【新卒必見】ガス会社の営業職の志望動機の書き方!

【新卒必見】ガス会社の営業職の志望動機の書き方!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

就職活動を始めるにあたって、インフラ業界に興味をもっている人もいることでしょう。

今回はインフラ業界の中でも特に「ガス会社の営業職」へ就職をお考えの就活生の方向けに、例文も2つ交えて具体的な志望動機の書き方を解説します。

「志望動機の書き方がよくわからない」「どんな志望動機が好まれるのか」といった疑問や、不安をお持ちの方はぜひ最後までお読みいただき、ガス会社の営業職へ向けた就職活動の参考にしてみてください。

【ガス会社の営業の志望動機】ガス業界とは

ガス業界は電力業界や鉄道業界と同じく、私たちの生活にはなくてはならない生活基盤を取り扱う、代表的なインフラ業界の1つです。

ガスは国民生活に必須であり、決して需要がゼロになることはありません。

業界的には寡占の状態で、将来的な安定という面からも就活生に人気の業界でもあります。

しかし、最近はエネルギーの自由化により、民間においても新規参入の企業が増え、業界内における競争の活性化が見られるようになっています。

ビジネスモデル

ガスは基本的に海外からの輸入に頼っています。

主な原料である「天然ガス」を輸入して製品化し、需要者である個人や企業などに届け、基本料と需要に応じた使用料を徴収するというシンプルなビジネスモデルとなっています。

輸入した天然ガスの約7割は電力用として使われ、残り3割が家庭用として使用されています。

輸入するガスの原料の価格が低ければ低いほど、需要者である契約者とガス使用量が増えれば増えるほど、利益が出る仕組みです。

輸入価格は世界各地の紛争や、さまざまな国際情勢、また為替の影響を大きく受け、需要者のガスの使用量は天候に大きく左右されます。

ガス業界は主に3つに分けられ、個人向けである「家庭用ガス」と、法人向けである「電力用ガス」と「産業用ガス」に主に分けられます。

家庭用ガス

家庭で使うガスの供給が主な業務です。

家庭用ガスは主に2種類に分けられます。

1つ目はガス会社が管轄地域にガスを供給する「都市ガス」、2つ目は導管の通っていない地域にガスボンベを設置してガスを供給する「LPガス」に分けられています。

家庭用ガスの分類

現在、一般家庭で使われているガスは、大きく分けて都市ガスとLPガスの2種類です。

市場規模は都市ガスが約5兆円、LPガスが約4兆円で合計約9兆円事業者数はそれぞれ約200社および約2万社となっています。

都市ガスの売上高とシェアのランキングを見てみると、上位3社で全体の約8割弱を占めているという調査結果もあります。

また、2011年の東日本大震災以降、全国の原子力発電所が停止されました。

その影響で、火力発電へのシフトが鮮明になり、燃料となるガスの供給は増加傾向が続いています

しかし、近年では天然ガスの輸入価格が高騰し、加えて世界情勢の変化なども相まってガス業界の収益は、昨今特に不安定であると言えるでしょう。

h電力用ガス

火力発電に使われるガスの供給が主な業務です。

具体的には、火力発電の原料である「液化天然ガス」の供給を行います。

産業用ガス

産業用として使われるガスの供給を行います。

具体的には、酸素ガスや水素ガス、窒素ガスなどの供給を行い、これらは製造業などにおいて溶接や、製品の加工、保存などに用いられます。

将来性

オール電化や世界的な気候変動にともなう暖冬の影響で、ガス業界の市場規模は減少傾向にあります。

しかし、日本は東日本大震災以降、原子力発電の停止により火力発電を主たる電力源としてきました。

そのため、火力発電の原材料として使われるガスは近年高い需要が続いています。

ただし、今後も安定的な需要がずっと続いていくかといえば、そうとも限らない理由が2つあげられます。

1つは地球温暖化問題への対応です。

ガス業界は温室効果ガスである二酸化炭素をたくさん排出するため、業界として二酸化炭素の排出を実質ゼロにするカーボンニュートラルに取り組んでいます。

このカーボンニュートラルにかかるコスト増と、先述したオール電化におけるそもそものガス需要の低迷という課題にどう取り組むかという点です。

もう1つは2017年に始まったガスの小売自由化です。

これにより、ガス業界へも異業種が多数参入してきており、競争が激しい業界へと変わってきています。

脱炭素と自由化という2つの課題を乗り越えられるかどうか、ガス業界は難しい時代を迎えているのです。

【ガス会社の営業の志望動機】営業職

ガス業界を志望するにおいて、技術職を除くと主に考えられるのが「営業職」です。

具体的な志望動機の書き方の前に、まずはガス会社の営業職について触れておきましょう。

ガス会社の営業は公共インフラを取り扱う仕事ということもあり、ほかの一般企業の営業職に比べるとやや異なります。

需要者からの依頼を受けて訪問することも多く、ガスの供給というサービスを安全面などもふまえて、丁寧に説明する必要があるため、公共性の側面をもっていることがその要因です。

主な営業先の違いとして家庭用営業と業務用営業があります。

家庭用営業

家庭用営業は、新規開拓を目的とした一般家庭向けの営業です。

展示会などを通じて個人向けに直接サービスやガス機器の製品を案内する以外に、リフォームを行うハウスメーカーや地元の工務店などの法人に対しても営業を行います。

顧客がリフォームを行う際に、電気やプロパンガスから都市ガスに切り替えてもらえるよう提案をしたり、最新のガス機器の案内を行ったりして、ガスのあるより快適な生活が送れるよう性能面や経済面から提案を行います。

加えて、リフォーム会社にガス機器についての知識を持ってもらう必要があるので、自社にショールームを設置して勉強会を行ったり、モデルハウスで行われるイベントに参加または協賛したりすることもあるでしょう。

業務用営業

業務用営業は一般家庭以外の法人向けに行う営業です。

対象は飲食店やホテル・工場・マンション・大学・事務所ビル・公共施設など、実にさまざまです。

主に都市ガスを使ってもらうような提案営業が中心となります。

直接ガス契約のみの提案を行うだけではなく、都市ガスから電気と熱を作る発電機や、ガス空調・給湯・厨房などを組み合わせたエネルギーシステムについてトータルで提案することもあります。

交渉から工事完成、ガス契約まで一連の流れを担当することになるので、ゼネコンや設計事務所・工事会社・メーカーなど、多くの関連会社や自社の技術部門との連携が非常に大切なのです。

また、さまざまな顧客の業務に応じた、最適なガス利用の提案を行うことも多々あります。

【ガス会社の営業の志望動機】志望動機の書き方

ガス営業を目指すための、志望動機の書き方についてのポイントをご紹介します。

企業の採用プロセスにおいて、書類選考の志望動機の内容はとても重要です。

応募者の経歴も含め、なぜガス業界を志望しているか・その動機に矛盾がないか・熱意が感じられるかなど、採用担当者が重視している点はどこなのかを解説しましょう。

面接における質疑応答も志望動機と深く関わってくると言えるため、まずは徹底的に志望動機の書き方を研究してみるのがおすすめです。

志望理由

はじめに、なぜガス業界の営業を志望したのか、その理由を書きましょう。

まずは業界です。

電気や水道など、数あるインフラ業界の中でも特になぜ「ガス」に惹かれ、興味を持ったのかという理由について深掘りしてみてください。

次に職種です。

営業という職種に対する適性や、やりがい・ガスの営業を通じて自分は何がやりたいか・どんな価値を提供できるか、といった点を志望理由に落とし込んでいきましょう。

あいまいな理由ではなく「この業界でないとダメだ」という明確な理由であればあるほど、強い動機と受け止められやすくなります。

なぜその企業なのか

ガス業界と一口にいっても、企業によって取り組みや方向性が異なります。

「なぜその企業なのか」「企業のどこに惹かれたのか」をしっかりと整理しておきましょう。

入社後やりたいこと

入社後にやりたいことをあらかじめ考え、言語化できていると入社意欲をさらにアピールできます。

志望動機としての「なぜ」にプラスして、入社後の自身の将来プランや成長イメージがある応募者を、採用担当者は高く評価する傾向にあります。

漠然と就活を行っている就活生よりも、明確な目標や目的を持って働き場所や働きがいを探している就活生のほうが、魅力的に映るのは当然です。

自分が考えている興味・関心の中からいくつかのポイントを洗い出して、ガス会社でできることを考えてみましょう。

【ガス会社の営業の志望動機】志望動機のポイント

それでは、いよいよガス営業の志望動機の具体的なポイントをお伝えしていきます。

志望動機を考えるにあたっては、業界の研究が欠かせません。

まずはその業界がどんなものであるのか、俯瞰的な目線で全体把握しておくことがベースとなります。

収集情報としては、業界の動向や市場規模・関連企業・今後の見通しなどです。

次に個別の企業研究となります。

それぞれの企業の特徴や強みなどをおおむね理解しておきましょう

それらをふまえ、根拠と結び付きを考えながら志望動機を構築していくのがセオリーです。

求められる人物像の確認

志望動機を書き始める前に、企業が求める人物像の確認をしておきましょう。

内定するには、あなたが企業が求める人物像であるというアピールが必要不可欠です

ガス会社に求められる人物像としては、例えば「責任感が強い「社会貢献意欲が高い」などが挙げられます。

企業により異なる部分もありますのでしっかりと押さえておきましょう。

根拠はしっかり

根拠を明確に書くと、伝えたい内容を際立たせてくれます。

根拠を考えるポイントとは「WHY」を常に考えることです。

なぜその業界を志望したのか・なぜその職種を志望したのかを徹底的に深掘りしていきましょう。

始めは単に「面白そうだから」「なんとなく安定してそうだから」という理由で興味をもっただけということもあるでしょう。

しかし、それだけでは単なる興味本位で終わってしまいます。

面白そうと感じたのなら、なぜそう感じたのか、一歩踏み込んで自分自身に問いかけてみることが大切です。

たとえば「業界研究をしていく中でガスの社会的役割をあらためて感じ、無限の資源ではないガスをいかに有効活用していくかということに社会的使命を強く感じた」などです。

自分とその企業の結び付きを考える

自分と企業の結び付きを考えることで、志望動機に一貫性が生まれ、まとまった志望動機になります

災害時に感じたガスの大切さや、日常におけるガスの役割など、身近な事例でもかまいません。

普段は何気なく使っている社会インフラについて、ふとその関わりを感じた瞬間というものを思い出してみてください。

電気やガスが止まったら、私たちの社会生活は立ち行かなくなります。

当たり前を不備なく提供し続けることの重要性は、普段の生活の中で、感じることはなかなか難しいかもしれません。

しかし、その当たり前の上に私たちの日常生活が成り立っていると考えたとき、自身と社会インフラであるガスとの結び付きが強く意識されてくるのではないでしょうか。

【ガス会社の営業の志望動機】例文

ここからはガス営業を目指す場合における志望動機の例文を2つご紹介します。

1つは家庭用営業、もう1つは業務用営業です。

ガス会社の営業という点では同じですが、営業の対象は個人または法人と異なります。

実際に書くべき志望動機としても、やや違ってくるところもあるため、ぜひ見比べて参考にしてみてください。

自身がどちらの営業を希望しているか、まだ悩んでいる方も、その動機から希望する営業を選択する基準にもなるかもしれません。

家庭用営業

ガスを通じて、お客様に豊かな生活を提供したいと思い、貴社の家庭用営業を志望いたしました。

以前災害に遭ったとき、電気を使えない状態でしたが、そのときにガスが大変役に立ち、日常生活をまかなうことができました。
そういった経験からも、ガスの必要性を強く感じております。
また災害時だけではなく、ガスは炊事や暖房など私たちが生活するうえで欠かせないものであるとあらためて知り、より多くのお客様にガスの大切さを知ってもらいたいと思うようになりました。

貴社の取り組みとして最近は月々のガス代をアプリで確認できるようになったり、さまざまなガス代節約の情報を提供されていたりと、消費者へのガスの重要性を啓発されている点などにも、非常に共感する部分が多いです。
ガスを通じてお客様に豊かな生活が送れるような提案営業をしていきたいと思っています。

業務用営業

社会に貢献できる仕事をしたいと思い、業務営業職を志望しております。

自分を育ててくれた、この地域を活性化すると共に、何か恩返しができないかと考え、インフラ業界を志すようになりました。
特に電気やガスなどの生活インフラを扱う企業は、社会貢献を通じて地域に貢献できるのではないかと思い、業界研究を続けております。

私は大学時代医療関係のアルバイトをしていました。
ある冬の寒い時期、院内で大規模な停電が起こってエアコンが止まった際、ガスストーブがスタッフや患者さんを救ってくれたことがありました。
そのときのガスの重要性とありがたみは、今でも忘れることができません。
そういった経験からも、ガスを通じて社会貢献ができる仕事をしたいと考えるに至り、貴社でガス営業に尽力していきたいと思っています。

【ガス会社の営業の志望動機】まとめ

ガス会社の営業職に就くための志望理由の大まかなポイントとして、「社会貢献がしたい」という漠然とした理由だけでは説得力としては弱いと言えます。

社会貢献を通じて何がしたいのか、どうして社会貢献がしたいと思うに至ったのかがとても重要です。

またインフラ業界の中でもなぜ電力や鉄道、または情報通信ではなくガスなのか、その理由も自身の経験や体験から説明できるようにしておくと、説得力のある志望動機が作成できます。

いずれにせよ、インフラ業界の中でもガス会社がどういった立ち位置にあり、どういった社会貢献をしているのかをしっかり理解したうえで企業研究を行い、自身の想いを志望動機に落とし込んでいきましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます