ディーラーの営業職って何するの?仕事内容やメリット・デメリットを徹底解説

ディーラーの営業職って何するの?仕事内容やメリット・デメリットを徹底解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

営業職は文系の学生に人気の職種です。

中でも車に関わる営業は車好きの学生から高い関心を集めています。

特に地方に住んでいて日ごろからドライブを楽しんでいたり、車にこだわりがあったりする学生から人気の仕事でもあります。

とはいえ車に関わる営業といっても、メーカー営業やディーラー営業などさまざまです。

今回は車に関わる営業職の代表でもあるディーラーの営業について、仕事内容やメリット・デメリットをご紹介します。

就活の際の業界選びや希望職種選びに、ぜひ役立ててみてください。

【自動車ディーラー】自動車業界の営業職は二種類ある

自動車業界の営業と一言でいっても、自動車メーカーの営業とカーディーラーの営業では、携わる仕事内容が大きく異なります。

簡単にいうと自動車メーカーの営業は、個人の顧客に向けた活動をしません。

一方でカーディーラーの営業では、私たちが普段車を購入する際お世話になるように、一般の顧客に向けた営業活動を担当します。

これらの違いを事前によく知り、自分の携わりたい業務はどういったものなのかを考えてみましょう。

自動車メーカーの営業

トヨタ・日産・ホンダなど各種自動車メーカーの営業は、通常私たちのような個人の顧客への営業をしません。

そうなると一体どのような仕事をしているのでしょうか。

自動車メーカーの営業職の主な仕事内容としては、ディーラーの営業支援、官公庁や法人・企業に向けた営業があげられます。

ディーラーの営業支援では、その自動車メーカーの車種の販売をしているディーラーに向けて、販売を促進するための手助けをします。

たとえば資料を作成したりイベントを企画したり、販売数の管理をしたりがあげられるでしょう。

一方で官公庁や法人・企業へ向けた営業は、公用車や社用車などの一度に多くの車を販売するために行われます。

大口の取引が多く、入札になることもめずらしくありません。

自動車メーカーの営業については「メーカー営業」の記事もご覧ください。

カーディーラーの営業

カーディーラーといえば、トヨタのトヨペット・ネッツ、日産のブルーステージ・レッドステージなどがあります。

来店した個人の顧客と接し、車の案内や販売をするのが主な仕事内容です。

車を購入した経験のある学生なら、一度はお世話になったことがあるという方も多いのではないでしょうか。

車についての情報を提供し販売につなげるのはもちろん、その後のアフターフォローを通して整備や点検の案内もします。

一人ひとりの顧客と長い付き合いを通して、信頼関係を築くことが求められるでしょう。

ほかにも集客するためにイベントを企画したり、キャンペーンを実施したりする仕事も担当します。

新規の顧客を獲得するためにも、ノベルティを用意したり楽しいショーを開催したりなどの、工夫が必要となるのです。

【自動車ディーラー】ディーラーの営業の仕事内容

ここではディーラーの営業の仕事内容について、さらに詳しく深掘りしていきます。

営業と一言でいっても売る商材の内容や顧客の種類によって、異なる営業方法が取り入れられます。

ここではディーラーで営業をする際に、どのような方法で営業活動をするのかについて詳しく説明していきましょう。

具体的にどのような仕事をするのかを想像してみましょう。

そこで自分に活かせそうなスキルや長所がないか振り返ってみてください。

お客様に車を案内する接客

カーディーラーでの営業では、基本的に店舗を訪れた顧客に車を案内する「来店型営業」が主体です。

顧客が店舗を訪れるタイミングは、土日祝日のイベント時がメインとなるでしょう。

既存の顧客が来店した際に新車買い替えの提案をしたり、新規の顧客に詳細情報を提供したり、試乗希望の顧客への対応をしたりします。

来店型営業のほかには、外回り営業をする場合もあります。

これらは新規の顧客への飛び込み営業をすることは、ほとんどありません。

既存の顧客に対する状況確認や、買い替えの提案などがメインの目的です。

アポなしの飛び込み営業やテレアポ営業などを、アウトバウンド営業と呼びます。

これらの営業をする機会は少ないといえるでしょう。

ディーラーの営業方法としては、基本的に来客してくれた顧客にアプローチするインバウンド営業となります。

契約や納車手続き

販売するための接客業務のほかに、購入を決めた顧客の納車手続きや契約書の作成なども、大切な業務の1つです。

新車購入時にはさまざまな書類作成が必要になります。

こまめに顧客と連絡を取りながら、スムーズにすすめる必要があるでしょう。

ほかにも保険会社や板金工場とのやりとりなどがあります。

普段私たちがあまり目にすることのないような、事務作業も多く担っているのです。

そのため平日の来客が少ないような時間帯でも、多岐にわたる業務をこなす必要があるでしょう。

イベント運営や店舗管理

新規顧客獲得のために欠かせないのが、新車フェアや試乗会などのイベント運営です。

多くの人に来店してもらうために、子ども向けのイベントやお得なくじ引きなど、さまざまな工夫を凝らしたイベントの企画をする必要があります。

これらのイベントの広報活動としては、チラシを配ったりSNSを活用したりする場合もあるでしょう。

そのほかには日々の車のメンテナンスとして洗車をしたり、店舗の管理・整備として掃除をしたりします。

来店してくれた顧客が気持ちよい空間だと感じてくれるよう、きれいな状態に保つ店舗管理も大切な仕事の1つです。

【自動車ディーラー】ディーラーの営業のメリット・デメリット

どんな仕事にも、メリットとデメリットが存在します。

大切なのは事前にどちらの面も知ったうえで、納得して仕事を選ぶことです。

たとえば一般的な営業職のメリットとしては、契約数や成績が給与に反映されやすく、モチベーションを保てることがあげられます。

しかしこれらはノルマが大変であるという、デメリットになる可能性も大いにあるのです。

このようにディーラーの仕事におけるメリット・デメリット、どちらの面からもしっかり分析してみることが大切です。

ディーラーの営業のメリット

最初にディーラーの営業のメリットについて解説します。

なんといっても車好きにとっては、車に関わっていられることが大きなメリットといえるでしょう。

ほかにも成果が給与に反映されやすいこと、顧客との距離が近いこともあげられます。

それぞれのメリットについて詳しくみていきましょう。

毎日車にかかわる仕事ができる

大好きな車に囲まれて仕事ができるのは、車好きにとってこのうえない仕事環境になることでしょう。

いち早く新車に触れられるうえに、新車の情報を得たり試乗したりなど、常に車と関わっていられます。

また一緒に働く同僚たちも、同じような車好きである場合が多いのです。

同じ価値観を共有できる職場環境であることは、大きな魅力の1つでもあります。

また社員割引や特典があるディーラーであれば、人気の新車を割引価格で購入できるでしょう。

特定の好きなメーカーがある場合そのディーラーに入社できれば、さらに仕事への満足度がアップすることは間違いありません。

成果が直接給与に反映される

ディーラーの営業では、一般的に固定給はそこまで高くないものの、インセンティブの割合が多いことで知られています。

そのためその月の営業成績が直接給与に反映されることになるでしょう。

車はほかの製品と比べても1台の単価が高いため、売れた月には高給が期待できます。

たとえば外車ディーラーのインセンティブであれば、1台につき1万〜10万程度が相場となっています。

詳細なインセンティブのルールについては、人材流出の恐れもあり実際に開示しているところは少ないものです。

しかし一般的には頑張り次第で、給与を上げられる仕事といえるでしょう。

努力が目に見える形で返ってくるので、モチベーション維持にもつながります。

お客さんに寄り添った提案ができる

ほかのメーカー営業に比べると、実際の顧客一人ひとりに寄り添った提案ができることも魅力の1つです。

車の購入までには一般的に長い時間がかかります。

車種・機能面のオプション、カラーまでさまざまな選択が必要だからです。

さらに家族の場合では、父親と母親で意見が分かれる場合もあります。

長い時間をかけて、顧客との信頼関係を築くことが必要となるでしょう。

前提として多くのディーラーで、同じ車種を扱っているという事実があります。

その中でも「ぜひこの人からなら買いたい」と思ってもらうことが大切です。

このように一人ひとりの顧客と向き合い、ヒアリングをします。

その人にとって最善のカーライフを提供するという、やりがいのある仕事でもあるのです。

ディーラーの営業のデメリット

車好きの人や結果を求めて働きたい人にとって、一見ディーラー営業は最善の仕事に見えます。

しかしそのほかの仕事と同じように、デメリットも存在します。

たとえば顧客の性質上土日祝日に休みが取りづらいこと、ノルマが厳しい場合もあることがあげられるのです。

ここではそれぞれについてさらに詳しく解説します。

デメリットをしっかりと理解したうえで就活をし、就職後のミスマッチを防げるようにしましょう。

土日祝日に休みが取りづらい

営業の性質上、顧客はどうしても土日祝日に来店するため、休みを取るのが難しいといえます。

子どもの学校行事や習い事への参加が難しい、プライベートの時間が取りづらいなどがあります。

また家族や友人と休みが合わない可能性も、十分にありうるでしょう。

ディーラーによっては早くから申請することで、ほかの社員と交代で休みを取れる場合もあります。

基本的に、土日や祝日は人手が必要な仕事であることに変わりはありません。

試乗の予約・キャンペーンやイベントの日を避け、平日に休みを取ることが多くなるでしょう。

ノルマが厳しいこともある

ほかの営業全般の仕事と同じように、ノルマがあり営業成績によって給与が左右される仕事です。

ほかの製品に比べると車は1台の単価が高いため、売れる売れないといった結果が、給与へ顕著に表れることになります。

そのため一定の給与を保ち続けることは、一流の営業マンでも決して簡単なことではありません。

毎月設定されるノルマや、新車が発売されるごとに設定されるノルマが、大変であると感じることもあるでしょう。

これらは頑張り次第で稼げるというメリットと、隣り合わせのデメリットでもあります。

人によっては向き不向きがはっきりと分かれる側面の1つです。

【自動車ディーラー】ディーラーの営業職に向いている人

カーディーラーで営業をするにあたって、どのようなスキルや能力が必要とされるのでしょうか。

ここでは向いている人がどういった人であるかを解説します。

これらは就活の際にアピールするべきポイントにもなりえます。

自己分析も含めて自分に長所となる部分があるか、また足りない部分を補うためにはどうすればよいか考えてみましょう。

コミュニケーション能力が高い人

営業職にとって、もっとも重要なのがコミュニケーション能力です。

顧客との信頼関係を築くことがもっとも大切なことから、こまめにコミュニケーションをとることが必須スキルです。

コミュニケーション能力といっても、営業トークがうまいだけでは足りません。

ただ車を売りつけるという方法では、営業成績は上がらないからです。

顧客との信頼関係を築き成績につなげるためには、ポイントがあります。

その顧客がどのような人となりであるか、どのようなライフスタイルを送っているか、どういった目的で車を欲しがっているのかを雑談やヒアリングによって、把握することが大切です。

そのため話す力にはあまり自信がないという人でも、聞き上手だという場合には大きなアドバンテージになるでしょう。

目標に向けて努力できる人

目標に向けてコツコツ努力ができるという人も、ディーラー営業に向いているといえます。

ノルマを負担に感じることなく、逆にモチベーションに変えていけるという人にとっては、このうえない仕事だからです。

部活やスポーツの経験を通して、目標に向かって毎日努力してきた経験があるという人は注目です。

ディーラー営業の仕事においても、その粘り強さを活かせるでしょう。特に国産ディーラーは、体育会系の先輩が多い職場であることも多くあります。

そういった体育系部活などの経験があるという人、逆境ほど頑張れるという人にはおすすめの仕事です。

車に関心をもって勉強できる人

車が好きで関心のあるという人も、ディーラー営業に向いています。

1つのメーカーでも車種やタイプ、オプションやグレードなどさまざまな種類が多くあります。

それらを細かく頭に入れておく必要があるのです。

次々に発売される車種について勉強するのはもちろん、現在は販売していないような車種についての知識が必要な場面もあるでしょう。

また自社の車と比較対象になりやすい他社の車種についても、ある程度知識をつけておくことで迷っている顧客の後押しにもなります。

このように顧客に対して有用な情報を提供できると、顧客からの信頼につながります。

車の知識について、楽しく勉強を続けられるという人にはぴったりの仕事といえるでしょう。

【自動車ディーラー】営業職以外のディーラーの職種

車が好きだけれど営業の仕事が向かないのではと感じている人には、それ以外の職種を検討してみるのもおすすめです。

ディーラーでは営業担当のほかに、サービススタッフやアシスタントスタッフという職種があるところもあります。

サービススタッフは点検整備を担っており、場合によっては自動車整備士の資格が必要な場合もあります。

コミュニケーションが苦手な方や、ノルマは気になるが車に関わる仕事がしたいという方もいるでしょう。

そういった場合にはまず、営業以外の職種も視野に入れて情報収集をしてみましょう。

まとめ

今回は文系の学生に人気の営業職の中でも、ディーラーの営業に焦点をあてて詳しく説明をしました。

ディーラーでの営業は、一人ひとりの顧客と車を結びつける仕事です。

頻繁に買い替えるものではなく、顧客の生活の質に関わる大切な選択をお手伝いする仕事です。

車好きにとっては、大きなやりがいを感じられることでしょう。

メリットとデメリットをよく理解したうえで、自分の本当にやりたい仕事かどうかを考えることが大切です。

また大変な時もモチベーションを保って、乗り越えられるかどうかよく検討してみましょう。

ぜひこの記事を参考に、さらにディーラー営業としての自動車との関わりについて考えてみましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます