ルート営業に転職希望の職務経歴書の書き方が知りたい!書き方やポイントを解説!

ルート営業に転職希望の職務経歴書の書き方が知りたい!書き方やポイントを解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

ルート営業は、既存顧客の現状やニーズを把握しながら自社の製品やサービスを売り込んでいく仕事です。

新規開拓に比べて異なる点が多いので、転職する前にきちんと把握しておきましょう。

今回は、営業以外の職種からルート営業に転職したい方に向けて、効果的な職務経歴書の書き方について詳しく解説していきます。

【ルート営業の職務経歴書】ルート営業とは

ルート営業は、すでに取引実績のある顧客に対して営業活動を行っていきます。

新規開拓の場合、今まで連絡を取ったことのない企業や人にアプローチしますが、ルート営業では自社の製品やサービスを利用している顧客が継続して契約してくれるよう、サポートや追加提案をしていくのが基本です。

したがって、顧客の抱えている潜在的なニーズや現状の課題をヒアリングによって見つけ、それを解決するために対応していく能力が求められる職種と言えるでしょう。

【ルート営業の職務経歴書】ルート営業の仕事内容

先ほども述べたように、ルート営業は既存顧客が営業先となる仕事です。

そのため、まずは顧客の潜在的なニーズを掴み、どんなものやサービスが必要とされているか把握することから始まります。

また、継続的な契約を続けていくために、一度販売した商品やサービスについてアフターフォローを行い、顧客との信頼関係を保つことも重要な業務となっています。

常に顧客の声を聞き、どう対応するべきか考え営業活動につなげることがルート営業の主な役割と言えるでしょう。

潜在ニーズを掴む

既存顧客が抱えている潜在的なニーズを掴み、どんなものを欲しがっているのか把握することがルート営業の第一歩です。

たとえば、現在使っている製品やサービスについてなら、物足りないと感じている部分や、事情に合わせて追加してほしいことを聞き出します。

これにより、そのニーズを満たす新製品の提案が叶い、既存サービスの改善を図っていくことができるのです。

ルート営業にとって、営業活動の基本は相手のニーズを知ることにあると言っても良いでしょう。

ヒアリングする

既存の顧客にヒアリングを行い、現在困っていることや要望などを把握するのは、ルート営業の基本業務のひとつです。

ここで得られた情報をもとに、別の顧客へのアプローチを行いつつ、適切なセールスで購入に結び付けていきます。

顧客は業務を改善したい、問題を解決したいと考えている一方で、どのように進めていけば良いのかなど細かい部分は言語化できていない場合があります。

そういった相手からヒアリングを行うことによって、抽象的だった要望を具体的にし、適切な営業活動に結び付けていくのです。

新商品を提案する

ヒアリングや分析によって把握できた顧客の潜在的なニーズをもとに、新たな商品を提案します。

提案にあたっては、顧客に刺さりやすい商品を厳選することが重要となります。

そのため、自社の製品やサービスが顧客の要望に対して解決や改善をもたらすものかどうか、慎重に検討を行う必要があると言えるでしょう。

また、もし現時点で最適な商品がなければ、新規開発を担当する部署に顧客のニーズを伝え、今後のフィードバックにつなげます。

アフターフォローをする

商品を購入し使用している顧客からは、さまざまな声が上がります。

そのような導入後の要望や改善希望を聞き、アフターフォローを行うのもルート営業の大事な仕事です。

商品を購入した後、どのような問題が発生しているか、どんな箇所に不足を感じているかなど、顧客の反応を拾い適切に対応していくことが求められます。

同時に、丁寧なアフターフォローを行き届けることで、顧客との信頼関係を深めていくことも重要なので、手を抜くようなことは基本的にありません。

商品やサービスの改善をする

日頃から身近に接している顧客から聞いた生の声は、既存商品の改善や機能向上を図るための大きなヒントとなります。

そういった反応を活かして、製品やサービスの改善を促すのもルート営業の大切な役割です。

顧客の要望に応え、商品がより良いものとなることで、購入数や契約数が増えていくようになるのです。

フィードバックによって商品の売上を伸ばし、自社の発展に貢献することは、社内におけるルート営業の役割のひとつと言えるでしょう。

【ルート営業の職務経歴書】ルート営業のやりがい

ルート営業として働く中でのやりがいとしては、顧客との信頼関係を築き、長く取引関係を続けていくことに貢献できることが挙げられます。

また、顧客の課題解決や改善に貢献し、相手と喜びを共有できることも大きなやりがいとなります。

顧客との信頼関係が築ける

ルート営業は、取引実績のある顧客を対象にした業務ということで、長期的に先方との取引契約を扱うことも少なくありません。

商品の導入後に発生したトラブルや課題に対処しながら、相手の声を商品の改善や新製品にフィードバックしていくことで、顧客との関係を深めていくことになります。

そのため、顧客との信頼を深めていき、その関係を続けていくことにやりがいを感じる人にとっては、とても充実感のある業務と言えるでしょう。

顧客に貢献できる

ルート営業は顧客の声を聞き、隠れたニーズを掴む仕事です。

顧客がニーズを話してくれれば比較的簡単に進みますが、顧客自身でうまく言語化できず、具体的な改善に落とし込むところまでいかないケースは多々あります。

そういった情報をルート営業がヒアリングすることで具体化し、自社の製品やサービスにつなげていきます。

ニーズを的確に掴み、自社の製品やサービスを提案して顧客の成功につながったときは、自分の力で顧客に貢献できたという気持ちを強く実感できるでしょう。

自分のペースで仕事ができる

新規開拓の場合、契約数を増やすために多くの顧客を訪問しなければなりません。

そのため、多忙で融通の利かないスケジュールになることが少なからずあります。

一方でルート営業は、既存顧客を対象とした業務なので、決まった顧客のもとへ外回りを行う場合が多く、自分で予定を立てて行動しやすい環境と言えます。

自分のペースに合わせたスケジュールを立て、効果的に業務に取り組めるので、自身のパフォーマンスを遺憾なく発揮できるでしょう。

【ルート営業の職務経歴書】ルート営業に向いている人の特徴

ルート営業に向いているのは、どういったタイプの人物なのでしょうか。

まず第一に求められるのは、コミュニケーション能力の高さです。

また、複数の顧客を相手に並行して仕事を行っていくため、スケジュールを適切に調整するなど業務の管理能力も必要です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

話を聞くのがうまい

ルート営業では、話し上手よりも聞き上手の方が仕事に向いています。

なぜなら、相手の話を聞き、情報を集めることが基本となるからです。

ルート営業は、こちらから一方的に物事を提案するのではなく、まず相手のニーズを掴み、その要望に合った商品・サービスを提案することが重要となります。

興奮せずに落ち着いて相手の話を聞き出せる人は、顧客の悩みや課題を取りこぼす可能性が低いため、ルート営業としてうまくやっていけるでしょう。

情報収集が得意

ルート営業において大切なのは、多くの情報を集めてくることです。

顧客から情報を得るだけでなく、顧客が興味を持つジャンルやカテゴリーについて最新の事情を知っていることで、ニーズの的確な分析と有意義な商品提案を進めることができます。

常に新しい情報をキャッチアップし、必要に応じて引き出すことのできる人は、顧客との信頼を築いていくことができるでしょう。

インターネット上にある情報だけでなく、書籍などを読み研鑽を積むことが重要です。

誰とでも仲良くなれる

営業活動においては、顧客とのコミュニケーションをうまく行い、信頼関係を築くことが何よりも重要です。

どんな人とも円滑に人間関係を築ける人は、顧客との信頼を深め長期的に付き合っていくことが求められるルート営業に向いていると言えます。

顧客としても、購入した製品について気になっていることを聞き、また使っている中で生じたトラブルや疑問を解決していくにあたっては、フレンドリーで付き合いやすい営業マンを希望するのが心情です。

アクティブな性格

ルート営業は顧客を相手に行う業務が多くを占めており、基本的には外回りで営業活動に従事することがほとんどです。

書類の作成などがない限り、基本的にオフィスに留まって仕事をする時間は少ない方でしょう。

そのため、自分から動き、提案を率先して行えるアクティブな人の方が働きやすい職場と言えます。

また、複数の顧客を回って対応することも日常茶飯事なので、長時間外回りの業務をしてもつらくない、外向的な性格の人向きの仕事でもあります。

管理ができる

ルート営業は、契約を結んでいる複数の顧客を同時に担当する場合が多く、並行していくつもの案件に対応していく場面が少なくありません。

そのため、ヒアリングや顧客との面談など、一つひとつの業務をうまくスケジューリングして、円滑に進めていく必要があります。

また、顧客の要望に対応しフィードバックや商品提案を行っていくうえでは、各業務の進捗状況を管理する力も重要となります。

仕事の進捗状況や日程をしっかりと把握し、自己管理する能力がある人は、ルート営業に向いていると言えるでしょう。

【ルート営業の職務経歴書】職務経歴書の書き方

職務経歴書は、前職での経歴やスキルについて提示するとともに、自身がどういったことで活躍できるのかアピールするうえで大切な書類です。

先方から書式の指定がある場合を除き、職務経歴書のフォーマットは特にこれといった形では決まっていません。

そのため、基本的には自分のアピールができる内容となっていれば問題ないでしょう。

ここからは、採用担当者に自身の魅力を伝えることができる、おすすめの構成について紹介していきます。

職務要約

最初にあなたの職務要約を書きましょう。

職務要約は、簡単に今までの経歴を簡単にまとめるとともに、現在どのような仕事をしているかを記入したものです。

この項目が最初にあることで、以降の内容がどういったものなのか、採用担当者にも理解しやすくなります。

もっとも、この項目の時点で今までの職務経験を事細かく記入する必要はありません。

これまで主にどういった職種に就いていたのか、どのような業務を経験してきたのかを、数行ほどのボリュームで簡潔に書くと良いでしょう。

職務経歴

職務経歴は、具体的に今まであなたがどういった仕事をやってきたのかを記入する項目です。

経験した職種や所属していた部署ごとに、どんな業務を担当していたのか、あなたの業務スタイルや部署での実績はどうだったのかなどを整理して書くと良いでしょう。

採用担当者が読みやすいよう、段落や枠線などをつけて経歴ごとに内容をまとめるとより丁寧な印象になります。

また、以前転職の経験があれば、そちらの情報も併せて記載する方がより正確なので、できるだけ記載しましょう。

PCスキル

近年は、どのような職種や業務でも、PCを使うことが当たり前になっています。

ワードやエクセル、パワーポイントといったオフィスソフトはもちろん、業務環境の管理やスケジューリングもPCソフトを用いて行うことは珍しくありません。

したがって、あなたのPCスキルがどれほどあるか職務経歴書でも触れておくと良いでしょう

使用できるソフトを列記するなど簡単な記述でも良いので、あなたがどの程度PCを使えるのかを相手に伝えましょう。

資格

あなたがこれまでに取得した資格についても、職務経歴書で必ず明記しておきましょう。

資格についての記載は、箇条書きの形式で行うのが一般的です。

また、いつ取得したものなのかも合わせて書いておく必要があります。

資格を書く順序は自由ですが、もし数が多いのであれば、今後活用されるであろう営業や専門分野に絡んだものを優先して書く方が良いでしょう。

アピールしたいものを順序付けすると、採用担当者もどの資格に注目すべきかわかりやすくなるためおすすめです。

自己PR

自己PRは自由記述形式で、ひとまとまりの文章として記載するのが基本です。

最初に自分がアピールできるスキルを1行目に書き、2行目からは具体的な自己PRを書き進めていくのが、文章の全体を捉えやすく良い形と言えるでしょう。

また文字数に制限はありませんが、冗長的な文章になったり、逆に簡潔過ぎる文章になったりしてしまうと、あなた自身のアピールが正しい形で伝わらなくなってしまいます。

ほかの項目と合わせて、A4用紙1枚から2枚の分量に収まるよう内容を整理すると良いでしょう。

【ルート営業の職務経歴書】職務経歴書作成のポイント

ルート営業を目指す方の職務経歴書として押さえておきたいポイントは、職務経歴の具体性と自己アピールの2つです。

数字など目に見える形の実績や活動経験を書くことや、営業に関係のあることをアピールすることを意識した方が、採用担当者から見て魅力的な人物と映ります。

職務経歴は具体的に書く

営業職では、売上実績など成果を目に見える形で挙げることが大切です。

職務経歴を書く際は、あなたがその職務でどのような数値目標を達成したのか、どういった成果を出せたのかといったことを数字とともに記述した方が良いでしょう。

経歴の欄は職務経歴書の中心の部分となるので、経験した役職や部署ごとに具体的な内容を整理して書くのがおすすめです。

また、数年をまたいで同じ職務を経験した場合は、年ごとの成果をそれぞれ書くとよりわかりやすくなります。

自己PRは営業に必要な力に結び付ける

自己PRでは、あなた自身が話しやすいことをついアピール項目に挙げてしまいがちですが、転職を成功させるためには、営業に求められるスキルや特徴を結び付けることが大切です。

特に、営業以外の職種からルート営業を目指す場合は、あなたが経験してきたことをどう営業職の業務に活かしていくのか、具体的に説明することが求められます。

職務経歴の数字だけでは伝わりにくいことを文章で表現し、自身のスキルを活かしてルート営業として活躍できることを印象付けましょう。

転職エージェントを利用する

職務経歴書の内容を作成していく際、やはり自分だけでは難しいことも多いので、そのようなときは転職エージェントを利用するのがおすすめです。

採用コンサルタントを兼務しているアドバイザーから書類の書き方を教えてもらえるほか、面接に関するアドバイスも受けることができます。

職務経歴書の書き方に自信がない、また採用担当者に魅力が伝わるような書き方ができない場合は、以下のサービスを活用してアドバイスを受けると良いでしょう。

まとめ

当記事では、ルート営業についての特徴とともに、職務経歴書の書き方についてポイントを解説しました。

既存顧客に対して営業活動を行っていくルート営業は、人付き合いが得意で顧客への貢献をやりがいとしたい人に向いている職種です。

ルート営業に興味がある方は、自分のアピールポイントを整理して職務経歴書の作成に取りかかってください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます