのは、「アゲルキャリア」という営業マンの転職をサポートすることに特化した転職サービスです。

このサービスは、あなたの希望に合わせた求人応募の紹介や個別相談、履歴書の添削や面接練習など、さまざまなサポートをしてくれます。

さらに内定率は95%と、かなりの数字を誇ります。

忙しいあなたのために365日24時間いつでも対応が可能ですので、気になる方は是非この機会に利用を考えてみてください。

まとめ

ウォーターサーバーの営業は、飛び込み営業やテレアポが多く、断られるだけでも精神的ストレスはかなりのものです。

それに加えて土日出勤があれば、心身ともに限界を感じてしまうのは無理もありません。

しかし対処法を知れば、仕事を効率的にこなせるようになり、心に余裕をもって仕事ができます。

それに、もし限界なら転職する方法もあるので、あまり不安にならなくても大丈夫です。

今はつらいと思いますが、自分の状態をしっかり分析して現状を把握し、適切に対処しましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます