インサイドセールスのキャリアプランとは?多様なキャリアや身につくスキルを徹底解説!

インサイドセールスのキャリアプランとは?多様なキャリアや身につくスキルを徹底解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

インサイドセールスのキャリアアップには、どのような形が考えられるでしょうか。

成果を出せば歩合給でかなり稼げる業種ですが、今の立場に満足せずさらにやりがいのある仕事をしたい・より責任ある立場で仕事をしたいと考える方も多いはずです。

この記事では、インサイドセールスを通して身につくスキルや、そのスキルを活かしたキャリアプランについて紹介します。

現在携わるインサイドセールスの仕事からキャリアアップしたい方は、ぜひ参考になさってください。

【インサイドセールスのキャリアプラン】インサイドセールスのキャリアプラン5つ

インサイドセールスのキャリアプランを5パターン紹介します。

社内で成果を出せれば、インサイドセールス業務を行う方もさまざまな形でステップアップ可能です。

仕事をしていくうちに、インサイドセールス以外の業種に興味を持つ方もいらっしゃいます。

キャリアプランの途中で、ほかの企業へ転職し、年収アップを目指すことも不可能ではありません

どのようなキャリアプランを思い描くにせよ、まずは与えられた仕事で確実に結果を出すことが大切です。

インサイドセールス部門の管理職を目指す

まずは、インサイドセールス部門で管理職を目指すという方向性を考えてみましょう。

インサイドセールスはマーケティング部門・フィールドセールス部門をつなぐ役割を果たしています。

そのため、自社の営業に関してかなり広い視野に立って考えられる立場と言えるでしょう。

そうした経験をマネジメントスキルに応用し、営業門や組織全体を管理する立場を目指すことができます

営業部長・マーケティング部長などが、具体的な営業社員としてのゴールです。

もちろん、管理職としても結果を出せれば役員・経営陣に昇進する可能性もあります。

一社員からでも、結果を出せば大きくキャリアアップできるのがインサイドセールス含めた営業職の魅力です。

毎日結果にこだわって仕事に取り組みましょう。

フィールドセールスを目指す

インサイドセールスから、フィールドセールスの分野に進む方も非常に多いです。

電話やメールで培った話術や文章力・思考力はフィールドセールスでの商談に活かされます

逆に、フィールドセールスでの商談・ヒアリングといった業務から得られた経験がインサイドセールスに活きることも多いです。

うまくステップアップできれば、プレイヤーとしてインサイドセールス・フィールドセールス問わず社のエースとしてスキルを極める働き方もできるでしょう。

自信があれば管理職にならず、プレイヤーとして営業成績を上げ続けることで高収入を得るという道もあります。

プレイヤーとしてキャリアを終えたくない方は、営業経験を活かしてマネジメントの道を目指すことになるでしょう。

マーケティング職を目指す

営業と密接に関連する部署に、マーケティング部門があります。

インサイドセールスでは、お客様からさまざまな不満・要望を耳にする機会があるでしょう。

また、どのような顧客層(年齢・性別・収入・趣味嗜好など)に自社の商品・サービスが支持されているかといったデータも得られます

そうした経験は、温度感の高いリードを獲得するためのマーケティングに還元可能です。

マーケティング部門で良い評価を得られれば、マーケティング部門の責任者はもちろんその先のCMOといったポストも見えてきます

外資系企業ではマーケティングからCMO・CEOというキャリアをたどる方もいらっしゃり、マーケティング職は企業のトップ・経営層を目指したい方向きの選択と言えます。

カスタマーサクセス職を目指す

インサイドセールスといった営業部門から、カスタマーサクセス職を目指す方も多いです。

カスタマーサクセスに似た言葉としてカスタマーサポート・カスタマーサービスといった言葉もあります。

しかし、カスタマーサクセスはこれらの職種と同じではありません。

カスタマーサクセスでは、より顧客のニーズを把握し先手で改善策や新サービスを提案することが求められます

その業務において、インサイドセールスで培ってきたヒアリングスキルや顧客育成スキルは大きな力になるでしょう。

営業職の大きなやりがいは売上を伸ばすことですが、顧客満足度を高めることにやりがいを感じる方も多いです。

お客様に喜んでもらいたい指向の強い方は、この選択肢も魅力的なものになるでしょう。

新規事業の立ち上げに従事する

最後に、新規事業の立ち上げチームに参加するという形でキャリアアップするパターンも紹介します。

もちろん、勤め先の企業でそうしたプロジェクトが立ち上がらなければ実現しないキャリアプランです。

営業をする中で自分のアイデアを形にしたいと思った方は、社内でそのプロジェクトを提案しなければいけません。

それが叶わない場合、独立や他社への転職も視野に入ってきます

社内で新規事業立ち上げが認められるようになるには、どうしてもある程度の地位や実績が必要です。

ビジネスの醍醐味とも言える、自分で事業を一から作っていく仕事がしたい方はその目標を大きなモチベーションにできるでしょう

営業で培った粘り強さやマーケティングセンスを磨きつつ、社内での影響力を強めてください。

【インサイドセールスのキャリアプラン】キャリアプランが多様な理由

先ほど5つのパターンを紹介したように、インサイドセールスはキャリアプランが非常に多様です。

この理由について、簡単に見ていきましょう。

インサイドセールスはなかなか直接の成約につながりにくく、地味でやりがいのない仕事と考える方もいます。

しかし、さまざまなキャリアプランに通じている職種と考えれば仕事にハリが出るのではないでしょうか

毎日お客様とコミュニケーションを取っていく中で、確実にスキルが積み上げられています。

結果が出ない時期も腐らず、地道に業務に励みましょう。

インサイドセールスはマーケティングと営業の中枢を担えるから

インサイドセールスは、マーケターとセールスマンの橋渡し的な役割と言えます。

マーケターが売り込みたいと考えた商品をお客様に宣伝し、その感触をマーケターにフィードバックするのがインサイドセールスの仕事です。

良い感触を得られたお客様がいた場合はその情報をセールスマンに知らせ、セールスの成約率を高める仕事も求められます。

マーケティングの知識やセンスが磨かれるうえ、セールスマンと同様ヒアリングや営業スキルも身につけられるのがインサイドセールスの強みです。

そのため、フィールドセールス一本で仕事をしてきた方よりキャリア選択の幅が広がる可能性があります。

もちろん毎日の仕事から得られた経験を自分自身の糧とできるよう、しっかり考えながら仕事をすることが前提条件です。

さまざまな職種で自分の経験を活かせるから

インサイドセールスで身につけられるスキルは、プレゼン能力・ヒアリング能力・データ分析力・文章力など非常に汎用性が高いと言えます。

社内でのキャリアアップはもちろん、転職市場でもインサイドセールスの経験が有利に働くことが多いです。

営業職全般でインサイドセールスで培った能力は重宝されますし、マーケティングや事務といった職種への転職で思わぬ評価を受ける場合もあります。

人によっては、自分の希望ではなく人事担当者の決定でインサイドセールスに配属になった方もいるでしょう。

しかし、インサイドセールスの経験をしておくことで、将来自分の希望職種に就けた際により良い仕事ができる可能性もあります。

希望通りの配属でなかった場合でも、将来のキャリアを見据えて頑張ってみてはいかがでしょうか。

【インサイドセールスのキャリアプラン】身につくスキルと活かし方3つ

インサイドセールスで身につけられるスキルを具体的に紹介します。

もちろん、キャリアアップを考えると身につけたスキルをどのように活かすかも重要です。

スキルを活かしたステップアップについても簡単にまとめましたので、参考になさってください。

営業・マーケティング全般の業務に役立つスキルが多いインサイドセールスの経験は、ほかの職種への転向や異業種への転職でプラスに働くことも多いです。

自分のキャリアプランがはっきりしてきた場合、思い切った転職も検討してみましょう。

①プレゼンテーションスキル

インサイドセールスで磨かれるスキルとして、プレゼンテーションスキルが挙げられます。

仕事で最もよく用いられる手段はやはり電話で、電話のセールスでは相手に切られないようプレゼンする力が必要です。

商品説明力が高いだけでなく、エレベーターピッチで話すといった工夫を駆使して短時間で勝負を決めなければいけません。

フィールドセールスは相手とアポイントを取ったうえでコミュニケーションが取れるので、じっくり「攻める」ことができます。

その点、自社商品やセールスを知らない方にも魅力を伝えなければいけないインサイドセールスは非常に難しい仕事です。

営業マンとして非常に高い能力・センスを持っていなければ、なかなか結果を残せません。

この仕事で評価されたのなら、大きな自信につながるでしょう。

活かし方

情報を端的に伝えるプレゼンテーションスキルは、さまざまな分野で活きてきます。

職種を問わず管理職に出世した時も、この能力が役立つでしょう。

指示・命令を出す際、わかりやすく簡潔に要点を伝えることは部下からの信頼を得ることにつながります

フィールドセールスでも、インサイドセールスで磨いたプレゼンテーションスキルが役立つ場面は多いです。

特に新規開拓の営業ではインサイドセールスと同様、端的な説明で商品・サービスの魅力を伝えなければいけません。

カスタマーサクセスでも、自社内のプレゼンで「今何が求められているか」「何が最優先課題か」を端的に納得してもらう必要があります。

プレゼン能力を活かして仕事をしたい方は、さまざまなキャリアプランを選べるでしょう。

②ターゲットの温度感の精査力

インサイドセールスの業務では、相手の声色など限られた情報からターゲットの温度感を探らなければいけません。

新規営業はとにかく数多くアタックしてみることも大切ですが、温度の高いターゲットに力を注ぎ効率的に数字を出すことも求められます

電話営業といった仕事から相手の温度感をキャッチする能力が磨かれれば、フィールドセールスでも成約率を上げやすくなるでしょう。

大量のリードからターゲットを絞り込むのが上手な方は、その分析力・データ収集力がマーケティングや広報で役立つこともあります。

自分がプレゼン・ヒアリングよりもデータ分析・事前の情報収集といった分野に強いと感じる方は、こうした方向でキャリアアップを目指してはいかがでしょうか。

活かし方

ターゲットを絞り込む能力は、マーケティングで非常に重宝されます。

新規事業の立ち上げでも、ターゲットの温度感を感じられるスキルは大いに役立つでしょう。

新たにビジネスを始めようと思った時には、プロジェクト発足時点でさまざまな情報を集める必要があります

ライバルとなる他社など「脅威」やリスクがないか、損益分岐点がどこにあるのかといった点に加え、どんな顧客に訴求していけばいいのかも考えることになるでしょう。

自分のアイデアを形にするためには、どのようなターゲットをメインにするのかわかりやすく説明できなければいけません

せっかく優れた商品・サービスを開発しても、売り込むターゲットを誤ってはその魅力がうまく伝わらない可能性もあります。

③顧客と信頼関係を築くスキル

インサイドセールスは、顧客と信頼関係を築く能力が身につく仕事です。

電話・メールといった対面ではない手段でも相手に信頼感を与えるためには、さまざまな資質が求められます。

声質やトーンによっても、相手が受ける印象は大きく変わってくるでしょう。

もちろん、相手から質問された時に簡潔でわかりやすい説明ができるかもポイントです。

相手の話を聞くのも、決して簡単ではありません。

適切なタイミングで相槌を返す・相手の話から要点がどこかを的確に察知するといった能力がなければ、相手の信頼を得ることは難しいでしょう。

インサイドセールスでお客様から信頼される・感謝される仕事ができるようになれば、ほかの営業部署でも活躍できる可能性が高いです。

活かし方

顧客の信頼を得る能力は、法人営業やコンサルタントなど時間をかけて相手と接する職種で非常に役立ちます

法人営業は決まった取引先と長く信頼関係を継続することが第一に求められることが多く、相手から相談を受けることも大切な仕事です。

インサイドセールスでヒアリング能力が磨かれていると、相手のニーズを正確に汲み取り的確な提案やコンサルティングがしやすくなるでしょう。

事業責任者や経営者など立場の高い方と商談する時には、特に信頼される人間かどうかが成否のカギを握ることが多いです。

新規事業の立ち上げにおいても、決済担当者や最終責任者の役員といった方から信頼を勝ち取らなければなりません。

法人営業や新規事業・経営企画といった部署を目指す方は、この能力をしっかり磨いていきましょう。

【インサイドセールスのキャリアプラン】キャリアプランを明確にすることが重要

キャリアプランが多様化していることは大きなメリットですが、迷いが生じやすいという点でデメリットになる可能性もあります。

そのため、インサイドセールスに従事している方は自分のキャリアプランを明確にすることが非常に重要です。

ほとんどの方は、就職した時点でまだ自分の適性や能力をはっきり見定められてはいないでしょう。

仕事の経験を通して自分の長所や適性を見つけ、納得いくキャリアプランを形成する必要があります。

転職エージェントなど、外部の方と話をして刺激を得るのも良いでしょう。

将来ありたい姿がすぐに思いつかない場合の対処法

将来のキャリアプランを明確にするのは意外と難しく、なかなか将来の自分の姿を思い描けない方も多いです。

インサイドセールスのようにキャリアプランの可能性が広い方であれば、なおさら難しいと感じる場合もあります。

特に職種選びや転職するかどうかは、自分の一生を左右する重要な決定です。

後悔のない決定を下すようにするためには、迷う・悩むというプロセスが必要なこともあるでしょう。

もし将来像に迷ってしまった時は、どうすれば良いのでしょうか。

以下の見出しでは、自分が将来こうありたいという姿がすぐ思いつかない場合の対処法を紹介します。

特別なスキルが必要な方法ではなく、若手ビジネスマンでもすぐ実践できることなのでぜひ取り組んでみてください。

自己分析を深掘り、自身の価値観を客観視してみる

自分の将来像に迷った時の対処法として、最も簡単で効果的な方法は自己分析を深掘りすることです。

将来に迷う場合、そもそも自分の価値観を客観的に把握できていないことは珍しくありません。

就職活動をした時にさかのぼるなど、自分の過去を深掘りし自分が仕事で何を大切にしているかを今一度考えてみましょう

「できるだけ高い収入を得たい・高い地位に就きたい」という向上心が仕事のモチベーションとなっている方もいれば、「お客様に喜ばれる経験を一つでも多く得たい」と営業職を志した方もいらっしゃるはずです。

仕事を通して、学生時代の価値観に変化が生じている可能性もあります。

まずは自分がどんなビジネスマンになりたいかに立ち返り、その後のキャリアを考えてみてください。

さまざまな社会人の話を聞いてみる

先輩を中心に、さまざまな社会人の話を聞いてみるのもおすすめです。

同じインサイドセールスで働いている方が、将来どんなキャリアプランを描いているのか情報収集してみましょう。

特にインサイドセールスの経験が浅い方は、今の自分の仕事が将来にどのように役立つか知ることが将来の理想を見つけるための第一歩となります。

大人数が働く部署であれば、仕事をしていくうちに同僚・先輩が転属・転職する機会も多いはずです。

人事決定ではなく本人の希望で仕事を移ったということであれば、どうしてその業務を希望したのか送迎会などで尋ねてみてはいかがでしょうか

将来の可能性について自分が想像できるモデル自体が少ない方は、まずはこの方法で情報を集めることをおすすめします。

【インサイドセールスのキャリアプラン】理想のキャリアを叶えられる企業を見つけるには?

インサイドセールスの仕事から理想のキャリアに進むにあたっては、転職エージェントの利用が役立ちます。

インサイドセールス業務を行う企業の特徴・具体的な業務内容・得られるスキル・キャリアプランなど幅広い観点から情報を集められるでしょう。

こちらの転職エージェントは20代営業職の転職に特化しており、若い方に役立つ貴重なアドバイスを得られる可能性が高いです。

興味をお持ちになった方は、こちらから詳細をご確認ください。

まとめ

インサイドセールスは、結果を出せば歩合で高収入を得られるだけでなく将来に役立つさまざまなスキルを身につけられる仕事です。

将来営業やマーケティング・企画といった分野で活躍したい方は、この職種で経験を積むことが大いに役立つ可能性もあるでしょう。

しかし、ただ漫然と仕事をするだけでは貴重な経験が得られません。

毎日の成功・失敗を一つひとつ自分の経験にできるよう、高い意識を持って仕事に臨みましょう。

早めにキャリアプランを見出し、自分のモチベーションにすることも大切です。

インサイドセールスは、結果を出せば歩合で高収入を得られるだけでなく将来に役立つさまざまなスキルを身につけられる仕事です。

将来営業やマーケティング・企画といった分野で活躍したい方は、この職種で経験を積むことが大いに役立つ可能性もあるでしょう。

しかし、ただ漫然と仕事をするだけでは貴重な経験が得られません。

毎日の成功・失敗を一つひとつ自分の経験にできるよう、高い意識を持って仕事に臨みましょう。

早めにキャリアプランを見出し、自分のモチベーションにすることも大切です。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます