不動産仲介の営業が女性におすすめな理由!企業を見極めるポイントも解説!

不動産仲介の営業が女性におすすめな理由!企業を見極めるポイントも解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

近年は、業界を問わず営業職で活躍する女性が増えており、収入面や今後のキャリアを考えて営業職への転職を考える人も少なくありません。

女性が営業職で活躍できる業界はさまざまですが、なかでも不動産業界の仲介営業はおすすめの仕事です。

今回は、その理由と女性が働きやすい企業の見極め方を解説しましょう。

不動産仲介営業とは

不動産仲介営業とは、不動産物件を契約したい人と、その不動産の所有者とをつなぐ仕事です。

不動産とは土地や建物のことで、契約は売買契約と賃貸契約に分けられます。

不動産仲介営業の仕事も、これらの契約形態によって売買仲介と賃貸仲介に分けられます。

売買仲介

売買仲介は、不動産を買いたい人に対して要望に合った物件を紹介します。

扱う物件は、戸建てやマンションなどの住宅をはじめ、事業用の土地や工場、ビルなどさまざまです。

権利移転を伴う契約であるため、不動産売買契約に関わる法律の知識が必要になります。

また、金額が大きいことから買い手側で融資が必要になることが多くなるため、金融の知識も求められる仕事です。

繁忙期と閑散期の差が大きい賃貸仲介とは異なり、年間を通じて需要が一定していることも特徴のひとつです。

売買仲介の仕事内容

売買仲介では、不動産の売主を探すことも仕事になります。

売りたい人が見つかれば、物件の査定をして売主と媒介契約を結び、チラシやインターネットなどで購入希望者を探すというのが主な仕事の流れです。

購入希望者には、物件を案内し契約につながるようフォローするほか、売買交渉を行うこともあります。

その際の反響などを、売主側に報告することも重要な仕事です。

また、契約締結の際には、ローンなど煩雑な申請手続きを代行で行う場合もあります。

賃貸仲介

不動産賃貸仲介では、不動産の貸主と借主を結びつけることによって仲介手数料を得ています。

不動産を借りたい人に対し、要望に合った不動産を紹介することが主な仕事です。

アパートやマンションなど、住宅に特化している不動産会社の場合では、入学や入社、転勤などに伴って引越しシーズンになる繁忙期と閑散期で業務量に差が生じます。

必要となる知識は売買仲介ほど多くはなく、飛び込み営業やテレアポなどもないため未経験でもチャレンジしやすい仕事と言えるでしょう。

賃貸仲介の仕事内容

賃貸仲介営業では、主にホームページを見たお客様からの問い合わせに対応することや、興味を持って来店した顧客に対し、物件の説明をして契約につなげていきます。

マンションやアパートなどを借りたい人に対し、希望の家賃や広さなどの条件を聞き取り、どれだけ希望に合った部屋を紹介できるかが、契約につながるかどうかのカギとなります。

また、インターネットやチラシなどの不動産広告を、より反響を得られるように工夫して掲載することも仕事のひとつです。

不動産仲介の営業で求められる人物像

どんな仕事にも向き不向きがあり、せっかく転職しても向いていない仕事であれば長くは続けられません。

不動産仲介の営業職はどのような資質が求められるのか、まずはそれを見て自分に適性があるかどうか確認してみましょう。

コミュニケーション力

不動産仲介営業は、売り手と買い手、または貸し手と借り手とをつなぐ仕事です。

双方のお客様と直接関わる仕事であるため、高いコミュニケーション能力が必須の仕事と言えるでしょう。

どんなに魅力的な物件の紹介ができたとしても、お客様の要望に沿っていないものであれば契約にはつながりません。

お客様の求めるものを的確に捉えるためには、「聞く力」が必要になってきます。

つまり、不動産仲介の営業には、わかりやすく説明する「話す力」だけでなく「聞く力」も含めた高いコミュニケーション力が求められるのです。

不動産が好きな人

どんな仕事にも言えることですが、その仕事が好き、興味があるというのはその仕事に熱中できる一番の資質であると言えます。

部屋が好き、いろいろな間取りを見たいなど、不動産への興味がある人は不動産仲介営業に向いています。

その物件が持つ魅力を見つけることができれば、紹介する際にも熱が入るというものです。

完璧に希望どおりの不動産物件に巡り合えることはそう多くはありませんが、営業担当者が物件の魅力を伝えられると、成約に結びつく可能性は高くなるでしょう。

勉強できる人

不動産物件のほとんどは、インターネット上で公開されているため、紹介できる物件の善し悪しでは他社と差別化がしにくい傾向にあります。

そのため、他社と差別化できるポイントは、営業担当者の接客によるといっても過言ではないのです。

言葉遣いや態度に気をつけることはもちろん、法律や地域の生活関連情報などを自ら勉強している人は、お客様に良いアドバイスができ、契約率もアップします。

常に自分の知識をアップデートしている勉強熱心な方は、不動産仲介の仕事に向いていると言えるでしょう。

不動産仲介営業のやりがい

次に、不動産仲介営業として働く場合にどのようなやりがいが感じられるのかをご紹介します。

求められる資質を備え、さらにこれらのやりがいについて魅力的だと感じた場合には、不動産仲介の営業職を目指してみると良いでしょう。

お客様の人生に関われる

お客様の人生に関わり、その人がより良い選択をする手助けをすることが、自分の喜びにつながる人は不動産仲介の営業職でやりがいを感じることができる人です。

不動産仲介営業は、親元から離れて初めて社会に出る人や結婚して新しい生活を始める人、転勤などで見知らぬ土地で生活を始める人など、さまざまな人の人生の門出に直接関わることができる仕事です。

人に喜んでもらえるよう頑張れる人は、お客様から直接感謝の言葉をもらえることが大きなやりがいになるでしょう。

成果が目に見える

ほかの業界と同様に、不動産仲介の営業職の場合も成果は数字で明確に示されます。

賃貸仲介の場合でも、反響数・来店数・案内件数・契約件数など、目に見える形でわかりやすく評価されます。

営業成績が収入に影響することが多い売買仲介では、より大きなやりがいを感じることができるでしょう。

契約につながったときの達成感

売買仲介の収入は、取扱金額に比例します。

頻繁に大きな契約を結ぶことは難しいですが、その分売買が成立したときにはより大きな達成感を味わうことができます。

個人の顧客であれば、住宅の売買などが考えられますが、売り手側でも買い手側でも、人生のうちにそう何度も経験しないほど大きな金額を動かすことになるでしょう。

売り手側、買い手側双方に喜ばれて成約することができれば、言葉では表現できないほどのやりがいを感じられるでしょう。

女性が不動産仲介営業で働くポイント

同じ営業の仕事をするなら、女性ならではのメリットを活かした営業をしたいものです。

不動産仲介営業は、営業職の中でもそのメリットを特に発揮しやすい仕事と言われています。

ここからは、女性が不動産仲介営業で働くときに注目すべきポイントを紹介していきます。

女性の視点を営業に活かせる

不動産仲介の営業職は、同じ営業職の中でも女性ならではの視点を仕事に活かせる場面が多くあります。

特に住宅を扱う賃貸仲介業務では、家事の動線など、掃除や自炊の経験のない人が初めて部屋を借りる場合には気づかないポイントについて的確なアドバイスが行えることが強みになるでしょう。

また、女性が初めて部屋を借りて一人暮らしを始める際にも、女性視点で防犯などに配慮した部屋探しを行えるのもポイントです。

キャリアを活かしやすい

女性の場合、結婚や出産などその時々の状況で職場に求めるものが変化していきます。

出産休暇や育児休暇を取得した後でも、キャリアを活かして仕事復帰しやすいことは、不動産仲介営業のメリットです。

また、営業職を経験しておくことで、そこで培ったさまざまなスキルを活かし、その時々の状況に応じたキャリアチェンジがしやすいこともメリットでしょう。

休日に注意

個人を顧客とする場合の不動産仲介営業では、土日の出勤は必須という場合がほとんどでしょう。

混雑を避けてショッピングができたり、旅行も予約が取りやすく安く行けたりと平日が休みであるメリットは多くあります。

しかし、将来家庭を持ったときには、そのことが大きなストレスになることも考えられます。

現時点でむしろ平日が休みの方が良いと考えている人でも、法人の顧客を扱う部署への異動も含め、休日についての確認をしっかりしておく必要があるでしょう。

女性が不動産仲介営業の企業を見る際のポイント

志望企業を絞る過程では、転職先の企業を決める自分なりの物差しとして、いわゆる「就活の軸」を持つことが重要です。

ここからは、不動産仲介営業として女性が長く働ける企業を選ぶ際のポイントを紹介していきますので、就活の軸を決める際の参考にしてみてください。

制度の確認

不動産仲介営業に限らず、女性が就職先企業を選ぶ場合には、結婚や出産、育児などに対してどのような制度が設けられているかの確認は必須です。

育児休暇や出産休暇などの制度が用意されていても、実際に取りづらい雰囲気があると、結局は思うように仕事が続けられなくなってしまうこともあります。

制度があるというだけで安心せず、取得率なども調べておく必要があるでしょう。

なかには、配偶者の転勤時には、同じ勤務地にある店舗への配置を考慮してくれる企業も存在しますので、将来に備えて広く確認しておきましょう。

女性の割合

近年は、女性ならではの視点を活かして営業職で活躍する女性が増えていますが、不動産業界は依然として男性社会のイメージが強く、また実際に男性の方が多い傾向があります。

そのため企業を選ぶ際には、女性がどれくらいの割合を占めているかを確認しておきましょう。

働いていく中では、結婚や出産を経験し、仕事の取り組み方に悩むこともあるでしょう。

仕事とプライベートの両立や、キャリア形成などの相談ができる女性の先輩がいることは大きな支えになります。

転職エージェントの利用がおすすめ

転職活動には、企業選びから応募書類の作成、面接準備など何かと時間が必要です。

現職での仕事が忙しく、時間的な余裕がない人の場合は、転職エージェントを利用すると効率的に転職活動が進められるでしょう。

自分の目指す職種が決まっている場合は、その職種に特化したエージェントを選ぶとさら効率的です。

営業職であれば、営業に特化した「アゲルキャリア」がおすすめです。

専属のエージェントが親身に向き合い、希望に合った企業を紹介してくれるだけでなく、活動のアドバイスや面接対策まで幅広くサポートしてもらえますので、気になる方はぜひ一度登録してみてください。

まとめ

不動産仲介営業は、女性にとって魅力的なメリットが多く、おすすめできる職種のひとつです。

適性があれば、将来のプランを実現できる企業への転職を考えることも悪くないでしょう。

その際には、転職エージェントの利用すると効率的に転職活動が行うことができるので、気になる方はぜひ活用してみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます