技術営業の面接を攻略!技術営業の仕事内容や将来性についても解説!

技術営業の面接を攻略!技術営業の仕事内容や将来性についても解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

営業職として活躍してきた方が、さらなるキャリアアップのための転職を考えたとき、技術営業もその選択肢の1つになります。

これまで培ってきたセールススキルが役立つのと同時に、エンジニア出身であったり技術系の知識が豊富だったりする方は、それも存分に活かせるからです。

ただし、これまでの営業と同じようなものだと思っていると、面接がうまくいかない、または転職後のミスマッチが起こる可能性もあります。

そこで今回は、技術営業の面接の攻略方法と仕事内容や将来性について解説します。

技術営業の面接を攻略!】技術営業とは

技術営業とは、技術的な専門知識を活かして、自社製品を顧客に提案するなどの営業活動を行う職種です。

近年、モノ作りは高度化かつ複雑化しており、自社製品は技術的にはどのように優位なのか、そして顧客にとってどのようなメリットがあるのかを顧客に伝えなければなりません。

ただし、技術的なことに関する理解度は顧客によってまちまちであり、顧客の理解度に合わせて技術面の説明を行うプレゼン力や、コミュニケーション能力が必要とされます。

顧客からニーズを聞き出して技術的な提案を行ったり、それを自社に持ち帰って製品開発に活かしたりするのも、技術営業ならではの仕事です。

したがって、技術営業には技術的な専門知識が必要であり、エンジニア出身の方も多く活躍しています。

技術営業の仕事内容

技術営業は、顧客が抱えている経営課題や業務を遂行するうえでの問題点をヒアリングし、それらを解決するための技術的な提案を行います。

根本的な部分では、一般的な営業職と変わりませんが、自社製品の導入を技術面から提案し、技術的なメリットを紹介することで営業活動を行う点が特徴です。

見込み顧客に対しては、自社製品を導入するにあたって抱えている不安を、技術に関する専門知識を駆使した説明で解消しなければなりません。

また、既存顧客には、顧客のニーズに合致した新商品の導入を提案したり、自社への信頼を獲得するためにアフターフォローもきめ細かく行ったりする必要があります。

顧客に技術面でアプローチするのが、技術営業の仕事であると言っても良いでしょう。

【技術営業の面接を攻略!】技術営業のやりがい

技術営業のやりがいは、クライアントに直接会って、自社製品を技術面からアピールできるところにあります。

普通の営業職でもクライアントと直接やり取りをしますが、技術的な面から導入に不安を抱えている顧客のサポートをできるのは、技術営業の特権です。

クライアントの抱える問題が無事に解決して感謝されたときは、ほかの何にも変えられない喜びを感じられるでしょう。

またクライアントの希望や意見を聞き出して、それらを新製品の開発に活かし、より良い製品を生み出せた瞬間も、技術営業としてのやりがいを感じるときです。

まだ、この世に存在しないような新しい製品の開発に深く関われるのも、技術に関する専門知識をもっている技術営業ならではのやりがいでしょう。

【技術営業の面接を攻略!】技術営業はきついのか

営業という仕事自体が決して楽なものではありませんが、なかでも技術営業はきついと言われることが多いです。

特にきつい理由として、日々勉強を続けなければならないことがあげられます。

技術は日夜進歩を続けており、それについていくには並大抵の勉強では足りません。

毎日のように新しい技術に関する知識をインプットしたり、今までの知識を上書きしたりしていかなくてはならないのです。

また、常に時間に追われることも技術営業でつらい理由の1つでしょう。

顧客と自社の開発チームによるスケジュールの変更は日常茶飯事であり、そのしわ寄せが来るのは技術営業です。

そして、顧客からのクレームも開発チームではなく技術営業に来るため、通常の顧客対応と並行してのクレーム対応は大変な負担となるかもしれません。

【技術営業の面接を攻略!】技術営業の年収とは

技術営業の年収はおよそ450万円前後といわれています。

これは日本人の平均年収の水準を上回っており、収入面で困ることはないでしょう。

ただし、20代の技術営業の年収は370万円前後、30代になると平均年収が500万円を越え、キャリアを積み重ねていくことで年収は上昇することがわかります。

経験を積んで実績を出せるようになれば、給与面でしっかりと応えてくれる企業も多いと言えるでしょう。

20代のうちは、十分に経験を積むための時期と捉えれば良いのではないでしょうか。

【技術営業の面接を攻略!】技術営業の将来性

技術営業への転職を検討するとき、その将来性も大事な要素となるでしょう。

その点、需要の高まりや企業の海外進出などについて考えると、技術営業の将来性は高いといえ、転職先としても十分であると言えます。

各企業でも技術営業は重宝されており、今後も同じような状況が続いていくでしょう。

少なくとも仕事がなくなるということはあまり考えられません。

これまでの営業職としての経験を活かして転職するのであれば、技術営業はまさにふさわしく、キャリアを築いていくことも可能です。

IT革命の影響で需要が高まっている

近年はITの時代といわれるように、ITの需要が高まり、それに合わせた技術革新は終焉を迎えるどころか、今後もさらに進化すると予想されます。

すでに現代社会はITなしで機能せず、水道・電気・ガスといったライフラインに匹敵するほど重要度が高くなっているのです。

そして、さらに社会のIT化が進み、さまざまな技術が開発され、日常に組み込まれていくでしょう。

その点は、ビジネスも例外ではなく、IT技術なしにビジネスをすることなど、もはや不可能です。

特に、AIやビッグデータ、セキュリティシステムなどを積極的に取り入れる企業も、さらに増えてくるのではないでしょうか。

その際、専門知識が豊富な技術営業は重宝され、給与水準もさらに上がってくると予想されます。

世界中の人との関わりができる

IT化が進むことのメリットの1つは、どこにいても世界中とつながれることです。

もちろん、ビジネスの舞台も日本という枠を越えて地球全体に広がります。

IT革命が巻き起こっているのは、日本だけではなく世界に共通しており、技術の交流も盛んです。

この技術交流は、今後もさらに発展していくと考えられ、技術営業として世界中の人々と関わる機会も同様に増えていくでしょう。

そうすれば、よりたくさんの経験を積め、視野も確実に広がるはずです。

世界中の人と関わりができ、世界を知ることは、技術営業人生において大きな財産となるでしょう。

活躍の舞台が世界に広がり、経験を積んでキャリアアップをはかれるということは、技術営業の将来性の高さを示していると言えます。

【技術営業の面接を攻略!】技術営業の面接を通過するコツ!

転職を成功させるためには面接を通過しなければなりませんが、無事に技術営業の面接を通過するにはどうした良いのでしょうか。

営業職の経験があっても、転職の面接はまた別だと考えると、不安に思っている方もいらっしゃるかもしれません。

転職の面接を通過するには、いくつか押さえておきたいコツがあります。

そのコツを知ることで、不安をなくしてから面接に挑みましょう。

ここから、技術営業の面接を通過するコツについて2点紹介するので、ぜひ参考にしてください。

営業スキルをアピールする

技術営業として、もちろん技術に関する専門知識やスキルは必要ですが、営業職である以上営業スキルは必須です。

いくら技術にくわしくても、それを顧客に伝えるスキルがなければ意味はないのです。

まずは、営業職として必要な営業スキルをもっているとしっかりとアピールしましょう。

技術営業では、技術的な専門知識やスキルをもっていることは前提条件であり、そこに営業スキルが加わって、はじめて評価の対象となるのです。

営業スキルはすでに備わっていることをアピールできれば、即戦力として活躍できると判断してもらえ、採用される可能性が高まります。

また営業スキルというのは、抽象的なものでは説得力に欠け、前職で出した数値などの具体的な実績があると、より有利になるでしょう。

志望動機を明確にする

技術営業の面接に通過するには、志望理由や転職の動機を明確にもっていなければなりません。

ただし、これはどの職業を選んでも同じことが言えます。

転職活動を行うのであれば、もっとも大切にすべき点といっても良いでしょう。

営業職にもさまざまな種類があり、日々募集が行われている中で、どうして技術営業を選んだのか、なぜ技術営業でなくてはならないのかを自分の中で明確にしておく必要があります。

そして、なぜ自分が技術営業に魅力を感じたのかをわかりやすく説明できると、企業からも高く評価されるはずです。

職に就ければなんでも良いわけというではなく、自分にとっては技術営業でないと意味がない理由をはっきりアピールしてください。

【技術営業の面接を攻略!】技術営業で求められるスキル

技術営業が身につけておかなければならないスキルはどのようなものなのでしょうか。

もちろん営業職なので、ほかと共通した必須スキルはありますが、顧客に技術的な説明を行う、技術営業ならではの必須スキルがあるはずです。

技術営業に必要なスキルがわかれば、面接時にそれをアピールすることもでき、足りないと思えば事前に準備したり、トレーニングを行ったりできます。

ここでは、技術営業ならもっていなければならないスキルを3つご紹介します。

技術力

技術営業には、専門的な知識やスキルが求められます。

技術には明るくない顧客にもわかるような説明をし、自社製品の技術的なメリットを理解してもらうには、相当な知識やスキルが必要になってくるからです。

したがって、技術営業の面接ではできるだけご自分の技術力をアピールするのがおすすめです。

仕事に活かせ、即戦力にもなり得るスキルがあることを、存分にアピールしましょう。

しかし、未経験の分野で技術力に自信がない場合も、心配する必要はありません。

未経験であっても、その分野に対する意欲を示せば、企業から高く評価されるからです。

誰にも負けないような技術力を身につけて顧客と自社に貢献するという意欲は、技術営業として働く限りずっと必要になります。

課題解決力

技術営業の面接の中でしばしば聞かれる質問があり、それは「課題に直面したときどうやって対処したのか」というものです。

なぜこのような質問をされるのかというと、技術営業では課題解決能力が不可欠であり、それを判断するために質問されます。

技術営業として働いていく中では、いつでもトラブルなくスムーズに仕事を進めていけるとは限りません。

顧客がいる以上、自分がどう努力しても防げないトラブルもたくさんあります。

そこで大切になるのが、実際にトラブルが発生した際に冷静に対応できる力、すなわち課題解決能力です。

トラブル発生時の双方のダメージを最低限に抑えられるように、慎重かつ迅速に判断し行動できる力を身につけ、それを面接でアピールしましょう。

コミュニケーション能力

営業活動において、もっとも大切なのはコミュニケーション能力です。

ここでいうコミュニケーション能力は、客を説得する力とも言えるため、技術営業の面接ではぜひこちらもアピールしてください。

なぜなら、営業活動の最終的なゴールは、顧客に最善の選択をしてもらい、自社の製品を購入してもらうことであるからです。

そのためには、顧客の目からすれば同じように見える他社製品と自社製品は何が違うのかをきちんと説得し、相手に納得してもらわなければなりません。

したがって、いわゆる営業トークが上手なだけでは足りず、常に説得力のある発言をする必要があります。

ただし、ただの押しつけになってしまっては顧客に不快感を与えてしまい、そうならないように絶妙な顧客対応が大切になります。

まとめ

技術営業は、技術的な専門知識を駆使して顧客に営業活動を行う営業職です。

一般的な営業スキルのほかにも、顧客に対して明確なアドバイスを行い自社製品の購入へつなげるには、技術的な知識やスキルが必要になります。

一般的にはきついといわれますがやりがいはあり、今後もIT化がさらに進むことを考えると、将来性も十分高い職種であると言って良いでしょう。

技術営業として採用されるためには、技術力だけではなく課題解決能力やコミュニケーションも求められます。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます