生命保険営業のキャリアプランを徹底解説! 保険業界だけでなく経験が活かせる他業界についても紹介!

生命保険営業のキャリアプランを徹底解説! 保険業界だけでなく経験が活かせる他業界についても紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

就職活動をしていく中で「キャリアプラン」という言葉を耳にする機会は多いのではないでしょうか。

キャリアプランとは、今勤めている企業の枠組みを超えて将来の働くビジョンを実現するための行動計画を指します。

リモートワークの定着化や年功序列や新卒至上主義の常識がなくなろうとしているなど、働き方に大きな変化が訪れている現在、キャリアプランを立て自分自身での目標に向かうことはとても重要視されているのです。

今回は、生命保険営業のキャリアプランについて話していきます。

【生命保険営業のキャリア】キャリアプランを考える際に必要なこと

漠然と「キャリアプランを考えてください」と言われても、どこから手をつけたら良いかわからないという方が大半でしょう。

忙しい毎日では現在の業務に向き合うので手一杯という方もいるでしょうし、今の業務に適性があるのかわからないと悩んでいる方もいるかもしれません。

しかし、キャリアプランを考え具体的な目標を立てることは、モチベーションアップにつながり日々の業務にもやりがいを感じられるようになります。

キャリアプランを考える際に必要な2つのポイントをご紹介します。

今後働く会社で活かせるスキルを身につけておく

まず、今後勤務する、もしくは勤務したいと考えている企業で必要なスキルを身につけましょう。

目標とする自分のキャリアと現在自分のギャップを埋める作業をしていくのです。

たとえば、やりがいや成果報酬を求めて日系企業から外資系企業の保険営業にキャリアチェンジを考えているのであれば、最低限の語学力が必要になるケースがあります

それならば、日々の業務に支障をきたさないペースで構わないので語学力向上のために日々努力する必要があるのです。

このように、前もってスキルを身につけておくことがスムーズなキャリアアップにつながっていきます

そして、資格取得や語学力アップなどのスキルの向上は、転職先で役に立つだけではなく、さらにその先のキャリアプランの可能性を広げることにもつながるのです。

キャリアプランは柔軟に変更するもの

まず、キャリアプランは変更しても構わないものだと認識しましょう。

最初に考えたキャリアプランの通りにキャリアを進めなければならないわけではないのです。

なぜなら、長く勤めていれば理想とするキャリアが変わる可能性はもちろんありますし、ライフイベントによってキャリアプランは変える必要に迫られることもあります。

たとえば、女性の場合は結婚後配偶者の転勤に帯同するために退職する可能性もありますし、出産後今までのキャリアプランとは別の形でキャリアを描きたいと考えるかもしれません。

取り巻く環境が変化すれば思考や優先順位に変化が生じるのは当然であるため、キャリアプランは柔軟に変更するものだという前提で考えていく必要があります。

【生命保険営業のキャリア】保険業界でのキャリアプラン

生命保険の営業は専門的な知識が求められながらも営業力や行動力も求められるやりがいのある職種ですが、今後のキャリアプランがうまく描けないという声もよく伺います。

扱う商品が無形であり、さらに必要な資格も特殊なケースが多いために、思うように未来を描けない方も多いのです。

しかし、実は保険業界のキャリアプランは幅広いのです。

3つのプランをピックアップしますので、参考にして自分に適したキャリアプランを見つけてください。

現在で働く会社で実績を積み管理職になる

今所属する企業で実績を積み、管理職を目指す方法もあります。

年功序列意識が強く見られる保険会社ですが、当然ながら誰でも管理職に慣れるというわけではありません

管理職になるためには、保険会社の厳しいコンプライアンスを遵守しながら営業職で優秀な成績を収め、厳しい競争に勝ち抜いていかなければなりません。

そして、管理職になったら今までの営業スキルだけではなくマネジメントも学ばなければなりません。

管理職になると基本給はアップしますが、残業手当などが付与しなくなるケースもあるために、手取りが下がるケースもあります

しかし、何事も安定には変えられないと考えている方は、今いる企業で管理職を目指すため、業績を上げられるよう精進していきましょう。

バックオフィスとして専門性のあるスペシャリストになる

営業の業務とは離れ、バックオフィスで新たなキャリアを始めるのも一つの方法です。

バックオフィス業務とは、経理や人事、総務やシステム部門や、管理業務や事務など直接顧客とやりとりをしない業務の総称です。

対して、営業やマーケティングなどの顧客と直接関与する業務はフロントオフィス業務と言われます。

利益を生み出すフロント業務と異なり後方サポート的なイメージのあるバックオフィス業務ですが、企業が円滑に活動するためには欠かせない非常に大切な業務です。

また、バックオフィスの業務を通じて、専門性のあるスキルや知識を身につけることが可能です。

営業とバックオフィス業務2つのスキルが身についていれば強みとなり、今後のキャリアの選択肢も広がるでしょう。

歩合の割合が高いほかの保険会社へ転職し営業職として極める

保険の営業という職種にやりがいや自信があるけれど、より高額なインセンティブや評価が欲しいと考えている方は、条件の良い別の保険会社に営業職として転職するのも一つの手段です。

保険業界では、同業他社への転職は決して珍しいことではありません

生命保険営業は生命保険募集人資格や損害保険募集人資格、FP2級以上など専門的な資格やスキルを保有しているケースがほとんどなために、現在の知識やスキルを活かしたまま別の企業でキャリアを始めるのも合理的でしょう。

生命保険会社といっても、国内系企業や外資系企業、損保系生保やネット系企業などさまざまな業種があり、企業ごとに待遇や社風も大きく異なります

今いる企業のカラーが合わないのなら、別の企業で生命保険営業の道を究めるのも良いでしょう。

【生命保険営業のキャリア】保険業界内での転職の違い

先ほど述べたように、ひと言で生命保険会社といっても業界内でも業種や企業によってさまざまな特徴があります。

その中でもやはり国内系保険会社と外資系保険会社でキャリアを決めかねているという方は多いのではないでしょうか。

同じ保険会社の営業でも業務内容や商品の特徴、給与などの待遇面まで大きく異なります

新しいキャリア選びに失敗しないためにも国内系保険会社、外資系保険会社それぞれで働くうえでのメリットやデメリットなどを紹介してきます。

国内生命保険会社への転職

国内生命保険会社に転職するパターンについて話していきます。

国内の保険会社には多様なキャリアパスがあります。

まずは、営業職でスペシャリストになるというキャリアパスです。

顧客と直接やりとりをし、生命保険という無形の商品を販売し顧客の人生に寄り添える生命保険営業には唯一無二のやりがいがあります。

また、毎月のノルマ達成など業務がハードな面もありますが、数字で成果が表示されるのも事務職にはない達成感を得られるために、現役の営業職としてのキャリアパスを描く人は多く見受けられます

次に、大手生命保険会社のバックオフィスでスペシャリストになるというキャリアパスがあるのです。

先ほど述べたように、保険会社には総務や経理だけではなく、商品企画や保険金支払いや管理部門などのさまざまな専門的な知識を要するバックオフィス業務があります。

キャリアパスを描く際には、今後自分がどうなりたいかを明確化することが重要です。

どうなるかを明確にするためにはまず自己分析をして、自分の能力や強み、弱みや転職活動の軸をはっきりさせる必要があります。

次に、自己分析の結果を踏まえたうえでキャリアプランを考えていけば、納得のいく転職先を見つけられるでしょう。

外資系生命保険会社への転職

次に、外資系生命保険会社への転職について話していきましょう。

外資系企業は実力主義な会社が多く、契約した保険料の〇%が数年支払われるというような完全歩合制であることが多いのが特徴です。

また、保険商品も国内企業がニーズの多い内容をまとめたセット販売がメインであるのに対し、オーダーメイド型のものが多いため、保険営業としての知識や力量が試されるでしょう。

能力に見合った報酬が支払われるというメリットはありますが、日本の企業では当たり前の退職金や家賃補助の制度がないことも多いために、福利厚生に対しては基本的にはないも同然と考えて良いでしょう。

また、給与が安定しないだけでなく、成績が振るわなければ解雇通達される可能性もある非常にシビアな世界でもあります。

しかし、ワークライフバランスを重視する傾向がありその分、休暇制度が充実しているという側面もあります。

成果を出せば勤務時間はフレックスで問わないなど忙しい代わりに自由度が高い企業も多いため、家族ができて、転居を伴う異動は避けたいという方が転職する場合もあるのです。

厳しい環境で営業職としての実力を身につけたかったい場合や営業職としての能力に自信があり、インセンティブ給をもっと増やしたい方が外資系保険会社には目立ちます。

【生命保険営業のキャリア】保険業界で転職をする際に重要なポイント

このように、保険業界で歩めるキャリアは多様であり、それゆえに入念な自己分析によるキャリアプランの作成が求められます。

営業職なのか、バックオフィスなのか、国内系企業なのか外資系企業なのかそれ以外か…しっかり考えず転職活動を始めてしまうと、自分の中の優先順位がわからないままになり非常に危険です。

そして、転職する際に押さえておきたい重要なポイントがあるので3つに分けて紹介していきます。

悩んだ際にはぜひ参考にしてください。

求人は多いが自分に適しているかの判断が大切

数ある求人の中で、自分に適していいる企業かどうかを見極める必要があります

保険業界は出入りが激しいために、求人も他業種に比べ多く出ているために目移りすることもあるでしょう。

そして、大半の人が「今より好待遇の企業で働きたい」と考えているために、どうしても給与が高いことが優先されがちです。

しかし、高い給料はモチベーションにつながるために重要ですが、それ以上に自分にマッチしており長期にわたり勤務しスキルアップできるかが転職においては大切です。

社風や商品の特徴などをできれば企業を見学するか、勤務している人に直接聞く機会を設けるなどして確認すると良いでしょう。

また、早期離職しないためには離職率や平均勤続年数などの数字を見て、ブラックな環境か否かを客観的な視点で選ぶことも大切です。

業界での旬な情報を手に入れることができるか

漠然と業界と業種だけで転職先を探すのではなく、旬な情報をキャッチしたうえで転職先を決めることをおすすめします。

たとえば、2021年度は新型コロナウイルスの蔓延により定着化した人との接触や外出を控える新しい生活様式で、対面販売の新規契約数は減少しているのです。

そのため、IT化して顧客と非対面で接触できるツールの充実が課題とされています

また、保険内容は死亡保障を抑え医療保障を抑えるという傾向が数年続いています。

このような業界内でのトレンドや他企業独自の情報、伸びている企業など旬な情報を手に入れられるかどうかで、自分の求めている待遇の企業を見つけやすくなるかが変わるのです。

トレンドには常にアンテナを張り、気になるものはニュース記事などで深堀りして幅広い知識を得たうえで転職活動をしましょう。

妥協しないポイントと妥協するポイントの線引きを明確にする

希望する企業がなかなか決まらないという方は、自分が掲げている転職の希望条件の妥協点を探してください

先ほど述べたように、すべての理想を叶えられるような企業は存在しません。

そして、妥協することは決して悪いことではないのです。

もしかしたら「年収上げたい」「休みが欲しい」という外的な欲求に囚われ、その先の転職の本音に気付けていないのかもしれません

なぜ年収を上げたいのか、休みを増やしたいのか、自問自答を繰り返すと、「正当に評価されたい」「営業が合わないため職場にいるのが苦痛だ」などの本音が見えてきます。

そこに軸を置くとまた企業選びの視点が変わってくるでしょう。

また、希望する条件が多い方は、条件を書き出し優先順位を決め、どうしても譲れない条件に絞って企業を探しましょう。

後悔しない転職活動のためには、絶対に外せない部分と妥協できる部分の線わけが重要です。

【生命保険営業のキャリア】経験が活かせるおすすめ業界

生命保険業界内のキャリアプランや転職活動の際のポイントについて説明しました。

営業職としてスキルを磨き続ける、もしくはバックオフィス業務や管理職を目指すなど、さまざまなキャリアの選択肢があるため、現在得た知識を活かしながらも自分に適した方法へステップアップしていけるでしょう。

しかし、保険業界ではない業界で新たにチャレンジしたいという方もいるでしょう。

保険業界の知識や経験を活かせる業界を紹介していきますので、興味のある方はぜひご覧ください。

不動産業界

保険業界の営業から不動産業界への転職はとても多く見受けられます

扱う商品が無形か有形かなどの大きな違いはありますが、長期的目線での運用投資を行うという意味で、不動産営業は保険営業における考え方との親和性が高いのです。

また、保険会社で得た専門的な知識も大いに役に立ちます。

たとえば、不動産購入の際に組む住宅ローンには団体信用生命保険の契約がセットになっているため、保険に関する専門知識が大いに発揮できるのです。

また、FP2級を保有している場合、顧客の相続や固定資産税などの相談にも乗れるため、他の営業と差別化を図れます

不動産業界もパンデミックの影響を受け大きな変革の時期を迎えていますが、市場は巨大であり比較的安定しているために新しいキャリアにおすすめの業界です。

コンサルティング業界

コンサルティング業界はクライアント企業の課題を明らかにし、解決のための提案をする仕事であり、保険営業とも親和性が高いと言われています。

ひと言でコンサルティング業界といっても、ITコンサルや戦略コンサル、さらに総合系コンサルなどさまざまな業態があります。

保険営業としてクライアントのニーズを聞き出し、保険という無形の商品を販売してきた経験と論理的思考にもとづいたコミュニケーション能力を、コンサル現場で役立てられるのです。

また、保険営業は扱う商品は保険に限られていますが、コンサルはクライアントが変わるごとにプロジェクトのテーマやゴールが変わるために、業務はハードですが学びが多くやりがいを感じられるでしょう。

もっと多くの人と関わりながらさまざまな経験をしたいという方にはおすすめの業界です。

おわりに

生命保険営業のキャリアプランについて紹介してきました。

保険業界内でほかの職種にチャレンジする、ほかの業界でまったく新しい業務にチャレンジするなどさまざまな選択肢がありますが、キャリアプランを考える前にまず自己分析をして、自分が仕事に求める軸を明確にしましょう

何を求めて転職活動するのかを確認することで、キャリアプランも具体性を持ちます。

キャリアプランは働き方や生き方の多様化が進む中で、ますます重要視されてくるでしょう。

昼休みなどの隙間時間や週末にぜひ取り組んでみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます