【未経験者向け】ルート営業に転職したい!志望動機の書き方のコツや例文を紹介

【未経験者向け】ルート営業に転職したい!志望動機の書き方のコツや例文を紹介

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

営業職の種類は企業によってさまざまですが、身近にルート営業している方がいたり、ネットで情報を見かけたりして、ルート営業に興味をもっている人はいます。

未経験でも転職できるのかどうか、就活を成功させるためのコツはあるのかなど気になる点は多いでしょう。

本記事では特にルート営業の未経験者に向けて、ルート営業職への転職を成功させるコツについて紹介していきます。

ぜひ本記事を参考にしてルート営業への転職について考えてみてください。

ルート営業とは

まずはルート営業とは何かについて、一度理解を深めておきましょう。

ルート営業はすでに顧客としてお世話になっている企業に対して、新たな商品やサービスの提案をしたり、挨拶周りをしたりするのが仕事です。

通常の営業職のように、新たな顧客を獲得するために仕事をするのではなく、既存の顧客を対象としているのが特徴と言えます。

既存の顧客に対して営業をかける、独特の仕事内容です。

ルート営業は一般的な営業としてイメージする仕事内容とは異なるので注意しましょう。

主な仕事内容

それではルート営業の主な仕事内容についてを紹介していきます。

先ほど紹介した通り、既存の顧客への提案や挨拶回りが基本です。

ただそれだけではなく、顧客に対するアフターフォローなども行ったり、もちろん事務作業したりすることもあるでしょう。

それぞれのくわしい内容については以下で解説していきます。

こうした解説を参考に、実際の仕事内容のイメージを広げて、本当に自分に合っている仕事なのかどうか確認したうえで転職活動を進めていくことが重要です。

既存顧客への提案・挨拶回り

ルート営業の基本は、既存の顧客に対して新たなサービスや商品の提案と挨拶回りをすることです。

既存の顧客ということは、すでに顔見知りである顧客ですが、もちろん相手に失礼がないようにしなければなりません。

担当者の名前を覚えたり、話したことを覚えておいたりしなければなりません。

ただ新たなサービスや商品の提案をしても意味がないため、その企業に合った提案を行いましょう。

こうした性質から、ルート営業をする人には相手を深く理解する能力や、細かな気づかいができることなどが必要とされます。

毎回新しい顧客に営業するのとは違って、既存の顧客、つまり何度も同じ相手を対象とすることが大きな特徴だといえるでしょう。

アフターフォロー

アフターフォローは営業の重要な仕事の1つです。

ただ商品やサービスの提案をして終わりではなく、顧客が使い方に悩んでいるか、不安を抱えていそうであれば、そこをサポートする必要があります。

継続的に自社の商品を使ってもらうには、安心感や使いやすさは必須です。

特にルート営業は既存の顧客に対する新たな営業を行うため、顧客からの信頼を得るには安心感や使いやすさは欠かせません。

ただ営業をかけて終わりにするのではなく、このようにアフターフォローを行って顧客の満足感を高めるように努力しましょう。

今後利用していただくためにも、このアフターフォローの仕事は欠かせないのです。

事務作業

ルート営業であっても、一般的な事務作業を行う時間はもちろんあります。

企業によっては、営業に回る必要のある場所がそれほど多くなく、営業をしていない時間は雑務に充てられることもあるでしょう。

また、商品の発注作業や営業を行う際に必要な資料なども自分で作ることになるでしょう。

ある程度の事務作業は仕事内容に含まれてくるので、ただ営業について考えていれば良いというわけでもありません。

パソコンの使い方や資料を作るためのソフトの使い方などは、可能であれば早めに身につけておきましょう。

求められる人材

職業によって求められる人材は変わってきます。

例えば建設業は、体力がある人や危機管理能力がある人を求めていることが多いです。

ここでルート営業に求められる人材はどのような人材であるかを紹介していきます。

強い精神力がある人

顧客に対して営業活動を行うため、一定の成績が求められます。

営業職であるため、一定の成績を出し続けないと給与が安定しないこともあるようです。

そして営業先の相手から、きつい言葉を掛けられることがあります。

この時、契約をとる必要があるため、きつい言葉を掛けてきた相手にまた営業しなければならないこともあるようです。

これらからルート営業は成績が出なくても努力を続けられる強い精神力、相手の言葉を考えすぎない切り替えの姿勢が大切であり、これらの人材を企業は欲しがります。

新しいことを勉強し続けられる人

ルート営業をする企業は、新しいことを勉強し続けられる人材を欲しがります。

具体的には新しい自社の製品の知識や今はやっていることを知ることです。

自社の製品のことを知らないといい営業をすることができません。

それだけでなく、顧客の質問に答えることができないという事態にもなりかねません。

このようになってしまうと、顧客からの信頼を失うだけでなく、自社の社員からの信頼も失ってしまうこともあります。

故に新しいことを勉強し続けられる人がルート営業には求められます。

ルート営業のメリット

営業職の中でも独特の仕事内容と言えるルート営業ですが、どのようなメリットがあるのか考えてみましょう。

他の営業職と比較すると楽な内容であるとは言われますが、自分自身に合っているかどうかは何より重要です。

ルート営業の仕事内容やメリットなどを確認して、自分に合っている仕事なのかどうか判断しましょう。

新規開拓を基本とする営業職と比べて、どのようなメリットがあるのか紹介していきます。

それぞれルート営業にしかないメリットであるため、きちんと覚えておきましょう。

①営業活動が成果に直結しやすい

新規開拓を基本とする営業職に比べると、ルート営業のほうが営業活動は成果に直結しやすいです。

新規開拓の場合は、顧客との信頼関係を一から構築していかなければなりません。

一方でルート営業は、すでに顧客として自社製品を利用している企業が対象となるため、最初からある程度の信頼関係を構築できているのが、ルート営業のメリットです。

すでに顔見知りであり、信頼を得られているほど、成果を得やすいでしょう。

しかし、新規開拓の場合は、最初から話を聞いてもらえない場合もあり、なかなか営業が成功しない可能性もあるのです。

この点が新規開拓営業とルート営業におけるもっとも大きな違いであり、ルート営業の魅力だと言えるでしょう。

②目標売り上げの管理がしやすい

ルート営業の場合は、上記で紹介した営業活動が成果に直結しやすいという理由もあり、ある程度の売り上げが期待できます。

実績の目安を立てやすいため、目標売り上げの管理がしやすいというのは大きなメリットであるでしょう。

これが新規開拓営業であった場合、目標売り上げというノルマがプレッシャーになり、ストレスを感じる人も少なくありません。

ルート営業はノルマのプレッシャーが比較的軽いため、これもメリットだと言えます。

また、新規開拓営業の場合は初対面が基本であるため、何度も失敗が続くと気持ち的にきつくなるかもしれません。

ノルマへのプレッシャーと自分の成績不振が重なってしまうと、落ち込みやすいです。

ルート営業の場合はこのような心配事があまりないため、新規開拓営業よりも気持ちが楽でしょう。

ルート営業のデメリット

ここまではメリットについて紹介してきましたが、続いてはデメリットについて考えてみましょう。

メリットがあればデメリットがあるのは、どんな仕事でも同じことです。

メリットを考えた結果、ルート営業は新規開拓営業と比べると成果が出やすく、ノルマへのプレッシャーは少ないことがわかりました。

したがって、新規開拓営業と比べると精神面への負担は少ないのが特徴だと言えるでしょう。

それではルート営業のデメリットについて、考えていきましょう。

①成長を感じにくい

ルート営業のデメリットとしてまずあげられるのが、自分の成長を感じにくいという点です。

安定した成果を得られストレスが少ない一方で、ルーティン的な仕事になるため、定型的な仕事とも捉えられます。

仕事として単調になりがちなのは、ルート営業のデメリットでしょう。

あまり大きな変化や成果などを感じられないため、どのようにしてモチベーションを保っていくのかが、ルート営業をするうえでのコツだといえます。

自分自身の成長を感じづらいのは、ルート営業がストレスの少ない環境で働けるという代償です。

新規開拓営業はプレッシャーが大きい分、成功したときの達成感があります。

これについては、どちらが自分に向いているのかは人それぞれで違うでしょう。

②事務処理が多い

次にルート営業のデメリットとしてあげられるのは、事務処理が多い点です。

定型的な業務になりやすいのがルート営業の仕事であるため、もちろん事務仕事も多いです。

営業が成功しやすいため、商品の発注頻度も新規開拓営業と比べて多いです。

自分でそれらの管理もしなければならないため、事務処理が苦手な人にとっては苦痛になるかもしれません。

どの顧客にどの商品を頼まれているのか、しっかり自分自身で把握しておく必要があり、ルート営業のデメリットとして、新規開拓営業よりも事務処理が多い点は覚えておきましょう。

しかし事務処理が苦でない人にとっては気にならないこともあるため、このあたりは特に考えなくても問題ありません。

給料が多くない

初任給が17万~20万と言われています。

大学卒初任給は約21万であるため、ルート営業の初任給は平均より低いと言えます。

ルート営業の平均月収も約20万~30万と言われています。

男女の平均月収は約40万であるため、給料は平均より低いと言えます。

このデータは入社する企業により違いがあるため、参考程度に考えておいてください。

ルート営業には、年収を上げる方法があります。

それは昇進することです。

ほかの業界の企業とはあまりシステムは変わりませんが、昇進することで少しずつ給料が増えていきます。

そして成果を出すことです。

営業の給料は成果に依存していることが多いです。

自分のスキルを高めて、より多くの契約をとれば給料が増えていきます。

未経験者でも転職できるのか

そもそもルート営業は未経験者でも就職が可能なのか疑問に思う人はいるでしょう。

もちろん営業の経験があれば、有利に転職活動は進められ、転職者向けの求人では、経験者優遇などと記載されているものが多いです。

やはり経験があれば就職してすぐに仕事に貢献してもらえる可能性が高く、優遇して採用される確率も高いです。

しかし基本的にルート営業は、特別な資格を保有する必要はありません。

そのため未経験者でも問題なく転職が可能な職種だと言えますが、地域によっては、移動のために自動車免許が必要な場合もあるため、確認をおこたらないようにしましょう。

未経験者でも転職できるチャンスは十分にあるのがルート営業職です。

最終的に営業に適している人材だと判断されるかどうかが重要です。

志望動機作成のコツ

志望動機は就職活動をする際には必ず作成しなければならないものですが、職種によってコツが異なるのは間違いないでしょう。

営業職の場合に売り込むべきポイントを考えると、コツもわかりやすいかもしれません。

ルート営業に転職しようと考えている場合も、志望動機の作成はしっかり行いましょう。

特に未経験者の場合は、どのようにして自分を売り込むかが重要であり、経験者との差をつけるためにも志望動機作成のコツを押さえておきましょう。

今までの経験と志望先との「共通点」を結び付ける

志望動機を作る際に重要なのは、今までの経験とこれから行きたいと考えている志望先の共通点を探すことです。

前職の仕事内容と志望先との共通点を見つけると、志望動機の作成に役立ちます。

たとえば自分がその企業を志望する理由や、自分の能力が志望先で活かせることに説得力をもたせられます。

もちろん営業職が未経験だったとしても、何か以前の仕事と志望先との共通点を探しましょう。

前職で自分が磨いたスキルや考え方など、ネタにできそうなものであれば問題ありません。

営業とはまったく関係のなかった仕事だとしても、働いてきた間に身につけたスキルが思いもよらぬ場面で役立つことがあります。

共通点を見つけられるだけで志望動機の説得力が一気に向上するので、コツとして覚えておきましょう。

その企業の営業職を志望する理由について明記する

志望動機を作成する際に重要なのは、同じ内容がほかの企業の志望動機としても通用するようなものにならないよう心がけることです。

数ある企業の中で、なぜその企業のルート営業を担当したいかを伝えましょう。

ほかの志望者と自分の差別化も、志望動機の目的であるということを忘れてはいけません。

それを意識するだけで、しっかりと志望先に熱意を伝えられるはずです。

企業分析を行って、志望先ならではの特徴などをふまえてこれを記載できると良いです。

また、その企業での将来像としてイメージしたものを伝えるための努力をしたり、実際に成し遂げたいと考えていることを記載したりするのも有効だと言えます。

これらの内容を濃く明記できるように、自己分析や企業研究をふまえて整理してみましょう。

【未経験者向け】志望動機の例文

それではルート営業未経験者に向けて、志望動機の作成のために参考にできる例文を作成します。

今回例文を2種類紹介しましょう。

1つめは志望する企業の業界経験はあるが、ルート営業は未経験である方用の例文です。

もう1つはその業界の経験がまったくない方用の例文です。

また、もしもルート営業ではない営業の経験がある場合は、志望動機に活かせる点が多くあるでしょう。

それは可能な限り文章内に取り入れましょう。

もしも業界経験がまったくない場合でも大きく不利になるわけではないため、安心して志望動機の作成に取り組んでみてください。

業界経験がある場合

私は最近まで医薬品メーカーに関わる医療事務として働いていました。

働いている頃に貴社の製品を知り、自分も実際に使わせていただいております。

非常に相性が良くて、安心して定期購入しており、特に花粉症のシーズンには、貴社の医薬品に助けられてきました。

花粉症がひどく、仕事に集中できなかったのが、貴社の製品で改善されました。

このように実際に製品を利用した経験や医療事務として働いてきた経験は、貴社での仕事に役立つと考えています。

安心して使える薬であることや、良心的な価格であることが自分自身で実感できているのは、今後貴社で働いていく際に私の強みになると思います。

花粉症はもちろん、そのほかの病気から貴社の製品を通じて、つらさから解放される人を少しでも増やしたいと感じました。

私自身ルート営業は未経験ですが、今までの医療事務としての経験と積み重ねた医薬品のノウハウを活かし、貴社のために尽力したいと考えています。

ポイント

まず医療事務として働いていた点をアピールしました。

今回志望している企業が医薬品関係の企業と仮定して、同業界で働いていたという点がアピールポイントです。

そして医療事務として働いているときに製品に出会って、実際に自分も使っていたというのも強みです。

このため、同業他社ではなく、その会社に入りたいという意欲が明確になります。

しっかり自社製品を使ってくれていて、医療事務の経験があり、医薬品に関する知識もそこそこあることに重点を置いてアピールしました。

業界経験がある場合は、自分の経験と志望先との共通点を見つけて、志望動機に加えていきましょう。

業界経験がない場合

私はつい先日まで、ITサービスを商材とした営業の仕事をしていました。

仕事内容はインサイドセールスが基本で、新規顧客獲得業務を主に行ってきました。

営業の経験は長く、前職での経験を通じて、自分自身に営業のノウハウをしっかりと定着させております。

しかしITサービスを商材としているため、基本的に顧客と直接顔を合わせる機会がありません。

また新規顧客との契約完了後は、基本的にメールによってアフターフォローするのみです。

このような仕事の形であることから、顧客との関係が希薄で「距離が遠いな」と感じていました。

一方で貴社は、顧客に寄り添ったサポートに力を入れていると思います。

それだけではなく、アフターフォローについても充実しています。

私は今後顧客に寄り添った仕事をしてみたいと考えているため、貴社のような企業で自らを磨きたいと感じ、貴社を志望いたしました。

ルート営業は未経験ですが、これまでの営業経験で培った能力を活かせると考えています。

たとえば提案力やクロージング力を活かし、ぜひ貴社の成長に貢献していきたいです。

そのうえで自分の今後の目標である、顧客に寄り添った仕事を達成できればと考えております。

ポイント

今回の場合はルート営業経験・業界経験共に未経験、という設定にしています。

しかし前職の経験と志望先の共通点を見つけ、志望動機に結び付けていることがポイントです。

同業界の経験がなかったとしても、今までやってきた仕事の経験から活かせることが何か見つかるはずです。

ここは仕事の経験でなく、趣味などで得た経験も、もちろん問題ありません。

何か自分がこれまで過ごしてきた中で共通点を見つけられれば、ぜひ志望動機に交えていきましょう。

エージェントに相談する

転職を考えている方は、営業転職エージェントを利用しましょう。

登録は無料で、簡単に登録を行うことができます。

専門のアドバイザーが専属で相談に真摯に乗ってくれて、不安を改善できるだけでなく、ミスマッチを防ぐことができます。

面接もしてもらえて、選考に向けていい準備をすることができます。

このほかにも転職する方に向けの情報が多く掲載されています。

まずは簡単な登録を済ませて、一度確認してみましょう。

まとめ

本記事ではまずルート営業に転職を考えている方に向けて、仕事の解説やメリットとデメリットなどを解説しました。

まずはそれらを把握して、実際に自分に合っている仕事なのかどうかを判断することが重要です。

転職する場合、自分が何を目的に転職するのかを明らかにしておくのがおすすめです。

そして、これから志望動機を作成する人のために例文やポイントなども解説しました。

実際に転職を決めた人はこれを参考に自分の志望動機を作成してみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます