【ものづくり業界の営業とは?】志望動機の書き方と内定に必要なことを解説!

【ものづくり業界の営業とは?】志望動機の書き方と内定に必要なことを解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

小さい時からものづくりが好きであり、ものづくりに関わりたいと思っている学生も多いのではないのでしょうか?

その中でも、文系学生を中心に製造業務ではなく、ものづくり業界(メーカー業界)の営業で関わりたいと考えている人も多いと思います。

しかし、実際にはどのような志望動機を書けば採用担当者の目に止まる志望動機を書けるか不安に感じている人もいるでしょう。

この記事では、ものづくり業界の営業における志望動機の書き方を紹介しますので、是非読んでいただき、良い志望動機が書けるようになりましょう。

【ものづくり業界の営業とは?】ものづくり業界とはどのような業界?

ものづくり業界は、一般的に皆が想像する「製造系」「職人系」だけに留まらず、「IT系」「技術系」など多岐に渡ります。

さらに、ものづくりは進化しており、IT技術を活用し効率化が測られていたりし、日々進化している業界であります。

さらに、日本のものづくりは世界からも評価されており、日本の技術をグローバルに発信することで世界での活躍を期待されている業界でもあります。

【ものづくり業界の営業とは?】ものづくり業界の営業の仕事内容とは?

ものづくりは、ただ良いものを作れば良いというものではありません。営業を行い実際に使ってもらうことが重要になります。

取引先といい関係を築いたり、どのようなニーズがあるかを分析して製品作りに活かすことは営業の重要な仕事と言えるでしょう。うまく、広告やメディアと提携を行うことでコストを抑えて効率的に宣伝することも大切です。

さらに、顧客やクライアントへの良い提案を考えたり、外部の動きを素早く察知して社内に伝えることも営業の仕事です。

【ものづくり業界の営業とは?】ものづくり業界の志望動機を書く前にやるべきこと

いきなり、志望動機を書こうとしてもつまずいてしまうことも多いですよね。ここでは、実際に志望動機を書く前に準備としてやるべきことを紹介します。

業界や企業を分析する

志望動機を書く上で重要になって来る事は「なぜこの企業に入りたいと思ったのか」という理由です。

この理由を明確にしていくためには、ものづくり業界や、実際に志望する企業の研究を行う必要があります。

研究をすることで、自分がなぜこの業界に魅力を感じたか、この企業のどこを魅力に感じたのかを明確にすることができます。

この理由を整理することで志望動機の軸を作ることができます。

ものづくり業界を志望した目的を書き出す。

業界や企業の分析をし、志望動機の軸を作ったら実際にその企業を志望する目的を書き出しましょう。

なぜ、その企業でなくてはだめなのか、その企業のどこに魅力を感じているのかを明確にしましょう。

例えば、自分が好きなブランドがあるなら、「自分の好きなメーカーの魅力をより多くの人に伝えたい」などと示すことができます。

自分がこの企業を志望する目的をはっきりすると、自分の考えや目的を整理することができ、志望動機を整理することができます。

製品をリサーチする

ものづくり業界を志望するなら、志望している企業がどのような製品を取り扱っているかをリサーチする必要があります。どのような製品を販売しているかを答えられないと熱意や志望度が低いと見なされてしまう可能性があります。しっかりと、自分が志望する企業の製品について調べ企業への理解を深めておくことが必要です。

アピールできる資格やスキルを確認する

ものづくり業界における営業には、特に必須とされている資格はないですが、資格を持っていることで優位になる場合があります。志望している企業がどのような資格やスキルを必要としているかを分析することが重要です。大学在学中にチャレンジして資格を取ったりスキルを磨くのがいいでしょう。

【ものづくり業界の営業とは?】ものづくり業界における営業職の志望動機でのアピールポイント

ものづくり業界の営業においてアピールした方が良いポイントを紹介します。営業職に求められる力は何かを理解することで自分の強みとの共通点を見つけ出し、志望動機を書く際に活かしましょう。

相手のニーズを見極める力

ものづくり業界の営業では、顧客の要望を的確に聞き出す力が必要です。さらに、顧客がどのようなニーズがあるかを理解できていない場合もあるため、相手の要望を聞き出すだけでなく、それに応じた提案が出来る力が必要になります。

これらの2つの力をアピールしましょう。

問題が発生した際の対応力・柔軟性

営業職の業務では、想定外の事態が多く発生します。そのようなトラブルが発生した際に誠意のある行動をとり、冷静に対処する力が求められます。大学生活や、アルバイトの経験から、トラブルが発生した際に対応し、解決したエピソードを志望動機に盛り込むことでアピールに繋げることができます。

コミュニケーション能力

営業職では、コミュニケーション能力が必須です。顧客との話を広げるスキルが必要となります。また、営業のコミュニケーション能力として求められる力は聞く力です。相手の要望を的確に聞き出したり、悩みを聞いたりすることも重要になります。相手の話を聞くことが得意である、よく友人から頼られるといったエピソードを合わせて書くと良いでしょう。

その企業の商品を売りたいという熱意

ものづくり業界の営業職を目指す際には、なぜその企業ではならないかという点を伝える事を意識しましょう。単にその企業の商品が好きという理由に留まらず、ビジネスの視点を持つことが重要になります。ビジネスの視点を持つためには、その商品がどのような意図で生まれたかを分析して見るのが良いでしょう。提供を受ける側としての思いや熱意だけでなく志望する企業の社会上の存在意義を含めた意欲を伝えることが重要になります。

【ものづくり業界の営業とは?】ものづくり業界における営業職の志望動機の例文

ものづくり業界の営業職を志望する際の例文を紹介します。自分が志望する企業と近いものを参考にし、自分が志望動機を書く際に役立てましょう。

自動車製造業の営業の例文

誰でも安心して利用できる移動手段を広めたいと思ったからです。私は、学生時代に学園祭実行委員のリーダーを務め、例年盛り上がりに欠けていた学園祭の活気を取り戻すことに注力し、来場者数を増やすことができました。その経験から、貴社の強みである最先端な安全技術を広め、人々に安心を提供したいと考えています。

化粧品製造業の営業の例文

私は、お客様が明るい気持ちや前向きな気持ちになれるような化粧品を通して人々の生活に貢献したいと思ったからです。私は、肌にコンプレックスを持っており、自分に自信が持てない時期がありました。そんな私が、貴社の化粧品に出会ったことでコンプレックスを解消できただけでなく、自分に自信が持てるようになり、内面まで明るくなりました。この経験を活かして、お客様やクライアントに真摯に向き合いより良い製品を提供できるように務めて行きたいと考えています。

衣料品製造業の営業の例文

貴社の製品の品質の良さやデザインに魅力を感じ、着るだけで日々の生活に張りが出た体験をより多くの人に広めていきたいと思ったからです。私は、アパレルショップで販売員としてアルバイトをしていた経験があり、お客さまに製品を提案したり、コーディネートのアドバイスをしました。この、販売員のコミュニケーション能力を活かすことでクライアントやお客様との関係を構築することにより、営業として貴社に貢献していきたいと考えています。

食品製造業の営業の例文

「食品」を通じて、人の体の健康だけでなく心までも健康にしていきたいと思っているからです。私は、10年間野球を続けており、大学でも野球部に所属していました。運動する上で体づくりや健康管理は欠かせません。そこで、食べることの大切さを知り、食品を通して人々の体や健康を支えたいと思いました。入社後は部活動を通して得た、「粘り強さ」や「チームでの連携力」を活かして、営業としてお客様のニーズを把握して最適な商品の提案をしていきたいと思います。

鉄鋼製造業の営業の例文

貴社は国内有数の鉄鋼メーカーであり、自動車や建物の資材などさまざまな分野に幅広く関与しており、社会に大きく役立てると思ったからです。また、技術面においても優れており国内外問わず発信している点にも惹かれました。私は、大学時代に学生団体に所属しており大学内に留まらず大学外の人とも交流を行い信頼関係を構築しました。この経験を活かして営業としてお客様やクライアントと良い関係を構築し、お客様目線にたちより良い提案をしていきたいと思います。

まとめ

これまでものづくり業界の営業における志望動機の書き方について紹介しました。志望動機を書く際は自分のアピールできるポイントや経験を整理しておくことが重要です。また、志望する企業の製品のリサーチも忘れずに行いましょう。その上で例文を参考に、自分の言葉で志望動機を書けるようにしましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます