【例文あり】営業職の面接でのキャリアプランを聞かれた時の対処法!なぜ聞かれるのかや答え方のポイントを紹介!

【例文あり】営業職の面接でのキャリアプランを聞かれた時の対処法!なぜ聞かれるのかや答え方のポイントを紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

書類選考は通ったけど「次の面接は何をするのかわからない」「どんな準備をしていけば良いのか不安」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その中でもとくに、キャリアプランについて聞かれたときに何を答えたら良いか知りたい、事前に考えておくことを押さえておきたいという方も多いでしょう。

本記事では、営業職における「キャリアプラン」を聞かれたときの対処法について解説します。

大切なポイントを押さえ、面接でも慌てることなくアピールを行うための準備をしましょう。

【営業職の面接対策】キャリアプランはなぜ聞かれるのか

まずはじめに、なぜ企業側はキャリアプランについて聞いてくるのかを理解しておきましょう。

質問の意図を把握しておくことで的確に答えることができますので、しっかりと押さえておきましょう。

あなたが企業と合った人物かをみるため

面接では、スキルや能力だけではなく「企業とあっているのか」という部分が重視されます。

もし、ここであなたが示したキャリアプランがその企業では実現不可能であったり、実態と乖離していたりする場合は、お互いにとって良い採用になりません。

採用担当者は、あなたがやりたいと思っていることや得意としていることが、自社の事業や業務、方向性と噛み合っているかどうかを測ろうとしています。

長く一緒に働けそうかどうかという点も重視されるポイントですので、押さえておきましょう。

熱意を見るため

キャリアプランをしっかりと話せることからわかることは、非常に多くあります。

まず、職種や企業について熱心に研究してきていることがわかります。

さらに、将来のことについてきちんと考え抜いたうえで志望しているということからも、その本気度や熱意というものが透けて見えてくるのです。

より具体的なビジョンを語れると、それだけ真実味や説得力が増していくため、評価されやすくなります。

そのため、しっかり準備していくことをおすすめします。

「キャリアプランはない」はNG!

面接の際に聞かれる「キャリアプランはあるか」という質問に対し「キャリアプランはない」と回答をしてしまうことは避けるべきです。

将来についてしっかり考えていないという印象を持たれるところから波及して、主体性がない、入社意欲がないといった不利な印象を持たれる可能性が高くなります。

しっかりと誠実に回答する必要があることを覚えておいてください。

自己分析を丁寧に行うことで自分自身を理解し、企業に入った後のこともできる限り具体的なイメージを作っておきましょう。

【営業職の面接対策】どんなキャリアプランを答えればよいか

とはいえ、いきなり「キャリアプランはありますか」と聞かれても、そもそも営業職のキャリアプランにどのようなものがあるのかを知らないことには考えることも難しいです。

まずは、キャリアプランとしてどのようなものがあるのかを知る必要があります。

そのうえで、自分自身はどうなっていきたいのかを考えながら、シミュレーションをしてみるのがおすすめです。

ここまでの作業をしたうえで、面接においてどのように答えれば、採用側が知りたいと思っている情報を盛り込むことができるかについて解説していきます。

面接では企業内でのキャリアプランを答える

営業職のキャリアプランとしては、管理職への昇進や独立、大手への転職といったものが一般的なものになります

しかし、自身が個人的に思い描いている分にはもちろん問題ありませんが、採用面接の場においては企業内でのキャリアプランについて話すようにしましょう。

企業は採用の際に短い期間で離れてしまう可能性が感じられると、教育のコストをかけたのにも関わらずそれが無駄になってしまうという懸念から、ネガティブな評価をつけることがあります。

そのため「長く働いて自社に貢献してくれそうな人材である」ということを印象付けるためにも、その企業内でどんなキャリアプランが描けるかは、事前に企業研究もしっかり行い、理解しておきましょう。

営業として成長したい

まずは、営業職として自分がなりたい姿をイメージしてみましょう。

「成長した後は管理職になりたい」という形を結びに持ってくるのが一般的な形になります。

そこに至るプロセスとしてどんなステップを踏みたいか、具体的に考えていくのがおすすめです。

例えば、営業職としてナンバーワンの成績を収めたい、顧客から信頼される存在になりたいといったように、企業の中でどういった評価を受けたいかが重要になります。

さらに自信の価値観ややりがいを感じるポイントなどに着目していくと、イメージしやすいはずです。

企業に貢献したい

自分の役職などではなく「企業にこういう形で貢献したい」というビジョンを示すのも良いアピールになります

例えば「商品を潜在的に必要としている多くの人に知ってもらいたい」「国内で展開している商品を、世界に向けて発信していきたい」など、自分が入社した後に自身の努力によってどういった結果を企業にもたらしたいと考えているのか、具体的に話せるようにしておきましょう

また、営業職としてキャリアをスタートさせたのち、商品開発などの他部署に移動し、ビジョンの達成を目指すというアプローチも有効です。

【営業職の面接対策】キャリアプランの答え方のポイント

さて、ここからはキャリアプランについて、面接で答える際のポイントはどんな要素なのかを具体的に考えていきます

事前にしっかり考えて整理し、シミュレーションを重ねておくことで、実際の面接でも落ち着いて的確な回答ができるようになります。

以下で解説するポイントをしっかり押さえて、事前に準備していくようにしましょう。

また、面接自体は口頭でのやりとりになりますが、考える際は文字に書き起こしながら整理しておくことで、より洗練された状態で臨めるようになります。

企業運営の方向性に合ったものにする

企業の方針や運営の方向性と合致していることは、とても大切です。

例えば、営業先を個人営業から法人営業へと方針転換をしている企業の面接において「個人営業の業務をとくに頑張りたい」と伝えてしまうと、企業の方針とあなたのやりたいことがミスマッチを起こしていると判断されてしまいます。

企業研究をしっかり行い、現在はどんな方向性で動いているのかを把握したうえで、キャリアプランを答えるようにしましょう。

また、ここが食い違っていると企業研究を怠っているということから、志望度が低いと判断されることもあります

その場合も、早い段階で離れてしまうリスクがあるという印象となり、不利な評価を受けてしまうことがあるので注意が必要です。

矛盾のないようにする

「キャリアプランに一貫性がない」というのも、真剣に自身の将来を考えていないと判断され、悪い印象に結びつく可能性があります。

例えば「ずっと営業の最前線で現場に立って、顧客と向きあっていきたい」と答えたのにも関わらず「3年後には主任になっていたい」と続けてしまうと、回答に矛盾が生じてしまいます。

また、この矛盾は履歴書や他の書類などの記述部分でも発生することが多々あるため、応募書類まで確認し、一貫性を持たせるように気をつけてください。

事前に面接のシミュレーションをするときには、他人から見ても合理的な回答ができているかどうか、友人などとお互いにチェックしあうのも良い練習になります。

必要であれば、自己分析まで立ち返るのも大切です。

段階的に考える

自分が将来どうなっていたいかというキャリアプランを考えることは、最初は難しいものです。

とくに自分の目標を達成するのに10年かかると予想するような場合は、その遠い目標に向けてどうするかを漠然と考えるのではなく、段階的に考えてみましょう。

10年後に設定した目標に近づくためには、5年後の自分はどうなっていたいか、3年後にはどうか、1年後にはどうなっている必要があるかを挙げていくことで、自分が辿るべき道筋が整理されていきます。

目標のためにやっていることを含めよう

もし、あなたが今の段階で目標に向けて取り組んでいることがあるなら、それも含めて回答しましょう。

例えば、普段からわかりやすく話すことを心がけている、人に説明をするときは論理的にするように意識しているなど、特別な活動ではないものでも大丈夫です

普段の生活を振り返って、意識していることを小さなものでも良いので、書き出してみましょう。

もしその取り組んでいることによって得たスキルが活かされた実績などがあれば、具体的なエピソードとして話すのも効果的です。

これまであなたがやってきたこととキャリアプランに一貫性を持たせることができれば、非常に強い説得力を持たせることができますし、志望度の高さをアピールすることも可能です

【営業職の面接対策】キャリアプランについて答える際の構成

面接で質問に対して答える際、相手に誤解なく伝わるような構成で話すことは非常に大切です。

どんなに素晴らしい内容でも、伝わなければ意味がありません。

文章では構成を組むことができるという方も、面接での口頭のやりとりになるとそれが上手くできなかったり、その場で思いついたまま話してしまったりすることもよくあります。

当日に原稿を読み上げるわけではありませんが、ほぼ確実に質問されるであろうキャリアプランに関しては、しっかりと事前に構成を作り、どう答えるかを考えておきましょう。

結論:キャリアプランはなにか

まずはこの質問の結論である、あなたのキャリアプランを一文で端的に述べましょう

最初に結論を持ってくることによって、その後に続く話は「何について説明しているのか」が聞き手の視点でも明確になり、理解しやすいものとなります。

また、一文で端的に述べることにより、何をいいたいかがわからないと思われることも防げるうえに、明確な意思を持って志望しているという印象も与えられます。

前置きや丁寧に話をしようとするあまり、ここが長くなってしまうことがないようにすることも大切といえるでしょう。

そのために何をするか・しているか

結論を述べた後は「そのプランの実現に向けて何をしていくのか」に話を進めていきましょう。

目標に向かってどういう過程を辿るのかを示すことで、あなたがその企業に入って何をしたいと思っているのかや人柄、価値観などが表れてきます。

これまでにやってきたことの中に、最初に述べたキャリアプランを達成するためにしてきたことがあれば、それについても触れましょう。

現在の自分と過程、その先のビジョンに一貫性があることが大切ですが、過去に実際に取り組んできたことも加わると、より説得力が増します。

結論:達成後にどうなりたいか

最後に、そのキャリアプランを達成した後にどうなっていたいか、もしくはどうなっていきたいかを述べて結びましょう。

「その先」の話をすることによって、長期的にその企業で働きたいと思っているという志望度の高さを示すことができます。

最終的にはどのような人材になって、企業に貢献してくれるのかという重要な部分を測ることができる部分になります。

自分自身の強みや企業研究で得た情報などをもとに、イメージを作っておきましょう。

【営業職の面接対策】キャリアプランの例文

面接において、キャリアプランをどのように回答するのかを考える際は、その企業に長期間在籍し、キャリアを重ねることを前提にするのが非常に大切です。

ここでは、営業職の面接でキャリアプランを聞かれたときの回答として、2つの例文をご紹介します。

文章の構成やここまでに解説したポイントにも着目しながら読み、要素に分解していくことで、押さえるべきポイントへの理解が深まるでしょう。

自分自身の回答を準備する助けになるはずなので、ぜひ参考にしてみてください。

例文①:結果へのこだわりをアピール

私は御社の営業職として、売上ナンバーワンを達成したいです。

現状の自分のスキルや経験で、すぐに結果を出せるほど簡単なものではないことも理解しています。
しかし、入社後には上司や先輩から積極的にノウハウを学び、新規獲得に向けて設定した目標のもと、トライアンドエラーを粘り強く繰り返し挑戦していくことで、必ず達成できると思っています。
そして、達成後には現場で得た経験を活かし、管理職として後輩や部下が挑戦しやすい土壌を作り、優秀な人材を育成していきたいと考えています。

例文②:製品企画の仕事に携わりたい

私は、御社の掲げる企業理念に共感し、その理念を達成するためにも製品をより多くの人に広めていきたいと考えています。

営業職として、実際の顧客になる皆様とコミュニケーションを通じて信頼を深めることにより、潜在的なニーズを引き出し、新たな製品の提案へとつなげていくことで既存の顧客とも強固な関係を作っていきたいと思っています。
その営業活動の中で得た知見や視点から、現在の製品ではカバーできていないニーズ満たせる商品開発の提案や改善案も積極的に行い、将来的には製品企画にも携わりたいです。

【営業職の面接対策】キャリアプランについて答える際の注意点

さて、ここまで記事を読んでいただいた方には、次の段階である「自分のキャリアプランを答える」というところに進む前に、2つの注意点を押さえていただきます。

どちらも非常にシンプルな注意事項ではありますが、意外と陥りがちな失敗といえます。

準備段階で最後にもう一度、この2点に着目して見直してみることが大切です

自分で判断するのが難しいときは、友人や頼れる第三者に相談して、フィードバックをもらうのも良い方法でしょう。

具体的なキャリアプランを挙げる

「頼れるリーダーになりたい」「責任を持って業務を行いたい」といった表現は、一見良さそうに思えます。

しかし、このような抽象的なキャリアプランを挙げてしまうと、それに連なる過程もすべて抽象的になってしまいます。

明確な働き方のイメージや、何をするべきかという直近の目標なども立てることができません。

結果として、具体的なビジョンが描けていないことにより、面接では悪い印象を残すことになってしまいます。

「〇〇のスキルを獲得し、営業職として結果を出したい」など、どう行動していくのかがわかるように具体的なキャリアプランを考えておきましょう。

実現可能な目標にする

高い目標を掲げることは悪いことではありませんが「一年後に海外進出します」など、現状でそこに至るプロセスの想像すらできない達成不可能なキャリアプランを掲げるのはやめましょう。

その企業で働いていくことに対して真剣に考えておらず、いいかげんな考えで良いと思っているという印象を与えてしまいます。

キャリアプランは、困難であってもその過程をイメージすることができ、達成は可能だと聞き手に思わせられるものにすることが大切です。

【営業職の面接対策】キャリアプランが思い浮かばない

キャリアプランについての質問は、面接において多くの就活生が悩んでしまうポイントです。

中には、気をつけるべき点や構成などの理解はしたけれど、肝心の何を答えたら良いのかが見えてこないという方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

キャリアプランを考えるうえでは、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

ここでは、その基本の部分に立ち返って、自分のキャリアプランを考えるためにできることを解説していきます。

まずは自己分析をしてみよう

まずは、自己分析をしっかりと行いましょう。

自分がなぜ営業職を志望したのか、どんなことにやりがいを感じるのか、どんなときに喜びを感じるのかなど自分自身を分析し、整理をすることは非常に大切です

自己分析をしている際に、一人ではこれ以上難しいという壁にぶつかることもあります。

そういったときは、周囲の友人や親など、身近な人から見た自分というものを聞いてみるのも有効です。

さまざまな角度から自分という人間を分解し、理解を深めていくことで、自分がなりたい将来像も浮き彫りになってくるでしょう。

就活エージェントの利用がおすすめ

自分自身で進めることに難しさを感じたときには、就活エージェントのアドバイザーを頼るのもおすすめです。

多くの就活生とコミュニケーションをとってきたプロが、採用担当者に響きやすいポイントなども押さえて客観的な意見をくれます。

おすすめはジョブコミットというサービスです。

面接対策を何度でも実施できるのにも関わらず、利用料は無料という非常に良心的なサービスです。

まとめ

キャリアプランを考えるということは、自分自身が経験したことのないことについて、イメージを膨らませるという作業でもあります。

そのため、中には非常に難しいと感じて、対策を一人でやるのが苦しいと感じる方がいるのも事実です。

まずはこの記事を参考にしながら、自分でシミュレーションをしていくのをおすすめします。

一人で行うことに難しさを感じたら、無料のサービスなども上手に利用して、対策をするようにしましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます