【転職での模擬面接】模擬面接でできる面接対策!具体的なやり方を解説

【転職での模擬面接】模擬面接でできる面接対策!具体的なやり方を解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

転職をするに当たって、面接は避けては通れないものです。

面接の成果によって、希望する会社に入社できるかどうかが大きく左右されます。

面接を成功させるためには、事前に練習を重ねておくことが大切です。

しかしながら、面接の練習をどうやれば良いのか分からないという人や、模擬面接の重要性が今ひとつ感じられていないという人もいるでしょう。

この記事では模擬面接に着目し、面接を成功させるためのポイントや練習の方法、練習するに当たっての注意点を紹介します。

【転職での模擬面接】模擬面接が必要な理由

面接を成功させるためには、模擬面接の実施が必要となります。

人と話すのが得意だからといって、面接の練習をせずに本番に臨むのは好ましくなく、思い通りにならずに失敗する可能性がとても高いです。

面接には独特の空気感があります。

面と向かって話す相手は入社を希望している企業の面接官となると、どうしても自分を良く見せたいと思いがちです。

そのような重いから緊張してしまう人が多く、中には事前に用意していた返答が思い出せなくなってしまう人もいます。

面接の練習を重ねることで、特有の空気の中で話すことに慣れておけば、返答がしどろもどろになったり、冗長な返答になったりすることはありません。

事前に用意していた返答も含めて、自然な形で分かりやすく要点を伝えられるようになります。

【転職での模擬面接】模擬面をするメリット

模擬面接の有用性を知るためには、模擬面接を実際に実施すると、どのような課題が解決でき、どんなメリットがあるのかを知っておくことがおすすめです。

模擬面接を実施するメリットは、自分の受け答えを評価するポイントとしても評価することが可能ですし、初回の面接でうまくできないことが多い要素でもあります。

あらかじめ把握しておいて、模擬面接を実施する際に得られる効果として活用できるようにしましょう。

受け答えが自然になる

面接での受け答えというと、どうしても形式的な返答に終始しがちです。

特に、あらかじめ返答を用意しておくようなケースでは、考えたとおりに話すことに固執してしまうと、かえって不自然な返答になってしまい、面接官が受ける印象もプラスにはなりません。

模擬面接を行うことで、用意した返答を実際に声に出して発する機会を得られます。

相手に向かって話すように実施するので、話すときの抑揚の付け方や、目を見て話す癖を付けることも可能です。

また、想定しなかった形の質問に対しても、伝えたい内容が頭に入っていれば、それを質問の形に合わせて自然な返答で返すことができるようになります。

自然な受け答えは、1人で話すだけでは決して身につきません。

模擬面接だからこそ身に付けることができます。

伝わりやすい回答を準備できる

模擬面接を実施することで、より伝わらない返答を準備できます。

面接の質問に対する返答は、自分が伝えたいことを盛り込んで用意することが多いです。

しかしながら、いざ口に出して話してみると、言葉選びが不自然だったり、話が全体的に冗長になってしまい、伝えたいことが伝わらない返答になっていたりします。

そうしたケースの失敗を修正し、面接で話すのにふさわしい返答を用意できるのが模擬面接のメリットの1つです。

実際に返答を用意する際には、ノートか何かに書き起こしておくでしょうが、声に出すことで初めて分かる問題点が浮き彫りになります。

また、自分が口にする言葉としては不自然な文言も自然な形に修正できるので、噛まずにいいやすい回答が作れるのもポイントです。

面接で落ち着いて対応できる

擬面接で練習するのは質問に対する受け答えだけではありません。

本番のように、面接室への入室から退室までの流れを通しでやることになります。

その際の立ち振る舞いをあらかじめ実行しておくことで、本番でも落ち着いて自然な流れで進めることが可能です。

面接では入室から退室までのなかで数々のマナーが潜んでいます。

これらのマナーについて失念してしまうことは、マイナス評価にもなりかねません。

そして作法だけ頭の中に入れていても、本番では緊張のあまり飛ばしてしまい、所作が不自然なものになる可能性も考えられます。

そのように防げる失敗をしないためには、落ち着いた対応が重要です。

あらかじめ模擬面接で一連の流れをやっておくことで、口述する部分も含めて落ち着いた対応ができるようになります。

話し方や伝え方を修正できる

面接で評価されるのは返答の内容やマナーだけではありません。

実際に面接官と会話する際の所作についても、評価の対象となります。

模擬面接を実施することで、本番に向けて改善するべき話し方についても洗い出すことが可能です。

仕事の場ではあらゆるケースで誰かとコミュニケーションを交わす機会がありますから、面接では相手に適切に伝わるような話し方ができているかが評価されます。

鉄則なのは、相手の目を見て話すことや、最低限相手が話の内容を聞き取れるような声量で話すことです。

うつむいていたり小声だったり、早口過ぎて何をいっているのかが聞き取れなかったりしてしまうと、面接ではマイナス評価につながります。

また、話をするときの表情の作り方についても注意しておくことがおすすめです。

【転職での模擬面接】面接までの流れについて

模擬面接を実施するためには、実際に面接がどのような流れで進められるかを知っておく必要があります。

本番を想定して練習するものですから、本番とは違った流れだったり無関係な工程を挟んだりする必要はありません。

全て通しで練習ができるようになるためにも、面接がどのように行われるのかを知っておきましょう。

対面での面接の場合

応募先企業の事務所などで実施される対面面接は、次のような流れで行われます。

対面面接の流れ
  1. 入室
  2. 自己紹介
  3. 職務経歴
  4. 退職理由
  5. 自己PR
  6. 志望動機
  7. 募集内容の説明と条件の確認
  8. 逆質問
  9. 退室

入室ではまずドアを3回ノックし、「どうぞ」と返答されたら「失礼いたします」といってドアを開けます。

中に入ってドアを閉めたら、面接官の方に向いてお辞儀をし、椅子の横に立って再度一礼して「座ってください」と着席を促されたら座りましょう。

面接はまず自己紹介から始まります。

その後の自己PRや志望動機などは、面接官によって若干順番が異なる事があるので、聞かれたことに応じて答えましょう。

条件などの説明がされ、逆質問が終わると退室です。

退室では立ち上がってからお辞儀してお礼の言葉を述べます。

そしてドアの前に立って面接官の方に向き、「失礼いたします」といって一礼し、ドアを開けて退室です。

Web面接の場合

企業によっては、オンラインの会議ツールを用いたウェブ面接を実施しているところもあります。

ウェブ面接の一般的な流れは以下のとおりです。

ウェブ面接の流れ
  1. 企業から面接のURLを受け取っておく
  2. 開始10分前にURLにアクセス
  3. 面接官が入室してきたらお辞儀を交えてあいさつ
  4. 自己紹介
  5. 職務経歴
  6. 退職理由
  7. 自己PR
  8. 志望動機
  9. 募集内容の説明と条件の確認
  10. 逆質問
  11. あいさつの後で退室

入退室の所作がないだけで、後の流れは対面面接と変わりません。

ウェブ面接で注意しておきたいのが、ツールでのビデオ通話が問題なく使用できる環境にあるかどうかです。

インターネット回線やウェブカメラといった、必要なものが全てそろっているかの確認が必要になります。

企業が使用するツールが何か分かったら、同じツールで模擬面接を行っておきましょう。

【転職での模擬面接】面接での質の高い回答をする方法

面接は一発勝負ですから、1回の回答で的確に伝えたいことを伝えられるようにしておくことが重要です。

そのため模擬面接においては、回答の質の向上を求めて練習を積み重ねていくようにしましょう。

回答の質が上がれば、面接官の印象にも残りやすくなります。

どういったポイントに注意すれば回答の質が上がるのか、その一例を紹介しましょう。

簡潔に回答する

回答の内容を相手に印象づけるためには、質問に対する返答は簡潔であることが望ましいです。

要点だけを的確に答えられるようになれば、伝えたいことを面接官に伝えることができ、それを印象づけられます。

避けるべきは、あれもこれも伝えようと欲張った結果、言葉の組み立てが冗長になってしまうような返答です。

一度の返答で3つや4つも伝えようとすると、面接官からすれば何が要点なのかつかみにくくなってしまいます。

どの話も中途半端に頭に入らず、かえって印象が浅くなることも想定できることです。

まずは要点を手短に伝えることを心がけましょう。

詳しい内容は、面接官から掘り下げるような質問をされたときだけと心得ると、回答を考えるのもかなり楽になります。

仕事の成果を具体的に伝える

転職活動では、前職でどのような実績を残したかをアピールするケースもあります。

そのようなときに注意したいのが、返答内容に具体性を持たせることです。

具体的に伝えられないと、自分の実績を売り込めません。

ですから、前職での成果をアピールする際には、面接官に具体的なイメージを持たせられるように伝えることを心がけましょう。

実績をアピールするときに有効なのが、数字を交えることです。

目標に対する達成率や売上金額など、伝えられる物は伝えるようにしましょう。

スキルについて伝えるのであれば、そのスキルを発揮できた具体的エピソードを添えて話しましょう。

もし第三者からの評価も得ているなら、その評価の内容を話すのも有効です。

自己PRはエピソードと一緒に伝える

自己PRを話すときは、PRしたい内容がよく分かるような具体的エピソードを利用して伝えるようにしましょう。

こうすることで、自己PRの内容に強い信憑性を持たせることができます。

自己PRの内容は、仕事の実績のように数字を交えて話せる内容とは限りません。

PRの内容によっては、応募者個人の主観でしか評価できない場合があり、それが本当のことか分からないと評価のしようがありません。

しかし具体的なエピソードがあれば、PRの内容を明確にイメージすることが可能です。

加えて、相手に物事を伝える能力がある人材だと、面接官に示すことにもつながります。

回答を書き出して内容をチェックする

面接で想定される質問に対しての回答を考えるときは、まず文字に起こしてみましょう。

頭の中で答えたいことがイメージできていたとしても、言葉選びや文章の組み立てがめちゃくちゃなままでは、本番でスムーズに口に出して答えられません。

文章として書き出せば、アピールしたいことの要点が見えるようになり、返答内容もよりスマートになります。

そうして書き出した回答ですが、模擬面接を始める前に自分で音読してみてください。

書き起こした文章は、そのまま口頭で伝えようとすると文章ならではの癖が生じていて、うまく伝わらないようないい回しになっていることもあります。

まずは伝えたいことを整理するために書き出すこと、そして実際に口に出していうことを想定して音読することをやってみましょう。

【転職での模擬面接】模擬面接の具体的な練習方法

模擬面接は、何の準備もなしに始めることは望ましくありません。

事前に準備をしておくことと、模擬面接中にどのようなことを意識するかをあらかじめ決めておくことで、質の高い模擬面接ができます。

模擬面接の質を高めるための具体的な練習方法を、順番に紹介します。

想定される質問の回答を想定する

まずは想定される質問に対する答えを用意します。

回答を考えるときは、あらゆる質問に対していい淀むことなく答えられるよう、質問の内容も具体的に考えておくようにしましょう。

面接のときにありがちな質問については、あらかじめ調べておくことでいくつかそろえることができます。

そこで大切なのが、転職における面接での良くある質問を想定することです。

新卒での面接と転職での面接では、想定される質問が微妙に異なります。

特に転職での面接でありがちなのが、転職理由と志望動機、描いているキャリアプランについてです。

これらは転職での面接特有の質問であり、重要な位置を占める質問でもありますからきちんと用意しておきましょう。

他には自己PRの内容についてもイメージしておいてください。

想定した回答を書き出してチェック

イメージした回答を、ノートやパソコンで書き出して可視化させましょう。

このとき、想定した質問とセットにして書き出しておくことがおすすめです。

イメージの中にあった質問への回答がより鮮明に見えるようになり、伝えたいことと省略するべきことがより色濃く浮き彫りになります。

伝えたいことを書き出すときは、そのまま返答することを想定した文章にするやり方以外にも、箇条書きにして整理する方法も有効です。

もしあらかじめある程度文章にして用意しておきたいのであれば文章にしてまとめるのがおすすめですし、要点をきちんとまとめておきたい場合には箇条書きでも問題ありません。

自分がやりやすいやり方を模索して、最終的にきれいな形で回答がまとまる方法でまとめましょう。

声に出して回答をさらに磨く

質問に対して用意した回答は、必ず音読しましょう。

誰かに話すようなイメージで読むことで、実際に面接で話すような場面が具体的に想定できます。

そして口に出して覚えた違和感については、違和感なくいえるように磨き上げるようにしてください。

実際に声に出すことで、回答が間延びしていないかや、変に凝ったような言葉選びになっていないかが分かりやすく浮き彫りになります。

質問に対する回答として、自然な形になっているかを確かめながら読み進めましょう。

この作業は、何度繰り返すことになっても構いません。

最終的に、この形で回答するという、納得できる文章になるまで続けてください。

人前で面接の練習をする

用意した回答を、実際の面接ではどのようにして話すのかを練習する段階に入ったら、練習相手を設定して模擬面接の形で実践してみましょう。

このとき注意したいのは、第三者が受ける印象です。

特に大切なのが、声の大きさと話す速さ、そして相手の顔を見て話せているかどうかです。

これらのポイントへの対策を疎かにしたままでは、面接への対策ができているとはいえません。

練習相手には厳しめの評価をお願いして、あらゆる角度からの意見を聞かせてもらうようにしてください。

本番さながらの緊張感を持った状態で模擬面接を実施することで、精神状態についても本番をうまく想定した練習が可能です。

【転職での模擬面接】NGな模擬面接の練習方法

模擬面接を実施するに当たっては、間違ったやり方で行わないように注意しないといけません。

本番さながらのシチュエーションで実施することが望ましいのですが、これから紹介するNGポイントに当てはまるような模擬面接では、期待するような効果は得られません。

本番でうまくできるようにすることを意識するためにも、NGな方法は避けた模擬面接を実施しましょう。

書き出した回答をそのまま読んでしまう

面接における回答はあらかじめ用意しておくことが大切ですが、そのときは文章として書き出す形となります。

それをそのまま丸暗記して、読むようにして練習することは望ましくありません。

要点をきちんと覚えておくようにして、必ず第三者に話すような形にしてから模擬面接に臨むようにしましょう。

練習する際には、実際に面接官を相手に話すように意識する必要があります。

ただ丸暗記するだけといった準備をしていては、会話の形にするのは難しいです。

話す内容に抑揚が付けづらく、返答が機械的になります。

一部分だけでも忘れてしまうと、全ての返答がつながらなくなってしまい不自然です。

面接官からの質問も想定したままであるとは限りません。

違った形での質問だったとしても、臨機応変に対応できるようにしましょう。

練習相手としてふさわしくない人を選んでしまう

模擬面接を実施する場合、緊張感を持った形でできることが望ましいです。

そのため、あまりに近しい間柄の人物を面接官役に立てるのは、適切ではありません。

転職について理解してくれて、なおかつ適度な緊張感を持って接することができる相手を選ぶようにしましょう。

その方が面接の内容に対して厳しくチェックをしてくれます。

望ましくない相手役は、家族や恋人、友人です。

また、転職に対して否定的な考えを持つ人を相手に立てるのも避けてください。

転職に賛同してくれる職場の先輩や同僚、または学生時代の先輩や恩師に頼めるのであれば頼んでみましょう。

特におすすめなのが転職エージェントです。

転職エージェントは転職活動におけるあらゆるサポートを実施してくれますし、面接での注意点についても熟知しています。

模擬面接の相手役としてとても頼れるので、転職エージェントを利用している人は積極的に頼んでみてください。

【転職での模擬面接】模擬面接で注意すべきこと

模擬面接でチェックするべきポイントは、質問に対する回答の内容だけではありません。

実際に話をする相手から、どのように見られるのかも気をつける必要があります。

練習相手から評価してもらいたいポイントや、動画撮影して自己評価する際に注目するべき場所について紹介します。

細かい所作に注視する必要があるので、あらかじめ要点を押さえておけるようにしましょう。

表情や目線

質問に対する受け答えをしている様子では、表情や目線の行方について確認しておきましょう。

面接では、緊張するあまり表情が強張りがちです。

人によっては不機嫌そうに見えるなど、不遜な表情になっていると誤解を与える可能性があります。

表情は適語にほぐれて、自然な顔つきになるのが望ましいです。

また、目線についても注意しましょう。

下を向いた状態では、自信がなく仕事に対する意欲も欠けていると判断されてしまいます。

面接官の目を見ることを心がけ、口角をやや上げておくような意識で表情を作ってみましょう。

そして面接官が話しているときには、頷くなどのリアクションも示すことが有効です。

逆に砕け過ぎた表情にすることも避けるようにしてください。

ヘラヘラとしたような態度でいると、不真面目という印象が強くなります。

身ぶり手ぶり

自分が話をするときは、身振り手振りを交えて話すことで、内容の抑揚が分かりやすくなり、面接官の印象にも残りやすくなります。

ただし多用が禁物であるということと、あまりにオーバーな動作を交えることは避けるべきです。

常に大きな身振り手振りを続けていると、落ち着きのなさだけが印象に残ってしまいます。

社風にはそぐわないと判断される可能性もありますから、注意が必要です。

面接においては、基本的には表情と語調だけで抑揚を付け、特に強調したいポイントについては身振り手振りを交えるようにするぐらいがちょうど良い塩梅となります。

話し方

話し方については細かくチェックするようにしましょう。

ありがちなのが、質問に対する受け答えで出しがちな、無意味なつなぎ言葉です。

面接のような場面に慣れていないと、返答に入る前に「えーと」や「あのー」といったことを口に出してしまうことがありますが、極力避けてください。

あまりに多用し過ぎてしまうと、返答の内容が面接官の印象に残らず、面接の結果が不利になります。

無意味なつなぎ言葉以外にも、会話をしている中でとっさに出てしまう口癖に注意しましょう。

第三者視点から聞いていて、不愉快になったりちょっと気になるような口癖が出ているようでしたら、面接では出さないようにすることがおすすめです。

姿勢

座っているときの姿勢にも注目しておきましょう。

背筋はまっすぐ地面と垂直に伸ばし、顎はやや引き気味で軽く胸を張りましょう。

男性であれば両手は太ももの上に、女性は閉じた膝の上に重ねるようにして乗せてください。

ウェブ面接でも同様の姿勢を心がけつつ、胸の上から頭頂部までしっかりと映るように調整しましょう。

カメラのレンズと目線の高さが同じになるように調整するのがポイントとなります。

NGとなるのが、猫背の姿勢です。

猫背は自信があまりなく、気力も足りないという印象を与えてしまいます。

また、椅子に座っている場合は背もたれによりかかるのも避けましょう。

服装や髪型、メイク

服装やメイクについても注意が必要です。

身だしなみを整えることは、面接に臨む上では所作よりも目立ちやすいマナーであり、評価されるポイントとなります。

衣類はあらかじめきれいにしておくことや、アイロンを掛けておくなど、きちんとした形で整えてください。

メイクについては、あまり濃過ぎないようにすることがポイントです。

服装もメイクも、清潔感を出すことを心がけると、どのように整えるべきかが分かります。

あらかじめ鏡で見たり、模擬面接の練習相手に評価してもらうなどして、面接を受けるにふさわしい身だしなみであるかを確かめておきましょう。

回答内容

回答の内容についてもチェックが必要です。

ここで重要なのが、回答する際の文章の組み立て方です。

要点を相手に印象づけられるように伝えるには、回答での結論から先に述べましょう。

例えば志望動機を聞かれたとするならば、「私が貴社を志望した動機は○○だからです。なぜなら~」といった形でその動機を抱いた理由、具体的なエピソードの順番に続け、最後にもう一度結論をいいましょう。

このように結論から理由へと続く文章の組み立て方をPREP法といい、相手に何かを伝えたいときの話法として使われています。

模擬面接だけでなく、普段の会話においても有効な型ですから、ぜひ使えるようにしてみてください。

まとめ

模擬面接は、転職活動を成功させるためには積極的に取り組んでおきたいことです。

事前に本番さながらの面接練習を重ねることで、本番でも失敗せずに面接を進められます。

模擬面接をする際は、練習相手が特に重要です。

転職に詳しい人を相手にすることで、本番に役立つような指摘をしてもらえます。

転職エージェントのアゲルキャリアは、模擬面接だけでなく、書類作成についても全面的にサポートする転職エージェントです。

最短1週間での内定獲得を実現させるような、スピード感を持って転職活動に臨めます。

効果的な模擬面接を実施して、確実に成功させるためには、アゲルキャリアを利用しましょう。

無料相談から気軽に活用してみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます