最終面接の結果はいつ来る?連絡が遅い理由や対処法を紹介

最終面接の結果はいつ来る?連絡が遅い理由や対処法を紹介

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

最終面接を終えると、いつ結果が来るのか誰しもが気になるはずです。

受かってることを早く知って安心したい。

落ちてたとしても、早く結果を知って次に切り替えたい。

合否が分からないとそわそわと不安で次の選考に集中できない。

就活中にそのような悩みは付き物です。

そこで、どのくらいで最終面接の結果が来るのかの目安や連絡が遅い理由、来ない時の対処法などをご紹介します。

それらを知ることができれば、次の選考や他の活動に向けて、気持ち的に切り替えやすくなるでしょう。

【最終面接の結果連絡】最終面接の結果はいつ来る?

最終面接を終えると、結果がいつ来るのか誰しもが気になると思いますが、一般的にどのくらいで来ることが多いのでしょうか?

もちろん企業によってその期間は様々ですが、多くの企業に当てはまる目安というのはあります。

また、合格と不合格で結果が来るまでの期間は異なることが多いです。

それでは、最終面接の結果がいつ来るのかについて、いくつかのケースを解説していきます。

これらの情報が、結果を待つ期間の安心材料になれば幸いです。

合格通知は一週間以内に来ることが多い

土日や祝日を挟んだりする場合は遅れることがありますが、合格通知は一般的に1週間以内に来ることが多いとされています。

基本的に、最終面接の位置づけは企業の最終確認である場合が多く、応募者もかなり絞られています。

よって、最終面接担当者が迷うことなくすぐに決断をすれば、2〜3日で連絡がくることも多いでしょう。

そして、最終面接の結果連絡は人事の方々が担当しますが、数人で数百人に連絡しなければならない場合もあります。

そのような場合、一日で全員に連絡をすることは難しく、日を分けて順番に連絡していくため、連絡が来る日にちは人によって多少異なります。

ここで注意していただきたいのは、企業の選考状況や選考形態、応募者の人数などによっても合否の連絡がいつ来るかは異なるため、これはあくまで目安として認識しておきましょう。

2週間程度かかることも多い

企業によっては、最終面接の結果がくるまでに2種間程度かかることも多くあります。

2週間以内であれば、不合格の可能性が高いということはないので、その期間に諦めて他の企業に決めてしまうということはせず、希望を捨てずに気長に待ちましょう。

また、一か月以上経ってからきたという人も少なからずいますが、基本的に2週間を超えてくると、合格の可能性が徐々に低くはなってきてしまいます。

あまりに結果が来ない場合は、なるべく早めに気持ちに見切りをつけて、次に切り替えることが大切です。

面接中や翌日に内定が出ることもある

中には、面接の最後にその場で内定を言い渡されたり、その当日、または翌日に合格通知が来ることもあります。

このようなケースは、相当優秀でかなりの高評価を受けた場合のみです。

優秀な応募者が他の企業から内定をもらう前にできる限り早めに内定を出して、承諾を得て囲い込みたいという意図があります。

また、企業側が高い評価をしていることを応募者にアピールすることで、「自分のことを高く評価してくれているその会社に行きたい」という気持ちにさせて、入社を誘う意図があります。

当日または翌日に連絡がくる場合は、電話での通知が多い傾向にあります。

内定を言い渡された時に、承諾をするかまで聞かれることも少なくないため、迷いを面接官に見せてしまわないように、最終面接を受ける前に承諾するかの意志を固めておきましょう。

【最終面接の結果連絡】合否によって連絡の方法は違う?

最終面接の結果の連絡方法としては、電話・メール・郵送が一般的です。

中でも、最近は電話かメールを用いて連絡をすることがほとんどですが、その連絡手段によっておおよそ合否は決まってきます。

また、不採用の場合は連絡しないという企業もとても多いため、その点は注意が必要です。

ここでは、それぞれの連絡手段における合否の可能性と注意点を紹介します。

合格の場合は電話で来ることが多い

最終面接の結果が合格の場合は、電話で言い渡されることがほとんどです。

なぜなら、その電話で、内定を受け入れるかどうかの意志確認や今後の面談のためのスケジュール確認などがあるからです。

そのような確認をする上では、文面ではなく、実際に口頭で話す方が早く効率的でしょう。

電話で連絡が来る際に注意すべきことは、非通知で電話がくる場合があることです。

電話帳にない知らない番号や非通知からの電話を着信拒否する設定になっていないか事前に確認しておきましょう。

また、どうしても電話に出れない時は、無理に電話に出る必要はありません。

しかし、その電話に気づかず、折り返しの電話なしにかなりの時間が経過してしまうことは問題です。

着信履歴は常に確認して、出れなかった時は早めに折り返しましょう。

不合格の場合はメールで来ることが多い

最終面接の結果が不合格の場合は、メールで来ることが多いです。

いわゆる「お祈りメール」というものです。

特に合格連絡を電話で行っている企業ほど多い傾向にあります。

候補者がかなり絞られた最終面接といえど、合格者同等もしくはそれ以上の不合格者が出ることは少なくありません。

合格者だけでも一人一人電話で連絡することは大変なことであるのに、不合格者にも電話をする時間と余裕は企業にはありません。

したがって、不合格者への連絡についてはメールで一斉送信する企業は多くあります。

メール・郵送で合格通知が来ることもある

最終面接の結果が合格の場合は、電話で連絡がくることが多いことをお話しましたが、メールや郵送で内定連絡をする企業もあります。

この場合、後日に電話もしくは面談にて、内定承諾の意思確認や今後についての詳しい案内などを伝える機会が設けられる場合がほとんどです。

ただ、この場合注意しなければならないことは、メール・家のポストのチェックを忘れ、最終面接の合格連絡に気づかないことです。

特にメールの場合は、知らないアドレスからの通知を拒否する設定になっていたり、迷惑メールに入ってしまう設定になっていることがよくあります。

送られてくるメールのアドレスが分かっている場合は、名前を企業名に変えて連絡帳に登録しておくなど、メールの設定については、事前にしっかりと確認しておきましょう。

不採用の場合は連絡しない企業も多い

最終面接の結果が不採用の場合は、連絡をしないという企業は多く存在します。

いわゆる「サイレント」というものです。

たとえ、面接時や面接後のメールで、「結果については後日メールまたは電話でお知らせします」と伝えられたとしても不採用の人には連絡をしないケースは少なくありません。

人事担当者数人に対して、最終面接を受けた人数が数百人という場合、人事の負担が大きすぎるために合格者のみに連絡をして、不合格者には連絡しないというケースは大いにあり得ます。

しかし、サイレントの場合は、補欠合格として保留にされているという可能性もあります。

一か月以上連絡がなければサイレントで不採用の可能性は高いですが、ごくわずかな可能性は残されていると言えるでしょう。

【最終面接の結果連絡】合否の連絡が遅くなってしまう理由とは?

最終面接の結果の連絡が遅くなってしまう理由には、企業側の都合や他の候補者の選考状況など様々な理由が関係してきます。

必ずしも不採用だから連絡が遅いというわけではありません。

就活生の中には、数か月後に連絡がきたという人さえいます。

その企業の志望度次第で見切りを付けるタイミングは人それぞれ変わってくると思いますが、連絡が遅いからといって諦めて他の企業に決めてしまうのではなく、他の企業との兼ね合いも考えながらできる限り気長に待ちましょう。

ここでは、連絡が遅くなってしまう主な3つの理由を紹介します。

自分の担当人事が忙しいから

周りの友達やSNSのオープンチャットなどでは連絡がきたという情報で溢れているのに、自分には来ていないということは大いに起こり得ます。

人事の方々は数人で分担して最終面接の結果を候補者に通知をします。

もちろん連絡することだけが人事の仕事ではなく、他の仕事もたくさんあります。

よって、自分の担当人事の忙しさや予定次第で人によって連絡がくる日が異なってきます。

だから、周りの人やSNSのオープンチャット、掲示板などの情報に惑わされず、気長に待ちましょう。

全員の選考が終わっていないから

企業によって、選考が終わった人から随時合格・不合格の連絡をする企業と、全員の選考が終わってからそれぞれを比較検討して一気に合格・不合格の連絡をする企業があります。

締め切り日時が複数用意されているような、何タームにも分けて長い期間選考を行っている企業は人によってあまりに期間が空いてしまうため、随時内定を出していきます。

この場合であっても、同じタームの結果連絡に関しては全員の選考が終わってから判断するケースが多いでしょう。

一方で、選考期間が1タームのみで採用を終えるような企業は、全員の選考が終了してから一気に最終面接の結果の連絡をする可能性が高いです。

最終面接を受ける日程の予約をマイページなどネットで行う場合は、用意されている最終面接日を確認しておき、その日程の後から連絡がくると考えておけばよいでしょう。

補欠合格であるから

補欠合格となった場合は、数か月以上連絡が遅くなることがあります。

そもそも、企業は辞退者が出ることを見越して、採用予定人数より多めに内定を出します。

しかし、それでも予想より多くの辞退者が出てしまった場合に備えて、補欠合格者も決めています。

そのような人には基本的に、全員の選考が終わって内定承諾期間も過ぎて、予想より内定辞退者が多く出た場合に限って、繰り上げ合格として内定の連絡がくるでしょう。

ほとんどの企業でこの補欠合格者というのは存在します。

かなりの期間合否の連絡が来ないとしても、可能性は残されています。

その可能性を期待して、電話やメールの履歴は忘れずに確認しておくようにしましょう。

【最終面接の結果連絡】あまりに連絡が遅い時の対処法

あまりに最終面接の結果連絡が遅い場合の対処法は、企業に直接問い合わせてみることです。

気長に待てるという人や、その結果がたいして気にならないという場合は良いですが、もし結果の連絡が遅すぎることで何か悪影響がある場合は問い合わせてみるべきです。

しかし、このような連絡をする場合には細心の注意が必要です。

よって、ここではメール・電話を用いて問い合わせをする際の適切な文章・言い方の例と注意点について詳しく解説します。

連絡が遅ければ問い合わせてもよい

目安としては、2週間以上待っても最終面接の結果連絡がこない場合は、企業に問い合わせても問題ありません。

場合によっては、届くはずのメールが届いていなかったり、企業側が何らかのミスで連絡をし忘れているといったことも十分に考えられます。

また、いつまでも連絡が来ない不安感に襲われて、残りの他の企業の選考に集中できずにいると就職活動全体に悪影響を及ぼしてしまいます。

だから、あまりに連絡が遅い場合は企業に問い合わせてみましょう。

問い合わせメールの例文と注意点

メールで連絡をする場合は、言葉1つ1つに注意して、送る時間帯にも気を付けましょう。

失礼のない言葉選びと、催促している印象をできる限り無くすような文章作りを心がけましょう。

送る時間帯については、メールであればそこまで過度に気にする必要もないかもしれませんが、念のため営業日の営業時間内が好ましいでしょう。

そして、ここでは、言葉を当てはめるだけでそのまま使える例文をご紹介します。

【例文】

件名:最終面接の結果についての問い合わせ/○○大学 ○○○○


株式会社○○○○

人事部○○課 ○○様(詳しく分からない場合は「人事部 担当者様」で良い)


いつもお世話になっております。

○月○日の最終面接を受けさせていただきました、○○大学○○学部○○学科の○○ ○○です。

その節は、お忙しいところ大変貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。


本日は、最終面接の選考結果のご連絡について確認させていただきたく、メールをお送りしました。

お忙しいところ恐れ入りますが、選考の結果について、いつ頃ご連絡をいただけるか、おおよその目安を教えていただくことは可能でしょうか?


本来であれば、最終面接の際にお聞きすべきところ私の不注意によりこのようなメールでの確認となってしまい、大変失礼とは存じますが、ご教示いただけますと幸いです。


お手数おかけして誠に恐縮ですが、何卒よろしくお願い致します。

ー---------------

名前(読み仮名)

大学・学部・学科・学年

携帯番号

メールアドレス

ー---------------

問い合わせ電話の例文と注意点

電話で連絡する場合は、あらかじめ言うことを文字に書き起こしてそれを見ながら話すことをお勧めします。

普段ビジネスの電話をしていない学生は、適切な言葉選びや言い回しをその場で即興ではなかなかできないでしょう。

また、電話の場合は、メールの時以上に電話をかける時間帯に注意しなければなりません。

必ず各企業の営業日の営業時間内に電話をかけるようにしましょう。

間違っても、深夜や休業日にかけてはいけません。

そして、ここでは、言葉を当てはめるだけでそのまま使える例文をご紹介します。

【例文】

「いつもお世話になっております。

○○大学○○学部の○○○○と申します。

○月○日の最終選考の件でお電話させていただきました。

お電話口の方は、担当者の方(部署・名前が分かっている場合はフルネーム)でお間違いないですか?」


「お忙しい中恐縮ですが、今お時間よろしいでしょうか?

その節は、お忙しいところ大変貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。

選考の結果についてですが、いつ頃ご連絡をいただけるか、おおよその目安を教えていただくことは可能でしょうか?

お手数おかけして大変申し訳ございませんが、教えていただけますと幸いです。」

【最終面接の結果連絡】結果待ち期間のNGな過ごし方

最終面接が終わると、多くの人が「最終面接の結果が気になる」、「あの時あーすれば良かった」、「やっぱ落ちてるかな」などのようなことを常に考えてしまうでしょう。

そのようなことが頭から離れなくなった結果、ほとんどの人がその結果待ちの期間でNGな過ごし方をしてしまいます。

もちろん、それが就活で最後に受けた企業の結果待ちであれば、問題ありません。

しかし、残りの選考が残っている場合、特に第一志望の企業の選考が残っている場合には、その結果待ち期間の過ごし方で残りの選考の結果が大きく変わってくるでしょう。

そこで、ここでは多くの人がやってしまいがちなNGな過ごし方を2つ紹介します。

これらを読んで、そのような過ごし方をしないことを肝に命じましょう。

残りの企業の選考に身が入らなくなる

最終面接を終えると、その結果に対する不安や面接時の後悔の念などから、多くの人が残りの企業の選考に身が入らなくなってしまいます。

受け終わった企業のことが気になってしまうのは仕方のないことです。

しかし、その企業を最後に就職活動を終えるのではない限り、集中力を切らしてはいけません。

ネットや口コミ、SNSなどで様々な情報をある程度調べることは安心材料にもなり得るため、おすすめしますが、あまりに多くの時間を費やすべきではありません。

いくら調べても、その企業の正確な結果通知の日にちは分かりませんし、終わってしまった選考に対してできることは結果を待つこと以外にありません。

終わった選考のことを考えるのは、選考を受けたその日くらいにとどめて、次の日からは気持ちを切り替えて、次の選考に集中しましょう。

最終面接後に振り返りをしない

最終面接を終えると多くの人は振り返りを行いません。

もうその企業を受けることはないため、振り返りをする必要もないと考えるのでしょう。

しかし、最終面接こそ振り返りをするべきです。

最終面接では、想定していなかったイレギュラーな質問や自分の不安要素に対して鋭く突っ込んだ質問がよくされます。

そのような質問の多くは、盲点でもあり、事前準備が難しいため、振り返りをして次の選考に向けてしっかりと準備をするべきです。

たとえ違う企業の選考であっても、同じような質問をされる可能性はかなり高いです。

同じ業界の企業や、競合の企業であればなおさらその可能性は高まります。

おわりに

ここまで、最終面接の結果がいつ来るかの目安や結果が遅い時の対処法、その期間の過ごし方など様々なことを解説してきました。

しかし、結果がいつ来るかや、結果が遅くなる理由などについてはもちろん企業によって異なる点は多いと思います。

よって、ここで紹介したことに加えて、過去の実例を調べたり、OB訪問をした際に質問をするなどしてみると、より正確な情報が手に入るかもしれません。

ここで紹介したことが結果が来るまでの安心材料となったり、この後受ける選考に少しでも役立てば幸いです。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます