【新卒向け】営業事務の志望動機を徹底解説!面接で評価される伝え方やポイントを紹介

【新卒向け】営業事務の志望動機を徹底解説!面接で評価される伝え方やポイントを紹介

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

営業はノルマとかあって嫌だけど、一般的な事務のようにずっとデスクワークでコミュニケーションをほとんど取らないような仕事は嫌だと考える人は多いのではないでしょうか?

そのような方には営業事務はおすすめです。

しかし、営業事務について詳しく知っている方や、営業事務の志望動機は何?と言われてすぐに答えられる方は多くはいないでしょう。

そこで、本記事では、営業事務という仕事について詳しく紹介し、その上で、向いている人や、書く際のポイント、例文を解説していきます。

【営業事務の志望動機】営業事務とは

営業事務とは、営業という言葉が含まれてはいますが、もちろん営業職ではありません。

一方で、一般的な事務とも少し違います。

簡単に言うと、営業職の人たちのアシスタントとしてサポートをする仕事です。

捉え方によっては、営業と事務の良いとこ取りのような仕事とも言えるかもしれません。

では、営業事務の仕事内容とは具体的にどのようなことなのか、また、一般事務との違いは何かについて解説をしていきます。

営業事務の主な仕事内容

営業事務の主な仕事内容は、営業職の方々が行う営業活動をサポート・バックアップすることです。

営業のように取引先へ訪問したり、外に出ることはまずなく、社内で営業活動に関わる資料や見積書、受領書、納品書、請求書、検収書、契約書などの作成といった事務処理を行います。

また、メールや電話による顧客からのクレームや問い合わせ対応も営業事務の仕事の一つです。

このような営業事務の仕事のおかげで、営業職の人は、行わなければならない業務が減ります。

そうすると、営業は、顧客に寄り添う時間が増え、より効率よく質の高い仕事を行うことができます。

一般事務との違い

営業事務と一般事務の違いは、仕事の幅広さにあります。

営業事務は、営業職の人たちのサポートが仕事であるのに対して、一般事務は営業だけに限らず会社の事務作業全般を幅広く行います。

一般事務の主な仕事内容としては、例えば、社内でのファイリングや電話応対、来客対応、資料作成、データ入力、備品管理、経理、勤怠管理などがあります。

もちろん、一般事務が行う仕事内容の幅は、会社の部署形態によって異なります。

しかし、部署を限定せず幅広い業務を行う傾向があることに会社ごとの違いはありません。

また、営業事務のように営業に関する顧客に直接つながる仕事は少ないため、顧客との距離は遠く、会社の最も後方から支援するような仕事と言えるでしょう。

【営業事務の志望動機】営業事務に向いている特性

ここまで営業事務とは何かについて詳しく解説してきましたが、ここからは、営業事務に向いている人が持つ特性について3つ紹介します。

営業事務の”事務”という言葉に引っ張られて、営業事務の仕事は単純作業ばかりのルーティーンワークと思ってはいませんか?

もちろん、パソコンを用いた地道な作業のような業務もありますが、臨機応変な柔軟な対応が求められる仕事だったり、高いコミュニケーション能力が求められる仕事も多くあります。

そのような営業事務の仕事で活かせる特性について紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

パソコン業務やデスクワークに対する耐性

営業事務は、資料作成やデータ入力、見積書、請求書の作成などほとんどの業務で、パソコンを使用することになります。

よって、WordやExcel、PowerPointなどの基本操作は必須のスキルであり、それらを使って一日中デスクに座って仕事をすることに対して苦痛を感じない人材が求められます。

パソコンの知識や技術的な面に関しては、入ってからいくらでも見につくため新卒ではあまり重要視されませんが、それらの業務に対する意識や姿勢といったマインド面が重要視されます。

従って、文系学生は特に、パソコン業務やデスクワークに対するストレス耐性が自分には本当にあるのかをしっかりと自己分析を通して見極めましょう。

そして、それらがないと思われるような発言は面接の場では避けるようにしましょう。

柔軟性がある

営業事務は、営業職のスケジュールや状況に合わせて仕事をしていかなければならないため、クライアントや顧客の急な予定変更や要望があった場合、営業職と同じように営業事務も柔軟に対応しなければならない場面が多くあります。

また、営業事務は、営業から言われたことを言われた通りにただやればいいというわけではありません。

その時の状況から、やらなければならないことの優先順位を考えて行ったり、言われていないことでも必要であれば自ら行動することも求められます。

そのような臨機応変さや主体性などの意味も込めた柔軟性が営業事務の仕事では強く求められるのです。

コミュニケーション能力が高い

営業事務は、社内でのデスクワークが多い仕事ですが、実はコミュニケーション能力が強く求められる職種です。

営業職に変わって自ら営業を行ったり、営業職が獲得した顧客を引き継いで直接対応したりすることも業界によっては業務の一つです。

また、営業事務は、営業職とも頻繁にコミュニケーションを取ります。

従って、そこでのコミュニケーションが円滑にできないと営業職にストレスを与えてしまうだけでなく、資料の不備や顧客に誤った情報を伝えてしまうなどといったミスにつながりかねません。

よって、営業事務では、社内外で円滑にコミュニケーションが取れる人材が高く評価されます。

【営業事務の志望動機】面接で志望動機を伝える際のポイント

営業事務に向いている特性について詳しく解説してきましたが、ここからはいよいよ実際に志望動機を伝える際に意識するべき3つのポイントについて解説していきます。

面接では、話に対する面接官の理解度・説得力・信頼度・期待感をいかに高めるかが大切です。

まずは、冒頭で簡潔に結論を伝えることで最も伝えたいことをしっかりと理解してもらいましょう。

次に、過去の経験や能力を交えてその結論に説得力を持たせます。

最後に、将来について語ることで自分を企業が採用することに対する信頼度と将来の期待感を高めましょう。

このように、面接で志望動機を伝える際はこれら3つのことを必ず意識しましょう。

そうすることで、理解度・説得力・信頼度・期待感において高い評価を得ることができます。

営業事務を志望する理由を明確にする

何よりもまず初めに、なぜ営業事務がしたいのかという理由を簡潔に伝えましょう。

おすすめの理由のテンプレートは、「私のやりたいことの○○が実現できるからです」や「私は○○にやりがいを感じるため志望しました」です。

これらがおすすめな理由は、自分独自の将来像や価値観が含まれているため、ありきたりな志望動機にならず差別化ができるからです。

また、将来の目的やモチベーションに繋がる理由は、信頼度が高く、途中で投げ出すことなく長期的に貢献してくれると思わせることもできます。

ただ、この時に注意すべき点としては、「それ他の職種でもよくない?」と思われないようにすることです。

理由を考えたら、その理由が他の職種にも当てはまっていないかを確認するようにしましょう。

活かせる経験や能力を記載する

過去に培った経験やその経験から得た能力・強みなどはできる限り具体的かつリアルに伝えるようにしましょう。

例えば、過去の経験が、どれくらいの期間・規模で行った経験なのかといったことは具体的な数字を用いて伝えるようにしましょう。

この期間や規模はあまりに短すぎたり、小さすぎると説得力にかけるため、注意が必要です。

少なくとも、どちらかだけでもそれなりの期間・規模で行った経験を用いるようにしましょう。

営業事務の志望動機と過去の経験のつながりがなければ、面接官から「なんとなく志望しているのかな?」と思われてしまいますし、活かせる強みがなければ「適性がなく、すぐに合わなくなって辞めてしまう」と思われてしまいます。

このような不安要素を面接官に抱かせないために、活かせる経験や能力を記載することはとても大切です。

営業事務としてのキャリアビジョンを伝える

営業事務としてのキャリアビジョンを明確に伝えることで、営業事務に対する志望意欲の高さ、業務に対するモチベーションの高さをアピールすることができます。

特に、営業事務職というのは、毎日同じようなことを繰り返しコツコツと行う仕事が多いです。

もちろん、一般事務職よりは営業側に寄っているため、イレギュラーなことや変化は多いですが、それでも日々の仕事の多くは事務作業のようなルーティーン化された仕事です。

そのような仕事は、「なんのためにやっているのか」と目的を見失いやすいため、明確なキャリアビジョンや目的があることはとても重要です。

面接官も、モチベーション高く、長期的に企業に貢献してくれる人材を欲しているため、営業事務としてのキャリアビジョンをとても重要視しています。

【営業事務の志望動機】例文

ここまで面接で志望動機を伝える際のポイントについて詳しく解説してきましたが、ここからは実際の例文を見て、高く評価される営業事務の志望動機について学んでいきましょう。

面接に臨む際は、必ず事前準備として話す内容を文字に書き起こしましょう。

そして、頭で考えなくても言葉が自然と口から出てくるまで繰り返し声に出して練習しましょう。

また、以下で紹介する例文は、上記のポイントをしっかりと押さえた文章となっているため、その点も意識しながら読んでみてください。

例文① ダンス部での経験

私がやりたいことの「人の努力のサポート」が最も実現できるため営業事務を志望しています。


私は11年間のダンス経験を通して、常にチームメイト全員の努力を支える役割を担ってきました。

例えば高校では、50人在籍するダンス部の振り付け担当のリーダーとして、振りつけや練習、チーム内での習慣などを考え、一人一人の強みや個性を最大限引き出すことに努めたことで、県大会で最優秀賞を取りました。


このような経験から、私は自身の強みである「個の強みを引き出し、全体の成果を引き出すサポート力」を活かして、「人の努力のサポート」を実現できる営業事務を志望します。


そして、営業事務としてその強みを活かして、主体的かつ柔軟に考え、行動することで、営業の方々が最大限に力を発揮できるように努めていきます。

例文② 部活動でのマネージャー経験

私は、「前を走る人を後ろから支え、そこまでやってくれるの?!ありがとう!」と言われることにやりがいを感じるため営業事務を志望しています。


大学では、部員40人のバスケットボール部で、最前線で闘う部員を後ろから支えるマネージャーを一人で務めていました。

日々やることの多くは、雑務のようなルーティーン化された決まった仕事がほとんどでしたが、そのような仕事に対して受け身の姿勢でただ行うのではなく、より効率的に進められるように考え、行っていました。

また、時には外から試合を見て自ら選手や監督に問題点を指摘したり、練習の改善を提案したりなど、与えられていない仕事も積極的に行ってチームがより良くなるために努めました。

そのように行動していると、「そこまでやる?!ありがとう!」と部員や監督から言われることが増え、それが私にとって大きなやりがいでした。


このような経験から、私は自身の「向上心を持って主体的に行動できる」という強みを活かして、営業の方々の期待をいつも超えるサポートができる営業事務として貢献していきます。

【営業事務の志望動機】相談には就活エージェントがおすすめ

営業事務の面接で、志望動機の答え方や意識するべきことなどに困ったら、就活エージェントを利用するのがおすすめです。

一人一人に合わせた手厚い対策を熱心に行ってくれます。

他にも、就活エージェントを利用することで、ネットに載っていないような情報を手に入れることができます。

また、面接の模擬練習なども行ってくれるため、就活に行き詰まったり、効率よく対策を進めたい方は就活エージェントを利用するのがおすすめです。

おわりに

営業事務とは何かから志望動機の書き方、例文まで様々なことを解説してきました。

営業事務のことを理解したら、もう一度自分の自己分析と照らし合わせてみましょう。

自分が営業事務に対して魅力を感じる点が明確になってくるはずです。

そして、書く際のポイントを理解したら、とりあえず例文を見て真似して書いてみましょう。

何事もまずやってみることが大切です。

最後に、面接は事前の準備が全てといっても過言ではありません。

志望動機の質問に対する回答を文字で書き起こし、それが体に染みつくまで声に出して練習して覚え、徹底的な準備を行いましょう。

そのような完璧な状態で自信を持って面接に臨むことが大切です。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます