営業の集団面接を攻略!個人面接との違いやコツを解説!

営業の集団面接を攻略!個人面接との違いやコツを解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

 

はじめに

「集団面接が控えているけど不安」「営業の集団面接では何が聞かれる?」など、このような面接試験の悩みを抱えている方もいるかもしれません。

企業によって内容は異なりますが、集団面接の対策は可能です。

また、評価ポイントを理解することで合格率を高められるでしょう。

本記事では、営業職の集団面接のコツや個人面接との相違点をくわしく解説しています。

営業の集団面接が控えている方は、対策をしっかりして試験に挑んでみてください。

集団面接とは

集団面接とは、数人の就活生が同じ面接会場に入室して同時に受ける面接試験のことです。 

面接官は、1人の場合もあれば2人以上の場合もあります。

同時に面接試験を受ける就活生全員に、同じ質問を投げかけることがほとんどです。

問われる質問内容に関しては、志望動機や自己PRや学生時代の取り組みなど、基本的な質問がほとんどを占めます。

集団面接の対策は、試験の内容について理解することが重要だと言えます。

なぜなら、集団面接についての知識を得ることで、面接試験への苦手を克服するためのきっかけになるからです。

細かい評価点は、企業によって異なりますが、大まかな部分はどの企業も評価ポイントは似ているため、十分に対策が可能です。

集団面接に関するくわしい解説は以下でしていきます。

集団面接の人数

集団面接は、就職試験の一次や二次で行われることが多いです。

一次や二次の面接試験では4〜6人程度の集団での面接試験がほとんどです。

しかし、就活生2人で行われることや、選考の終盤で集団面接試験を実施する企業もあるため、自分が応募する企業はしっかりと事前に企業研究を行いましょう。

また、面接試験中は就活生一人ひとりに同じ質問を順番に質問する形式が多いです。

志望動機や自己PRを聞いて、深掘りされます。

個別面接に比べると深掘りの時間は少ないです。

集団面接の時間

集団面接の実施時間は、参加人数によって異なりますが、30分程度の場合が多いです。

一見長いように感じますが、同時に複数人が面接試験に参加するためであり、一人ひとりの持ち時間は少ないです。

1人の話す時間は大体5〜10分の場合が多いです。

そのため自分が話す時間より、自分以外の人が話している時間のほうが長いです。

ほかの参加者が回答中も意識して耳を傾けるようにしましょう。

回答に相づちを打つなど、参加していることをアピールすることが大切です。

集団面接の質問数

質問数も企業によって異なるため、決まった数はありません。

企業からの質問は7〜9個程度の場合が多いです。

基本的な質問内容が多く、解答が難しい質問をされることは少ないでしょう。

質問内容自体はやさしいですが、ほかの就活生の回答状況や面接官との相性は本番でしかわからないため、どんな状況でも対応できるように対策が必要です。

また、ほとんどの場合、面接試験の最後に逆質問の時間も設けられていますが、個人試験より時間が短い場合も多いです。

そのため逆質問は最低1個用意しておいて、面接中に気になったことを時間があれば逆質問しましょう。

集団面接での重要ポイント

集団面接の概要は理解していただけたと思います。

ここからは、集団面接試験での重要な点について解説していきます。

集団面接で主に評価されるポイントは、マナーを守る・企業が求める人材であることをアピールする・質問で評価されているポイントを理解することです。

評価されるポイントを理解していなければ、集団面接の対策ができません。

ポイントを理解して、何を聞かれても、自信をもって解答できるように対策しましょう。

そして集団面接を通過するために重要なポイントを知ることで、集団での面接試験への自信を高めましょう。

以下でそれぞれ解説していきます。

マナーを守る

1つ目のポイントはマナーを守ることです。

当然のように社会人としてのマナーを守ることは、就活において大前提です。

マナーとは、順調に他人とのコミュニケーションを行うために大切なものと言えます。

マナーを守れているかいないかは面接官が見れば、一目瞭然です。

そのため、できていない人は質問の回答以前に落ちてしまう場合があります。

集団面接は、減点方式で評価されるため、必ず意識するべきポイントです。

また、マナーを守れているかは、他人に評価されてはじめてわかるものです。

自分ではできていると思っても間違えているマナーもあるため、しっかり確認しましょう。

具体的にマナーとは、身なり・姿勢・質問への答え方・態度の4つです。

意識して改善しましょう。

企業が求める人材であることをアピールする

2つ目のポイントは、企業が求める人材であるとアピールすることです。

就職活動において重要なのは、自分が企業とって必要な人材であると認めてもらうことです。

企業にアピールする方法はさまざまですが、まずは第一印象で企業に良い印象を与えられるようにしましょう。

入室時に爽やかな印象を与えられるよう、身だしなみを意識するなど、返事や所作を意識して好印象を与えられれば選考を優位に進められます。

特に集団面接では、1人に与えられる時間が個人面接に比べて少ないです。

そのため、簡潔に自分をアピールすることが重要です。

選考序盤の集団面接では、個別での深掘り以上に社会人として集団での立ち回りや、最低限のマナーがあるかを見られているため、意識して対策しましょう。

質問で評価されているポイントを理解する

3つ目のポイントは、質問で評価されているポイントを理解しておくことです。

集団面接で面接官から聞かれる質問一つひとつにおいて、企業側が就活生の何を評価しているのか、知る必要があります。

集団面接において聞かれる質問で主に評価されるポイントは、協調性・リーダーシップの2つです。

問われる質問において、グループの中で差別化ができるよう、質問に対してしっかりと考えたうえで答えるのが重要なポイントです。

また、協調性やリーダーシップを評価される場面は、集団面接において、質問に回答する場面だけではありません。

ほかの就活生が質問の受け答えをしているときの態度など、自分が回答している時間以外の時間も評価されていることを意識して、面接試験に挑みましょう。

協調性

集団面接において企業が評価するポイントの1つ目は、協調性です。

理由は、日系の企業ではチームの和を非常に重んじているからです。

言い換えると、自分のことばかりを考えて自分勝手な行動をする人間は、企業に必要とされません。

そのため、就職試験において企業側は面接試験をはじめ、さまざまな場面で協調性を評価しています。

集団面接では、自分の意見ばかりを述べるのではなく、ほかの就活生の意見をよく聞き、場合によっては手助けすることも必要です。

個人面接では、終始自分をアピールすることが重要です。

しかし、集団面接では自分をアピールしたあと、ほかの就活生を尊重するような一言があると評価があがる可能性もあります。

集団面接と個人面接の違いも頭に入れて対策していきましょう。

リーダーシップ

2つのポイントは、リーダーシップです。

集団の中で和を重んじるということを述べましたが、先頭に立ってチームを引っ張る人も評価されます。

マイナスになるのは自分勝手な行動であるため、集団のために率先してリーダーシップを発揮しましょう。

しかし、集団面接においてはリーダーシップを発揮できる場面はない可能性があるので、無理に目立つ必要はありません。

もし、集団面接でリーダー役を必要とする場面があれば、率先してリーダー役に立候補しましょう。

集団面接で目立つ場面は少ないですが、うまくアピールできれば良い評価をもらえるため、チャンスを逃さないように準備をしておくことが大切です。

その際は、くれぐれも悪目立ちしないように気をつけてください。

集団面接と個人面接との違い

ここではそれぞれの面接試験の違いを紹介しましょう。

個別と集団の2つの面接では、見られているポイントや評価される部分が大きく異なります。

その違いを理解しないで面接試験に挑むと失敗してしまう可能性が高まります。

集団面接と個人面接の主な違いは、1人の時間が短い・ほかの就活生と比べられる・評価方式が違う点の3つです。

以下でそれぞれについてくわしく解説しています。

2つの違いを理解して面接試験対策を充実させましょう。

1人の時間が短い

1つ目の違いは、1人の時間が短いことです。

個人面接と比べて、集団面接は1人あたりに与えられる時間が短いです。

個人面接は、1人あたり30分程度の面接時間があるのに対して、集団面接では1人あたり5〜10分程度しかない場合がほとんどでしょう。

また、個人面接では自分1人が連続して話します。

しかし、集団面接では1つの質問にかけられる時間はさらに短く、トータルで5〜10分程度であるため、より短く感じるでしょう。

そのため、限られた面接時間の中で、自分が伝えたいことを簡潔に面接官へ伝えることが重要です。

時間が短いため、たくさん伝えたい気持ちはわかりますが、詰め込みすぎると話が伝わりづらくなるので気をつけてください。

質問に対して簡潔に答えることを意識して練習しましょう。

ほかの就活生と比べられる

2つ目の違いは、ほかの就活生と比べられることです。

前提として、就職試験では個人面接でも集団面接でも、ほかの就活生と比べられて評価されます。

しかし集団面接では、比較対象となる就活生が横に座っているのが大きな違いです。

横にいるからといって、見栄を張ってかっこいいことや普段と違うことをする必要はありませんが、比べられていることは意識しておきましょう。

ほかの就活生が横にいると、面接試験中に起こるすべてのことを比べやすいです。

集団面接は減点方式が採用されていることも多いため、ほかの就活生と比べて自分だけミスが多いと減点されやすくなってしまいます。

個人面接の場合はうまく話せるのに、集団面接になると周りを意識してうまく話せなくなる人もいるので、しっかり練習しておきましょう。

評価方式が違う

3つ目の違いは、評価方式が違うことです。

個人面接では加点方式が多いのに対して、集団面接では基本的に減点方式が採用されています。

加点方式とは、面接試験の判定や評価において、良い点や優れた点を面接官が点数として積み上げていく方法です。

一方の減点方式は、面接試験の判定や評価で、悪い点やミスに応じて点数を引いていく方法です。

集団面接では減点方式が用いられるため、個性を出して自分をアピールするよりも、集団の中で間違いのない立ち回りをして、減点されないようにしていくことが大切でしょう。

集団面接を突破できれば個人面接をできることが多いため、個性をどんどんアピールしたい人は、集団面接ではチームのまぁでも活躍できることをアピールし、個人面接に進んでから存分に個性をアピールしましょう。

営業の集団面接で聞かれる質問

営業の集団面接における質問内容は、企業によって異なりますが、ある程度頻出質問や傾向があるため、十分に対策が可能です。

営業の集団面接で主に聞かれる質問は、自己紹介・志望動機・逆質問などです。

問われ方はさまざまですが、営業職の集団面接で聞かれることが多い質問について知っておくことで、対策をしやすくなります。

また、内容を対策しておけば集団面接を突破できる可能性が高まるでしょう。

以下でそれぞれについてくわしく解説します。

自己紹介

1つ目の質問は、自己紹介です。

自己紹介は企業によっては最初から述べると決まっている場合があるため、企業研究で受ける企業の集団面接について調べておきましょう。

自己紹介では、簡潔に要点を伝えるよう意識してください。

これまでの経歴すべてを話すのではなく、伝えたいことである目標やアピールポイントなど、企業側が興味をもちそうな内容について、簡潔に話すべきです。

また、自己紹介と言われて、長々と自分を語ることは、企業は求めていません。

企業はあなたという人間が自社とマッチしているのか、営業職として活躍できるのかを見ています。

自分の経歴や特徴が企業でどのように活かせるかなどを絡めて、自己紹介をできるようにしましょう。

志望動機

2つ目の質問は、志望動機です。

定番の質問であるため、当然のように準備すると思いますが、事業内容が似ている企業で使いまわして志望動機の質が下がらないよう、1社ずつしっかり企業研究して考えましょう。

企業研究は事業内容や経営方針など、基本的な内容を競合他社と比較しながらまとめると、企業ごとに差別化した志望動機が考えられるのでおすすめです。

また、志望企業側の事業を自分がどのように捉えているか、整理しておくことで説得力のある志望動機になるでしょう。

入社後の将来像も考えたキャリアプランまで考えておくと、志望動機により深みが増します。

志望動機を考える過程で企業への入社意欲を高められ、志望順位についても考える時間になるため、しっかりと準備しておきましょう。

逆質問

3つ目は、逆質問です。

ほとんどの面接試験で試験の終盤に逆質問の時間が設けられています。

集団面接での質問は、一般的に面接官が一人ひとりに聞いていきますが、逆質問は挙手制の場合が多いです。

積極的に質問することで意欲をアピールできるため、事前に質問を準備しておきましょう。

逆質問では企業への興味の強さが企業側へ伝わるように考えておくべきです。

そのため、企業のホームページを見ればわかることを聞くのはやめましょう。

ホームページなどを見たうえで疑問に思ったことや、自分の考えについて聞くのがおすすめです。

また、企業への質問に絡めて、さり気なく自分のアピールポイントを話せると良いでしょう。

しかし、あくまで質問の場であるため、自分語りだけをしないように気をつけてください。

以下で、逆質問のポイントを解説しています。

今後の経営について

1つ目のポイントは、今後の経営についての質問です。

経営についての質問は、逆質問をしながら企業への興味をアピールできます。

経営戦略や事業戦略は、企業や業界に興味をもっていると判断されやすい項目の1つだからです。

知りたいことがあれば、積極的に質問すべき項目だと言えます。

しかし、経営については上述の通り企業のホームページなどを見ればわかる情報が多いです。

調べないで確認すると逆にマイナスの印象を与える可能性があるため、しっかりと企業研究をしたうえで気になったことを逆質問しましょう。

将来について

2つ目のポイントは、将来についての質問です。

将来についての質問は、入社後のキャリアについて考えていることをアピールできます。

現時点で、理想的な将来のビジョンを明確に描くことは難しいかもしれません。

しかし、まったく想像できない企業では、入社後にミスマッチが起こる可能性も高くなってしまいます。

入社後のキャリアについて、気になる部分を逆質問することで、しっかりと自社での将来を考えて応募しているのが伝わるでしょう。

業務内容について

3つ目のポイントは、業務内容についての質問です。

細かい業務内容についての質問は、より具体的に入社後の働き方について考えていることをアピールできます。

また、入社後のミスマッチを防ぐためにも、業務内容については気になる部分があれば、積極的に聞いておきたい項目です。

業務内容についてもホームページなどに書かれている可能性が高いため、しっかり調べてから質問しましょう。

面接官の中に営業職の管理職が同席しているときは、特に営業について積極的に聞いてみると、入社後の働き方をより鮮明にイメージできると考えられます。

まとめ

営業職の集団面接における対策やコツに関して述べてきました。

個人面接との違いについて紹介したため、より面接試験のイメージがしやすくなったと思います。

集団面接は志望動機や自己PR、逆質問など基本的な内容が多く、質問に対する回答は比較的準備しやすいです。

しかし、集団面接では短い時間の中で、マナー・協調性・リーダーシップ・企業への興味などをアピールしなければなりません。

突破するためには、質問に答える時間だけでなく、ほかの就活生が答えている時間も無駄にできません。

難しく感じるかもしれませんが、対策がしっかりできていれば問題ないです。

できていない人も、まだ間に合うので一つひとつクリアしてください。

この記事で営業職の集団面接について深く理解して、希望する企業へ就職できるように準備を進めていきましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます