保険営業経験者のための自己PR作成のコツ

保険営業経験者のための自己PR作成のコツ

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

 

はじめに

自己PRは新卒としての就職活動だけでなく、転職活動の際にも重視される大切なポイントです。

特に転職では、前職でどのようなことを学んだか、それを次の仕事にどう活かせるかを明確にアピールしなくてはいけないでしょう。

しかし、仕事の中で自然に学んだスキルはその強みを自覚できておらず、自己PRを書く際にうまく活用できないケースもあるかもしれません。

そこで今回は、保険営業職の経験がある方に向けて、自己PRでどのような強みが活かせるのか、実際にどうやって自己PRを書けば良いのかを解説します。

【保険営業経験の自己PR】転職で活かせる保険営業の強み

まずは転職の際に役立つ、保険営業の強みについて確認してみましょう。

保険営業は保険という商材を売り込む営業職であり、保険に関する知識やさまざまなコミュニケーションスキルが求められます。

そのため同業種や近い分野に転職する際は、保険に関する豊富な知識が強みとしてアピールできるでしょう。

一方、保険と関わりの少ない業種に転職する場合、着目するべきなのは営業としてのスキルです。

そこで今回は主に営業関係のスキルを中心として、汎用性の高い強みについて解説します。

営業実績

1つ目の強みは、保険営業の実績です。

保険営業は売り上げをあげることで評価される仕事であるため、のちに解説するような強みが実際に備わっている証明として、この実績が効果的に働きます。

採用活動における担当者が保険営業にくわしくない場合でも、具体的な数字を示すことで実際に活躍できる人材であることをイメージしてもらいやすくなるでしょう。

なお、実績を示す際には数字だけでなく、その実績をあげられた背景もしっかり示すことが大切です。

どのような能力を発揮した結果、実績をあげられたのか、自身のどのような行動が成果につながったのかをわかりやすく説明しましょう。

こうすることで実績がスキルや行動の優秀さを保証し、それらの優秀な強みが実績の説得力を増す、という理想的な構造が完成します。

信頼関係構築能力

2つ目の強みは信頼関係構築能力です。

保険は一度商材を購入してもらえば終わりではなく、長期的に保険料などを支払ってもらわなければいけません。

そのため保険営業では、ほかの営業以上に顧客の信頼を得ることが重要です。

また、保険自体が一種の安心や信頼を買う商材であるため、その営業担当者の信頼感はそのまま商材の信頼感にも影響します。

保険営業で成果をあげた実績があれば、顧客との信頼関係を構築できる人材であることも、強みとしてアピールできるでしょう。

信頼関係を構築する能力は顧客と営業の間だけでなく、社内や同じチーム内で仕事をする際も非常に重要です。

信頼関係構築能力を始めとするコミュニケーションに関するスキルは、業種や業界を問わず幅広い職業で必要とされるため、汎用性の高い強みとしてアピールできます。

目標達成意欲

3つ目の強みは目標達成意欲、及び目標を達成するための課題解決能力です。

先述したように保険営業は売り上げをあげることで評価される仕事であり、そのためには個人やチームで立てた目標をクリアしていかなくてはなりません。

売り上げの数字といった具体的な目標を設定し、その達成に向けて、意欲的に取り組む積極性は、ほかの職業でも大いに必要とされます。

また、自身にどのような課題があるのかを考える課題発見能力、その解決手段を考える分析力、実際にそれを行動に移す行動力なども同時にアピールできるでしょう。

目標達成に関わる強みをアピールする際は、具体的なエピソードをあげることが効果的です。

どのような強みをアピールするか決めたうえで、それに説得力をもたせられる、適切なエピソードを探してみてください。

【保険営業経験の自己PR】保険営業の経験を自己PRに活かすコツ

次はここまで解説してきた保険営業の強みを、自己PRへ活かすコツについて確認していきましょう。

保険営業に関する実績やスキルは、単にその内容だけを記述しても相手にすごさが伝わらない可能性もあります。

どれほど優れた強みをもっていても、伝え方を誤り、相手に理解してもらえなければ意味がありません。

今回は保険営業の強みをPRする方法として実績と知識・スキルを効果的に示すコツをご紹介します。

伝える強みが決まったあとは、ぜひこれらのコツを参考に、自己PRでの活かし方を考えてみてください。

実績を示す

自己PRで自身の強みを伝えるためには、まず具体的な実績を示すことが大切です。

実績自体も優秀さを示す指標となり、知識やスキルの強みを伝える際にも説得力をもたせることが可能になります。

この際注意しなければいけないのは、人事担当者は保険営業について知識があるとは限らない点です。

そのため、保険の知識をもっている同業者にPRする場合とは、異なるノウハウが要求されるでしょう。

この場合は、実際の数値を用いることで、保険営業に知識がない場合でも実績の程度が把握しやすくなります。

また、自身が働いていた職場や業界の事業規模、売り上げの前年比といった周辺情報をしっかり補足することで、数値だけでは伝わりづらい貢献度が理解してもらいやすくなります。

伝わりにくい専門用語がある場合は、適宜簡単な単語に置き換えることも大切です。

知識やスキルを示す

実績を示すことと並んで重要なのは、自身がもっている知識やスキルを示すことです。

普段の業務で活用しているスキルや、過去のエピソードで役立ったと感じる能力をリストアップし、自己PR内で明示しましょう。

保険営業では、すでに強みとしてご紹介した信頼関係構築能力や目的達成意欲以外にも、多様なスキルが必要とされます。

保険商品に関する知識や、営業の際のヒアリングスキル・効率よく情報を伝えるプレゼンスキル・相手のニーズをくみ取り、何が必要なのかを分析する論理的思考力などは、その代表的なものでしょう。

また、ファイナンシャルプランナーなどの資格を取得している場合は、より明確に自身の能力が証明できます。

どんなスキルを持っているか思いつかない場合は、自身が成長したエピソードを振り返り、自己分析を深めることも大切です。

【保険営業経験の自己PR】わかりやすい自己PRの構成

次は保険営業で自己PRを書く際のわかりやすい構成について解説します。

履歴書における自己PR欄は一定の文字数が決まっているため、その中で自身の強みを効果的に伝えなくてはいけません。

さらに、自己PRでは強みの内容を理解してもらうだけではなく、強みに説得力をもたせることも重要になってきます。

また、将来的な話にも言及することで、自身が採用すべき人材であることも明確に伝えられるでしょう。

あとから内容を付け加えると、理論の破綻やねじれも起こりやすいため、最初から以下の構成を意識して書き進めてみてください。

1.アピールポイント

自己PRでは自身が何を強みとするのか、そのアピールポイントを明確に示すことが大切です。

そのためまずは「私の強みは信頼関係を構築する能力です」といったように、もっとも伝えたい結論を最初に示してから、その根拠を述べていきましょう。

こうすることで、強みの内容を担当者にしっかり印象づけられます。

アピールポイントがしっかり伝わっていれば、以降の内容を読み進める際も、着目するべき点を把握しやすくなるでしょう。

また、結論を明確にしてから書き始めることで、書き進める間にアピールポイントがぶれる、または論理の飛躍が発生することを防げます。

なお、場合によってはPREP法を採用し、最後にあらためて結論を伝える構成も有効です。

文字数や話の流れを考慮して、どのような応用が可能かを考えてみてください。

2.成果や結果

アピールポイントとしての強みを伝えたあとは、その内容を補強する成果や結果を示しましょう。

この際は、担当者にわかりやすく成果を伝えるため、明確な数字や比較対象を用いることが大切です。

単に「売り上げがあがった」と書くだけでなく「営業部中トップの成約数を達成した」「前年比で30%売り上げがあがった」といったように、具体的にイメージしやすい情報を伝えるように心掛けると良いでしょう。

成果や結果を示す際に重要なのは、冒頭で示した強みとしっかり関連した成果や、エピソードを選ぶことです。

どれほど大きな成果をあげていても、それが強みと結びついていなければ、自己PRとして効果はありません。

この部分が不十分だと強みに説得力をもたせられないため、活用できるエピソードや具体的な数字を事前にしっかり調べておくことが重要です。

3.どう活かしていくか

強みを明示し、そこに説得力を付加したあとは、その強みを入社後にどう活かしていくかを伝えましょう。

将来的な話に言及することで、自身が入社後のビジョンをしっかり描けていることがアピールできます。

また、知識やスキルの具体的な活用方法を示すことで、単なる能力の高い人材ではなく、入社させることが企業の利益となる人材であることを明確にイメージしてもらえるでしょう。

一方、入社後の活かし方を考えるためには、自己分析だけでなく志望先の企業研究もしっかり行わなくてはいけません。

企業研究が甘く的外れなことを書いてしまうと、逆に志望度が低い印象や、マイナスイメージをもたれてしまう可能性があります。

現場レベルの業務についても調査し、自身の能力がどう活かせるのかをシミュレーションしておきましょう。

【保険営業経験の自己PR】自己PR例文

私は相手とのコミュニケーションから潜在的なニーズや問題点を把握し、それに合わせた適切な対応を行うことで、信頼関係を構築できる能力が自身の強みだと考えています。

この強みを意識し、まずは相手を知ることの重要性とノウハウを共用した結果、チーム全体の売り上げが前年比で30%上昇しました。

また、効率的な営業活動が可能となったため、成約までの平均訪問回数の減少、プレゼン資料のスリム化も実現しています。

貴社に入社したあとはこの強みを活かし、新規開拓営業の売り上げ増加・業務の効率化に貢献できると考えています。

まとめ

保険営業は長期的な信頼関係の構築能力や、目標達成に関する能力など、さまざまな強みが身につけられる職業です。

一方、どの職業でも活用できる汎用的なスキルが多いため、強みとしてアピールするためにはそれが実際にどう役立ったのか、将来的に役立つのかをはっきりと示さなくてはいけません。

売り上げなどの具体的な数字や、自身の強みが発揮されたエピソードをしっかり示すことで、採用活動の担当者にも強みが効果的に伝えられるでしょう。

転職先の業界や業種も考慮したうえで、より効果的な自己PRを作成してみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます