転職時に他己分析をするメリットとは?方法やポイントを徹底解説!

転職時に他己分析をするメリットとは?方法やポイントを徹底解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

転職をする際多くの方は自己分析して、自分のことを見つめなおしてから面接や試験に臨みます。

しかしながらそれだけでは、自分の思い込みによる間違った強みや短所を把握してしまうことがあり自分の可能性を生かしきれません。

この思い込みを改善するために役立つのが他己分析です。

この記事では他己分析とは何なのかや他己分析をするときのポイントについて解説していきます。

他己分析について詳しくなり、実際に有効活用していきましょう。

【転職時に他己分析をする】他己分析はどのようなものか

他己分析とは自分を他者から見てもらい、客観的に分析することです。

見ず知らずの人に自分の評価を頼んでも、全然答えられなかったり遠慮してほんとのことが言えません。

なのでここでいう他者とは自分と関係がある他人です。

ここで客観的に分析してもらった事柄と自分の考えを照らし合わせながら再度分析します。

他己分析をしようと考える人は、自分を見つめなおしたい人や就職活動をするため自分を知りたい人が多いです。

【転職時に他己分析をする】転職時に必要な理由

新卒で入社する時、多くの方は自己分析をします。

そして他己分析もした方も少なからずいるはずです。

なので過去に他己分析をした方は、転職をするときにしなくてもいいのではないかと考えます。

しかしこれは大きな間違いです。

新卒で入社するときは学生時代の私という側面から分析したはずですが、転職をするときは仕事をしている私という側面から分析してもらうことができるのです。

実際に仕事を経験しているので、仕事に関していい点や悪い点を明確にできます。

それにより面接が、実体験を生かした説得力があるものになります。

なので仕事をしている期間から得られる私の情報を知らないと非常にもったいないです。

【転職時に他己分析をする】他己分析をするメリット

他己分析をすることに様々なメリットがあります。

個々では具体的な例を出して、他己分析をするメリットを紹介していきます。

自分が知らなかった強みを知れる

自分の知らなかった強みを知れる点が他己分析をするメリットと言えます。

普段何気なくしていることがほかの人から見たら、すごいと思われていることも知ることができます。

強みが多くて悪い印象を持つという人はいません。

そして強みを知れることでより自分に自信が持てます。

他己分析をする際には、必ず強みを聞くようにしましょう。

短所を改善できる

普段あまり聞くことができないのが短所です。

生活の中で人の悪いことを指摘すると、問題が発生する恐れがあるからです。

なので普段あまり気が付きにくい短所を指摘してもらえて、それを改善しようと考えられるのがメリットと言えます。

客観的な視点で指摘されたら、ほかの人にもこう思われていたかもしれないと考え改善した方がいいなと考えるはずです。

しかしその短所が仕事によっては長所になることがあります。

例えば一つのことに没頭してしまう人がいるとします。

この人は周りがあまり見えないと予想されるので、ほかの方を気遣いながら仕事をする企業は向いてないといえます。

一方で一つのことに没頭できるので、一人でやることが多いピッキングの作業においては心強い存在になります。

このように考えられることもあるので、必ず短所を聞くようにしましょう。

自己分析に説得力が増す

自分の自己分析の結果と他己分析の結果で一致すればより考えに説得力が増します。

しかし人によって考えは異なるため、本当に説得力があるものにするためにはより多くの人に分析をしてもらいましょう。

例えば私は面倒見がいいという長所があったとします。

そして他己分析でこの長所を挙げてくれた人が数人いたとします。

しかし面倒見がいいというよりはありがた迷惑に感じる人の方が多くいたらどうでしょう。

一つの行動をとっても複数の考え方があるのが事実です。

結局自分はどうなんだと考えることでしょう。

難しく考えずに「いいところではあるけど、いきすぎたら迷惑なんだ」と考えればいいでしょう。

面接対策として使える

他己分析で得られるのは長所や短所、説得力だけではありません。

人から自分のしぐさや癖など自分では確認することが難しい部分についても知ることができます。

面接の場においては、会話の内容だけではなく行動やしぐさを見られるので、人から指摘してもらい悪いところは改善をはかれます。

面接では根拠を裏付けとして自分の志望動機やガクチカについて話します。

先述しましたが、自分の知らなかった長所と短所を客観的に指摘をしてもらうのが他己分析です。

故に自己分析と照らし合わせることで、より説得力があるものになります。

これらの点から面接対策として有効であるといえます。

【転職時に他己分析をする】他己分析のやり方

まずは明確な目標を持ちましょう。

例えば「私はどんな人?」と聞いたら誠意がある人や優しい人という回答が返ってきます。

これでは漠然とした回答が返ってきてここから一歩も進めなくなってしまいます。

目標を持てばこれを聞きたいということが自然と頭に浮かんできます。

そして質問を考えます。

先述したような「私はどんな人?」のような漠然とした質問ではなく「私は集団の中にいるときと二人だけのときで言動に違いはある?」のように時間や場面を絞った質問を考えることがポイントです。

そして実際に相手と対面して問答を繰り返していきましょう。

この状況になる前に質問は考えますが、回答を聞いているなかで気になるポイントがあったら質問をしましょう。

この時メモをするわけですが、自分なりに整理しながら書いておくと後で分析がやりやすくなります。

【転職時に他己分析をする】やるときのポイント

ここまでで他己分析とはどのようなものなのか、そしてどのようにやるかが少しずつわかってきたことでしょう。

ここではより効果的な他己分析ができるようになるポイントを紹介します。

分析の目的を明確にしておく

どういう意図で他己分析をするか明確にしておきましょう。

意図がないとそもそもどのような質問をすればいいか浮かんできません。

浮かんできたとしても本当に必要で効果的な質問にはなりません。

全体としての質問の意図は就職活動に繋げたいからで問題ありませんが、一つ一つの質問に意図が感じられるようにしましょう。

例えば「私の第一印象ってどうだった?」という質問をするとしましょう。

この質問であるならば、第一印象が悪いなら修正してから臨みたいという意図があるなと感じられます。

意図は個々によってそれぞれ違いますが、明確な意図を持つことを心がけましょう。

お願いする人の決め方

他己分析をしてもらう人を正しく選びましょう。

この選び方が正しいということは一概には言えませんが、親しい人から優先してお願いしていったほうがより多く質の高い情報を得られます。

親しい人の方が長い時間を共に過ごしているため、その分どういう人かということが明確にわかっているためです。

親→兄弟→恋人→上司→友人→サークルの友達だった子のように優先順位をつけていくとよいです。

徹底的に考えてみる

徹底的に質問の回答について考察することで、他己分析の効果を飛躍的に高めてくれます。他者に分析をしてもらっても自分でなぜそのような回答をしたのかということを深堀しましょう。

ここで一つの例を挙げます。

質問に対して回答を得られたらなぜそう考えたのかを聞きます。

その後自分で振り返り、この行動や発言からこのように思っていたのかというポイントを探しましょう。

このように一つの情報から考えを広げていけば、より深い情報を手に入れられます。

表やグラフを活用する

表やグラフを活用するとまとめやすく、見やすいものになります。

基本は聞いたことをメモして他己分析が終わった後に自分で分析する作業に入ります。

この時に役立つのが表やグラフです。

多くの方が長々とした文章を読むより、表やグラフで見やすくまとめた方が見やすいと感じた経験があるでしょう。

例えば質問に選択肢を設けた場合には使いやすいといえるでしょう。

この時しっかりその選択肢を選んだ理由も聞いて、併せて記録しておくと効果的です。

他己分析の質問例

分析をしてくれる相手によって質問を変えることがポイントです。

相手に他己分析を頼む前にその質問の意図を明確にしてから行いましょう。

「私の長所って何だと思う?」や「性格はどのようにとらえてる?」、「就職する前と後の私の考えの違いは?」などのかなりコアな質問は家族や親戚など関係がかなり深いひとに聞くのが効果的であるといえます。

「私とやったことで印象に残っていることは?」や「私ってどのようなとき一番楽しそうにしている?」などの質問は長い付き合いの友人や家族に聞くのが効果的です。

「集団の中での私ってどのような印象ですか?」という質問はお世話になった先生や上司に聞くと参考になる答えが返ってきます。

「私の第一印象はどうだった?」という質問は最近知り合った人に聞くと記憶に新しいので、正確な答えが返ってきます。

このようにそれぞれの人によって質問を変えて、より効果的に他己分析をできるようにしましょう。

まとめ

今回は転職の時にやるべきである、他己分析の方法やポイントを解説してきました。

照れくさいと思う方やほかの人に聞くのが恥ずかしいという方がいるかもしれません。

しかし意外にも「こんなこと思っていたの!」というポイントが見つかって、楽しみながらできるものでもあります。

どうしても照れくさい方や恥ずかしい方は家族だけに限定してやる方法や自分以外の就活性を探してお互いに言い合う方法がおすすめです。

転職活動のスタートとして他己分析を取り入れ、就職に向けて最高の準備をしましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます