【転職】営業事務ってやりがい感じる?営業事務のメリットや活かせる資格を解説!

【転職】営業事務ってやりがい感じる?営業事務のメリットや活かせる資格を解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

営業事務は多くの企業が募集している職種であり、どんな仕事をするのか・どんなやりがいがあるのか気になっている方もいるでしょう。

営業事務の仕事に転職すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

また、営業事務として採用されるのに活かせる資格は何かあるでしょうか。

この記事では営業事務のメリットや活かせる資格、営業事務の仕事に向いている方の特徴などについて解説します。

営業事務の求人に興味がある方は、ぜひ参考になさってください。

【女性営業事務へ転職】契約社員という選択肢も

転職先として営業事務を考えるなら、契約社員という立場で働くことも考えないといけません。

営業事務の求人はそれほど多いとは言えず、しかも正社員ではなく契約社員で募集している割合が高いためです。

将来のキャリアのことも考えて正社員を希望するなら、その他の職種を選ぶ方が採用してもらえる可能性が高いでしょう。

もちろん契約社員から正社員へというコースがないわけではありませんが、企業の業績や人員計画によってはほとんど見込みがない場合もあります。

【女性営業事務へ転職】営業事務の仕事内容

ここからは、営業事務の仕事内容について簡単に見ていきましょう。

直接クライアントと会うことは少なく、営業社員が仕事をしやすいようにサポートするのが主な仕事です。

しかし、電話や来客案内などでクライアントと接することもあり、コミュニケーション能力が不要ということはありません。

書類作成

営業社員は、より多くのクライアントと会って商談やプレゼンを行い、一件でも多くの契約を取る必要があります。

そのため、営業事務の方が書類作成の仕事を担当し、少しでも営業社員が営業活動に集中できるようにすることが大切です。

具体的には、営業社員が取ってきた契約に関する書類作成、また社内外でプレゼンを行うための資料作成などを担当します。

営業社員がクライアントと会うスケジュールを把握し、各書類が間に合うように仕事を進めていかなければなりません。

同時に複数の書類作成業務を任されることもあるので、どの仕事を優先すべきかしっかりスケジュール管理しましょう。

もちろん、スムーズに書類作成を進めるためには高いPCスキルや日本語力も必要になってきます。

データ入力・管理

エクセルなどを利用し、営業結果(契約件数・予算・注文された商品の数など)を入力・管理するのも営業事務の大切な仕事です。

営業社員から、データをわかりやすく整理された形で求められることもあります。

数字を入力する仕事は、1つ間違えただけでも企業に大きな損失をもたらすので注意しなければなりません。

金額を1ケタ間違えただけでも損失になりますし、クライアントに商品を送る日付を1日間違えて入力しても大問題になるでしょう。

もちろん複数人でチェックする体制が取られていることも重要ですが、まずは入力する担当者が責任感を持たなければいけません。

慣れてくると気が緩みミスをすることもあるので、しっかり作業・チェック手順を守り続ける意識を持つことが重要です。

取引先相手の来客応対

取引先相手が自社に訪問してくる場合、案内などの応対を営業事務の方が担当することも多いです。

応接室へ案内する・コートを預かる・お茶を出すといった仕事も、クライアントに歓迎の意思を示す重要な意味があります。

また、営業担当者が外回りで社内にいない場合も、営業事務の方が用件を取り次がなければいけません。

電話応対を、営業事務の方がメインで任されるというケースも多いです。

営業社員や管理職の方は、商談・会議などでオフィスを不在にしていることが多いので、同僚・上司のスケジュールをしっかり確認しておきましょう。

受付・電話対応といった形でクライアントと接する社員は、相手にとって会社の第一印象を決める要素です。

良い印象を与えるために、マナーや身だしなみに気を配る必要があると言えます。

在庫管理

有形商材を扱う企業の場合、倉庫などにある商品の在庫管理も大切な業務です。

企業によっては、在庫管理を営業部とは別に総務課・資材課といった部署に任せている場合もあります。

しかし、契約数に応じて素早く不足分を発注できるよう、営業担当部署が在庫管理もしている企業も多く、その場合は主に営業事務の方が在庫管理やメーカーへの発注などを担当するでしょう。

特に食品など、毎日のように発注や補充を繰り返さなければいけない企業では、在庫管理の重要さが増します。

クライアントが商品不足で困ったり、不要な在庫を抱えることになったりしないよう、しっかり状況を確認しておきましょう。

工場や注文先と密にコミュニケーションを取ること、イレギュラーなことが起こらないよう注意深くチェックすることが重要です。

【女性営業事務へ転職】営業事務のやりがい

続いて、営業事務の仕事にはどんなやりがいがあるかをご紹介します。

事務はどうしてもルーティンワーク・単純作業をしなければならないことが多く、退屈と感じる方も珍しくありません。

しかし、その仕事にどんな意味があるかを理解できれば、仕事のやりがいを感じやすくなります。

感謝の言葉をもらいやすい

営業事務の方は、一緒に仕事をする営業担当社員から「ありがとう」と言ってもらえることが多い立場です。

頼まれていた資料を渡したとき、不在だった営業社員の代わりに用件を伺いそれを伝えたときなどに感謝の言葉を述べてもらえるでしょう。

営業社員は、営業事務の方がスピーディーに資料作成やデータ入力などをしてくれると、自分がその分営業活動に集中できて非常に助かります。

そのため、誰かを支える「縁の下の力持ち」的な仕事をしたい方は営業事務の仕事にやりがいを感じやすいでしょう。

一方、自分自身が営業の中心となって契約を取りつける立場ではありません。

営業成績をダイレクトに評価される方がやりがいになると感じる方は、事務よりも営業の仕事の方が向いている可能性が高いです。

チームワークを感じやすい

営業担当と一緒に仕事に取り組むことで、自分が営業部署の一員であるという自覚が生まれてきます。

自分がサポートとして営業の助けになっていると感じることができれば、チームワークを感じ、それが大きなやりがいにつながる可能性があります。

そのように感じられると、営業が契約を結べたとき、まるで自分のことのように嬉しく思うこともできるでしょう。

特に、営業は社員一人だけでなく、部署単位でノルマや目標が設定されていることが珍しくありません。

そういった企業では、部署全体の目標をクリアする・成績優秀と表彰されることが大きなやりがいになります。

営業の成否を大きく左右するのは、営業マンのプレゼン力やコミュニケーション能力ですが、営業事務のサポートも決して無視できない要素です。

必要な存在と実感しやすい

最初のうちは、自分の営業事務としての仕事がどのように営業社員の助けになっているかが見えにくいこともあるでしょう。

しかし、営業社員が成功したときに自分の仕事がどのように貢献できたかを自覚できれば、仕事へのモチベーションが一気に上がる可能性があります。

事務の方が作成した資料がなかったり、適切な資材管理がなされていなかったりすると、営業社員は仕事どころではありません。

資料がなければ説得力のあるプレゼンができませんし、在庫状況がわからないと「いつでも契約してください」と胸を張って言えないでしょう。

自分が企業に役に立っている・必要とされていると感じることは、社員としての自覚を持つ第一歩です。

自分の担当業務にどんな意味があるか考えながら仕事に取り組み、少しずつ重要な仕事を任せてもらえるような存在になっていきましょう。

【女性営業事務へ転職】営業事務のメリット

女性の方が営業事務の仕事に就くことには、いったいどんなメリットがあるでしょうか。

以下で紹介する3つのメリットに大きな魅力を感じる方は、営業事務の仕事が向いているかもしれませんので、自分の価値観と照らし合わせながらチェックしてみてください。

残業が少ない

営業事務は、比較的残業が少ない職種のひとつです。

直接クライアントと会う仕事ではないので、クライアントの予定に合わせて出社・退社時間が決まることはあまりありません。

毎日決められた仕事が終われば、定時で退社できる可能性が高いです。

月度末などに定例の仕事がある日などは仕事量が増え、残業をしなければいけないこともありますが、比較的ワークライフバランスを保ちやすい職種と言えるでしょう。

子育てや介護と仕事を両立させつつ活躍している女性もたくさんいらっしゃいます。

ノルマが少ない

営業の部署では、社員に契約数・金額などのノルマが課されているのが一般的です。

しかし、営業事務の方は直接契約に関わることがほとんどなく、ノルマを課されることはありません

営業社員はノルマが大きなプレッシャーとなる場合があり、しかもノルマ未達は給与のダウンに直結します。

ノルマがなくプレッシャーの少ない環境で仕事をしたいと思う方は、営業ではなく営業事務を志望するのも良いでしょう。

ただし営業社員と違い、自分が出した成果に対し、それが自分の評価にすぐ反映されるとは限りません

ビジネススキルが身に付く

営業事務は、営業社員のサポートをする中で、営業に必要な資料作成などさまざまなことを覚えます

PCを使わないと仕事ができないことも多いので、PCスキルも磨かれるでしょう。

さらに、同僚や上司の営業社員の方と打ち合わせなどをする中で、営業やマーケティングに関する知識も学べます。

そのため、営業事務から営業職・マーケティング職といった次のステップを目指すことができます。

もちろん簿記などの資格を取得し、事務職のエキスパートを目指す方向に進むのも良い選択肢です。

【女性営業事務へ転職】向いている女性とは

営業事務の仕事がうまくいきやすいのは、どのような女性でしょうか。

ここからは、営業事務の仕事に向いている方の特徴を3つ紹介します。

これらの特徴に当てはまると感じた方は、ぜひ営業事務への応募を検討してみてください。

コミュニケーション能力が高い女性

クライアントに直接営業をかける必要がないからといって、口下手で良いというわけではありません。

特に営業事務の仕事は、社内の方だけでなく社外の方と話をする機会が多い仕事です。

来客応対で直接クライアントの方と接することもありますし、電話に出る機会も多くあります

相手に良い印象を与えつつ、大事な用件を正確かつスムーズに伝えられるコミュニケーション能力が求められるでしょう。

特にクライアントから言われた内容を報告することは重要で、もし伝達ミスがあった場合、営業社員に大きな迷惑をかけてしまうことがあります。

営業事務の求人に応募するのなら、履歴書や面接で社内外の方と適切にコミュニケーションが取れることをアピールしましょう。

人の役に立ちたい女性

人の役に立ちたいという気持ちが強い方も、営業事務向きの性格であると言えます。

営業事務は、営業社員のサポートに徹し、営業社員が何をしてほしいのか・何をしたら助かるのかを考えて自分から動くことが求められます。

もちろん、一緒に仕事をする営業マンや上司から仕事を振られることもあるでしょう。

しかし、営業社員が電話で話しているのを聞いたり、次にどのクライアントと会うのかを考えたりすることで、次に振られそうな仕事を先回りすることはできます。

頼まれる前に準備や下調べをしておけば、いざ仕事を任されたときにより早く必要な資料・書類を提供可能です。

社員から感謝してもらえる機会も増えると、より高いモチベーションで仕事に臨めるようになるでしょう。

マルチタスクできる女性

営業事務の仕事の幅はある程度決まっていますが、それを毎日同じルーティンで実行できるとは限りません。

急にクライアントと面談することが決まり、急ぎで準備しなければいけない仕事ができる場合もあります。

そうしたイレギュラーに対応するには、複数の仕事をマルチタスクでこなせる能力・物事に優先順位をつけてうまくスケジュール管理できる能力が必要です。

この「マルチタスク」という能力は、誰もが先天的に持っているものではありません。

仕事をする中で、徐々にそのスキルが上達していくこともあるでしょう。

しかし家事などの日常生活でも「次に何をすればいいのか」を考えて動ける方は、ビジネスでもフレキシブルに対応できる可能性が高いです。

【女性営業事務へ転職】営業事務に活かせる資格

次に、営業事務の仕事をするにあたって、また応募するにあたって活かせる資格について考えてみましょう。

転職では、次の仕事に活かせる資格を保有していると有利です。

独学で取れる資格もたくさんあるので、ぜひ資格取得を検討してみましょう。

MOS

MOSは、マイクロソフトオフィスを使いこなせることを証明する資格です。

合格率が高い一方、比較的低難易度の試験で、仕事でオフィスを使っていた方なら少ない勉強時間で合格しやすいという特徴があります。

営業事務は、エクセルなどでデータ入力・管理する仕事に携わる機会が多く、表計算ソフトが使えると有利です。

しかし、ただ「仕事で操作していたことがある」ではインパクトが弱く、資格や実務経験でどれだけソフトを使えるのかをしっかりアピールすることが重要です。

簿記検定

簿記検定の資格は、企業の経理・財務に関する知識を証明します。

「日商簿記」「全経簿記」「全商簿記」と3つの団体が検定試験を実施していますが、一般的に「簿記」と言えば日商簿記をイメージする方が多いです。

面接の際にアピールしたい方は、まずは日商簿記のテストを受けてみましょう。

日商簿記は1~3級までありますが1級・2級の難易度は高く、実務経験なしから独学で合格するのは大変です。

まずは3級を取得し、転職後に経理のエキスパートになりたいと思ったときに上級の資格を目指すと良いでしょう。

【女性営業事務へ転職】営業事務の平均年収

営業事務の正社員の平均年収は、求人ボックスのデータを見ると353万円となっています。

ノルマやインセンティブがないので、営業事務の正社員は、月によって給与が大きく変動する可能性は少ないと言えるでしょう。

また、契約社員の平均時給は1,398円で、アルバイト・パートの平均時給は1,065円となり、契約社員よりもやや低めに設定されています。

なお、営業・営業事務は業界によって収入の差が大きいので、転職の際はしっかりと業界研究をしておくのがおすすめです。

【女性営業事務へ転職】転職するならエージェントを利用しよう

転職を成功させるためには、経験豊富な転職エージェントと二人三脚で転職活動を進めていくことも考えてみてください。

エージェントの方は、自分に合った企業を紹介してくれるのはもちろん、履歴書や面接の対策も行ってくれるため、非常に頼りになる存在です。

自分だけでは行き詰ってしまいがちな転職活動も、経験豊富なエージェントがいれば乗り切ることができます。

ぜひこちらのサイトをチェックしていただき、詳細なサービスや特徴についてご確認ください。

まとめ

営業事務は、決して平均年収の高い職種ではなく、また契約社員という立場で就職しなければいけないこともあります。

しかし、さまざまなビジネススキルを身に付けることで、営業・事務・マーケティングなどさまざまな職種へのキャリアが開ける可能性があり、決して将来性に乏しい職種ではありません。

コミュニケーション能力に自信があり、柔軟に複数の仕事を順序立ててこなしていけるタイプの方は、成功できる可能性が高いでしょう。

また、社員から感謝の言葉をもらえたり、部署で大きな契約が取れたりしたときに、自分も貢献できたというやりがいを感じやすいのもメリットです。

未経験でも前職の経験や資格などでうまくアピールできれば採用されるチャンスはあるので、興味を持った方はぜひ営業事務の求人をチェックしてみましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます