技術営業の職務経歴書とは?技術営業ならではのポイントを解説

技術営業の職務経歴書とは?技術営業ならではのポイントを解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

転職活動をスムーズに進めたいと思うのなら、自身のスキルや経験、実績を効果的にアピールしなくてはいけません。

そのために活用されるのが職務経歴書です。

しかし、職務経歴書はある程度のテンプレートこそ存在するものの、職種や業種によってアピールするべきポイントは異なります。

場合によっては、せっかくの実績が相手にうまく伝わらないという事態も起こりうるでしょう。

そこで今回は技術営業職に焦点を当て、どのように職務経歴書を書けば良いのかを解説します。

転職を考えている技術営業職の方は、ぜひ参考にしてください。

【技術営業の職務経歴書】技術営業の特徴

職務経歴書作成に取り掛かる前に、まずは技術営業の特徴について確認しておきましょう。

技術営業として適切な職務経歴書を書くためには、まず技術営業の業務内容や、ほかの職種との違いについてあらためて把握しておかなくてはいけません。

このプロセスをないがしろにすると、アピールポイントが相手にうまく伝わらない、自分本位な職務経歴書となってしまう可能性があります。

一歩引いた視点で技術営業について考え、どうすれば知識のない人にも具体的な業務内容や、強みが伝わるかを考えておくと良いでしょう。

専門知識

技術営業の特徴としては豊富な専門知識を求められることがあげられます。

ほかの営業職でも販売する商材や業界についての知識は求められますが、技術営業ではその傾向がより顕著なのです。

技術営業は顧客に対して適切な商品やサービスを提案するだけでなく、技術的な質問やトラブルにも対応しなければいけない場合があります。

また場合によっては技術営業自身が顧客から現場の不満やニーズを聞き取り、製品の調整や設計を行うこともあるでしょう。

この傾向から技術営業は「セールスエンジニア」と呼ばれることもあります。

実際に技術営業の担当者は、専門知識や技術のバックグラウンドをもっているケースも少なくありません。

エンジニアを始めとする技術職の経験者が、そのスキルを活かした転職先として技術営業を選択することも多く見られます。

技術提案

技術営業の主な仕事内容は顧客への営業とエンジニア業務です。

営業としては技術職ではない通常の営業と一緒に現場へ出向き、専門的な知識がないと回答をすることが難しい質問に対応します。

また専門的な知識を活かして、顧客にとって有益な技術提案を行うこともあるでしょう。

一方、技術営業はすでに成約した顧客のもとでエンジニアとして働く場合もあります。

そういったケースでは製品のサポートやメンテナンスのために、顧客と長期的な関係を築かなくてはいけません。

顧客から聞き取った意見を社内に持ち帰り今後の開発に活かす、その橋渡しとしての役割も求められます。

つまり技術営業は営業としてのコミュニケーションスキルと同時に、エンジニアの専門的な知識が求められる職種なのです。

この2つをあわせ持っている点は大きな強みとしてアピールできるでしょう。

功績が目で見えにくい

一方で技術営業から転職する際には、デメリットとなるポイントも存在します。

それは功績が目に見えづらいことです。

技術営業は一般の営業と違い、基本的にはノルマがありません。

なぜなら技術営業に求められているのは売り上げの数字より、成約のサポートと成約後のアフターケアだからです。

技術営業は顧客との良好な信頼関係を築き、エンジニアとして長く付き合っていくことになります。

ある意味では、自身の存在を製品への付加価値とすることが仕事の一部だと言っても良いでしょう。

このノルマがない点はある種のメリットではありますが、同時に功績を示す具体的な数値や成果を提示しにくいことも意味しています。

職務経歴書を書く際はこの点を意識し、功績がしっかり相手に伝わる内容となっているかを注意しなくてはいけません。

【技術営業の職務経歴書】アピールポイント

ここまでは技術営業の特徴、業務内容、転職におけるデメリットについて確認してきました。

次は上記の内容をふまえて、どのような点が技術営業経験者のアピールポイントとなるのかについて考えてみましょう。

営業職とエンジニア職の技能が求められる技術営業は、その分アピールポイントも多く存在しています。

今回はアピールポイントを大きく3つに分けて解説するので、自身が実際に担当していた業務の比重や功績が伝わりやすいエピソードはあるかどうかを考慮して、適切なアピールポイントを選んでみてください。

自分の専門性

技術営業がアピールできるポイントの1つ目は専門性の高さです。

質問への回答や提案など、技術営業はさまざまな局面で自身の専門性を活用することが求められます。

技術営業を勤めてきた実績は、なんらかの分野で高い専門性があることを意味しています。

職務経歴書では自身にどのような知識があり、どのような技術を持っているのかをアピールしましょう。

そこからさらに一歩踏み込み、その専門の中で自身にどのような強みがあるのかを伝えることも転職では重要です。

一方で専門性の高さをアピールすることにこだわりすぎると、相手に伝わりにくい職務経歴書となってしまう可能性もあります。

そういった事態を避けるために、解決した課題の具体的内容や提案の過程など、相手に功績が伝わりやすいエピソードを活用しましょう。

調整力

2つ目のアピールポイントは調整力です。

そもそも営業職は顧客と会社の間に立ち、双方の主張を調整する能力が求められる業種です。

技術営業はそれに加え、一般営業職と顧客の橋渡しをしなくてはいけません。

また、同時に顧客のニーズや不満を技術職に伝える役割も担当することになります。

このように技術営業職は一般営業職以上に、多様な立場の人々の間をつなぐことになり、その業務にはより高い調整力が求められます。

調整力は営業職以外でも、仕事を円滑に進めるうえで重視される能力なので、この点をアピールできれば転職で有利になるでしょう。

一方で調整力は数値化が難しい強みでもあります。

自身が間に立って調整することで、どのような変化が生まれたかをわかりやすく伝える手段について考えておくと良いでしょう。

コミュニケーション能力

3つ目のアピールポイントはコミュニケーション能力です。

これは先ほどの調整力と似た部分もありますが、良好な対人関係の構築に寄与する、より包括的な能力としてとらえられるでしょう。

営業職にとってコミュニケーション能力は必須スキルです。

たとえ高い専門性を持っていたとしても、顧客やほかの営業担当とうまくコミュニケーションが取れなくては、実力を発揮できません。

特に技術営業はサポートやメンテナンスで特定の顧客と長く付き合うことも多いため、初対面の相手との交流能力だけでなく、長期的な関係維持の能力も求められます。

職務経歴書では技術営業の業務内容をしっかり伝えつつ、高いコミュニケーション能力により仕事を円滑に進められる、契約を勝ち取れるといった点をアピールしましょう。

【技術営業の職務経歴書】書くべき項目

次は職務経歴書に記入するべき具体的な項目について解説します。

まずは職務経歴です。

今まで自身が働いてきた職歴を詳細に記述しましょう。

ここではその職務に携わった期間や所属していた部署・役職・昇進歴などについても具体的に記述することが求められます。

次の項目は仕事内容です。

ここでは実際に担当した業務について、取引相手の企業名、自身の専門分野、営業スタイルといった点を具体的に記述しましょう。

3つ目の項目は業績です。

上記の業務を通して、どのような功績をあげたか記述しましょう。

売上高や利益の伸び率といった数字、取扱商品といった具体的なポイントに言及すると、相手に内容が伝わりやすくなります。

4つ目の項目は資格です。

専門性に関わるものを中心に自身が持っている資格について記述しましょう。

その際、資格名は省略せずに正式名称を書くこと、スコアを明記することが大切です。

最後のポイントは自己PRです。

先述した技術営業のアピールポイントを組み込んで、自身の強みや長所などをアピールしましょう。

【技術営業の職務経歴書】職務経歴書を書くうえでのポイント

ここまでは技術営業の特徴や、職務経歴書に書くべき内容を解説してきました。

次はより実践的な項目として、職務経歴書を書くうえで押さえてきたいポイントや注意点について解説しましょう。

伝えたい内容が同じであっても、実際の書き方によって相手が受ける印象は大きく変わってきます。

アピールポイントや職務経歴など内容がある程度まとまって来たあとは、以下のポイントを参考に記述内容を推敲してみてください。

もちろん誤字脱字や文章の飛躍をチェックすることも大切です。

キャッチコピーを考える

職務経歴書に限らず自身のことを相手に伝える際は、まず明確な印象を与え、興味をもってもらうことが重要になります。

そして、その際に役立つのがキャッチコピーです。

しかしキャッチコピーと言っても、気の利いたフレーズやおしゃれな言い回しが求められているわけではありません。

ここでのキャッチコピーとは、自身がどんなビジネスマンなのかを端的に言いあらわした言葉です。

人柄や能力についての要点がわかりやすくまとまっていれば、相手もアピールの要点をくみ取りやすくなるでしょう。

また、自身にとってもキャッチコピーを明確にすることでアピールポイントやエピソードの軸が決まり、取捨選択で失敗しなくなるメリットがあります。

自己分析やこれまでの仕事内容の振り返りを通して、自身のキャッチコピーを決めておきましょう。

企業側の視点で考える

職務経歴書を書く際に陥りやすい罠の1つが、自身がアピールしたいポイントばかりに目が向き、結果として独りよがりな職務経歴書になってしまうことです。

たとえ充分な実績があってわかりやすい自己PRが完成したとしても、それが企業の求めるものとずれていては意味がありません。

あくまでも職務経歴書は企業に向けたものであり、内容の判断は相手の視点で行われることを意識しておきましょう。

職務経歴書を提出する企業の業種や求めている人材の種類によって、強調するべきポイントは異なってきます。

そして企業の視点についてしっかり把握するためには、自己分析だけでなく企業研究も必要不可欠なのです。

職務経歴書だからといって、自身の経歴や内面ばかりに目を向けていてはいけません。

具体性を持たせる

内容に具体性をもたせることは、相手にわかりやすく物事を伝えるテクニックの1つです。

売り上げや目標達成率など、具体的な数字を出せるものは、どんどん職務経歴書に盛り込んでいきましょう。

しかし先述したように、技術営業は功績が目に見えにくいケースも多く、仕事内容が必ず数字にあらわれるとは限りません。

数字が出せない場合に有効なのは、エピソードを活用する方法です。

技術営業でどのような課題が発生し、自身がどう動き、どのような結果につながったかを順序立てて記述しましょう。

課題となる企業のニーズや不満については、可能な限り具体的な内容を記述することで、エピソードに興味をもたれやすくなります。

自身の強みや企業の視点を考慮したうえで、使用するエピソードを選んでください。

専門用語を使わない

技術営業は専門性の高い業種であり、仕事内容や自己PRに関する記述では専門用語を使う機会も多くなりがちです。

しかし、職務経歴書を読む人事担当者が、その分野の専門家だとは限りません。

ある程度知識のある担当者でも、専門性の高い用語は充分に内容をくみ取れない場合もあるでしょう。

専門用語が相手に伝わらなかった場合、内容の解釈に食い違いが生じる可能性もあります。

そのため職務経歴書では、専門用語は極力使わず、平易な表現に直すことが大切です。

家族や知人など専門家でない人々にも査読を頼み、中学生でもわかるような文章を意識して、表現を見直しましょう。

なお、転職先の企業が自身の専門と一致している場合は、専門用語を多めに使っても大丈夫です。

企業研究を通して、どの程度専門用語を使っても大丈夫か判断してください。

【技術営業の職務経歴書】自己PRの例文

最後に技術営業の職務経歴書に書く自己PRの例文を紹介します。

自己PRに書くべき内容は自身の専門性や業務内容、相手の企業によっても異なってきます。

文字数の制限や相手への伝わりやすさを考えると、アピールポイントをすべて盛り込むことが難しいケースもあるでしょう。

今回は文字数を300文字に設定し、それぞれ2つの点がアピールできる例文を用意しました。

専門性の高さはアピールしやすい部分なので、そこを軸にしてほかの要素もアピールできる構成を考えてみると良いかもしれません。

コミュニケーション能力 専門性をアピール

私は技術営業として働くうえで、気軽に話せるプロフェッショナルとしての役割を意識していました。

技術営業はこちらから新しい製品を提案するだけでなく、お客様からも情報を集めなくてはいけません。

どんな機能があれば便利と感じるか、どんな製品が必要かといった点を聞き集めることで、お客様がストレスなく製品を使えるようになり、同時に技術職へ新製品のプランを提案することもできました。

そしてお客様から素直や不満やニーズを聞き取るためには、信頼関係の構築が不可欠です。

専門性をより高めるために勉強を続けながら、お客様にとって相談のハードルが高いプロにならないよう、常にお客様の視点を意識してきたことが上記の成果につながったのだと考えています。

このコミュニケーション能力と専門性は貴社の業務でも活かせると考えています。

調整力 専門性をアピール

私が技術営業として常に意識していたのは、営業職と技術職双方の役割をこなしながら、中間の立ち位置を保つことです。

営業とエンジニアのどちらかに片方に偏りすぎないことを意識し、それぞれの意見や不満をヒアリングして、どうすれば会社全体に良い流れが作れるのかを考えました。

特に大きな変化につながったのは、一般営業職の方に専門的な知識をわかりやすく伝えるため、解説動画を作ったことです。

これにより一般営業職の方も専門的な知識が身につき、今まで技術営業に任せていた高度な提案ができるようになりました。

同様にエンジニアへ顧客のニーズを伝える際も、技術的な課題に解釈し直してから伝えることで、作業の効率が上がりました。

顧客・営業職・技術職の間に立って作業の円滑化が実現できた調整力を活かし、貴社に貢献していきたいと考えています。

まとめ

技術営業職は営業とエンジニアという異なる2つの側面をもった職種です。

業務としては技術的な質問への対応や成約後のサポート、開発設計などを行います。

転職の際は、主に高い専門性や調整力、コミュニケーション能力がアピールポイントとして役立つでしょう。

一方で職務経歴書を作成する際には、専門用語が多くなりがちな点、功績を具体的に伝えづらい点は注意しなくてはいけません。

技術営業としての経験や実績を、次の仕事へうまくつなげられるように、アピールポイントを考え、記述の方法を工夫してみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます