インサイドセールスのやりがい3選!求められるスキルや向いている人の特徴についても解説!

インサイドセールスのやりがい3選!求められるスキルや向いている人の特徴についても解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

インサイドセールスは、リモートワークやオンラインツールを駆使した、現代にマッチしている働き方が魅力の営業職です。

インサイドセールスにチャレンジしてみたいという人なら、仕事においてどのようなやりがいがあるか非常に興味深いでしょう。

そこで今回は、インサイドセールスのやりがいについて解説します。

仕事において求められるスキルや向いている人の特徴もまとめたので、インサイドセールスに興味があるという方はぜひ参考にしてください。

【インサイドセールスのやりがい】インサイドセールスとは

インサイドセールスとは、内勤営業のことを意味しています。

具体的な業務は、今後成約につながるような見込み客を見つけることです。

社内で電話やメール、ビデオ通話などを使用して営業を行います。

そのため営業といっても、クロージングと呼ばれる顧客から決済を獲得するような仕事は担いません。

まずは、企業の中でインサイドセールスがどのような仕事や役割を担っているのか見ていきます。

業務内容の詳細を把握して、インサイドセールスという仕事のやりがいを知るためのヒントを得ましょう。

インサイドセールスの役割

インサイドセールスの主な役割は、外勤営業のアシスト業務であると言えます。

外勤営業とは、別名フィールドセールスとも呼ばれ、客先に足を運んで契約を取り付けてくるのが主な仕事です。

対するインサイドセールスは、顧客リストから外勤営業が訪問する商談先を見つけ出すことが主な仕事です。

営業が成果をあげるには、1日という限られた時間内でより多くの商談をこなす必要があります。

インサイドセールスとフィールドセールスが手を組むことにより、営業効率は飛躍的に上昇するのです。

テレアポとの違い

テレアポと混同されがちですが、インサイドセールスには明確に営業として仕事における対応の質に違いが求められます。

まず、テレアポは件数勝負の仕事です。

職場によっては、より見込み客としての高い精度を求められる場合もありますが、基本的にはどれだけ多くの客先に電話をかけたかが重視されます。

一方で、インサイドセールスは電話をかけるだけでは仕事としてみなされません。

電話を受ける・かけるのいずれにせよ、お客様についての詳細な情報をどれだけ聞き出せているかが成果として見られます。

なぜなら、実際に外勤営業が足を運んで商談を行った際に、高い確率で受注につながることを求められるからです。

どれだけたくさんのアポイントを取り付けていたとしても、訪問した先から1件も受注が取れないようであれば意味がありません。

【インサイドセールスのやりがい】将来性

インサイドセールスは、職種として今後も発展が見込まれています。

従来であれば、電話やメールだけで行う営業活動には「怠慢である」といった悪いイメージが少なからずありました。

しかし、新型コロナウイルスの流行で、オンラインツールを駆使した働き方が世の中に浸透しています。

営業活動においても、アポイントメントを取り付けず、営業先に訪問する飛び込み営業は推奨されなくなりました。

つまり、営業先に伺いを立ててから訪問する効率の良い営業手法が、世の中的にもベストとなりつつあるのです。

また、近年では「サブスクリプションサービス」といって、定額で製品やサービスを一定期間利用できるビジネスモデルが注目されています。

インサイドセールスは、こうしたサブスクリプションサービスとも相性が良いとして脚光を浴びています。

【インサイドセールスのやりがい】やりがい6選

解説したインサイドセールスの業務内容や将来性を踏まえたうえで、考えられるインサイドセールスのやりがいは以下の3つです。

・成長できるスピードが速い

・さまざまなスキルが身につく

・正解を模索できる

インサイドセールスは、簡単な電話を通じた業務ながら契約してもらえる、確率の高い顧客を探し出さなければなりません。

つまり、数をこなしながらも自分なりの営業手法を確立していかなければなりません。

インサイドセールスのやりがい3つを見ていきましょう。

成長できるスピードが速い

インサイドセールスの大きなやりがいの1つに、成長速度が速くなるというメリットがあります。

一般的に、インサイドセールスの仕事では見込み客といって、今後取り引きできる可能性のある顧客層が外勤営業よりも多いといわれています。

件数をこなす過程で、営業としての対応力や気持ちを切り替えるといった能力が自然と身につくでしょう。

モチベーションを維持しながら仕事と向き合えば、インサイドセールスとして大きく成長を遂げられます。

さまざまなスキルが身につく

インサイドセールスは、仕事を通じてさまざまなスキルが身につく職種の1つです。

具体的には、以下のような能力が身につきます。

・ヒアリング力

・情報収集力

・関係構築力

また、企業によっては、各種マーケティングツールを駆使して仕事を進めるインサイドセールスもいます。

インサイドセールスという営業の仕事に携わるだけで、マーケティングの知識や能力が身につく可能性もあるのです。

このように、インサイドセールスは業種に捕らわれず、幅広いスキルが身につく仕事です。

スキルは転職に活かせる

インサイドセールスとして働いていれば、外勤営業・事務職のいずれに転職した場合でも、活かせるスキルが身につきます。

先ほどご紹介した通り、インサイドセールスにはヒアリング力や情報収集力、関係構築力が身につきます。

外勤営業に転身すれば、ヒアリング力や情報収集力は営業活動を行ううえで、必須の能力です。

事務職であっても、一緒に働く営業のサポートや企業に訪れる顧客の対応に、そうした能力は欠かせません。

関係構築力については、新しい職場になじむ・新規の顧客といち早く関係性を築くために必要です。

つまり、インサイドセールスで身につけたスキルは、転職の場で大いに活かせます。

インサイドセールスとして大成する、将来的な転職を見据えたうえでもインサイドセールスで身につく能力は有効なのです。

正解を模索できる

インサイドセールスの仕事には、営業手法や仕事の進め方について、正解を模索するような場面が多々あります。

マニュアルや大まかな方法こそあれ、インサイドセールスの業務の進め方に正解はなく、これといった決まったやり方はありません。

電話やメールなどの営業手法は、相手の顔が見えない分、反応を探りづらく成果につながらない場面も多々出てくるでしょう。

手探りで仕事を進めながら、業務を円滑にこなすスキームを自分自身で作り上げる必要があるのです。

場所を問わず対応できる

インサイドセールスの強みは、相手企業へ直接訪問をせずに営業活動を行える点です。

移動時間を必要としないため、限られた時間の中でクライアントに対し、より多くのコンタクトを取れます。

また、リモートワークとも相性が良いため、会社によってはオフィスへ出社せず、在宅で営業活動を行うことも可能です。

その場合、会社側にとっては移動にかかる経費や、オフィス勤務での社員1人あたりにかかる光熱費・水道代・通信費用などの削減にもつながるため、経営上のメリットも多いです。

従業員にとっては、出社により発生する交通費やガソリン代・駐車場代がかからなくなり、その分の費用をプライベートに充てることもできます。

また、家事や育児、介護などとも両立しやすいため、家庭での時間を大切にしながら働けるでしょう。

このように、インサイドセールスは世の中の流れやニーズにマッチした職種であるため、近年では企業における重要性が増しています。

そのため、自身のライフスタイルに合わせながら、責任をもって働ける魅力的な職種であるとも言えるでしょう。

営業・マーケティングの中枢を担える

インサイドセールスが担う業務の幅はとても広いです。

例を挙げると、マーケティング部門とフィールドセールス担当者間での連絡や、調整などの業務もあります。

顧客から収集し分析した情報を異なる部門へ伝達し、情報共有を行うなどの業務は日常茶飯事です。

このように、顧客の契約に関わる大切な橋渡しを行う場面が多いため、営業やマーケティングの中枢を担う立ち位置で仕事を行えます。

顧客とフィールドセールスをつなげた結果、顧客が契約を結んで顧客満足度が高くなると、顧客からもフィールドセールスからも感謝をされる場面が増えるでしょう。

自身の仕事が他者の喜びにつながる仕事でもあるため、よりやりがいを感じられやすいと言えます。

様々な経験を活かせる

インサイドセールスにはさまざまな幅広い業務があり、対応をする顧客のバックグラウンドも千差万別です。

そのため、前職での経験や、これまでに培ったスキルなどを活かせる場面がとても多い職種と言えます。

オンラインや電話口で顧客の話を聞く頻度が高いため、自身の仕事経験や技術の引き出しが多ければ多いほど、たとえ顧客が初対面の相手であっても、相手の目線や立場を想像しやすいのです。

これまでの経験を照らし合わせて、顧客が何を望んでいるのか、顧客が伝えたいことは何かなどを把握できると、より顧客に寄り添った提案ができるでしょう。

さらに、日々の業務を通じて情報収集能力や分析力、傾聴力もさらに磨き上げられるため、自身の成長にも喜びを感じられます。

このようにインサイドセールスでは、自身の持っているスキルや経験を活かせるため、大きなやりがいにつながる職種と言えます。

【インサイドセールスのやりがい】求められるスキル

やりがいをもってインサイドセールスの仕事をこなすには、以下の3つのスキルが必要だといわれています。

・コミュニケーション力

・分析力

・スケジュール管理力

インサイドセールスは、対面とは言わずとも電話やビデオ通話などのツール越しに顧客と対話しながら商談を進めるため、ある程度のコミュニケーション力は必須です。

話を聞きながら課題点を見出す分析力や、より多くの件数をこなせるようなスキルとして、スケジュール管理能力も求められます。

具体的に、どのようなスキルが必要なのかを見ていきましょう。

コミュニケーション力

インサイドセールスには、話す力というよりも、聞く力に重きを置いたコミュニケーション力が必要です。

実際の営業に話す力はさほど必要なく、できる営業マンほど相手の話を聞いています。

なぜなら、顧客側も製品やサービスの購入によって、どのようなメリットが得られるかを考えているからです。

一方的に営業がどれだけ製品やサービスの魅力を語っても、それが「自分の悩みを解決するのに必要である」と認識してもらえなければ意味がないのです。

分析力

インサイドセールスをしていると、データを分析して営業に活用するといった力も求められます。

営業はセールストークをそのまま話すのではなく、相手によって異なるデータを引用し、さまざまな参考事例を出しながら顧客を説得します。

顧客が置かれている現状を想定し、製品やサービスの導入によってどのようなメリットが得られるかをデータで示す必要があるのです。

つまり、営業の効果的なアプローチにはデータの分析が欠かせません。

状況によってどのような分析を行うかも、インサイドセールスのセンスが問われる部分と言って良いでしょう。

スケジュール管理力

インサイドセールスは、とにかく数をこなす仕事となるため、スケジュール管理力が必須となります。

同じ顧客に複数回電話をかける場合はおのずと時間を確約するため、1日の限られた時間で件数をこなすには、効率を重視しなければなりません。

ときには優先順位を決め、仕事を回していく必要もあるため、スケジュール管理は徹底しなければなりません。

時間を守るということは顧客からの信頼を得るためにも欠かせないため、インサイドセールスとして活躍するためには必然的に磨かれていく能力でもあります。

【インサイドセールスのやりがい】向いている人の特徴

以下の4つの特徴に当てはまる人は、インサイドセールスの仕事に向いています。

・丁寧

・気持ちの切り替えができる

・チャレンジ精神がある

インサイドセールスには、仕事の丁寧さや、気持ちを切り替えながら案件を複数こなすチャレンジ精神が欠かせません。

また、電話やビデオ通話といったオンラインツールを使う働き方は、子育てと仕事を両立したいと考える女性にぴったりです。

人としての気質・働き方について、インサイドセールスに向いている人の特徴についてくわしく見ていきましょう。

丁寧

インサイドセールスでは基本的に質の高い対応が求められるため、仕事を丁寧にこなす人に向いています。

電話がつながると、つい自分の提案を伝えることばかり考えてしまいます。

しかし、お客様に寄り添いながら要望をくみ取るインサイドセールスこそ、信頼が得やすいでしょう。

丁寧な対応ができていないと、こうした相手の気持ちを敏感に察知するのは難しいものです。

インサイドセールスは、相手の声色や間を読み取って丁寧に対応できる人にこそ向いています。

気持ちの切り替えができる

インサイドセールスに向いている人は、気持ちの切り替えがうまいとも言えます。

電話やビデオ通話といったオンラインツールは対面で業務を行わない分、コツをつかむまではなかなか成果が出ません。

誰でも仕事の成果が出ないと、やる気は出ないものです。

しかし、結果が出ないからといってテンポ良く案件をこなせないようでは、いつまで経っても成果は出ません。

気持ちをうまく切り替えて、断り文句に対する返しを考えたり、嫌味を言われたりしても気にしないことが大切です。

チャレンジ精神がある

インサイドセールスは、チャレンジ精神のある人にも向いています。

インサイドセールスの仕事をしていると、データの分析を行ったり、自分なりのアプローチ方法を模索したりしなければなりません。

業務を進めていくうえで、常に何をすべきか考えながら仕事に取り組む必要があります。

つまり、チャレンジ精神がありバイタリティのある人ほど、モチベーションも高く仕事に携われるでしょう。

多少の失敗をしても、仕事がうまくいかなくとも気持ちを切り替えられるような、不屈の精神が大切なのです。

子育てと仕事を両立したい女性にもおすすめ

インサイドセールスは、子育てと仕事を両立したいと考える女性にもおすすめの仕事です。

内勤営業とも称されるインサイドセールスは、仕事の進め方から考えてもリモートワークに適した仕事です。

子どもが学校に通う間の数時間であっても、効率良く仕事をこなせればきちんと成果が出せるでしょう。

また、顧客の元に足を運ぶ必要もないため、直接訪問がモットーの外勤営業と比較しても時間の融通が利きます。

スキルが磨かれ良い成績をおさめられるようになれば、インセンティブももらえるため、効率もアップします。

【インサイドセールスのやりがい】向いていない人の特徴

適性がある人と比較して、以下の項目に当てはまる人は、インサイドセールスの仕事にあまり向いていません。

・受動的

・完璧主義

いずれも、時と場合によっては、仕事を進めるうえで強みともなりうる特徴と言えます。

しかし、インサイドセールスとしてやりがいを感じながら仕事をするなら、受け身であったり1つのことを考え込んでしまったりする気質はあまり合いません。

それぞれの特徴や、なぜインサイドセールスに向いていないと言えるのか、克服する方法について見ていきましょう。

受動的

インサイドセールスをやっていると、自ら考え行動しなければならない場面が多いため、能動的に動かなければなりません。

業界や製品・サービスについて勉強することはもちろん、営業手法も自分自身でトライアンドエラーを繰り返しながら模索する必要があります。

もし、受動的な姿勢で仕事に臨んでしまうなら、意識的に自分からアクションを起こさなければなりません。

インサイドセールスとして活躍したいのなら、勇気をもって一歩踏み出すようにしましょう。

完璧主義

失敗を恐れて行動が遅くなる、いわゆる完璧主義な性格もインサイドセールスに向いているとは言えません。

なぜなら、自身がアプローチしている営業先は別の営業マンも、有力な商談先としてねらっている可能性が高いからです。

営業の仕事をしていると、同業他社と呼ばれるライバルに打ち勝ったうえで商談を成立させる必要があります。

一度失敗をしてしまったことが原因で、仕事をこなすスピードが遅くなるのも良くありません。

適切かつ丁寧な対応でスピーディーに仕事をこなすのが一番です。

【インサイドセールスのやりがい】キャリアプラン

一般的に、インサイドセールスのキャリアプランは以下の3パターンが考えられます。

・マネージャー

・フィールドセールス

・カスタマーサクセス

マネージャーはインサイドセールスとしてさらなる高みを目指す職種です。

フィールドセールスとカスタマーサクセスについては、インサイドセールスで得た知識やノウハウをもとに、人材としてさらなる高みを目指せる職種になります。

働きながら自身の職業適性をより考えられるようになると、こうしたキャリアプランをより具体的に考えられます。

マネージャー

マネージャーは、経験を積んだインサイドセールスの昇進先として、もっとも有力な職種の1つです。

一定の成果をあげ、部下をけん引できるインサイドセールスとしての実力をもっている人が目指せます。

一般的には、数人単位から十数人単位のメンバーをまとめあげます。

マネージャークラスのインサイドセールスになると、部門全体の売り上げや生産性の管理なども担うようになるでしょう。

部下の個性や課題を把握しながら教育を施し、目標数字を達成に導くための、ロジカルなプロセスが構築できるスキルを求められます。

フィールドセールス

インサイドセールスは、仕事で得たスキルやノウハウを武器に、内勤から外勤のフィールドセールスに転身するというキャリアプランもあります。

インサイドセールスで鍛えた営業の基礎能力を活かして、フィールドセールスで営業としてのさらなる高みを目指すという働き方です。

最適な営業手法を考えて試行錯誤する・丁寧な対応力というものは、すべてフィールドセールスとして重宝される能力です。

同じ外勤営業未経験者であっても、インサイドセールスの経験があればいち早く仕事になじめます。

カスタマーサクセス

インサイドセールスは、カスタマーサクセスと呼ばれる職種へのキャリアアップも考えられます。

カスタマーサクセスの主な業務は、顧客に対して商品やサービスを提供するほかに、情報提供やサポートも担います。

成果につながる仕事こそなくとも、具体的に以下のような役割を担う仕事です。

・解約率が減らせる

・企業へのロイヤリティ(信頼)が高まる

つまり、カスタマーサクセスは顧客満足度を高めるのに欠かせない仕事です。

営業という仕事を通じて「もっとカスタマーと関わりたい」と考えるようになったのであれば、適職と考えられます。

インサイドセールスでの通常業務を通じて、自身がどういった場面で仕事におけるやりがいを感じるのか考えておきましょう。

【インサイドセールスのやりがい】インサイドセールスに転職するなら

インサイドセールスに転職をしたいと思ったとしても、いざ転職活動となると、どのように始めたら良いのかわからない方も多いでしょう。

それも、仕事をしながらの転職活動となると、日々の忙しい業務の合間を縫って、いかに効率良く精度の高い情報を得られるかが要となります。

そのため、すべてを1人でこなそうとすると、どうしても難しく感じてしまうかもしれません。

そのようなときは、転職サービスを利用するのがおすすめです。

特に「アゲルキャリア」ならば、営業に特化した転職サービスとなっているため、自身の希望を全力でサポートしてくれます。

営業職に関する転職のプロがそろっており、求人紹介から選考対策まで、転職のすべてに対して力強いバックアップをしてくれるため、安心です。

自身が希望する企業にアピールするために必要なことを、これまでの実績をもとにアドバイスしてくれます。

未経験可の求人も紹介してくれるので、ぜひとも利用してみてください。

まとめ

インサイドセールスは、仕事の特徴から求められるスキルや向いている人・向いていない人などがはっきりしています。

自社から一歩も出ずに営業職としての基礎能力を身につけられるため「体力面に自信がないけれど営業職に興味がある」という人におすすめです。

また、時間に融通の利く仕事が良いという人にもぴったりです。

インサイドセールスに興味があるのなら、どのような場面で仕事のやりがいを感じるのか、理想の仕事の進め方などご自身の好みを今一度整理しておきましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます