【新卒向け】化粧品業界の志望動機が知りたい!受かる志望動機の書き方がわかる!

【新卒向け】化粧品業界の志望動機が知りたい!受かる志望動機の書き方がわかる!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

今回は化粧品業界の営業職に興味をお持ちの皆さんに向けて、業界の動向や業務内容も含め、具体的な志望動機の書き方のポイントをお伝えします。

まずは業界と企業への知識と理解を深めたうえで、うまくポイントを押さえれば、採用の確率は一気に高まるでしょう。

実際に好評価を得やすいエントリーシートの例文も、3つご紹介しています。

ぜひ最後までお読みいただき、化粧品業界の営業職へ向けた就職活動の参考にしてみてください。

【化粧品業界の志望動機】化粧品業界とは

化粧品の製造・開発・販売などに携わる企業のことを指し、そのなかでも、製造〜販売までを自社で担う企業のことを化粧品メーカーと呼びます。

昨今、化粧品の需要は国内では市場飽和の傾向にあり、特に大手メーカーは新たな需要を求め、海外市場開拓への意向が鮮明です。

また、新型コロナの影響による動向の変化も見逃せません。

化粧品業界全体の市場規模としては、2021年度は前年に比べるとやや減少傾向にあると言えるでしょう。

主要業務

化粧品業界にはさまざまな仕事があります。

まずは、化粧品業界について知るためにも仕事内容について説明します。

具体的にはどのような仕事があるのか、主要業務を理解した上で志望動機を作成してみましょう。

営業

化粧品業界の営業は、主にスーパーやドラッグストアを営業先として自社の商品の価格交渉や実際に店で販売する商品の決定などを行います。

営業職として働きたいのならば、コミュニケーション力が必要不可欠です。

お店の人と話すことが多くなるため、それらを考慮した上で志望することが大切です。

店頭で販売する商品の決定や価格交渉は、自社の売上に直結する非常に重要な業務です。

常に責任感をもって仕事をすることが求められます。

営業職についてボリュームが大きいため、後で詳しく解説します。

接客販売

接客販売は、店に足を運んでくださったお客様に対してお客様のニーズにあった商品を提案したり、お客様が興味をもった化粧品について詳しく説明をしたりする仕事です。

接客販売は、コミュニケーション力が重要になってくるとともに、自社の商品を含めた化粧品について相当な知識が必要になります。

また、営業と似ている点もありますが、違うのは相手です。

営業は販売をするお店に、接客販売はお客様を相手に仕事をします。

商品企画

化粧品業界は多種多様な化粧品がすでに世に出回り、人々の幸福を支えています。

しかし、化粧品を使っていく中で新たなニーズが生まれることがあります。

それらを考慮して新商品の開発を進めていかなくてはいけません。

その新商品の企画をするのが商品企画の仕事です。

商品企画の仕事は、売上を上げる上で重要な役割をなしているのです。

新たなニーズを考えて予測するのは非常に難しいことです。

アイデア力や想像力に長けている人にはおすすめの仕事です。

研究開発

研究開発は、商品企画で企画したものを実際に商品として売り出せるのか、研究をして開発していく仕事です。

まずは商品企画で企画された商品を実際に制作して見ることから始まります。

そこからさまざまな実験などの研究を重ねていって安全性や機能性に問題がないか、商品として売り出していけるのかどうかを調査します。

研究開発で重要なのは、商品として売り出した後で問題が出ないようにすることです。

慎重に研究をして特に安全性に注意して開発を進めることが大切です。

業界全体の動向

2020年、化粧品業界は新型コロナウイルスの影響で9年振りのマイナス成長となりました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、実店舗で接客をする強みが活かせなくなったこともあり、ECの強化をはじめとしたデジタルシフトがさらに加速してきました。

EC強化の一環として、リアルとデジタルを融合し、顧客がどこでも商品を体験・申し込み・購入することができるいわゆる「オムニチャネル化」を推進し、顧客との接点を増やすための努力をしている企業も多く見受けられます。

またデジタル面の強化のみならず、マスクに付きにくいメイクアップ商品や、肌荒れを防ぐスキンケア商品など、時勢をとらえた商品開発に注力しているのも特徴です。

コロナ禍の中だからこそ生まれた商品も数多くあります。

【化粧品業界の志望動機】営業職について

化粧品業界の営業職とは、直接お客様に商品を販売する仕事ではありません。

自社製品を拡販して売り場を増やしていくために、百貨店や専門店・ドラッグストアなどの小売店に働きかけることが主な仕事です。

メーカーやブランド、それぞれの販売経路によっても、営業方法や提案の仕方、業務内容なども変わってきます。

また、営業職の業務内容や、やりがいについて理解をしておくと、志望動機を作成する際の手助けとなってくれるでしょう。

業務内容

既存および新規クライアントに自社製品を提案し、取り引きを成立させ、顧客の問題解決をはかります。

単に自社製品を案内するだけではなく、取り引きを行うクライアント企業の本質ニーズをつかむことが大切です。

たとえばドラッグストアを運営している企業の場合、「どんな顧客層に店舗に来てもらいたいのか」「店舗に来て何をしてもらいたいのか」など、そのクライアントが今何を一番重視しているか(課題としているか)によって、提案する製品も提案の仕方も変わってくるでしょう。

そのため、データ分析力やマネジメント力も欠かせません。

やりがい

自身の提案した製品が採用され、店舗の棚にずらりと並んだ光景は爽快です。

売り場に足を運ぶケースも多く、最終ユーザーである消費者(お客様)の反応を直に体感できます。

新製品の発売時など、その売れ行きや状況を真っ先に感じられる点は、ほかの職種にはない醍醐味の1つかもしれません。

店舗責任者とコミュニケーションを取るケースも多く、「あの商品、すごくお客様からの反応が良いんだよ!」「この前の企画、とても反応が良くて来店数がすごく伸びたよ、ありがとう」と言ってもらえることがあれば、営業冥利に尽きることでしょう。

【化粧品業界の志望動機】志望動機の書き方のポイント3選

書き方のポイントを押さえることで、エントリーシートの通過率が上がります。

下記の3つのポイントを意識して、志望動機を作成しましょう。

なぜ化粧品業界を志望するのか

なぜその企業を志望するのか

自分が営業職として実現したいこと

ポイントは「業界」、「企業」、「職種へのこだわり」です。

「化粧品業界でなければなない」「○〇という企業でなければならない」「営業という職種でなければならない」理由を具体的に整理して、それぞれを紐付けなければなりません。

なぜ化粧品業界を志望するのか

企業はさまざまな理由から志願者の業界への志望動機を聞くことが考えられます。

1つは理解度の判断です。

業界への理解度が低いと、志望度合いも低いと思われる可能性が高くなってしまうでしょう。

次に志願者の価値観です。

企業はその業界を志望する理由から、志願者の価値観を知ろうと考えているケースがあります。

最後に長く続けられるかです。

業界を志す理由について知ることで、社会人として働くということの意気込み、本気度をはかろうとする企業が多いのもまた事実です。

なぜその企業を志望するのか

志望動機は「業界」がベースで、その上に「企業」があります。

土台がしっかりしていないと「なぜこの業界のこの企業ではないといけないのか」という最終的な目標が揺らいでしまいます。

その企業でなければならない理由を明確にするため、類似企業間の比較は欠かせません。

複数社の商品を実際に手に取ってみたり、ウェブサイトを見比べてみたり、共通点や相違点に注意しながら体験および見聞きすると、その違いがよりはっきりと見えてくるはずです。

自分が営業職として実現したいこと

入社後の将来的なビジョンを具体的にイメージすることで、企業は志願者の成長性や熱意を感じ取り、評価につながるでしょう。

さらに、ほかの職種ではなく、営業を志望した理由も明記しなければなりません。

たとえば「日本中にあるすべての薬局で○○というスキンケア商品を買えるようにしたい」など、目標は具体的な方が好まれやすい傾向にあります。

また、将来的なビジョンには「この企業でなければならない」理由も欠かせません。

【化粧品業界の志望動機】おすすめの志望動機の構成例

志望動機は構成が大きな鍵になります。

志望動機の構成面で減点されないように以下のポイントを意識してみましょう。

まずはじめに志望動機の最終的な結論をまとめましょう。

その理由は、文章全体に一体感が出て説得力が増すからです。

また、結論から先に伝えることで採用担当者に自分の伝えたいことが伝わりやすくなります。

その後で、その志望動機に至った経緯を具体例を挙げて伝えることが重要なポイントです。

具体例をしっかり挙げることで、説得力を持たせることができるようになります。

最後に自分が入社後にどうなりたいか、将来的なビジョンについて触れておきましょう。

そうすることで企業側に入社後のイメージを持たせることができるため、採用されやすくなります。

【化粧品業界の志望動機】化粧品業界の志望動機

実際に好評価を得やすいエントリーシートの例文を3つご紹介します。

自身の体験や想い、化粧品業界の営業職を志望するに至った経緯なども思い出しながらご覧ください。

「自分が企業の採用側の立場だとしたら、こんな人物と一緒に働いてみたい」という視点で俯瞰的に見てみることもおすすめします。

大手企業の採用担当者は、何百何千という志願者のエントリーシートに目を通しています。

その中で印象に残るには独自性、または業界や企業に対する本気度将来的なビジョンなどが必要不可欠です。

例文①

私は学生時代、容姿に自信がなく、素顔で初対面の人と会うことにとても抵抗を感じていました。

日常的に容姿のことで心ない言葉を投げかけることもあり、自分に自信がもてず、何事にも消極的な性格でした。

しかし、あるきっかけでメイクを学んだことにより、自分に自信がつき、何事にも前向きに挑戦できるようになったのです。

メイクと化粧品に助けられ、自分の未来に無限の可能性をも感じました。

そのときに使用したのが、貴社の○○という化粧品です。

○○という化粧品をはじめ、化粧品業界のトップシェアを誇る貴社の一員として、教育機関等と提携して学生にメイクを普及するための活動をしたいと考え、志望に至りました。

「自分に自信がもてない」「日々の生活がなんだか消極的」だと感じている若いすべての女性に、私と同じように貴社の化粧品を通じて、明るく前向きに生きていくことを実感してもらいたいです。

また、メイクをすることのメリットを広く伝えられれば、より化粧品の需要が高まり、貴社の売り上げに貢献できると考えております。

例文②

学生時代は、飲食関連のバイトで接客を担当しており、コミュニケーション能力には自信があります。

その能力を活かして、販売店や美容部員の方などさまざまな関係者と協力し、お客様のニーズに応じた商品を提供していきたいです。

また、日々の活動において現場から得られる多くの要望や意見を、商品開発などにもフィードバックしていければとも考えております。

美容を通して、人種や性別に関係なく多くの人に「勇気や希望」を与えることが将来の目標です。

私にとって「美」とは常に、「個性的な価値観と共にあるもの」だと考えております。

美の考え方は人により異なりますが、「美しくなりたい」という想いは全世界の人々がもっている、共通の想いではないでしょうか。 

一人ひとりの個性を尊重し、関係者の力を最大限に発揮できる環境を作ることで、貴社と販売店および協力会社との信頼関係をより親密にし、消費者の美に貢献しながら貴社の売り上げにも貢献していきたいです。

例文③

私自身、これまでは特に、メイクに関して無関心でうとい部分もありましたが、昨今のコロナ禍でその意識ががらりと変わりました。

オンラインでのコミュニケーションが増える中、自分の素顔を見せるのは画面を通してというケースが多くなります。

また、外出時においても、常にマスクを付けているので、容姿についてはなんとなく無頓着になっていました。

しかし、そもそも画面上でしか自分を見せることがなく、実際に人と会うときもマスクを外した一瞬の素顔で第一印象が決まってしまうこともあると考えたとき、少しでも自分らしさを伝えたいと思ったのです。

そして、人と会うときは目一杯おしゃれをしたいという思いを叶える手段として、メイクの重要性を強く感じました。

Withコロナの時代となり、ライブコマースがますます盛んになっていく時代の中、お客様への体験価値の最終伝達者として、貴社の商品を通じて新しい美のカタチを伝えられる人になりたいと考えております。

おわりに

ここまでで、化粧品業界の営業職への志望動機がなんとなく明確になってきたでしょうか。

業界と企業を志望する理由は就職活動の根底となる部分です。

採用の大きなポイントになるといっても過言ではありません。

理由次第では印象が大きく変わってくることでしょう。

事前に入念に準備して、自分でも納得のいくまで推敲を繰り返してください。

できあがったエントリーシートは、必ず周りの人にも見てもらい、第三者の意見も参考にしましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます