営業職の面接でおすすめの逆質問15選!逆質問でみられているポイントと質問例を一挙に解説

営業職の面接でおすすめの逆質問15選!逆質問でみられているポイントと質問例を一挙に解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

営業職の仕事に就きたいと思っているのならば、営業職の面接におすすめな逆質問を知りましょう。

今回は、そういった逆質問を15選して紹介しますので、ぜひ確認してみてください。

こういった逆質問を知っているか知っていないかによって、露骨に就職活動には差がでるものなので、知らないのはもったいないことです。

こんな部分で差をつけられてしまっていては、受かる企業も受からなくなってしまいます。

【営業職の面接】逆質問でアピールすべきポイント

営業職の面接において、逆質問でアピールすべきポイントを紹介します。

営業の面接は積極性が重要視されているので、逆質問は非常に効果的だといえるでしょう。

逆質問の方向性については、大きくわけて、志望度の高さと、価値観が企業と合致しているかがありますので、それを踏まえたうえで学んでいくとよいでしょう。

企業の経営方針を理解しようとしている

企業の経営方針を理解しようとしている逆質問は、効果的です。

企業が求めているのは、経営方針を理解して、それを業務に反映してくれるような社員だといえるでしょう。

経営方針についてわかること、わからないことを明確にして、

自分なりに仮説を立ててきているというような高評価を得ることができますので、積極的に絡めていくとよいでしょう。

営業職では、飛び抜けて優秀というよりも、企業のことを理解して尊重するような態度のほうが重要視されるので、

この経営方針というのは、意外と重要なポイントになってくるでしょう。

さらに、経営方針を理解したうえで行動しようとしている人については、

チームワークを尊重し、社風を慎重する人という評価が下ることもあり、こちらも好印象といえるでしょう。

企業理念を理解しようとしている

営業職にとって、企業理念を理解しようとしていることは大切です。

とくに営業職は、企業理念の深い理解を求められることが多い仕事です。

その理念が営業時の行動原理にもなってきますので、そういった意味でも、重要になってくるといえるでしょう。

働いている人のやりがいや、活躍している社員の特徴など、

どんな理念や価値観をもった人が働いているのかに興味をもっているというような高評価を受けることも多いでしょう。

営業が主体の企業においては、企業理念を重視している企業は意外に多いので、

そういった意味でも企業理念を理解しようとしているというのは、重要になってくるポイントでしょう。

働き方について具体的にイメージしようとしている

働き方についての逆質問も、効果的です。

これは、自分が働くときどのような業務をするのかを知りたがっているという点をアピールできますので、

仕事に対する積極性があると評価されやすくなっています。

また、働き方をイメージしていた社員というのは、新入社員の頃からスムーズに業務に携わることができますので、

即戦力になりやすいというメリットもあるでしょう。

これは、企業側にとってもメリットのあることですが、こちらがわにとってもメリットのあることになっていますので、覚えておくとよいでしょう。

いうならば、企業で働くことによるイメージトレーニングをしているのと同じことなのです。

将来のキャリアを考えようとしている

キャリアに関する逆質問をすることによって、意識の高さがアピールできます。

将来のキャリアと企業のキャリアパスが一致しているかというのも重要な判断基準になっていますので、この手の逆質問はおすすめなのです。

本人が望むようなキャリアを歩めるかというのも、判断基準になります。

なぜならば、本人が望むようなキャリアが歩めない企業ならば、その社員は途中で会社を辞めてしまう可能性が高くなってしまいます。

その場合は、投資が無駄になったということとも同じなので、企業にとっては避けたいところでしょう。

逆に、この部分が一致していれば、企業に長く働いてもらえる可能性がありますので、企業にとってはメリットの高い学生ということになるのです。

【営業職の面接】面接全般でおすすめの逆質問8選

ここでは、営業職の面接において、効果的だと思われるおすすめの逆質問を8つ伝授します。

こういった逆質問をうまく面接の中に取り込むことができれば、総合的に評価の高い面接に落ち着くのではないでしょうか。

うまい就活生は、このようなポイントをしっかりとおさえてきますので、ライバルが多数参加するような面接試験に臨むのならば、

非常に重要になってくるでしょう。

企業の方向性に関する質問

まずは、企業の方向性に関する質問です。 本当にその企業に興味があるのならば、

企業の方向性に関する質問が自然とでてきてもおかしくはないのではないでしょうか。

そういった意味で、この系統の質問は非常に重要になってくるといえるでしょう。

御社の〇〇の点について理解不足ですので教えてください

企業の経営戦略や事業展開を調べたうえで、わからなかった点を聞くことが重要です。

まず、経営戦略や事業展開について理解しようという努力が認められることになりますし、

そのうえでわからないことがあったので、さらに理解を深めたいというやる気をアピールもできるでしょう。

また、理解不足であることを自分で認めたうえで、教えをこうというとても重要な姿勢を見せることができるでしょう。

このように、この質問は、マイナス面がまったくないともいえるくらいなので、ぜひ組み込みたいところでしょう。

仕事をしていくうえでもっとも重要視されることは何ですか?

企業の理念や価値観を、社員の方がどのようにとらえているかを聞くというのもよいでしょう。

実際に中の人から、こういった部分を聞くことによって、自分が考えて、企業理念や価値観などと相違がないかを確かめることができます。

そういった作業をしっかりする大学生は、評価が高いといえますので、そういった意味でもこちらの質問もおすすめになっています。

具体的な働き方に関する質問

具体的な働き方に関する質問も、おすすめです。

実際に企業で働く覚悟があるのかをはかることができますので、企業側もこのような質問をされると好印象なのです。

活躍している社員さんに共通する考え方や姿勢はありますか?

どんな人と働くことになるのかという情報を得ようとしていることをアピールするのもよいでしょう。

どんな人と働くことになるのかを事前に把握することによって、その予習や心構えをすることができます。

こういった行為は、本気でその企業で働くからこそ考えることなので、好印象になりやすい質問だといえるでしょう。

御社の仕事で一番難しいと思われる点を教えてください

仕事の難しい部分を聞くというのは、仕事を理解しようとしていると判断されます。

もちろん、好印象を与えることのほうが多いでしょう。

困難を知ることで、仕事のいい面と悪い面の両方を理解しようとしていることをアピールすることができます。

また、難しい仕事を教えてもらったあとには、やる気のようなものをアピールすれば、

困難に立ち向かっていくことをネガティブにとらえないタイプの人だということをアピールできるでしょう。

こういったチャレンジ精神の部分は、営業の仕事でかなり重視される部分なので、覚えておくとよいでしょう。

自分の将来に関する質問

しっかりと将来のビジョンを見据えているというのは、重要なポイントになってきますので、

自分の将来に関する質問をするというのも重要になってくるでしょう。

ただし、注意が必要なのは、自分の将来のビジョンに、その企業が入り込む余地のないような質問は避けるべきでしょう。

入社するまでに準備しておいたほうがいいことはありますか?

入社するまでに準備をしておいたほうがいいことは、基本中の基本といえる逆質問です。

多くの人がするかと思われる逆質問なので、大きな効果はないかもしれませんが、質問をして失敗するということはないでしょう。

具体的には、入社後の活躍意欲をアピールすることができます。

もし、具体的な何かを提示されたら、それを満たしていくと、入社後に一気に評価が高まるかもしれません。

〇〇という職種において、もっとも必要とされることは何でしょうか?

この質問をすることによって、具体的な職種のイメージをもとうとしていることをアピールすることができます。

入社後の自分について、具体的に想像しているというのは、企業にとってもメリットになる部分なので、前向きにとらえてくれる企業は多いのではないでしょうか。

面接官に対する質問

面接官に対する逆質問は、面白いです。

うまい質問をすることができれば、面接官の評価を一気に高められる可能性があるので、覚えておくとよいでしょう。

ただし、その他の質問に比べると、使いどきが難しい点もあります。

今までで一番苦労したご経験を教えてください

これは、面接官にアピールすることができるとともに、自分がこれから仕事をするうえでの役立つ知識にもなるかもしれません。

実際にその企業で働いた面接官から生の声を聞くことができますので、役立つアドバイスを得られることになるでしょう。

御社で実現したいことを教えてください

面接官自身の目標を聞くことで、社員の方の仕事に対する意識を知ることができます。

さらに、企業方針の再確認にもなりますし、その企業方針がしっかりと社員にまで反映されているのかを確認するポイントにもなるでしょう。

こちらの質問についても、逆質問だけではなく、自分にも役立つアドバイスを得られる可能性があります。

【営業職の面接】営業職志望をアピールできる逆質問7選

営業職の面接でアピールになるおすすめの質問や、聞いておくべき質問について紹介します。

営業職の面接に特化した逆質問を用意しておくことによって、担当者の評価を高めることができるかもしれません。

長所をアピールする質問や、労働条件を確認する質問があります。

せっかく逆質問をするのですから、面接官にアピールするだけではなく、自分にとってこの質問をするメリットがあるのかについても考えるとよいでしょう。

そうすれば、一石二鳥になってくれます。

長所をアピールする質問

長所をアピールする質問のメリットは、補足的に長所をアピールしつつ質問できることだといえるでしょう。

また、長所のアピールは端的にすることが望ましいです。

長所の場合、どうしても力が入って長くなってしまいがちなので、その点は注意する必要があるでしょう。

実際に数字を残したことがあるのならば、それについて語るのもよいでしょう。

また、多数を巻き込んで何らかのアクションを起こしたことがあるのならば、それもよいです。

そういった機会があるのかを聞くのもよいでしょう。

他にもアイディア力をアピールするのもよいですし、そういったアイディアを反映する場所が用意されているのかを聞くのもよいでしょう。

労働条件を確認する質問

働くうえで大切な条件の部分は、選考の早い段階で確認しておいたほうがよいです。

条件が曖昧な会社は、ブラックの可能性もありますので、この質問は評価を高めるというよりも、自己防衛のための質問だといえるでしょう。

「御社の営業職の、人事評価の基準は何ですか?」や、「営業職の、一日の仕事の流れを教えてください」もよいでしょう。

こういった質問を織り交ぜることによって、うまく探っていきたいところです。

営業職でブラック企業に入ってしまうと、かなりの精神的な負担を強いられることになりますので、うつ病などの状況になってしまう可能性があります。

そういった意味でも、企業の本質を見極められるような質問も、うまく使っていきたいところではないでしょうか。

自分の想いを実現できるかを確認する質問

出した成果に応じた報酬が欲しい、数を売るよりお客さん一人ひとりに寄り添いたい、語学力を活かして海外で働きたいなど、

自分が営業職として実現したいことを叶えられる環境かを確かめてみてください。

「営業をするうえで大切にされていることは何ですか?」や、

「海外営業を担当したいのですが、どのようなキャリアパスを歩めば担当させていただけるでしょうか?」というのもよいでしょう。

【営業職の面接】逆質問も大切だけど…

逆質問でいい印象・悪い印象を与えることはありますが、あくまでも補足的な意味合いが強いという点は忘れたくないものです。

面接の勝負所は、やはりその前の自己紹介やご自身の経験・考え方を伝える部分でしょう。

面接全体の質を向上させることにも注意したいところです。

営業職の面接の質問についての記事も用意しましたので、ぜひ確認してみてください。

まとめ

営業職の面接で、おすすめの逆質問がわかったかと思われます。

すべてを使う時間はありませんので、その中から効果的だと思うものを厳選して使っていくとよいでしょう。

今回紹介した逆質問の中には、同じ営業職であっても、特定の業界が好む質問やそうでない質問もあります。

そのため、企業によって質問を変えるというのは、とても重要になってくることは忘れたくありません。

また、逆質問は確かに重要ですが、面接の本質はそこではないという点も忘れないことも重要になります。

逆質問ばかりにこだわってしまうと、本当に重要な部分をおろそかにしてしまうこともありますので、これは十分に注意する必要があるでしょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます