女性が外回り営業に転職してスキルアップするポイント!女性目線の転職のポイントも解説!

女性が外回り営業に転職してスキルアップするポイント!女性目線の転職のポイントも解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

 

はじめに

女性の外回り営業に関して、どんなイメージを抱くでしょうか。

キツいのではないか、続けられるのか、どんなスキルが求められるのか、というような不安がたくさん出てきます。

そんな不安を解消するために、この記事では女性が外回り営業をする際のポイントを紹介していきます。

また、女性が外回り営業をする際のデメリットや覚悟しておくべきことなども紹介しているので必見です。

スキルアップや収入面から、営業職に転職を考えている女性はぜひこの記事を参考にして転職に活かしてみてください。

【女性が外回り営業に転職するポイント】外回り営業とは

まずは、外回り営業とは何かについて詳しく知っておく必要があります。

外回り営業とは、顧客先を訪問し、営業活動を行う営業の形態のことを言います。

顧客のニーズに寄り添い、自社の利益のために自社製品を売り込みに行く営業職ですが、その営業で実際に足を運ぶのが外回り営業です。

そんな外回り営業には法人営業と個人営業があります。

法人営業の場合には顧客先の企業に赴き営業をかけ、個人営業の場合には個人宅を訪問することになるのです。

また、営業の形態にも種類があり、新規開拓営業とルート営業と呼ばれます。

新規開拓営業とは文字通り、新しい顧客、つまり初対面の相手に対して営業をかけます。

反対にルート営業とは、すでに取引をしたことがある顧客との関係を深めていくというものです。

そんな営業に関してもっと詳しく知りたいという方は以下の記事をご覧ください。

【女性が外回り営業に転職するポイント】外回り営業で求められるスキル

では、外回り営業をしていくうえで求められるスキルにはどんなものがあるのでしょうか。

外回り営業に転職しようと考えていても、自分にできるのだろうか、と疑問に思っている人も多いでしょう。

外回り営業でも一般的な営業職でも、基本的には人と話す機会が多いため、人と話すのが得意であるという人には営業職が向いています。

ただ、人と話すのが得意、というだけでは外回り営業は務まりません。

ここでは、外回り営業で求められるスキルについて解説していきます。

コミュニケーション力

大前提としてコミュニケーション力は必要です。

うまく人と話せないという人が営業をしてもうまく商品を売り込むことができないでしょう。

そのため、営業には必須のスキルとされています。

しかし、一概にコミュニケーション力といっても、コミュニケーションにはいろいろあります。

何かを話すのが上手な人もいれば、聞き上手と言われる聞くことが上手な人もいるでしょう。

そんなコミュニケーションの中でも、営業に必要なコミュニケーションは聞く力です。

ヒアリング力とも呼ばれる聞く力は、売り込むための話す力よりも、相手のニーズに合わせるため、顧客の悩みなどを引き出す役割を果たします。

そのため、コミュニケーション力の中でも聞く力が求められます。

スケジュール管理力

これは、外回り営業ならではのスキルといっても過言ではないでしょう。

内勤の場合、自分の働くための時間が会社によって管理されており、何時から何時まで会社で働くというのが決められています。

しかし、外回り営業の場合はさまざまな場所に移動するため、顧客先を訪問する順番や記者する時間など、自分でスケジュールを組まないといけません。

そのため、自分でうまくスケジュールを組めない人には外回り営業は向いていないでしょう。

そんな自分でスケジュールを管理しないといけない外回り営業ですが、柔軟にスケジュールが決められるという点で、効率良くいけばプライベートとの両立が可能になるというメリットもあります。

自動車免許が必須な場合が多い

求められるスキルというのは何も内面的なものとは限りません。

営業職では、地方や公共交通機関があまり充実していない地域にある顧客先に訪問するということもあります。

その場合には自動車を使い訪問することも少なくありません。

そのため、自動車の免許を持っているかどうかというのは非常に重要なポイントなのです。

しかし、都市部では徒歩や自転車での移動という場合もあるので、体力に自信がないという人は向いていないかもしれません。

【女性が外回り営業に転職するポイント】外回り営業のやりがい

仕事をしていくうえでやりがいを感じるかどうかというのは非常に大切です。

やりがいを感じることができなければ仕事は続きませんし、逆に仕事にやりがいを感じることができれば、仕事が捗り、スキルアップやキャリアアップに期待することができるでしょう。

あらゆる仕事にはさまざまなやりがいがありますが、外回り営業のやりがいはなんなのでしょうか。

ここでは、そんな気になる外回り営業のやりがいについて解説していきます。

今の仕事にやりがいを感じずに営業に転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

人脈が広がる

外回り営業では、顧客先を訪問するので、その顧客先でいろいろな人と出会うことができます。

たとえば、法人営業の場合、普段はなかなか会えない重役や責任者の人といきなり対面することができて、お話しすることができるという機会があるのです。

そのため、そこで出会った人との人脈を広げることができるというのが外回り営業の魅力の一つです。

もし内勤であれば交流は社内に限られますが、外回り営業なら人脈が広がるので、さまざまな人との関わりを通して自分自身を成長させることができます。

お客様に感謝される

人から感謝されることで仕事にやりがいを感じる人も少なくありません。

感謝されるという点においては、外回り営業は感謝されることが多い職種であると言えるでしょう。

外回り営業は、責任者のような偉い人だけでなく、お客様と直接会う機会もたくさんあります。

そのため、お客様の喜びに寄り添うことができたり、直接感謝の言葉を貰うことができたりするので、やりがいを感じることができるでしょう。

どの職業も間接的には誰かに感謝されていますが、外回り営業はお客様に直接的に感謝される職業なのです。

成果が数字に表れる

自分がどれだけ仕事を頑張ったのか、というのが目に見えてわからないとやりがいを感じないという人も多いかもしれません。

何かを達成することは仕事のやりがいにつながります。

何かを達成したという事実だけでなく、どれだけ頑張ったのか、という成果が目に見えてわかると仕事のモチベーションにつながるでしょう。

外回り営業では、自分が頑張った分だけ営業成績や収入が上がっていき、さらにそれが数字で表れます。

そのため、ただ業務をこなして達成していくよりも仕事のやりがいを感じることができるでしょう。

【女性が外回り営業に転職するポイント】女性が外回り営業で活躍するポイント

女性でも外回り営業で活躍することができるのか、と疑問を抱いているかもしれません。

女性だけどまず営業職に転職できるのか、と不安を抱いている人も多いことでしょう。

しかし、女性には女性ならではの強みというものが存在します。

その強みをうまく活かすことで、女性でも外回り営業で活躍することができるのです。

ここでは、そんな女性だからこそ得意とすることを活かして営業を成功させるポイントを解説していきます。

転職することに不安な人や営業をうまくやっていけるか不安な人は参考にしてみてください。

細やかな気遣いを活かす

女性は細かな気遣いや細かな変化に気付くことが得意な人が多いです。

それゆえ、相手の髪や所持品の変化にいち早く気付くことができるでしょう。

そんな気遣いを活かすことによって、女性が外回り営業で活躍することができます。

たとえば、新規開拓営業においては断られてしまうという機会が多いのですが、相手の細かなところに気付き、そこから雑談を広げて営業トークにつなげられるということができるかもしれません。

また、ルート営業では、すでに顔見知りになった人の髪の毛や所持品の変化に気付き指摘することによって、相手に好印象を抱かせ、信頼関係の構築につなげることができます。

このように、新規開拓営業でもルート営業でも、細かな気遣いや変化に気付ける特技を活かすことによって、顧客といい関係を結ぶことができるのです。

共感力を活かす

共感力という点でも、女性は男性よりも優れています。

相手の話に耳を傾け、相手の悩みや思っていることに共感して相づちを打つことが得意な人は女性に多いでしょう。

営業職では、自分の話を繰り広げて商品を売り込むことよりも、相手の話を聞き、共感して話を広げるというのが大切です。

そのため、自分の話を一方的にするのが得意な人よりも、相手の話に共感し、さらに話を引き出すことが得意な人のほうが営業に向いていると言えます。

共感することにより、顧客との信頼関係を築くことにもつながります。

【女性が外回り営業に転職するポイント】女性が外回り営業で覚悟すべきこと

ここまでは、女性が外回り営業で活躍するためのポイントなどを解説してきたので、外回り営業への転職に前向きになったことでしょう。

しかし、女性が外回り営業をするうえで覚悟しておかなければならないポイントもあります。

女性が外回り営業で活躍するポイントでは、女性ならではのことがすべてでしたが、覚悟すべきポイントでも、女性ならではのことが多いです。

そのため、男性よりも優れているポイントがあったとしても、女性として覚悟しなければいけないポイントもあります。

ここでは、そんな女性が外回り営業をやるうえで覚悟しないといけないことについて解説していきます。

体調管理が重要

まずは、体調管理が重要であるという点です。

顧客先に自ら訪問して営業をかける外回り営業では、悪天候でも関係なくその日時に顧客先に訪問しなければいけません。

たとえ真夏の暑い日でも、真冬の寒い日でも、雨が降っていたとしても訪問しないといけないので、うまく体調管理をしないと体調を崩してしまうかもしれません。

車での移動であれば、車の空調を使えば問題ありませんが、もし徒歩での移動なのであれば特に体調管理が重要です。

これは、外出することが多い外回り営業ならではのポイントと言えるでしょう。

体力が求められる

外回り営業は体力が求められる職業であると言えます。

顧客先でのスキルも求められますが、その顧客先に訪問するまでの移動も仕事の一環です。

もし、徒歩や自転車での移動になった場合、体力がない人には移動が多いことが厳しいと感じるかもしれません。

また、たくさん訪問をする場合には、その顧客先で使う営業用の資料などでカバンが重たくなってしまうことが多くあります。

そのため、重たいカバンを持ちながらの徒歩移動になると、特に女性の場合だと、体力的にキツいと感じてしまう人が多いかもしれません。

見た目に気を付けなければならない

身だしなみが整っていないという理由で顧客に不快感を与えてしまっては、営業をやっていくうえでもったいないです。

不快感を与えないためには、清潔感のある服装や髪型が求められます。

その点では男性でも女性でも見た目に気を付けなければいけませんが、女性ならではのこともあります。

それは、ネイルや髪色、髪型についてです。

もし、派手なネイルや派手な髪色で顧客先に訪問してしまうと、それだけで印象が悪くなってしまうかもしれません。

そのため、営業ではネイルや髪色、髪型などに関して制限があるということを念頭に置いておきましょう。

断られても割り切ることが求められる

顧客に断られていちいちメンタルをやられていては、営業は成り立ちません。

営業では断られることが当たり前というスタンスでいることが大事です。

ルート営業ならすでに関係を持っているので断られることは少ないかもしれませんが、新規開拓営業なら断られることは当たり前でしょう。

その断られた失敗をいつまでも引きずることなく、どこが悪かったのかを考え反省し、次につなげるために改善するということが営業で成功するためのポイントなのです。

断られるのは覚悟のうえで、さらに挑戦していく強いメンタルが外回り営業には求められます。

ロールモデルが少ない

ロールモデルが少ないというのも女性ならではの覚悟しなければいけないポイントかもしれません。

女性は結婚や出産を機に営業職を離れてしまうことが多いです。

そのため、子育てと仕事を両立しようとしても、すでに両立していて参考にできるロールモデルとなる人が少ないため、助言を貰えなかったり、目標の設定ができなかったりします。

それにより、自分の将来について不安を感じてしまうこともあるでしょう。

女性のキャリアというのはそれだけ難しいものです。

詳しい女性のキャリアについてはこちらの記事をご覧ください。

【女性が外回り営業に転職するポイント】外回り営業に向いている人の特徴

女性が外回り営業をしていくうえで覚悟しないといけないことがたくさんあります。

しかし、覚悟をしておけば外回り営業に向いている人もたくさんいます。

では、外回り営業に向いている人はどんな人なのでしょうか。

営業職に関してイメージが湧くものはコミュニケーション力やヒアリング力を持ち合わせている人ですが、外回り営業ではイメージ以外での特徴もあるかもしれません。

ここからは外回り営業に向いている人の特徴を解説していきます。

一人での作業が苦でない

一人で黙々と作業したり、一人で行動したりすることが苦ではない人は外回り営業に向いています。

外回り営業は、人と話す機会が多いですが、その話し相手は同じ職場の人ではなく顧客です。

もちろん、移動は一人ですし、商談も一人でしないといけないため、何か商談に関して誰かと確認しておきたいことである、商談前の緊張を誰かと話すことでほぐす、そういったことはできません。

そのため、誰かと一緒に仕事がしたいと考えている人には向かないのが外回り営業という仕事です。

人と話すのが好き

人と話すのが好きというのは、同僚や先輩などの同じ職場の人との会話ではなく、顧客とのコミュニケーションにおいて円滑に行えるということを指します。

営業において人と話す機会というのは圧倒的に顧客がメインです。

そんな中、緊張してしまうという人は場数を踏めば改善されていくかもしれませんが、基本的に人と話すのが好きである、得意である、という人で最初から緊張しないという人のほうが圧倒的に営業に向いています。

そもそも人と話すのがあまり好きではないという人には営業職はおすすめしません。

PDCAサイクルを回せる

PDCAサイクルとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字を取ったもので、この4つを繰り返していくことで成長していくというものです。

このPDCAサイクルをうまく回し、反省と改善を繰り返していける人ほど営業職に向いています。

営業は当たって砕けろ、のようなスタンスで、断られても次々にアポイントしていくというイメージを持っている人も少なくないでしょう。

確かに、新規開拓営業では断られることも多いですが、断られてもきちんと評価せず、改善することがなければ次に行っても失敗してしまいます。

そのため、このPDCAサイクルを回していける人が営業に求められます。

【女性が外回り営業に転職するポイント】女性が転職する際のポイント

将来結婚して家庭を持ちたい、出産して育児をしたい、それでも仕事もしたいというようなプライベートとの両立を考えている女性も多いのではないでしょうか。

ここでは、そんな女性が転職する際に注目すべき点を解説していきます。

ここで、解説するポイントは自分が営業職に向いているかというような自分に関することではなく、営業の企業側をどうすれば失敗することなく選ぶことができるかというポイントです。

転職を考えている人は必ず心得ておきましょう。

産休や育休の有無

産休や育休を取ることができるのかというのは将来家庭を持ちたいと考える人には必須の条件なので、産休や育休などの制度が使えるかどうかは転職する前に十分に調べておきましょう。

特に女性で、家庭を持ちたいけど仕事は辞めたくないという人にとって産休や育休という制度は非常に大事です。

そのため、自分が転職したいと考えている企業が子育てへの理解があるかどうかというのは、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

制度の有無

転職したいと考えている企業に、どんな制度があるのかについても十分に確認しておきましょう。

たとえば、時短勤務やフレックスタイム制、リモートワークなどの制度があるかどうか、は自分のプライベートと仕事を両立できるかどうかに関わってきます。

もしフレックスタイム制が導入されている企業であれば、自分の好きな時間に仕事ができるという点で柔軟にスケジュールが組めるので、プライベートを充実させることも可能です。

このような、自分の理想に当てはまるような制度があるかどうかも調べておいて損はないでしょう。

女性社員の割合

女性社員が多いかどうかというのは、なぜあらかじめ確認しておいたほうが良いのかと疑問に思った人も多いでしょう。

実は、女性社員がある程度多い企業では、そうでない企業に比べて、女性の働きやすさを支える制度の整備が行われている可能性が高いのです。

つまり、女性社員が多いということは、それだけ企業側に女性への理解があるということなのです。

また、女性の割合をあらかじめ把握しておくことで、自分のロールモデルを発見することに役立ちます。

その企業に女性が多いと、それだけ将来の参考になる人が多くなるので、女性社員の割合も必ずチェックしておきましょう。

【女性が外回り営業に転職するポイント】転職エージェントを活用しよう

ここまで、転職する際のポイントを紹介してきましたが、やはり仕事をしながら転職活動をするのは大変です。

また、転職してしまった後にその企業にギャップを感じ、せっかく転職したにもかかわらず仕事が辛くなる人も少なくありません。

そんなことにならないためにも、絶対に転職に失敗したくないと思っている人も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントでは、細かな企業に関する情報を手に入れられるので、先に述べたような産休や育休の制度の有無やどんな制度があるのかという情報を調べることができます。

そうすることによって、転職した先でその企業にがっかりするというようなことがなくせるでしょう。

おすすめの転職エージェントは「アゲルキャリア」です。

これは営業に特化した転職エージェントであり、多くの実績を誇り、さまざまなサポートも行ってくれるので、転職に絶対失敗したくないという人は必見です。

詳しくはこちらをチェックしてみてくだい。

まとめ

この記事では、女性が外回り営業に転職する際のポイントについて解説してきました。

やはり女性ならではの強みを活かすことによって営業で成功することができる反面、女性だからこそ覚悟しておかないといけないことなどもたくさんあります。

産休や育休の制度に関しても、特に女性の場合だと重要だと考える人が多いでしょう。

そのような制度があるかどうかも、転職する前にあらかじめ知っておくことが必要ですので、しっかりと情報を手に入れることが大切です。

そのため、ここで紹介した転職エージェントなどを活用しながら、転職に挑戦してみてください。

 

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます